山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ばかっ旅( 136 )


2018年 10月 09日

後祭詞記(のちのまつりことばのき)

遠野まつりを満喫した翌日、帰京の旅を記したいとおもふw
c0337257_18055458.jpg

朝7時台のカマーで、帰京の途につきます。
c0337257_18074699.jpg
新花巻でやまびこに乗ります。
c0337257_18083554.jpg
間違えて盛岡に来てしまいましたので、仕方なく こまち に乗ります。

c0337257_18104083.jpg
さて、此処は何処なの~???
ヒントは奥のパラソルだなっ!
c0337257_18115925.jpg
ここは秋田市
東京に向かっていたはずなのに、おかしいなぁ・・・・(ざーとらしいw)
せっかく秋田に来たから、昼めしはアレにしよう。
c0337257_18144771.jpg
そうそう、これ、時間が無いときの高カロリー食。。。ってちがーう!

c0337257_18155568.jpg
秋田名物、稲庭うどん
老舗の佐藤養助商店がデパ地下に出店していましたので^^
いやはや、んまいですなぁ!
自分で乾麺を茹でて食し、「あー、こんなものか」
と思っていましたが修正します。

さ、腹もくちたし帰ろうかのう    つづく





by Wild_Cat_Seeker | 2018-10-09 05:57 | ばかっ旅 | Comments(0)
2018年 10月 07日

津軽半島 殿戦の旅

さぁ、竜飛岬からばーちへ戻りましょう。先は長いぞ!
寄り道は出来ないぞ!
c0337257_13010670.jpg
え?
c0337257_15262607.jpg
こらこら! 
寄り道している時間ないよ!
c0337257_15273750.jpg
鄙びた漁港に見とれている時間はないってば!
c0337257_15274844.jpg
海に向かって「ばっかやろうぅぅ!」と
叫んでいる時間もないよ!
c0337257_15280074.jpg
とある集落で通行を止められた。
お祭りかな?
どうやら郷土芸能の門掛けのようだ。
時間が・・・なんて野暮なことは言いません。
せっかくだから見物させていただきます。
c0337257_15281021.jpg
初めて見る踊りですね。
軽トラに載せた大太鼓を二人がかりで叩き
踊りの衆は軽快に跳ねるように踊っていました。
c0337257_15360119.jpg
ちょっと得した気分です^^

さぁ! ばーちまでノンストップだよ!
c0337257_15373099.jpg
えっと・・・・あなた様は一体どこで道草食っていらっさるんですか?

c0337257_15385277.jpg
んだってさぁ、終着駅マニアとしちゃぁ、この駅は素通り出来な・・・

伊達も南部もあるものか!(?)
時間が・・・時間がぁ・・・!
c0337257_15413198.jpg
時間は大丈夫、ほら駅員さんが出てきたよ。
あと数分で列車到着だよ。

その時間ぢゃないぃぃぃってば!

一人ボケツッコミをかましつつ、続くのだ!




by Wild_Cat_Seeker | 2018-10-07 06:50 | ばかっ旅 | Comments(0)
2018年 10月 06日

龍飛! 竜飛! たっぴ!

c0337257_11193534.jpg
え~っと、というわけで(どう言う訳で?)ワタクシ、長月初日の良き晴れの日
津軽半島の突端に居る訳です。
画像には写っていませんが、そこそこ観光客が訪れていまして、
この場所は順番待ちの滞在時間自主管理の状態でした。
c0337257_11280479.jpg
わさわさしている中で、まず目に付いたのが津軽海峡の日本海側沖合
見えますか? 潮目が!
c0337257_11362361.jpg
実に穏やかな海峡でした。
c0337257_11371805.jpg
強風荒波のイメージが強かったので、ちょっぴり拍子抜けしましたが
これはこれで良いとオモイマス。
c0337257_11401855.jpg
再び潮目
魚は潮目に集まるので、この海が好漁場であることが目視出来る。

