山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2018年 08月 31日

遙かなり和賀岳(1日1登1湯ばかっ旅)

これは8月28日の記録です。
妖怪睡魔くんの妨害行為のため、本日シタタメテいるわけでして。。。

ばかっ旅3登目の山は「和賀岳」でした。
そりゃ、どこの山じゃ?
大半の方は当然の反応でしょう。
アプローチも悪く、行程も長い。それでも山好きの方々の間では、有名な山です。
奥羽山脈の奥深く、ブナの原生林に囲まれ、稜線には素晴らしいお花畑が広がるという「日本二百名山」に数えられる名峰です。

まずは痛恨の二度寝をかましてしまい、横手の宿出発が1時間遅れまして・・・・
さらにガソリン補給を忘れて、ロスタイム・・・
おまけに天候は頭上で見事に分かれていました。
すなわち、日本海側は概ね晴れ、奥羽山脈は低く厚い雲のヴェールを纏っているのです。
一瞬、日本海側の太平山に浮気しようかと思いましたが、そこは初志貫徹!
真木渓谷の悪路を進んだのでした。
c0337257_18501949.jpg
林道のどん詰まりに避難小屋があり、そこが登山口でした。
しかし、のっけから雨が降り出し気分は底なしに落ち込んでいきます。
c0337257_18525898.jpg
稜線まで急な登りが待っています。雨脚は強まっているようですが、
c0337257_18545589.jpg
ブナの森に足を踏み入れると直接雨粒は落ちて来ません。
葉で受け止めた雨粒は枝から幹を伝って、地面に吸い込まれるのです。
おかげでレインウェアは着ないで済みました。

c0337257_18564673.jpg
結構登ってきたのに突然沢が現れます。これも広葉樹林の森の特徴で、
地中に蓄えられた水が思わぬ高所の地層の境から浸みだすのです。

ここで刈り払いの作業員の方々が下山してきました。
風雨が強くて作業中止で逃げてきたとのこと。
こりゃあどうしたもんかのう・・・・
c0337257_18595061.jpg
ようやくと稜線に出ましたが、雨を受け止めてくれる木々が低くなってきたため
雨が脳天を直撃してきます。仕方なくレインウェアの登場です。
作業員様の情報とおり風も強まって参りました。
c0337257_19042456.jpg
森林限界を超えた途端、体が左によっとっと・・・・
谷から吹き上げる風が半端ない! しかも足場が悪い! 眼鏡は雨しぶきでソフトフォーカス状態w
眼鏡を外したほうが視力が良いw
c0337257_19072974.jpg
道しるべも倒れ伏す強風地帯なんだね。
最初のピーク「薬師岳」はもう目の前!

c0337257_19085403.jpg
濡れ鼠となる頃ようやくと薬師岳到着
もうターニングポイントの12:00だ。
和賀岳まで往復8km、ざっと4時間の行程だ。行ったら下山は18時近くなる。

ここで和賀岳方面から単独行のおっちゃんが来たので、情報を頂くと
和賀岳手前800mくらいで藪が酷く引き返したとのこと。
この情報で踏ん切りがつきました。
c0337257_19232739.jpg
ああ、遙かなり和賀岳!

くやしいのは里は晴れていたこと!秋田県日本海側の山々も晴れの領域でした。

ささ、気分を、変えて温泉だ! おんせーん!(なんて現金なヤツ!)
今宵の宿は秋田市なので、行く途上にある温泉宿の中から強烈な個性を放つ名前を見つけました!
その名は強首温泉(こわくびおんせん)
Webで見る限り、素晴らしい古民家風温泉旅館でお風呂も素晴らしい!
だがしかし! なんと日帰り入浴はもう終わっていた・・・
仕方ない、もう一軒の温泉ホテルにしよう。
c0337257_19334022.jpg
一瞬、廃墟か、と思ったが営業しておりました。
c0337257_19335212.jpg
まぁ、温かいお湯に浸かれて、石鹸、シャンプーで登山の汗を流せたので
文句は申しませんw








by Wild_Cat_Seeker | 2018-08-31 19:57 | トザンシャの者 | Comments(10)
2018年 08月 30日

蔵王権現大暴れ(1日1登1湯ばかっ旅)

今回の「ばかっ旅」には、つい先日購入した5代目PC(ノート型)を随行させました。
リアルタイムに「ばかっ旅」の様子をブログアップする目論見だったのですが・・・

ん? 初日のアップしか見てないって? ええ、そうですとも
山登って、温泉入って、酒かっくらうと、写真の整理途中で「妖怪睡魔くん」に憑依されてしまい、気づいたら朝なんですよ。

