山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 30日

クマーの気配に怯えつつ

以前、とあ~る方に連れて行って頂いた場所へ、記憶を頼りに行ってみようと・・・
c0337257_13040151.jpg
なにせあやふやな記憶頼りなので、はなはだ心もとない。
道の真ん中にクマーの業物が堂々と陳列されているし・・・・
前に進んでいるのに後ろずさりする「ムーンヲーク」状態w
ええい! と勇気を振り絞ってw
c0337257_13063656.jpg
やー、あったあった!
まるで人が抜け出たようなくぼみを持つ奇岩!
c0337257_13064229.jpg
教えていただいた名前ははて何だったか?(と見え見えにとぼける吾)

連れてきていただいた当時は深い深い森の奥、みたいな状況でしたが
近隣の山々を皆伐中で、まぁアッケラカンな空間になってしまいました。

それでもクマーは出ますので、単独で行ったらいけませんよ
(おまえもな山猫!)w


by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-30 06:59 | 遠野の山奥に | Comments(2)
2018年 05月 29日

重湍渓を流す

朝の氷雨が嘘のように天気回復し、同時に気温も急上昇した5月4日午後
まぁ、水辺に吸い寄せられるのは規定事項でしょうか。
c0337257_12480861.jpg
c0337257_12501879.jpg
訪れたのは重湍渓
c0337257_12511459.jpg
でも「ひねくれ山猫」が写す重湍渓は、みんなが知ってる重湍渓ではない
c0337257_12530897.jpg
ひねくれすぎて、本人にも何処で撮った写真か判らなくなる場合があるw
c0337257_12572478.jpg
重湍渓は春夏秋冬、いつ来ても写欲を満たす何かがあります。




by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-29 06:46 | 遠野の川 | Comments(0)
2018年 05月 28日

プレ 太陽祭

最近、カラダがナマリきっているので、激疲れているが、歩きまわった!
気候が宜しかったのでネw

目当ては「てふてふ」

来る太陽祭2018の予行演習も兼ねての「ばかっ歩き」w

c0337257_21233641.jpg
最初のノロマは「ヒメジャノメ」
メイン・ターゲットではない
c0337257_21374270.jpg
モンシロチョウ
東京近辺では2番目に普遍的な蝶
c0337257_21392463.jpg
コミスジ
都区内で見つけるのは難しくなりました
c0337257_21410472.jpg
イチモンジセセリ
c0337257_21411923.jpg
ツマグロヒョウモン
c0337257_21433819.jpg
ルリシジミ
これも本命ではない
c0337257_21442047.jpg
スジグロシロチョウ
給水中
しかし、只の水ではない
ミネラル豊富な湧水ですた。
c0337257_21465290.jpg
サトキマダラヒカゲ
c0337257_21465967.jpg
これは日本に居てはいけない種類
アカホシゴマダラ
c0337257_21471161.jpg
ベニシジミ

c0337257_04590853.jpg
唐辛子が落ちていました
いや、ショウジョウトンボでしたw

c0337257_05003209.jpg
アゲハ
しかし、本命にはまだ出合えない
c0337257_05014349.jpg
ふたたびコミスジ
c0337257_05023254.jpg
アカタテハ
c0337257_05030666.jpg
キジも鳴かずば撮られまいw
c0337257_05033712.jpg
モンキチョウ
c0337257_05040299.jpg
イチモンジチョウ
へぇ、居るんだ!
ちょっと驚きました。
c0337257_05051272.jpg
壮絶な藪漕ぎの末、お目当てのひとつに遭遇
ウラゴマダラシジミ
c0337257_05093928.jpg
ゼフィルスと呼ばれるシジミチョウの一群がありますが
そのうちの1種です。
c0337257_05105879.jpg
この季節、ゼフィルスはミドリシジミ、アカシジミ、ミズイロオナガシジミなどが
見られるはずですが、全部フラれてしまいました。

キロク
我がデジカメの餌食になったノロマ
蝶15種類
蜻蛉1種類w
鳥1種類w

歩行記録
33481歩
25.3㎞

続石(さすが)に疲れた。。。




by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-28 05:41 | ばかっ旅 | Comments(2)
2018年 05月 27日

クイズ 此処はどこでしょう?

第一ヒント
これで判ったら100点です。
c0337257_12265851.jpg
ま、判らないでしょうね。
んでは第2ヒントです。
これで判ったら80点!
c0337257_12312702.jpg
また石段かよ!
石段フェチではありませんが、記録しておくべきのような気配がございましてw

降参?
んでは、第3ヒント
c0337257_12343933.jpg
ああ、これは大甘かも!w
正解したら40点です(急に下がる点数w)

では第4ヒント
c0337257_12280772.jpg
もう正解を言っているようなものですが、
正解者には20点進呈

え?判らない? しょうがないなぁ、ラストヒントですよ。
c0337257_12275806.jpg
はい、以上で「クイズ、此処は何処なの?」は終了で~す。
また来週~ ってアブナイぢゃないですか!?
鳥居の笠木を振り回さないでくださいよ!
え? なんですって? まだ判らない?
しょーもないなー! んじゃ特別ヒントですよ。
正解しても5点しかあげませんよ。
c0337257_12281774.jpg
「これで判らないようなら、馬に蹴られて荒川高原まで飛んで逝け~!」www



by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-27 05:25 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(2)
2018年 05月 26日

あらやだ

c0337257_12134283.jpg
正面になだらかな寺沢山が見えている
里に下りてくると、なにやらざわざわしている。
c0337257_12163057.jpg
むむ?
c0337257_12161690.jpg
辺り一面、掘り起こしていますなぁ。
これは圃場整備。遠野でも珍しくはないですが、これだけの大規模は初めて見ました。
これは、あの猿ケ石川の改修と関連しているのかしらん?
c0337257_12163926.jpg
え? 今日の題名の意味が判らない?
あらやだ! 
ここの地名は荒屋だ!