ささ、順番もあるし、そろそろお暇しましよ・・・おおっと! これは撮らなきゃ!
遠くばかり見ていて、見落とすところだった!
c0337257_11432170.jpg
足下の斜面は初秋のお花畑でした。
ズームを持っていなかったので接写は出来ませんでしたが、ピンク色はハマフウロとか
c0337257_11560683.jpg
うーん、あまりくっきり写っていないが海の青さに免じて・・w
c0337257_12003699.jpg
紫色の花はツルフジバカマ、青い花はハマハイシャジンというらしい。

c0337257_12054455.jpg
ここも青い海に免じて・・・w

下手っぴ写真で申し訳ない・・・・竜飛岬だけに・・・・w
c0337257_12195352.jpg
これはエゾカワラナデシコ
c0337257_12360419.jpg
満喫致しました。
さて、ここから「ばーち」まで戻りましょう。
気が遠くなる距離ですが・・・ま、ぼちぼち行きましょう。





by Wild_Cat_Seeker | 2018-10-06 12:46 | ばかっ旅 | Comments(2)
2018年 10月 05日

なぬこく?十三(とさ)を後にして

c0337257_23185223.jpg
十三湊を後にすると
おむすび山が・・・w

いやはや、七里長浜が尽きると津軽半島は険悪な様相に変貌します。


どれぐらい険悪かと申しますと。。
c0337257_23194199.jpg
山の上の展望台で一息つくまで画像が残っていないほどw
もう、最終目的地が見えています。
c0337257_23195021.jpg
もうお判りですね。
ご覧あれが龍飛岬誰も無口で(支離滅裂www)
海峡の向こう煙る先の藍の山は北海道
c0337257_23200313.jpg
山の上の座礁船w
c0337257_23201957.jpg
来し方を振りさけ見れば、小泊岬が日本海に浮かぶ
c0337257_23202649.jpg
東方にはお隣半島・・・・じゃなかったw 下北半島が見えます。
c0337257_23203993.jpg
すぼむ陸地の先は大間の岬
さ、展望を満喫したら、あそこに向かいましょう。
c0337257_23205122.jpg
あ~、ついに津軽半島を極めました^^




by Wild_Cat_Seeker | 2018-10-05 23:58 | ばかっ旅 | Comments(0)
2018年 10月 04日

13

c0337257_23405085.jpg
七里長浜を堪能した後、さらに広域農道は北を目指す。
しかし気分の良い道でした。
c0337257_23425438.jpg
弘前から続いた広域農道の終点が見えてきた此処は十三湊(とさみなと)
そう
「十三湖のほとり」
「岩木川の河口」
「安東水軍の本拠」
久しく憧れていた地でした。
c0337257_23481025.jpg
十三湖の畔から十三湊の集落を望む
ここが伝説の水軍の本拠で、朝廷の向こうを張って大陸との貿易の一大拠点だったとか
藤原三代の平泉文化を支えたとか、いろいろ興味を引く地です。
c0337257_23480356.jpg
晴れていました。
これは奇跡の晴れ間でした。
後で調べると、東北南部から関東にかけて凄まじいい豪雨だったようで・・・・
c0337257_23535633.jpg
本当に気分の良い空でした。
雨に祟られた旅の最後、年末調整のような還元陽光w
c0337257_23540536.jpg
津軽半島の背骨辺りはアヤシイ空模様
十三湖から岩木川の河口に移動しましょう。
c0337257_23542156.jpg
河口の先に灯台
そこまで行くには強靱な足腰が要求されるようだw
手前をちょこちょこ歩くのは「鴫」か「千鳥」か
波のまにまに・・・藍の色
c0337257_23542928.jpg
岩木川の最後はこの辺り、白神山地の栄養豊かな水を日本海に渡す重要ミッションをコンプリート!
c0337257_23543541.jpg
忘れちゃいけないよ。
津波なんて日本海では起こらないという思いこみを覆したあの地震を!


by Wild_Cat_Seeker | 2018-10-04 23:49 | ばかっ旅 | Comments(0)
2018年 10月 04日

津軽ばかっ旅のキロク 秘境海岸編 その拾遺

c0337257_00055575.jpg
激しい様相を呈する七里長浜
たった今崩れました的な土砂が恐ろしい><
c0337257_00075846.jpg
崖の中層からは割と元気な湧水がしたたり落ちていました。
c0337257_00090209.jpg
水場があって、テントを張れる空間があれば、黙っていてもひとは寄ってくるのが世の中の常

さきほどの崖にあったフィックスロープなんざ、この海岸を頻繁に訪れる人がいる証拠ですがな
c0337257_00131015.jpg
ここでは日本一かもしれない川に出会いました。

すなわち・・・
c0337257_00140357.jpg
日本一短い川w
全長15m・・・
c0337257_00180296.jpg
そんな水源のひとつが整備されていましたw
これは、永住とは言わずとも、一定期間ここに滞在した方がいらっしゃった証
c0337257_00195834.jpg
よく見りゃ、クルマの轍もあったりなんかしちゃってw

