山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2018年 07月 31日

眠い森鉄道

ランチの時間、どうやら、つつがなく盛岡まで行けそうなので、帰りの新幹線を予約する。
スマホでちょちょいと予約出来てしまうから便利になったもんだよ。
しかしながら当然、「はやぶさ」とか「はやて」は満席で・・・「やまびこ」を押さえる。
窓際席は最後の1席だった! あぶねー!

発券するときに気が付いたのだが、「はやて」なんか仙台までは空席あるのだね。
仙台-東京が満席になっているので盛岡-東京を買えないわけで、
ここらあたりJRには考えて欲しいものだねぇ。

八戸駅は八戸線、青い森鉄道、運行の事情によりいわて銀河鉄道が寄り集まるので
少し撮り鉄しましょうかねw
c0337257_09432113.jpg
見慣れない車両がいますね。
八戸線に新規投入されたE131系とのこと。白塗り赤帯の旧国鉄キハ40系の牙城でしたが、今年の3月で絶滅したそうな。
8年前に乗ったなぁ(遠い目)
c0337257_09485336.jpg
こちらはハイブリッドなHB-E300系ですが、八戸線にも投入されていましたっけ?
リゾートうみねこ?
c0337257_10154547.jpg
リゾートあすなろ でした。
c0337257_10155228.jpg
乗ってみたいけど、乗ったら大湊に戻っちゃうw
c0337257_09490715.jpg
リゾートあすなろ(大湊線)、八戸線、いわて銀河鉄道、青い森鉄道が一堂に会しているのは
なかなかにお得感ありですw

さて、いわて銀河鉄道に乗って盛岡へ行きましょう。
c0337257_09492427.jpg
到着~~!
さ、新幹線乗り換えはあまり時間ないよ。急がなきゃ・・・って、何するんですか!
落し物を拾うマジックハンドで襟を掴まないでくださいよ!
え? なに何? いわて銀河鉄道の乗り鉄写真がない、ですって?

ええ、この路線、1回、踏破しているし、ロングシートで車窓楽しめないし、
昼の麦汁が程良く回り・・・・つい、うつらつらつらうつらつら・・・
乗り鉄鬼十則 第1則違反で百叩きの刑でしたw

追伸、盛岡からの「やまびこ」には車内販売が無く、悶え苦しむアル中3時間半の南下行でございましたw



by Wild_Cat_Seeker | 2018-07-31 06:19 | 鉄の目 | Comments(0)
2018年 07月 30日

八戸でさばさばするの巻

大湊線に乗って大湊まで来たワタクシ
c0337257_08082962.jpg
駅舎は最近リニューアルされたらしく、こぎれいでございました。
返しの列車までは1時間以上あるので、街をぶら~りしたいが、
この旅、登山装備+2泊3日の生活用品をザックに詰め込んでいるので
行動が著しく制限されます。
c0337257_08084971.jpg
ああ、みそ貝焼き 結局、ホンモノは食べる機会なかったなぁ・・・・
唯一の機会の青森ナイトは電池切れで早寝しちゃったしw
c0337257_08085881.jpg
大湊の街のメインルート 脇野沢方面
c0337257_08090749.jpg
田名部方面
c0337257_08091622.jpg
駅のロータリーに咲く花は?
c0337257_08092275.jpg
ああ、ハマナスだねぇ・・・・この実、食べられるんだよね~
食べる? 
あ、そういえば・・・・それにしても・・・・
c0337257_22424940.jpg
大荷物抱えているので、やたらと歩き回れないから、ぐるぐるマップで検索すると・・・・
お、200m先にコンビニがあるぞ!
しかし、それよりも、ほぼ駅前にスーパーを発見!
しかも9時過ぎにも係わらず開店していましたので
サンドイッチと缶コーヒーを購入して駅の待合室で小腹を満たしましたとさ。

ワタクシを含め4人の鉄が待合室で列車を待つ・・・・
(内2人は乗り鉄鬼十則第5則と第9則違反で懲役12年の刑相当w)