んで、今朝(8/30)、悪天候のため停滞を決めたので、宿のチェックアウトまで
1時間ほど余裕ができ、遅ればせながら数日前の行状をアップしようとしているわけでして・・・・

c0337257_08440657.jpg
8月27日 視界20mほどの濃霧の中、刈田岳麓にいる我w
蔵王といってもいささか広く、比較的自然環境が整っている南蔵王のエリアと
最高峰の熊野岳をはしごする計画でした。

c0337257_08475160.jpg
天候は雨降ったりやんだり、のっけからレインウェアの出番です。

c0337257_08490145.jpg
南蔵王はすなわちリンドウの青が支配する山域です。
山道の周りにびっしり咲いている箇所がありました。
正式名称は「エゾオヤマリンドウ」らしいっす。
c0337257_08513509.jpg
判りにくいですけど、リンドウの小径と化していました。
c0337257_08524153.jpg
木道が整備されていましたが、これこのとおり
沈下橋というのは聞いたことがありますが、沈下木道っちゅーのは。。。
c0337257_08540733.jpg
時折、霧が晴れると、遠くまで見渡せる。
里は高曇りなんだろうね。
c0337257_08551528.jpg
スマホカメラも濡れてしまい、頼んでもいないのにソフトフォーカスw
花は「ウメバチソウ」です。北上山地に比べて大振りで、一瞬違う花かと思いました。
c0337257_08572620.jpg
山を二つほど乗り越した先に広がるのは高層湿原「芝草平」
ハイシーズンはさぞかし高山植物が綺麗でしょうね。
c0337257_08592794.jpg
c0337257_08593199.jpg
7月後半に再訪したいものです。

c0337257_09010313.jpg
芝草平から一登りで南蔵王エリアの最高峰「屏風岳」に到着
当然、展望ありまっせん。おまけに本気雨も降り出したので早々に撤収
c0337257_09031868.jpg
振り出しに戻るw
次は熊野岳だが、時短のために刈田岳直下の駐車場までクルマで移動しました。
直線距離500mほどで540円はどうも・・・・
c0337257_09060394.jpg
ここから熊野岳まで往復1時間半だが・・・
第一級の暴風雨であった・・・・
c0337257_09073385.jpg
観光客が果敢にもビニール傘で挑む姿が痛々しい
c0337257_09084730.jpg
やっと稜線上の避難小屋に到着
というか、熊野岳への直登コースの分岐を見逃して遠回りしていたよ。

c0337257_09102602.jpg
体持って行かれそうなの暴風の中、何とか蔵王連峰の最高峰に到着。
c0337257_09124346.jpg
ついでに刈田岳も^^

晴れていれば鼻歌交じりのハイキングコースでしたが、
悪天のため、なかなかにスリリングな山旅でございました。

おっと、宿のチェックアウト時間が迫って参りました。
続きはまた、明日にでも(だれもシンジテナイw)




by Wild_Cat_Seeker | 2018-08-30 09:19 | ばかっ旅 | Comments(2)
2018年 08月 26日

リスケで始まる夏休み(1日1登1湯ばかっ旅)

いや、牛タンの利助*1で食事から夏休みが始まったわけではござらんw
*1 カントーに実在する牛タンチェーン店。牛タン界のレジェンド「利久」と「喜助」から名前をパクったのは明らかなパチモン牛タン店であるw)
昨日から始まるはずだった夏休みが、処理しきれない仕事の量でグダグダの休日出勤142.png

旅の始まりから計画頓挫である!(怒)
楽しみにしていた登山を一つ断念して、ようやくとリスケ完了!
ま、悪天候だったので、結果オーライでしたがのw

c0337257_00281211.jpg
この旅のファーストショットです。
猪苗代湖畔は蕎麦の花に囲まれていました。
c0337257_00282500.jpg
ソバヤソバ~ヤ♪w
c0337257_00283548.jpg
宝の山と蕎麦畑のコラボ・・・・
言われないと磐梯山とは判らないですよねw
c0337257_00283906.jpg
でも、蕎麦の花は秋の訪れの象徴ですよね。(秋蕎麦)

c0337257_00283044.jpg
アキアカネも里に帰ってきてるし・・・・
c0337257_00284883.jpg
畑の畦に蠢くドーブツこれあり

野良猫、野良犬、野良山猫w さてどれ?
いすれも不正解でっす。
正体は・・・・・・(ドラムロールw)
c0337257_00284586.jpg
イノシシ 猪 野生の豚・・・・ぎょうさん居るねんな(©いとしこいし)

