山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 20日

屯所前

c0337257_09265913.jpg
笛吹峠へ向う県道を走ると「屯所前」というバス停があり、傍らに味のある屯所があったのですが、消滅しており新しい住宅が建っていました。

いつ無くなったんだろう? 
屯所だけに屯死・・・_| ̄|○

年に1回程度はこの前を通過していたはずだが・・・・・
気付かなかったなぁ・・・

ワタクシの記憶力も屯死、もとい頓死w



by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-20 05:08 | 遠野の里 | Comments(0)
2018年 05月 19日

瓦解(おっける鳥居の後日談)

c0337257_08245183.jpg
草生す石段
かつて此処には私的遠野遺産w「おっける鳥居」がございました。
重力に贖いながらも「いつか倒れ伏す運命」を醸しだす姿を
贔屓にしておりました。

おりました・・・・過去形です。
震災後の、サムデイのこと、人知れずおっけてしまい、以降再建の端緒にも付いていません。

しかし、もっと衝撃だったのは、石段の上にある社殿です。
おそらく震災の深度5強の揺れに耐えられず、文字通り瓦解しておりました。

でも、あれから7年・・・・もしかしたら再建されているかも・・・と
少し期待してワイルドな石段を登った次第です。
c0337257_08250087.jpg
あ、もう、ここから判ってしまいますね。。。
c0337257_08250737.jpg
うーん、過去の写真と比べてみると、
c0337257_08251473.jpg
2018年5月
c0337257_08552582.jpg
2015年7月20日

剥がれた瓦の位置がまったく変化していないので
手つかずのまま保全されているようです(おいおい)
c0337257_08253087.jpg
情報通の方の談によると個人所有の一宇だったとのこと
建物は再建するにしても整理するにしても思いの外多額の費用がかかるもの
それで3年近くの間、1枚の瓦、一本の梁も加減せず放置されたり
c0337257_08253932.jpg
左奥の小さな社には参拝の痕跡あり
辛うじて信仰は続いているようです。



by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-19 09:08 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(0)
2018年 05月 17日

石碑群の幼生

c0337257_13590262.jpg
「路傍には石塔の多きこと諸国その比を知らず」とは遠野物語序文で語られた内容で
百十数年を経た現代でも、言い換える必要はない。
本当に多い!

しかし、昨今、遠野では新たな塔が増殖しています。
c0337257_14070193.jpg
なんでしょう?
卒塔婆? 墓標?
c0337257_14102267.jpg
江戸時代の処刑場の近くだけに「おじゃぞぞ」となりそうです。
が・・・・

これは植生再生の最前線の光景なのです。
c0337257_14105107.jpg
墓標のように見えるのは、鹿の食害を防ぐためのプロテクターです。

ほんの10数年前、遠野では鹿は珍しい動物だったのだが、今や田畑、里山を喰い尽す害獣と化しています。

かりそめに遠野に迷い来る都会人が最初に遭遇する野生動物は
タヌキ、アナグマを凌駕してニホンシカが一位になっているかもしれません。
あとはニホンカモシカか・・・・特別天然記念物なので、人間様が手を出せないことをイイことに、市街地にまで出没する事態になっています。

あ、・・これ餌付して、観光資源にしましょう!
奈良公園で出来るのですから、鍋倉山とか遠野郷八幡宮や早瀬川河川敷でやりましょう!
日本初! 野生の特別天然記念物と触れあえる郷「とおの」www

「かもしかせんべい」の販売権を得た業者は未来永劫繁栄するかもwww




by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-17 06:55 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(0)
2018年 05月 16日

災害復興途上

c0337257_13141580.jpg
驟雨の鶉子峠
c0337257_13150439.jpg
軽トラを先に通し、さて次はどこへ行こうか・・・
c0337257_13164413.jpg
デンデラノ近くの山口川が大規模な河川改修中
何か被害が出たのかな?
いずれにしても、日本の正しい故郷「遠野」と災害対策は常にせめぎ合っている。
三面張りの小川を見ているうちに、あそこはどうなっているか気になった。
んで、小烏瀬川と琴畑川の合流地点、昔のカッパ渕へ足を伸ばしました。
平成28年の台風10号による水害被害が遠野でいちばん酷かった場所で、
国道340号線も削られてしまった。
c0337257_13234225.jpg
対岸の小路はこのとおり・・・崩れ去ったまま・・・というか拡大したか?
c0337257_13260332.jpg
ここも、頑丈な護岸の三面張りにされそうだ。
c0337257_13273832.jpg
この少し上流が小烏瀬川と琴畑川の合流点で、昔は深い渕があり、かっぱが
棲んでいたとの伝説が残っていた。
c0337257_13295881.jpg
これだけ川が荒れてしまうと河童は逃げ出しちまうだろうねw





by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-16 06:05 | 遠野の川 | Comments(0)
2018年 05月 15日