小腹が満たされると、すぐに下腹が張ってくるのは健康な証拠か?
駅のトワレで大宇宙と交信すること5分・・・・待合室に戻ってきて
ああ、びっくり!
一気に列車待ちの人が増えていました。
あろうことか、ワタクシの座っていた席にはうら若き乙女の
連休に帰郷し、再び下宿先へ戻る風wが座っていらっしゃるではありませんかw
ま、席は空いているので問題ありません。うら若き乙女の隣で列車を待つのも
悪くは無いw
c0337257_08092635.jpg
はい、いってきます!
地図を改めて見て納得しました。津軽半島の三厩駅よりも北なんですね!
本州最北端の駅ということになりますか? ならない・・? 隣の下北駅の方が北? どうやらそうらしい。
なので、この微妙な表記なのかw
総入れ歯(そういえばw)尻屋埼の標柱には「本州最涯」と記されていたなぁ(最北は大間崎だからね)
乗りこんだのは快速「しもきた」 八戸行き
大湊線内は下北、陸奥横浜しか止まりません。
青い森鉄道内も上北町、三沢、下田しか止まりません。
八戸着11:59

謎の調査機関のエージェント「一如」さんより極秘指令が出ていたので
街中で昼飯処を探すが、居酒屋系は昼営業していないのね。。。。
重いザックを担いで大汗かいたあげく、駅側の観光施設のレストランに落ち着きました。
c0337257_09041452.jpg
失った水分は補給しなければならない(笑)
c0337257_09042719.jpg
そして極秘指令を遂行する。
ミッション「八戸で鯖を喰へ」 ミッションコンプリートしました!
ホントは八戸ラーメンのほうが、あ、なにをするくぁwせdrftgyふじこlp;@:「



by Wild_Cat_Seeker | 2018-07-30 06:04 | 鉄の目 | Comments(2)
2018年 07月 29日

嗚呼、大湊線!

野辺地からは大湊線の乗り鉄旅です。
乗客はボックスシートを一人占めできるくらいの密度しかいません。
観光客風70%、地元民25%、同業者w 5% 
乗り鉄が意外と少ないですな。朝早過ぎるからか・・・w
朝早いといえば、まだ朝飯食べていない・・・
青森駅ではコンビニ寄る時間なかったし、野辺地の乗り継ぎも微妙な待ち時間で
スキっ腹に響くキハ100のエンジンw
c0337257_05435835.jpg
次の駅は「北野辺地」
なかなか味のある駅名盤です。
大湊線の愛称は「はまなすベイライン」
c0337257_05440426.jpg
有戸駅に到着
ここまでは何の変哲もないローカル線車窓なのですが、次の「吹越(ふっこし)」までが
大湊線の必見車窓区間です。
それまで陸奥湾は遠望できるだけで、しかも間に国道が入るため、どうしても車窓としては二流、三流・・・・
ところが・・・・
c0337257_05441563.jpg
ついに国道を越えて陸奥湾へ一直線!
ここは、いつだったか撮り鉄しましたね。
その時の行状はコチラで

c0337257_05442173.jpg
そこを今日は車窓から眺めました。
おお~窓の外はすぐ海!
これはイイ! 八戸線や五能線でも味わえますが、此処は此処でいいですね。
(見るときには海岸線の漂着物が視界に入らないようにお願いシマスwww)
c0337257_05442655.jpg
んで、「吹越」到着。 「有戸-吹越」間は13.4㎞!
駅間距離ナガっ! これは東北新幹線の北上-新花巻間より長い!(判りにくい比較だw)
c0337257_05443185.jpg
そして、次が「陸奥横浜」沿線唯一の列車交換駅。味のある駅舎です。
駅舎とプラットフォームが離れていますが、かつては駅舎側にも線路があったようだ。(貨物用かしらん?)
昨今は菜の花畑が有名ですが、果たして大湊線に乗って訪れる方は何人いることやら・・・
c0337257_05443761.jpg
陸奥湾の向こうにうっすらと見えるのが恐山
あの麓まで大湊線は続く
c0337257_05445184.jpg
「有畑」・・・このあと「近川」「金谷沢」「赤川」と続くのですが、プラットフォームは山側にあり
カメラに収めること能はず・・・・
c0337257_05445965.jpg
沿線一番の繁華な駅「下北」に到着。
かつてここから大畑線(のち下北交通)が分岐して大畑まで通じていましたが2001年で廃止
終点の大畑駅は保存されていて、かつての気動車も動態保存されているそうな。

