山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 31日

本州最東端の駅 岩手船越

c0337257_11341952.jpg
四十八坂の難所の手前にある岩手船越駅
ここは津波被害が及ばなかったはずなのだが、駅舎はプレハブリニューアルされていました。
こちらにも列車待ちのお客さんが4人ほどいらっしゃいましたね。
c0337257_11344838.jpg
しかしプラットフォームの土台や線路は旧山田線時代のものを流用していました。
何よりも、青い琺瑯の看板が良き味を出しています。
c0337257_11342582.jpg
本州最東端の駅 言われるまで気づかないなぁw
c0337257_11345287.jpg
駅は高台にあるが、下の低地は山田湾、船越湾の両方から津波が押し寄せたという

遠野物語には船越近辺の話が二つ掲載されています。

土淵村の助役北川清という人の家は字火石にあり。代々の山臥にて祖父は 正福院といい、学者にて著作多く、村のために尽したる人なり。清の弟に福二という人は海岸の田の浜へ婿に行きたるが、先年の大海嘯に遭いて妻と子とを失い、生き残りたる二人の子とともに元の屋敷の地に小屋を掛けて一年ばかりありき。夏の初めの月夜に便所に起き出でしが、遠く離れたるところにありて行く道も浪の打つ渚なり。霧の 布きたる夜なりしが、その霧の中より男女二人の者の近よるを見れば、女は正しく亡くなりしわが妻なり。思わずその跡をつけて、遥々と船越村の方へ行く崎の洞あるところまで追い行き、名を呼びたるに、振り返りてにこと笑いたり。男はとみればこれも同じ里の者にて海嘯の難に死せし者なり。自分が婿に入りし以前に互いに深く心を通わせたりと聞きし男なり。今はこの人と夫婦になりてありというに、子供は可愛くはないのかといえば、女は少しく顔の色を変えて泣きたり。死したる人と物いうとは思われずして、悲しく情なくなりたれば 足元を見てありし間に、男女は再び足早にそこを立ち退きて、小浦へ行く道の山陰を 廻り見えずなりたり。追いかけて見たりしがふと死したる者なりしと心づき、夜明けまで道中に立ちて考え、朝になりて帰りたり。その後久しく煩いたりといえり。(99話)

c0337257_11344361.jpg
船越の漁夫何某。ある日仲間の者とともに吉利吉里より帰るとて、夜深 く四十八坂のあたりを通りしに、小川のあるところにて一人の女に逢う。見ればわが妻なり。されどもかかる夜中にひとりこの辺に来べき道理なければ、必定化物ならんと思い定め、やにわに魚切庖丁を持ちて後の方より差し通したれば、悲しき声を立てて死したり。しばらくの間は正体を現わさざれば 流石に心に懸り、 後の事を 連の者に頼み、おのれは馳せて家に帰りしに、妻は事もなく家に待ちてあり。今恐ろしき夢を見たり。あまり帰りの遅ければ夢に途中まで見に出でたるに、山路にて何とも知れぬ者に脅かされて、命を取らるると思いて目覚めたりという。さてはと合点 して再び以前の場所へ引き返してみれば、山にて殺したりし女は連の者が見ておる中についに一匹の狐となりたりといえり。夢の野山を行くにこの獣の身を傭うことありと見ゆ。(100話)

c0337257_11343891.jpg
99話は明治の三陸大津波(1896年)の後日談だ。現在と同じような状況下の話です。
復興復興と何か上滑り的に急き立てられているが、心の傷の痛みに塩を塗るようなことになっていないかとても心配です。
見た目に建物が増えて、人の姿が見えて、鉄路が復活して、それはそれでとても喜ばしいことですが・・・・・

夏の夜は霧に咽びて明けにけり
(なつのよは きりにむせびて あけにけり)

                            山猫拝




by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-31 05:34 | 鉄の目 | Comments(0)
2019年 05月 30日

探した探した織笠駅

陸中山田の次は織笠だ。
45号線で行けばクルマでは目と鼻の先だ。でも右折進入が難しそうに思えたので
かなり手前で信号を右折した。
c0337257_10460545.jpg

なかなか存在感のある建物は織笠小学校らしい。
ということは道なりに進んで川を渡れば織笠駅だね。
c0337257_10461272.jpg

て、あれ? 45号線に合流しちゃうよ。。。おかしいな・・・・・
c0337257_10462088.jpg

川沿いは更地が多く、ここが津波被害に遭ったことを物語っている。
c0337257_10464335.jpg

やっほうの地図では、このあたりに織笠駅があるはずなのだが・・・・・
c0337257_10470237.jpg

線路はある。しかし駅がない! 
もう一度、ぐるぐるマップで確認する。やはり駅の表記はココだ。
んんんんん・・・・なんだ?なにがどーした?