マボロシの石碑群

総入れ歯(そう言えばw)、遠野通い第2期の初め、九重沢に雰囲気の良い石碑群があることを、とある方から教えていただき訪問したことがありました。
確か県道沿いにあったのでクルマから見つかると思い、市街から遠野第2ダムまで走ったのですが、これが見つからない・・・・移転したか?
c0337257_12375735.jpg
ダムサイト脇の駐車場で途方に暮れるワタクシを強い雨が叩く
c0337257_12394831.jpg
対岸の九重沢集落をため息混じりに眺めていると、ジワジワと記憶が甦ってきた。
c0337257_12420499.jpg
そうだ! 遠野第2ダム建設に伴って、県道は付け変えられたのだった!
石碑群はその元県道沿いだ!
下に見えているのが、その旧県道だぁね。
c0337257_12441335.jpg
市街地方面に戻って、脇道に入れば、ああ、あったよ!
c0337257_12450902.jpg
これだよ、これ!
c0337257_12454860.jpg
どなたか様がおっしゃっていた「ハチマキして気合の入った石碑」は健在でしたw
c0337257_12474783.jpg
もともとこんなに集合していた訳ではないのでしょう。
集落のあちらこちらに散開していたものが、圃場整備や、宅地造成やらで
徐々に集まって祀られるようになったのでしょう。
c0337257_12511433.jpg
緑滴る季節も良いが、桜の季節も良いだろう。
c0337257_12512834.jpg
さらには紅葉もいけそうだ。
c0337257_12515014.jpg
旧県道から市街地を眺める
路がダムによって付け変えられていたのを忘れていたワタクシ
それによって路肩にクルマを止めてゆっくりと石碑に対峙できたので
ま、よしとするか!(笑)



by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-15 05:28 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(0)
2018年 05月 14日

立丸峠なう

ちょっと日が空いてしまいましたが、立丸峠のトンネル工事はどこまで進んだのか
野次馬してきましたw
c0337257_11420704.jpg
恩徳(おんどく)のうんと奥w 金堀沢の手前に、その最前線はありました。
c0337257_11421750.jpg
バリケードはありますが、もう完成といってもいいような佇まいの新道。
奥に見える法面のかつての様子はコチラ
旧道を少し走ると、クルマをデポ出来る場所があったので、さらに突っ込んだ取材を・・・
c0337257_11555786.jpg
旧道から工事中の新道を見る。ここは谷筋だったはずなのに、流れは完全に変えられています。
c0337257_11553404.jpg
その先に、見えて参りましたのが、立丸峠トンネルの遠野側入口です。
c0337257_11562619.jpg
もう貫通しているので、私的に祝開通走り初めも可能ですが、
そこはそれ良識あるオトナなので、うずうずしながらも踏みとどまったのでしたw
c0337257_12013245.jpg
素直に隘路を昇って、立丸峠へ
しかし寒い!
c0337257_12030263.jpg
5月4日 午前11:09 気温3.5℃
寒い訳だよ・・・
c0337257_12034859.jpg
ついでに峠を下って小国側のトンネルポータルも拝見

いよいよ、立丸峠トンネルも今年度(平成30年度)に開通します。
北三陸から首都圏方面への主要道路になることは決定事項となりますが
次にネックになるのは土淵バイパス(かっぱロード)の終点から遠野バイパス、遠野I.Cまでの隘路ですが、多分、松崎の田圃を突っ切って新しい道路を作っちまうのだろうね。




by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-14 05:35 | 新しきモノ | Comments(0)
2018年 05月 13日