此処は下北半島観光の起点駅、恐山や大間や尻屋崎はこちらで下車です。
まったくそのとおりで観光客風の方々は全員、コチラで下車されました。
残ったのは鉄のみwww
c0337257_05450563.jpg
さて、恐山も近づいてきました。
c0337257_05451043.jpg
田名部川を渡ると終点の大湊です。
c0337257_05451856.jpg
終着駅を目視で確認w
大湊線を完乗!



by Wild_Cat_Seeker | 2018-07-29 08:00 | 鉄の目 | Comments(4)
2018年 07月 26日

へのへののへじ

青森駅前のビジネスホテルをあの日の宿にしたのは、次の3プランの一つを
実行するためでした。

その1 名立たる青森ラーメンを朝ラーでいただく
その2 名立たる名湯、浅虫温泉で朝湯をいただく
その3 名立たる東北本線の名残を乗鉄でいただく

その1 開店が8時とかで、そこまで待ってられないのでスルー!
その2 この二日間温泉三昧だったし、朝湯は身上つぶしちゃうのでスルー!w

もう選択肢ないやん!w

青森駅の長い長い跨線橋を渡りつつ、ああこの駅を初めて通過したのは、まだ未成年の頃だったなぁ・・・
などと追憶に浸っていると、目指す列車の発車間際のアナウンスが聞こえてくるよ!

すったもんだで、乗り鉄かまし、着いた先は・・・・・
c0337257_22300170.jpg
日本最古のほにゃららがある「へのへの野辺地駅」w(ネーミングライツが売り出されたら落札して、こう名付けようw)
奥の開放空間には、かつて南部縦貫鉄道が発着していました。
c0337257_22300600.jpg
昔はさぞ賑わったのだろうね~
c0337257_22302734.jpg
跨線橋が良い味だしていますし、この長いプラットフォーム! 
本線の面影です。

んで、なして野辺地駅で「へのへの」しているかと申しますと・・・・
c0337257_22301794.jpg
久恋の未踏路線、大湊線を制覇するためでした。
c0337257_22301259.jpg
ささ、北の大地の朝を切り咲いていただきまっしょう


by Wild_Cat_Seeker | 2018-07-26 22:45 | 鉄の目 | Comments(0)
2018年 07月 22日

岩木山余話

ミッションインコンプリートに終わった岩木山登山
しかし、見所はいぱ~いありましたよ。

事前リサーチが甘かったので、花っこは期待していなかったのですが
なんのなんの! 南野陽子!w
c0337257_20261392.jpg
おだまり! ではなく、オダマキ(苧環)w
c0337257_20264346.jpg
つっちゃくて黄色い花・・・名前は・・・・ワスレタグサwww
c0337257_20265815.jpg
ノロマな蝶もいましたった。
こやつ、こちらを意識しているのもかかわらず飛び立ちませんでした。
暑さにがおっていたのでしょうか?www
名前は「ヒカゲチョウ」

写真には残せなかったのですが、ゼフィルスも数多く乱舞していました。
時間帯や飛翔高度から、エゾミドリシジミかメスアカミドリシジミと推定しました。
c0337257_20345251.jpg
葉っぱをせっせと紡いでいたのは「ウスアカオトシブミ」なるらん

c0337257_20375389.jpg
この手の黄色い花は苦手です。名付けて「ワケワカランソウ」www
c0337257_20462012.jpg
これは「ミヤマカラマツ」でしょう!
c0337257_20494218.jpg
これは「マイヅルソウ」なるらん
c0337257_20504780.jpg
出ました! ハクサンチドリ!
艶やかないでたちで大好きな高山植物です。
c0337257_20514978.jpg
99.5%の自信度でオオバキスミレでしょう。
c0337257_20524153.jpg
かれんなスミレの仲間・・・名前は知りません。 スミレの仲間は同定が困難なのす!
c0337257_20534065.jpg
で、ついに出ました!
ワタクシ、事前リサーチを怠ったため、この花をみて思わず誤った声を上げました。
「ハクサンコザクラ」!
正解は・・・・
c0337257_20590790.jpg
ミチノクコザクラでございまいした!
わざわざこの花目当てに岩木山に登る方もいらっしゃるそうで。

