山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 02月 03日

ぎっくら

c0337257_18472992.jpg
この標識を見たら、減速してくださいな。
c0337257_18473739.jpg
ぐぎっ ぐぎっ と曲がります。
遠野の方々は「ぎっくら」と表現していらっしゃったような・・・

ここが、ついこの間まで国道340号だったとはねぇ・・・
(今でも国道か・・w)


# by Wild_Cat_Seeker | 2019-02-03 05:47 | 遠野の川 | Comments(5)
2019年 02月 02日

ブラック&ホワイト そして・・・

c0337257_18450091.jpg
白 と 黒

そして
c0337257_18450665.jpg



# by Wild_Cat_Seeker | 2019-02-02 06:38 | 遠野の里 | Comments(0)
2019年 02月 01日

水暴れる地にて

c0337257_16510607.jpg
3年前の台風で暴れた小烏瀬川
濁流は川沿いの道を削り取り、いまだに復旧していません。
ちらりと写っていますが、川はコンクリートの護岸となり
かつての自然河川の面影は思い出の中だけに生きることとなりました。
ここは国道340号線とは川を隔てた裏道です。
c0337257_17161174.jpg
その道を行くと杉林の中に小さな社が見えてきます。
c0337257_17175210.jpg
以前にも1回訪れたことがあるような気がします。
c0337257_17184496.jpg
ワイルドな手水場
c0337257_17212448.jpg
ご本尊は不動明王様でした。
c0337257_17432518.jpg
四等身の尊い御姿!

c0337257_17521021.jpg
社の前はなにやら古道ハンターの血が騒ぐ道径が・・・
ここ、土淵の谷間は小烏瀬川の氾濫原で、太古は湿地状だったと推測されます。
古道は山裾に造られたと推測するにたやすい。
事ある度に暴れる川の姿は大蛇に例えられ、その大蛇を鎮めるため(治水するため)に
特殊技術を持った先人が活躍した(らしい)
その方々が信奉した(と推測される)神々を祀る社、今も土淵に何カ所かあり(と妄想する)

いきなり()が多くなりましたw
つまりちゃんと突き詰めて調べていないのすw




# by Wild_Cat_Seeker | 2019-02-01 06:48 | 遠野の川 | Comments(0)