釜石道最前線 2018春

五百羅漢前の釜石道の様子を見たら、その先の釜石道工事の進捗具合をチェックしにいきましょうかね。
c0337257_11025622.jpg
五百羅漢前から鍋倉山方面に延びる工事現場
c0337257_11041206.jpg
振り返ると五百羅漢前の駐車場
タクシーが止まっていますが、どうやら観光客の貸切ツアーのようです。
ワタクシが愛宕神社を彷徨っている時に盛んにクラクションを鳴らしていましたが
あれはお客さんのため「熊避けの儀」を行ったのでしょうね。
c0337257_11114345.jpg
釜石道はその後、来内川の谷へと入っていきます。
この辺りの現場は山腹にあり、県道から垣間見るのは難しく、遠野ダムから俯瞰しました。大規模な法面工事が続いています。
c0337257_11142097.jpg
林の合間に工事現場
c0337257_11150818.jpg
〆田の先で来内川左岸から右岸へオーバークロス
c0337257_11171795.jpg
さらに、来内の中心地を前にして、来内川流域に別れをつげます。
c0337257_11195088.jpg
小さな峠を越えます。
お見苦しい画像ですみません。
なにせ結構な氷雨が降っていたものでw
c0337257_11212306.jpg
峠を越えれば、平倉の廻立(まったち)

c0337257_11223889.jpg
かなり高速道路っぽくなってきましたね。
c0337257_11240644.jpg
拝啓、カルパートの中よりw
c0337257_11250275.jpg
同じく定点観測している、おっけそうな家
今年も健気におっけそうな原型を留めています。

いよいよ今年度(平成30年度)遠野I.C - 遠野住田I.C間が開通します。
その時、遠野バイパス、上郷道路、ひいては遠野市街がどのような変化をみせるか
また新たな定点観測が始まります。



by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-13 11:35 | 新しきモノ | Comments(0)
2018年 05月 12日

参拝 2018年春

今年の春、遠野でのファーストショットがこちら
c0337257_21480018.jpg
そして、セカンドショットがこちら
c0337257_21492743.jpg
何を意味しているかと申しますと・・・

我が定点チェックポイント、五百羅漢への道程を逡巡しているのです。
もちろん、五百羅漢入口まではクルマで行けますが、ワタクシがチェックしているのは、「五百羅漢」ではなく「そこへの道程」なので、麓の五百羅漢さやわかトワレ前にクルマをデポして行くわけです。

此の時のチョイスは、迷うことなく愛宕神社のワイルドな石段へ
何せ、数年こちらを登ったことがなかったので・・・・
c0337257_22014607.jpg
出迎えてくれたのは、「ボケ」の花
え? ヤマブキ?  いえいえピン「ボケ」の花でしょうwww
c0337257_22045867.jpg
見えて来たのは愛宕神社
火伏せの神様です。
それだけに集落のはずれの見渡しの良い高台に鎮座するを常とします。

あ、いや、ここが目的ではござらん!
あくまでも五百羅漢への道程を検分しにいくのが目的です。
c0337257_22094872.jpg
あ、あけびの花・・・都会人あこがれの野生スイーツw
ここのところ食べていないな~

あ、いかんいかん!
あくまでも五百羅漢への道程検分が・・・
c0337257_22142699.jpg
道は明瞭ですが、こんな分かれ道が・・・けもの道
造ったのはシカかアオでしょうね。(アオとはニホンカモシカのこと)
c0337257_22173002.jpg
いよいよ、視界が開けてくると、釜石道の工事現場が近い。
かつては気持ちの良い疎林の中の散歩道でしたが、目が点の変わりようです。
c0337257_22392849.jpg
昨年に比較したら、大きな変化はありませんでした。
c0337257_22401531.jpg
それでも高速道路本体の工事は急ピッチ
c0337257_22402427.jpg
仮設の階段を登って、振り返ってみると・・・
c0337257_22404930.jpg
今や遠野イチ味気ない参道でしょうねw
c0337257_22410278.jpg
足元注意!
この可愛らしいカッパを見ていたら、け躓いたw
c0337257_22411179.jpg
ユンボの展示即売会?(なわけないw)

いずれにしても、このエントリーはオチがありません。
単なるキロクです。

しかし、ここは以前、鬱蒼とした森だったなんて、ウッソー!な光景です。





by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-12 22:53 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(0)
2018年 05月 08日

今更ながらの競技流鏑馬

スポーツ流鏑馬、もしくは競技流鏑馬・・・・
存在は、いつ頃からか知っていました。

しかし、神事たる流鏑馬こそ厳かに拝見するものとオモテいたワタクシは
立ち入ることを躊躇していた領域でした。
c0337257_00234535.jpg
競技としての流鏑馬にふぁーすとこんたくと!
c0337257_00302812.jpg
な、なんですと?
c0337257_00311493.jpg
こ、これは・・・・!!!