岩木山 リベンジ計画発動しました。
モンダイは天候だが、はたして・・・今年の夏がいつまで続くかにかかっていますw



by Wild_Cat_Seeker | 2018-07-22 06:46 | 花、植物 | Comments(4)
2018年 07月 21日

お岩木さん いらっしゃぁい!

さてさて、このばかっ旅のメインイベントが青森県の名峰「岩木山」
去年、日程が合わずスルーした本州最北の百名山です。

標高差1300mの一途な登り・・・正直、苦手です。

これは、その昔、わげー頃のアルプス登山の初日や、10数年前の富士登山以来の
苦行です。
c0337257_17251108.jpg
パワースポット、岩木山神社が登山口です。
c0337257_18080955.jpg
朝からたいへんお暑うございました。
救いと言えば、風があったこと・・・・空冷式エンジン搭載の山猫にとって、これは救いの神でした。
c0337257_18104072.jpg
c0337257_18104590.jpg
「あ”~~~、めっかった!」
あまりの暑さに狛犬も職場放棄して、かき氷でも食べにいくのか?www
c0337257_18195964.jpg
朝早過ぎて、門は閉ざされ、登山成功祈願を出来ないまま、行動開始!
c0337257_18214322.jpg
さすが、信仰の山、これ山頂まですべて参道なり。
c0337257_18242700.jpg
神域の奥で、某自動車メーカーのイベント開催中・・・・
このちぐはぐ感は、いろいろ考えさせられました。
c0337257_18280762.jpg
遠野三猫の一角の方www
今回の登山はこの方の企画でした。

去年逃した「岩木山」 
もう、一も二もなく飛び付きましたw
c0337257_18314776.jpg
スキー場を過ぎて、いよいよ本格的登山道の始まりです。
c0337257_18323513.jpg
途中のヒュッテまで2.5時間ね。
これは手強い行程だわい!
c0337257_18335526.jpg
「ゴリさん」「ボス!」「デンカ」「ボス!」「ヤマさん」「ボス!」「マカロニ!」「ボス!」
・・・・・・「チョウさん・・」

いいんですよボス。。。忘れていたんでしょ・・・とスネるチョウさんwww

このネタに反応した方は1970年代の刑事ドラマファンですねw
c0337257_18401765.jpg
カラスの休み場
なぜか、どんどん後続の方々に抜かれて行く展開・・・・・
特にカラス天狗みたいなわらす2人にはびっくらこきました!
ささ、さ~~っと走るように追いぬいていきましたった!
c0337257_20040484.jpg
今回のツアーの主催者にして、コースリーダなこの方・・・
昨日の「ゆっこ」か「吉田類との飲酒」が原因か・・・・エンジンのフケが悪いようで・・・
早々と脱水症状の兆候が・・・・・
c0337257_18492464.jpg
姥石で、シンキングタイム!
半分引き返すつもりでいましたが・・・ファイティングポーズ取るもんですから・・・・
c0337257_18514550.jpg
ここは焼止まりヒュッテの手前の笹原
麓から見た雲の層の中に入りつつありました。
風も強く・・・・
でも山頂までは・・・・
c0337257_18580597.jpg
まだ2時間半か・・・・・
c0337257_18581720.jpg
ヒュッテとは名ばかりのジメジメ系避難所
c0337257_18582260.jpg
ここには頼まれても泊りません・・・・
あの手前の笹原にテント張りますw

ここで少し休んだら、相棒の方も少し元気になったようですが、
c0337257_19023389.jpg
いやはや、ここから沢筋の悪路です。
この高度で沢とは・・・・水源は雪渓だとか・・・・・