この頃から、なんか見られている感が強まってきて・・
気の弱い先住者がにわかに闖入したワタクシを物陰から凝視しているような・・
c0337257_00233685.jpg
長居は無用かもしれない・・・

ワタクシはカメラを仕舞い、砂の崖を登っていった。




by Wild_Cat_Seeker | 2018-10-04 05:04 | ばかっ旅 | Comments(2)
2018年 10月 03日

津軽ばかっ旅のキロク 秘境海岸編

津軽半島も半ばを過ぎ、次の目的地が近づいてきました。
c0337257_23374855.jpg
それは海岸、砂浜、人跡未踏な秘境!
地図を広げれば、鰺ヶ沢の北より小泊の辺りまで続く砂浜が見て取れます。
「七里長浜」と呼ばれている長大な砂浜で、海岸沿いには人家は皆無、そのアプローチも限られています。
ワタクシもスタック寸前までクルマで攻めましたが、残り200mはトホホの徒歩でした。
c0337257_23445588.jpg
視界が広がると、砂の海岸段丘に野芝がまばら、灌木は柏と松でした。
過酷な環境なので木は高くなれず、地を這います。
c0337257_23474302.jpg
それでも花は咲いている。
ニガナの仲間かしらん?
c0337257_23483041.jpg
あ、これは知っている!
「知床の岬にハマナス」(前半部分、まったくいらないw)
c0337257_23494133.jpg
海岸まであと少しのところで地獄の逆落としが・・
高さ3mくらいの砂の崖
なんとフィックスロープがありました。
これはありがたく使わせていただきました。
c0337257_23520657.jpg
下ってきた崖を振り返る
カメラで切り取ると「イノチノキケン」は写らない。。
c0337257_23533121.jpg
ま、なんとか海抜0mに降りてきました。
北を見やれば、小泊岬がうねうねと
c0337257_23575708.jpg
南を見やれば、白神山地はモヤモヤ雲の中
ワタクシが朝居た弘前もまだ霧雨なのか・・・
c0337257_00000366.jpg
だが、ワタクシは薄日ながらも陽光の下に居た。
これはありがたかった!

んじゃ、この回、好評につき(誰が言った?)
次回に続きますw








by Wild_Cat_Seeker | 2018-10-03 23:46 | ばかっ旅 | Comments(0)
2018年 10月 02日

津軽ばかっ旅のキロク 湿原の巻

話はいきなり1ヶ月以上遡ったりする。
おっそい夏休みを利用した、一日一登&一湯の旅の模様をエントリーしましたが、
その模様は岩木山登頂で大団円でした。

でも、しかし・・・ばかっ旅はその翌日も続いていたのでした。

最後の宿は弘前市でした。
しかも朝から驟雨・・・・普通なら、ばーちに向かってすぐにでも出発するところでしょう。
なにせ900km近い距離ですから、早く還らないと、還らないと・・・・


c0337257_23420091.jpg
しかし、クルマはさらに北を目指す。
前日、確認した地図に弘前から津軽半島奥地につながる広域農道を見つけてしまったからです。
これは、憧れの未踏の地を目指すしかあるまい!
c0337257_23481214.jpg
いつしか雨はあがり、あまつさえ陽光が見え隠れするようになりました。
ワタクシ,高速道路の星になって、方位磁石の針と化しました・・・・が!
そんなワタクシを煽る輩、多数これありw

でも走り続けるために最果てを目指した訳でもなく、寄り道こそが人生だよ!
c0337257_22352333.jpg
津軽半島を北上するにおつれ、増えてくるのが、湿原と沼と原野
そのひとつを訪ねてみました。
c0337257_22395658.jpg
季節はもう初秋
雄花がおいでおいでしていますところをズンズン進みます。
c0337257_22413128.jpg
茂る灌木は柏の木
この柏、関東では、希有な木になりつつあります。
c0337257_22444721.jpg
花のピークは7月らしいですが、9月1日でも、若干長寿な花っこが咲き残っていました。
これは何でしょね?
c0337257_22464168.jpg
これはフジバカマかなぁ?
c0337257_22472257.jpg
これはアザミ、ナントカアザミwww
c0337257_22484290.jpg
これは判る! 萩の月! (の月は余計w)
c0337257_22501943.jpg
湿原の中の木道・・・最初は「まかしとけ!」とばかりにズンズン敷かれていたのですが
だんだん、自信がなくなってきたらしく・・・まさかの木道藪漕ぎとなりましたwww