ここまでは晴れの領域でしたが、裏磐梯から山形県へ達すると雨模様となりました。
c0337257_00285241.jpg
c0337257_00290358.jpg
本来ならば、西吾妻山登山ののちに浸るはずだった白布温泉
温泉自体はよござんした!
露天風呂に浸っていると豪雨になりましたがの_| ̄|○

米沢市へと下り、この日の楽しみのひとつ米沢ラーメンを食しました。
c0337257_00285676.jpg
Webではやたらと評判の良かった「熊文」のチャーシューメン
いや、旨かった!
あっさり系醤油ラーメンですが、鶏と海鮮がどちらも出しゃばらずスープが絶妙で細縮れ麺によく絡んでいました。
空いている時間でしたので、オーダから出まで5分足らず! 素晴らしい!
c0337257_01023089.jpg
んで、予定通り、ステーションビューなホテルで旅装を解きました。


by Wild_Cat_Seeker | 2018-08-26 23:59 | ばかっ旅 | Comments(0)
2018年 08月 14日

嵐を呼ぶ、モーレツ半島旅

c0337257_10405265.jpg
季節は夏
雀の涙ほどのお盆休み
c0337257_11022854.jpg
エアコン漬けの生活のせいか体調が優れない
こういう時は暑さに身を委ねるのが良い
c0337257_11084912.jpg
とはいえ・・・・
c0337257_10501032.jpg
空が騒ぐ・・・
遠雷がひっきりなしに聞こえる
不安を覚えたが、買い物がてら、あるものの見物に出かけました。
c0337257_10451731.jpg
見物の目的は、これ!
京急とのコラボが生んだ「まじかぁ?」な駅名変更w

多摩川を渡り、川崎で買い物
そのまま上大岡へ移動しようとしたが
c0337257_10455147.jpg
ちょこんと止まっていた電車に惹かれて
衝動的に乗ってしまった。
京急大師線・・・・
遙か昔に川崎大師に初詣に行って以来の乗車です。
c0337257_10460057.jpg
んで、終点の小島新田w

c0337257_10460755.jpg
この、もう少し先まで行っていたんだよ、的な終着駅w
事実、かつては近くの工場まで貨物を運んでいたとのこと
c0337257_11341925.jpg
駅の先は貨物線のヤードでした。
c0337257_10450539.jpg
京浜工業地帯にはお盆なんて無い
昭和の高度成長の幻影に浸りきっていた
c0337257_11294956.jpg
ばーちの辺りは嵐の真っ只中っぽい
ある意味、嵐をうまく避けているとも言えるが・・・

c0337257_10461408.jpg
西の方向より新たな雷雲が接近中で、
風に乗って雨粒が飛んでくる
そのまま電車で引き返そうかと思ったが、本降りまで30分は保つだろうと
悪運の強さを信じて一駅歩くことにw
c0337257_10462135.jpg
見ておきたかったのはこの光景

国道15号線(産業道路)6車線を遮断する京急
渋滞の名所でしたが、現在地下化の工事中で
近い将来、この光景は過去帳入りします。

川崎に戻り、快特で上大岡へ移動
途中、横浜を過ぎる辺りは夕立の真っ只中で
至近距離でドッカンドッカン落雷しておりました。
c0337257_10463320.jpg
京急とのコラボが生んだ「まじかぁ?」な駅名変更
第二弾!
我が人生に悔いなし!w
などと写真撮りにうつつを抜かしていると
さらに激しい落雷がどっかんどっかん!
これは、さらに南下してスウェイするに限る

c0337257_10464824.jpg
横須賀のはずれに、コラボ駅第三弾はございました。
さすがに「おれ、何やってるんだ?」感が漂うw
これは、まちがいなく「ばかっ旅」だw
c0337257_10485635.jpg
ばかっ旅なら、ばかっ旅らしくしめないとね。
久里浜へ行こう!

なぜ、久里浜かって?
c0337257_10490895.jpg
横須賀線のグリーン車で酒盛りしながら帰るためだよw
「ばかっ旅」の終わりはこうでなくっちゃねw



by Wild_Cat_Seeker | 2018-08-14 12:40 | ばかっ旅 | Comments(0)