此の頃から先行者がどんどんと引き返してくるように・・・
かなりイヤ~な予感がしました。
c0337257_19045884.jpg
目の前を先行していたベテラン女子w二人が、「水量が多すぎ! 引き返します!」と宣言!
この状態は異常事態なのか?
c0337257_19085631.jpg
残雪が視界に入ってきました!
c0337257_19085649.jpg
沢沿いの道は、夏道と冬道の転換時期・・・・
あ~~、ちょっとフラッシュバック! ではなくw
焼止まりヒュッテの看板になんて書いてあった??
c0337257_19452183.jpg
タイヘンキケンナジキ・・・・・・
c0337257_19090355.jpg
まさにその時! もう戻~れない~~!
な事態が頭をよぎる。
融け崩れかかったスノーブリッジの通過・・・・
さらに相方の体調を考えたら・・・・・

沢筋のルートを辿る手もあったのですが・・・・
口の中が乾く乾く・・・・・

これはまさに自分の命をBETしている状況!
過去に何回か経験しましたので、もう迷いませんでした。
c0337257_19534634.jpg
悔しいけれど、それがベストチョイスでした。
山は夜逃げしませんので、またおいで、との声も聞こえ・・・・

標高1200mくらい、山頂まで1時間半の地点で回れ右しました。

しかし、まぁ、7月中旬で雪のために登山断念とは・・・恐るべし!






by Wild_Cat_Seeker | 2018-07-21 06:21 | トザンシャの者 | Comments(5)
2018年 07月 20日

文月ばかっ旅

c0337257_20241551.jpg
今年は夏休みらしい夏休みがない。
なので、7月の3連休は早い夏休み代わり

c0337257_20263544.jpg
やはりというかまたかというか北へ旅立つ吾!
c0337257_20280769.jpg
ホスト役の方の至れり尽くせりの接待攻勢!
こりゃまた泣けてくるw
c0337257_20281466.jpg
さらに、有名なるアートを見させていただきました。
c0337257_20282284.jpg
c0337257_20281881.jpg
こりゃぁクオリティが高い!
c0337257_20405620.jpg
入館料も高いw
ついこないだまで無料だったらしいが・・・・今や300円+200円
私的には良いと思います。
それだけの価値があるアートですからね。

それに、村が村で居られない昨今、こうして独立独歩の村で居るためには
なりふり構わず収益を上げるべきだろう!

接待三昧はまだまだ続く・・・・
津軽の出で湯につかり、夜のお楽しみタイムに突入!
c0337257_20570722.jpg
弘前の中心街を微妙に外した場所に、その店はありました。
c0337257_20571699.jpg
1か月前に予約されたそうで、そうでなければこのビールにはありつけなかったほどの
有名店だとか・・・
c0337257_20592639.jpg
お通しは山芋の千切り
c0337257_20595208.jpg
もつ煮込み(これは美味でしたが、味が濃かったねぇ、さすが北国だよ)
c0337257_20595871.jpg
つくね・・・・んめがったじぇ!
c0337257_21000381.jpg
レバーに正肉
c0337257_21001014.jpg
牛肉のさがり串だったかな?  美味しゅうございました。
c0337257_21002525.jpg
揚げもの各種・・・・

あまりに美味い品々にビールX3 ハイボールX1 そして
c0337257_21002816.jpg
もっきり!
これが余計だったようで・・・
以降、まだらボケwww
ちゃんとお代を払いましたか? ワタクシ・・・・・
c0337257_21003416.jpg
おやおや、この御方もお目見えしましたよ!
まぁ、乾杯しましょうや!



by Wild_Cat_Seeker | 2018-07-20 05:32 | ばかっ旅 | Comments(2)
2018年 07月 19日

太陽祭2018 その4

多摩川を渡る
c0337257_21361435.jpg
c0337257_21361959.jpg
河口方面を見やる。
言われなければ、どこか東南アジアのリゾートと間違えそうW
c0337257_21362769.jpg
渡った先は「川崎宿」
ようやくと品川の次の宿に到着したわけです。
c0337257_21363183.jpg
川崎宿の先に一里塚
これが日本橋から数えて5個目とのこと、つまり20km地点
c0337257_21364754.jpg
さて、一向にエンジン全開しない、このアンヨw
この時、すでに3ツの懸念事項を抱えていました。
①左足裏のプチねんざ
②左足かかとの靴ずれ
③右足つけ根の股摺れ