この3枚の絵をゲットするために80枚の失敗写真を撮りまくりましたw

いや、速いのっす! シャア大佐も真っ青の通常の4倍は速いのっす!
成功率の低い流し撮りは、ここまでにして、馬場尻から狙いましょう。

こちらからは、的を射る勇壮な姿ではなく、一仕事終えたホットもっとな(w
姿がお値打ちでした。
c0337257_00361838.jpg
いぇい! 駆け抜ける青春!
c0337257_00402161.jpg
美女と変顔白馬w
c0337257_00411358.jpg
たぶん、一番のお気に入りショット!
c0337257_00423262.jpg
射手の皆さんの多種多様な表情にシャッター音が鳴り響く。
ここに集っていた「遠野ブロガー」諸氏のシャッターチャンスシンクロ率は
400%を越えていたと思いますwww
c0337257_00444283.jpg
重鎮の方
この方が乗る馬はことごとく荒くれです。
c0337257_00463703.jpg
ハプニング!
この競技流鏑馬には「丸太引きずり競争」などという演目はござらん!
元凶は・・・・・
c0337257_00462288.jpg
こいつだ!

この荒くれ馬が、気弱い上の絵の馬を威嚇し
暴走を誘発したらしいです。

情報通に聞いたら、某所でも脱走したり、SLのイベントでも
騎手を振り落として、ダントツの走りを示したとかwww
ようは常習犯!

あまり、おイタが過ぎると、宮守あたりの産直で切り身になって売られちゃうよ!

コホン・・・・・

んでは競技流鏑馬「ほっともっと」な絵に戻りましょう。
c0337257_01003859.jpg
三的皆中で破顔一笑!

c0337257_01043527.jpg
余裕の笑み
c0337257_01051959.jpg
悔恨の一的!
c0337257_01055933.jpg
うーん、苦笑い!
c0337257_01064449.jpg
最後はかっこよく〆たぜ師匠!
荒くれ馬はひねくれ馬と化して変顔を披露しているがw

まあ、ともかくも300枚近く撮ったので
ブログアップに耐えられる画像が、これだけあって
よかった、よかったwww


by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-08 23:53 | 遠野の祭り | Comments(6)
2018年 05月 07日

遅ればせながらの子供流鏑馬2018

通い人の悲哀
リアルタイムで情報を発信できないもどかしさ・・・・
(ほんの数万円投資すればリアルタイムで発信できるのに気付かないヤマネコw)

もうあらかた素晴らしい記事が、SNSやブログでアップされつくしていますが
それでも、山猫発信をしたいのはブロガーの意地なのか性なのか・・・・

まずは子供の日恒例の子供流鏑馬です。
c0337257_00371837.jpg
子供流鏑馬は神事ですので、神官の先導で参拝から・・・・

しかし、今年から少々、事の運びが変わっていたのも事実・・・・
例年なら拝殿で神事があるのだが・・・参拝だけに。
c0337257_00421502.jpg
馬場清めの儀は最小限に短縮され、本義に入ります。
なぜなら、今年の子供流鏑馬参加者は空前の21名!(20名でしたっけ?)
しかも、その後に、初めてのイヴェントが控えていたからです。
c0337257_00460216.jpg
お判りですか?
昨年まで子供流鏑馬の馬はポニー
今年からは小型とはいえ、普通の馬っこ!
制御しているのは乗馬クラブの方、獣医学部の学生さん、いずれも
馬の扱いに関してはヴェテランです。
c0337257_00462249.jpg
今年イチバンの注目
ジャニーズ系もしくは若き大谷ショーヘイな彼!
c0337257_00462756.jpg
プロカメラマン(ですよね)のhanaさんもメロメロw
c0337257_00463343.jpg
ポニーから不通の馬に変わったことで、スピードアップ!
c0337257_00464492.jpg
それでも一生懸命、的を射る姿に感動しました。
c0337257_00465151.jpg
よう射たりや~
c0337257_01004377.jpg
一同、礼で神事たる子供流鏑馬はお仕舞いです。

次回、今更ながらの競技流鏑馬の模様をブログアップします。



by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-07 23:59 | 遠野の祭り | Comments(2)