縮尺を拡大してもういちど、陸中山田から線路を辿ってみると・・・
c0337257_10535251.jpg

あ、なんだよ。こんな手前に移転していたよ。しかもさっきすぐ手前を左折していた!

c0337257_11045134.jpg

郵便局の奥から階段を降りると
c0337257_11130258.jpg
そこが織笠駅
もう新駅と言っても良いくらいだね。
c0337257_11044287.jpg

旧駅の場所が何も無くなってしまった今となっては、小学校も郵便局も近い此処が最適地なのかもしれません。
c0337257_11043646.jpg

来し方 よ~し!

c0337257_11042842.jpg
行き方 よ~し!w

笠の影踵を返す旅の僧
(かさのかげ きびすをかえす たびのそう)

                            山猫拝



by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-30 05:41 | 鉄の目 | Comments(0)
2019年 05月 29日

にぎやか陸中山田駅

c0337257_09414741.jpg
陸中山田駅に到着です。
山田線の名前の元になった沿線随一の繁華な街でした
あの日、津波と大規模火災で街丸ごと消滅してしまいましたが
あれから8年あまり・・・・
c0337257_09421245.jpg
プラットフォームに人があふれています♡
c0337257_09422167.jpg
上下線ともに!
これは、ここで入り違いするのだね。
c0337257_09423801.jpg
まずは宮古行きが到着
見慣れない塗装ですな。
c0337257_09424308.jpg
ははぁ、スポンサーがついているのか。
c0337257_09424987.jpg
こちらは開業時(1984年)から現役続行中の車両らしいっす
c0337257_09430443.jpg
続いて釜石行き到着です。
c0337257_09431758.jpg
こちらは2014年に製造された最も新しい車両
新旧顔合わせですね~
c0337257_09433313.jpg
両列車が去ると、普段の静けさが戻ってきました。
c0337257_09425594.jpg
さて、ここで一息入れましょう。
腹がきゅーきゅー言っています。。

とはいえ、土地勘まったくないので、駅近のスーパーの駐車場にクルマを止めて(ほぼ満車!)
目についた一軒目に飛び込んだ。
昼の部終了間際で先客が3組いたので、お店の大将からは「時間かかるよ、いい?」
急ぐ旅ではないので、「ぜんぜん桶!」と待たせていただく。
あとでぐぐったら、老舗居酒屋の2号店で、本店は津波に流され、ガレキの中から復活したとのこと
c0337257_09435990.jpg
穴子天丼をチョイス(って写真切れちゃってるよw)
ワタクシのあと3組のお客が入ろうとしましたが
すべて断られていました。(あぶないあぶない)

c0337257_09435068.jpg
うーん、大将忙しくてちょっとパニック状態だったので
揚げ時間と揚げ温度がちょっと惜しかったが、このボリュームで
700円は花丸でしょう。時間も思ったほど待たなかったし

リアス線 駅訪コンプリートの旅は後半戦につづくw

流されてなほからりと揚がる穴子一本
(ながされてなお からりとあがる あなごいっぽん)
                                     字余り! 山猫拝


by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-29 05:36 | 鉄の目 | Comments(0)
2019年 05月 28日

引っ込み思案の豊間根駅

豊間根という地名は、遠野物語の一話に登場するので、割と早くから知ってはいたが、実際に訪れるのは2度目である
一度目は夜汽車で通っただけなので、何の印象も残っていない。

遠野物語の一節は以下の通りだ。

旅人豊間根村を過ぎ、夜更け疲れたれば、知音の者の家に燈火の見ゆるを幸に、入りて休息せんとせしに、よき時に来合せたり、今夕死人あり、留守の者なくて如何にせんかと思ひし所なり、暫くの間頼むと云ひて主人は人を喚びに行きたり。迷惑千万なる話なれど是非も無く、囲炉裡の側にて煙草を吸ひてありしに、死人は老女にて奥の方に寝させたるが、ふと見れば床の上にむくむくと起直る。胆潰れたれど心を鎮め静かにあたりを見廻すに、流し元の水口の穴より狐の如き物あり、面をさし入れて頻に死人の方を見つめて居たり。さてこそと身を潜め窃かに家の外に出で、背戸の方に廻りて見れば、正しく狐にて首を流し元の穴に入れ後足を爪立てゝ居たり。有合はせたる棒をもて之を打ち殺したり。

                        「遠野物語101話」

c0337257_08390705.jpg
その昔は豊間根村という独立した自治体だったので駅前はそれなりに住居が密集しているが、
駅舎はプレハブであるw
でも、駅に人が居る! 観光客のようだ。GWだしなぁ・・・・
c0337257_08393188.jpg
彼らがのぞき込んでいた看板
おやおや、遠野の名が記されているぞ・・・

なんと、ここで採れた砂金を牛の背に乗せて遠野へ運んでいた?
なんか、今までの疑問の数々につながりを見いだせるような話だが
今回のエントリーの趣旨からは外れるので、これ以上言及しませんw
c0337257_08391177.jpg
ミドルネームは「まつたけの里」
そう岩手県沿岸部は「まつたけ」の産地なのだ。
出荷できないような獲物は自家消費し、旬の時期には食べ飽きると聞いた。
裏山鹿!