残り時間を考えると、心に秘めた最終目的地は断念せざるを得ない
旧東海道を外れて南下を始めた。
c0337257_21365333.jpg
横浜駅前を通過、みなとみらい地区へ
c0337257_21365855.jpg
ヨコハマじゃイマ~~w
ここは30代の頃、頻繁に通いました(仕事でw)
c0337257_21370566.jpg
中華街を横目で見て、元町を越え、そろそろタイムアップが近い
c0337257_21371344.jpg
むむ! 疲労困憊の身にはチト辛い急坂だ!
c0337257_21374862.jpg
裸婦像によろけて入った先は「みなとの見える丘公園」
昔来た時は辛うじて港が見えましたが、今回は「みなとが見えない丘公園」となっていましたw
c0337257_21380020.jpg
こここけっこ、ここを登るのですか?
えっと、足、もう限界なんですけど~~~

のぼらっしゃい!
c0337257_21372502.jpg
外人墓地の向こうに陽が落ちる
c0337257_21372939.jpg
日の入りが見える高いところへ、いざ高いところへ
c0337257_21373584.jpg
よし、最後の燭光に間に合ったようだ
その数分後・・・・
c0337257_21381788.jpg
かんかんかん
終了~~! ただいま日没でございます。
c0337257_21380699.jpg
石川町の駅まで、もう一踏ん張り!
んで、今日のおさらいです
c0337257_22214600.jpg
そして、全行程のデータです。

歩行時間:3:59-18:58(14時間59分)
歩数:84,775歩
歩行距離:60.74km

今年は途中リタイアもちらっと頭を過ぎりましたが
ま、終わり良ければ、すべて良しw



by Wild_Cat_Seeker | 2018-07-19 06:30 | ばかっ旅 | Comments(0)
2018年 07月 18日

太陽祭2018 その3

ちょっと、大義名分を失いつつある太陽祭・・・・
あとは、名に恥じないよう全力歩行するのみ!
c0337257_22061427.jpg
芝浦を歩く・・・・このあたり、20代後半の頃、仕事でよく通ったエリアです。
c0337257_22061848.jpg
ここは海岸通りとモノレールと新幹線の引き込み線が交差する場所
もうひとつワタクシごとが交差していますが、それは語らずに済ませましょう。
c0337257_22062538.jpg
歩く先は、ここから旧東海道
6時間かけてプロローグが終わりました。ここからが本番です!
c0337257_22063116.jpg
平和島の平和の森公園の雀は警戒感皆無!
すぐ足元まで寄ってきてエサをねだります^^
でも、今日は持ち合わせがないし、ヤセイドーブツにむやみやたらと餌をやるのは
良くない!
すると雀、「ちっ! ケチな野郎だ!」とのたまう。

これが本当の「舌打ち雀」www
c0337257_22063673.jpg
大森界隈には「ワイキキ」がありますw
しかし、ここ、遊泳禁止らしく、海に入ると、スピーカー越しに警告が発せられます。

気温は30℃超え、で、泳ぐな! とはなんとご無体なwww
ワタクシも泳ぎたかったのですが、着替えがないのでwww

その後は大田区内の住宅地を喘ぎながら歩きました。
単調な道に加え、暑さと・・・・なによりも
c0337257_22424940.jpg
んなので、食い処のありそうな繁華街へとよろめき進む。。。
c0337257_22064423.jpg
うむ!
此処なら、食いっぱぐれはないだろう!
c0337257_22064802.jpg
正解でした!
昭和のスメル漂う中華料理店で
ビールだ 餃子だ チャーハンだ!
c0337257_22065136.jpg
エネルギーをチャージしたワタクシ
程なく東京を辞し、神奈川県に突入したのでした!