あ、やめてくぁwせdrftgひゅjきぉ;p@:「」


by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-26 06:12 | 遠野の里 | Comments(0)
2018年 05月 25日

謎の鎮守森

県道「附馬牛街道」からも見えないことはないですが、運転に集中するため、
チラ見程度で、その正確な位置すら掴めず、マボロシな存在でした。
c0337257_11591664.jpg
なぜか目を引く鎮守の森
きっと、この優れたシンメトリーに惹かれるのでしょう
c0337257_11595161.jpg
安居台から矢崎へ至るダートの途中から俯瞰すると、場所は附馬牛町と駒木町の境あたりですが、ご覧の通り、そこに至る道路がありません。完全独立神社なのです。

この手の神社は個人様の屋敷神である確率が高く、そのアプローチは
個人宅のお庭を横切るようなもので、通りすがりの余所者が近づくことは
ほぼ不可能かと推測致します。



by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-25 05:57 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(0)
2018年 05月 24日

安居台を「あおだい」と読めるキミへ

c0337257_11333669.jpg
変化著しい附馬牛町安居台(あおだい)地区
定点観測を始めて10年あまり・・・・
その変遷のキロクは我がブログを「安居台」で各自検索してくなさいw

もう変革は完了したかな?
c0337257_11371921.jpg
猿ケ石川上流・・・ありゃりゃ護岸造っちゃったね。
c0337257_11484420.jpg
護岸林が覆いかぶさる幽玄なる風景は2度と戻らない
これじゃ、もう白鳥は渡来しないかもね~
c0337257_11502978.jpg
下流方面を見ると川幅が拡張されていました。
c0337257_11514604.jpg
この狭窄部のおかげで上流地域の田圃が冠水するのを改善する
それが工事の名目だったはず。
狭窄部を広げるだけでよいはずなのに、まぁぜいぶんと付帯工事がいっぱい!
付帯工事の方がメインじゃないの? と余所者目線は邪推するワケですw



by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-24 06:30 | 遠野の川 | Comments(0)
2018年 05月 23日

青笹駅 13:00

上郷の産直でトワレ休憩をとっていると、雲が裂け、霧消し、陽がさしてきた!
やぁ、やはり遠野郷巡りに太陽は欠かせないからね。待ってました!
c0337257_11105966.jpg
早池峯とSLのコラボを狙いロケハンをする
c0337257_11152656.jpg
すぐに飽きてしまいましたがの(笑)
c0337257_11165455.jpg
旧釜石街道をバスが逝く。総入れ歯(そう言えばw)いつのまにか早池峰バスという
名前ではなくなっていましたね。
しかし・・・人に会わないなぁ・・・東京23区に匹敵する面積に3万人弱の人口だからなぁ・・・
c0337257_11230448.jpg
あ、居た! 遠くで花の手入れをする方!
c0337257_11243723.jpg
あ、また居た!
遠野で路を歩く地元民の姿は極めて珍しい!w

なんか、今日は人をいっぱい見たなぁ・・・・(笑)

(本来、5月は農作業が活発になる季節で、よく人に会うのです)


More

by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-23 06:09 | 鉄の目 | Comments(0)
2018年 05月 22日

ぶるぶるエメラルド

c0337257_10254149.jpg
ここも定番スポット
「足ヶ瀬湖」「エメラルド湖」「遠野の上高地」「仙人湖」・・・・
本来の名前は確か「足ヶ瀬堰堤」などと無味乾燥率130%なモノ
ゆえに各人が、思うままにオキニイリのネーミングをしているものと推測します。
c0337257_10561721.jpg
例年に比べ芽吹きは早いのですが、この日は気温一桁で氷雨・・・
c0337257_10575772.jpg
軽便鉄道の遺構はヒタヒタ状態w
ということは水量は普通か・・・・
c0337257_10591306.jpg
水際まで下りてみた。
c0337257_11003767.jpg
山シャツ1枚なのに凍えることはない。
カントーでは真冬の最高気温に匹敵する温度なのに、これは異常でしょう。
各地の名湯を梯子してきた効果か・・・・(おっとネタばれw)



by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-22 06:23 | 遠野の川 | Comments(0)
2018年 05月 21日

遠野 美人林 物語

遠野の郷、マイ定番ルートを飯豊から上郷へと流していた時のこと
右の視野から「とまれ見よ! とまれ撮られよ!」と激しい気配が・・・・

んで、わざわざUターンして戻り、目を見張り、カメラを構えました。
c0337257_10030180.jpg
世の中に「美人林」という言葉が生れてどれくらいになりましょうか?
この旅で新潟県某所の「美人林」を探訪していますが、その佇まいは確かに
美人そのものでした。

しかし、遠野の里山にも、このような「美人林」があるとは!
目鱗でありますなぁ・・・・
c0337257_10075889.jpg
そぼふる雨にしっとりと濡れながらも視界全体は明るく、露出に苦労します。
c0337257_10080610.jpg
立入禁止のゲートと傍の看板で、その正体は知れました。
c0337257_10082073.jpg
畑わさびの栽培・・・・水を使う栽培を「水わさび」、林床で直接栽培するのが
「畑わさび」というそうです。

その副産物が「美人林」
なかなか、いんでないかい?




by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-21 05:58 | 花、植物 | Comments(0)