では、恒例の
c0337257_08391919.jpg
来し方 よ~し!
c0337257_08392464.jpg
行き方 よ~し!w

豊かなり根の間に生える金の茸
(ゆたかなり ねのまにはえる きんのたけ)

                            山猫拝


by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-28 06:37 | 鉄の目 | Comments(0)
2019年 05月 27日

新駅 払川

津軽石の次は豊間根・・・・ではなくなった。
三鉄になって新駅が出来た。
c0337257_06583944.jpg
払川駅
c0337257_06584386.jpg
駅前広場からバリアフリーのスロープ
c0337257_06585932.jpg
来し方 よ~し
c0337257_06585473.jpg
行き方 よ~しw
c0337257_06584907.jpg
ミドルネームは新たな希望
払う・・・禊の場でもあったのかしらん?

一帯は津軽石川の氾濫原で駅近くには旧三陸浜街道も通っている。
何やら秘めた歴史がありそうだが、快晴微風ののどかな風景は何も語ってはくれなかった。

払川問はず語らず五月晴れ
(はらいがわ とはずかたらず さつきばれ)
                           山猫拝


by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-27 06:04 | 鉄の目 | Comments(0)
2019年 05月 26日

津軽石はなぜ津軽石なのか?


新駅「八木沢・宮古短大」の次は「津軽石」
以前、まがってみたことがあったので比較的容易に辿り着きました。
c0337257_20271693.jpg
ミドルネームは「鮭の町」
そう近隣を流れる津軽石川は鮭の遡上が多いことで知られている。
c0337257_20272947.jpg
なにやら小ざっぱりしていますね・・・
以前の絵と比べると、いろいろ変化していますね。
あの高架道路は無かったよね~
c0337257_20273316.jpg
駅舎もリヌーアルされていましたね。
JRのにほひを完全に抹殺するつもりですね、三鉄さん


今更ですがプラットフォームに人影がありますね。
これは列車到着はなはだ近し、の証拠です。
c0337257_20274100.jpg
て、キター!
動いている三鉄はこの旅初ですw
c0337257_20275035.jpg
これは冬場、こたつ列車になる車両ですかね?
c0337257_20275305.jpg
たはむれのプチ流しw
c0337257_20280002.jpg
数人の鉄オタの視線を感じながら去り行く


海ねらる山に帰りし鼻曲がり
(うミネラル やまにかえりし はなまがり) 
                            山猫拝


by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-26 05:13 | 鉄の目 | Comments(0)
2019年 05月 25日

磯鶏の次は津軽石 それは早計w

c0337257_00151079.jpg
古い記憶を持つニンゲンとしては、磯鶏の次は津軽石だ。
駄菓子菓子・・w 何やら長~~~い駅名になっている
三陸鉄道になって改名したのか?
これは行かねばなるまい!

カーナビなどという、ニンゲンを堕落させる悪魔の機械を搭載しない「2代目青い彗星号」
スマホのぐるぐるマップでアテをつけて走り出すが、地図情報が古くて
あるべき道が無く、無い道があるw これすべて震災復興の過程で生じた変化に相違ない。
c0337257_09510515.jpg
吸った揉んだして(赤面。。w)11分かけて到着
すっかり視力が弱ってしまったワタクシには駅名がよく見えない・・・(同色系にしないでちょ!)
c0337257_09525136.jpg
八木沢が古くからの地名で、近くに短大がある、らしいw
というのも駅前はすぐ新興住宅地で、浮ついたところがまったくないのだ。
c0337257_09523991.jpg
来し方を眺め・・・・
c0337257_09524462.jpg
行き方を眺める・・・のどかなり。

この先、駅駅で俳句のひとつもひねりだして、松尾芭蕉の気分に浸ろうかの・・・

鶯の旗めく風に谷渡り(うぐいすの はためくかぜに たにわたり)   山猫拝


by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-25 10:05 | 鉄の目 | Comments(0)
2019年 05月 23日

そうけぇ 磯鶏!

c0337257_00415054.jpg
じぇじぇ!