てなことで
弥次さんも聞きなさい
喜多さんも聞きなさい

続くってこったぁ!
c0337257_22515345.jpg
おさらいです。
暑さと単調との闘いでした。


by Wild_Cat_Seeker | 2018-07-18 07:04 | ばかっ旅 | Comments(0)
2018年 07月 17日

太陽祭2018 その2

c0337257_06012472.jpg
レインボーブリッジ封鎖という、「踊る大捜査線」でも成し得なかった事実に落胆するワタクシ
ああ、ここから一番近い橋まで迂回するのか・・・・
しかし、その時、傍らの管理事務所の貼り紙を見て、踊りあがった!
c0337257_06011843.jpg
あ、なーんだ! 単に営業時間前だったんじゃん!
あと、何分待ち? 9分? OK~ 桶~! 大したロスタイムではない!
逆に張り切って飛ばしてきても、ここで足止めされる結果だったので
ある意味絶妙の到着タイムだったのね^^
c0337257_06012989.jpg
もうまもなく「ヘブンズドア」が開きます。
警備の方が何やら小声で無線連絡していますが、おそらく向こう岸のゲートへ
「え~、これから渡る人を報告する。チャリダー1名、ジョガー2名、
・・・・名状し難い山猫のやうな者1匹。以上!」
などと喋っているのでしょうw
c0337257_06013602.jpg
さぁ、いくぞ!
ゲートを抜けるとすぐに、海側コースと内陸側コースに分かれますが
ワタクシは海側コースを選択!
ちなみに内陸側コースを選択すると、レインボーブリッジの壮大な姿が間近に拝めます。
c0337257_06014747.jpg
徐々に高度を上げて行く。先程通った「お台場」の風景
c0337257_06015110.jpg
目の前には台場公園(この台場は一般人立入桶です)
c0337257_06021032.jpg
かなり高度が上がってきました。スマホを持つ手が震えるのはなぜでしょう?
c0337257_06021414.jpg
往く方を見やれば、もう一つの台場と対岸は品川の高層ビル群
ああ、「スマホを落とすんじゃないか不安症候群」を発症しました。
c0337257_06024964.jpg
原因はこの手すりの低さ!
忘れていましたが、ワタクシ・・・・高所恐怖症でアリマス!
ちょっと、身を乗り出した瞬間、後ろから「だぁ」と押されたら、数十メートル下の海面に
高飛び込みで脳しんとうどころか、即死でしょう。
c0337257_06030469.jpg
対岸からも人々が渡ってきました。
決して道を譲らなかった中の国の一団20名ほど、
中学生冒険チャリダー3名
ちなみにチャリは走れないように後輪に足枷をかまして押して渡ります。
c0337257_06030962.jpg
大井ふ頭のガントリークレーン群はいつ見てもド迫力です。
あれらが日本の経済に欠かせない物資を船から引き上げているのです。
c0337257_06031883.jpg
振り向けば台場の向こうは盛夏だよ!
7月七夕に盛夏だったのは、ここ数十年で何回だえ?

さて、そろそろ、レインボーブリッジから離脱しないといけないが・・・・
c0337257_06034387.jpg
ここから降りるのかな?
c0337257_06034851.jpg
ああ、エレベーターね。下のボタンをポチっと・・・
c0337257_19384504.jpg
え? なんでしたっけ? ほら来たので、早く乗らないと・・・・
c0337257_19384928.jpg
な、なんですとぉぉ~~~!
c0337257_06040175.jpg
乗ってませんか?
太陽祭不履行ってことでよろしいのか?
c0337257_06040606.jpg
だってさぁ・・・また台場に戻って、勝鬨橋とか新大橋を渡るのは・・・
なんとか、特例を!
御慈悲を!
お代官様ぁぁ~~!
c0337257_19534409.jpg
その方の言い草はなはだ自己中なれど
日々の激務を鑑み、特別に赦して進ぜよう!
一同立ちませい!


今年の太陽祭・・・・
波乱万丈だ!




by Wild_Cat_Seeker | 2018-07-17 21:46 | ばかっ旅 | Comments(2)