と、あまちゃんに見送られた山猫がエンジンを切ったのは・・・・
c0337257_00145549.jpg
ここです!(どこです?)
c0337257_00151079.jpg
そうけぇ・・・・←<とっす!
c0337257_00150083.jpg
磯鶏駅です。宮古から一つ目で、いきなりの難読駅でしたw
c0337257_00150551.jpg
黒つぶれしているのは、かつての山田線の主
c0337257_00154002.jpg
ここも津波に襲われたエリア
以前にも来たことあったね。


もう、お判りかと思いますが、今夜の宿に向かいがてら、
新たな鉄の歴史をブログに刻もうかと・・・・w


すなわち、宮古-釜石 全駅コンプリート!

本当にコンプリートしたのか?



by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-23 23:59 | 鉄の目 | Comments(0)
2019年 05月 22日

いざ言問はむ、宮古撮り

c0337257_00405816.jpg
宮古駅である。
昭和の時代では国鉄山田線の宮古駅であった。
c0337257_00410560.jpg
いまでは、その呼称・・・はなはだ心もとない。
c0337257_00412005.jpg
この春、山田線の宮古-釜石間は第3セクター三陸鉄道になった。
c0337257_00412479.jpg
宮古駅の停留線にJRの車両は見えない。
すべて三陸鉄道だ
c0337257_00411183.jpg
そこはかとなく人影が多い駅前
(あそこは行列必至のお寿司屋さんでねすか? 丼からはみ出まくりの海鮮丼で有名っす)

c0337257_00412984.jpg
腹が減っていないワタクシは再び駅の構内に見いる。
これを人はmore than a dangoという

そして、この日、追うべきテーマに辿り着いた。
c0337257_00413805.jpg
これがスタート号砲な絵
c0337257_00415054.jpg
じぇじぇじぇ・・・山猫さん、なにを決意してしまったん?


by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-22 12:41 | 鉄の目 | Comments(0)
2019年 05月 21日

物見山でうさを晴らすw

遠野郷八幡宮で奉納される子供流鏑馬
開始は12:30 
あと2時間ある。
さて、可能な行動プランを出してくれ
ワタクシは相棒の「2代目青い彗星号」に命令した。

西風館の探索 か 物見山走破

ほほう、なるへそね(死語w)
これは直接選挙したら80%の得票率で物見山でしょう。

かつて初代青い彗星号も挑んだが、途中の急こう配ヘアピンカーブが
登り切れず途中撤退した黒歴史がありました!(国家最高機密です!)ウソウソ
c0337257_21193287.jpg
数少ないUターンポイント
ワタクシの中のビビルマンが脅しにかかるのだ。

この先、Uターンポイントがないかも知れないよ。
脱輪するかも知れないよ。
500m鬼バックするかも知れないよ。

ええい! 行くのぢゃ!
頂上には某機関の施設があるのだから、クルマで行けるはずだ!
c0337257_06104470.jpg
途中、初代が撤退した急こう配ヘアピンカーブを超低速走法でクリアし、ここが最後の難関か?
泥濘の坂道!
ハンドル取られる取られる!
スタックしたらアウトだなぁ。。とここも超低速走法で乗り切った!

その後も腹を擦ること数回で、ついに・・・
c0337257_06141265.jpg
第一建造物、発見!
c0337257_06153089.jpg
第2建造物発見!
c0337257_06153881.jpg
第3建造物・・・もうええっちゅうの!w
とにかく、終点は近いってことだよ。
c0337257_06155116.jpg
そして、ここが最後のUターンポイント
林道は右の奥で途切れていました。
c0337257_06160725.jpg
そこにあったモノ
c0337257_06161019.jpg
赤い三等三角点
物見山登ったどー!(クルマでw)
c0337257_06161947.jpg
頂上は某機関や某会社のアンテナ施設が多数ありました。
c0337257_06162751.jpg
これもそうか?
c0337257_06163218.jpg
六角牛山の見え方が斬新だ!
c0337257_06163989.jpg
奥の山は五葉山かしらん?(おい、指!w)
c0337257_06164712.jpg
何か忘れ物をしたように感じたが、子供流鏑馬の時間が迫っており、下山開始!
c0337257_06165407.jpg
慎重に、慎重にな!
c0337257_06170456.jpg
早池峰山、木の間からチラチラ
c0337257_06170790.jpg
途中、視界が開ける
中央奥は白見山だぁね。
c0337257_06171765.jpg
天ケ森の奥に早池峰山
c0337257_06172213.jpg
廃林道の分岐でしたなぁ・・・
物見に適した場所・・・
とここで忘れ物に気づいた!
総入れ歯w 座敷親父様のブログで「ストーンサークル」のようなものがある
と書かれていたが、失念していたなぁ・・・
今から戻るか?

2代目青い彗星号がエンジンを震わして断固拒否したw

腹の排気筒の部分に枯れ枝噛んじゃってガラガラ引きずっているし
何の影響か、誤作動してトランク開いちゃうしw

撤収!




by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-21 06:37 | ダーティファイト | Comments(6)