めげずに花っこを探しましょう!
c0337257_22532433.jpg
これは判ります!
サワギキョウですね! そうでしょ? そうだと言って!
c0337257_22563840.jpg
これはなんだろう?
c0337257_22564621.jpg
これはリンドウですね。ナニリンドウかは詮索しないでw
c0337257_22565258.jpg
続、なんだろう?  もしかしてヤナギラン?
c0337257_22571408.jpg
これもなんであろうか?
c0337257_22573353.jpg
ヒルガオ?? 

c0337257_22575095.jpg
いやはや、ほんの出来心の寄り道が、なかなかに濃い散策となりました。





by Wild_Cat_Seeker | 2018-10-02 23:19 | ばかっ旅 | Comments(0)
2018年 09月 12日

ばかっ旅の余韻 ~グルメ編

長旅の際、一夜を明かすに便利なのはビジネスホテル
お安い値段で朝食までついてます。
昨今、客の足下を見る不埒なホテルチェーンがありますが、
悪が栄えた試しなし! 奢れるア○久しからずwww
この法外なギャランティの一部があの女の贅沢品になると思うと
もうイケマセン!

以来、ワタクシはRin派に転びましたwww

しか〜〜〜し、晩飯はスーパーの惣菜、最悪コンビニの惣菜
これが続くと情緒不安定になります。
なんだか判りませんが、脳が暴走するらしいです。

そこで、時折贅沢を敢行するのです。
その度合い、年齢を重ねるごとに顕著となりつつあります。。。

文字が長くつづきましたな・・
んでは贅沢にも夕食付きの宿に泊まった際のデナーをご紹介いたしましょうかのw

ウェスパ椿山は、本来ファミリーリゾートですが、ピンでも利用可能なプランを用意しているなかなかに先進的な宿です!8/29のそのディナーをご紹介!

c0337257_22150718.jpg
海のもの中心のコースでした。
お作りのマグロが秀逸でした!
近隣の深浦町はマグロ漁で有名らしいです。

あ、左上に私的には見慣れたものが見えますねw
c0337257_22182210.jpg
そう、ジンギスカンであ〜る!
1980年代前半、冷凍マトンのくっそまずいジンギスカンを食わされて
ジンギスカン=不味い とレッテルを貼って四半世紀

遠野で食べた生ラムジンギスカンで維新電信シンジラレナイおいしさに
空白の四半世紀を恨んだものでしたw

あ、ここの肉は美味しかったですが、タレが遠野風ではなかったので
ちょっち、もの足りなかったですw
c0337257_22174229.jpg
もちろん、ビールは延長戦w

さのよいよい! で一夜をはっぴ〜〜〜に過ごし翌朝・・・
c0337257_21082986.jpg
朝食はバッフェスタイルでした。(ビュッフェと書くと英語通の友人に嘲り笑われますのでwww)

だいたい、この手の何でもどうぞ的な朝食では、和洋入り乱れ的なチョイスをしてしまうのですが、それは、なんか人間性を試されているような気がします。
出来たニンゲンは和風なら和風、洋風なら洋風にまとめて、決して異端児的なチョイスは入れないであろうと・・・・
(おまいさんは、オムレツトマトで人類の調和を破壊しているが。。。)


さて、日時的には連続して8/30の宿「アソベの森いわき荘」のデナーをご紹介
c0337257_21450030.jpg
生ビールで喉を潤しているところへ先付けが・・・
一応説明を頂いたのですが、エルカホウル過剰摂取の翌朝にはすっかりさっぱりじょっぱり? 忘れてしもうたw
c0337257_21503135.jpg
記憶喪失への扉・・・豊杯のもっきり


c0337257_21520365.jpg
こちらでも鮪は秀逸でした。
そしてミズダコの刺し! 吸盤がめちゃくちゃ美味しかったです。

c0337257_21565119.jpg
目の前をメニューにない田酒が行ったり来たりしていて、
据え膳食わぬはなんとやらで、もっきりを頂きました。
(そのは値段は東京ではあり得ないものでした)
c0337257_22003128.jpg
焼き物です。
も栄螺も丁寧な仕事が施されていました。
田酒は早くも空になりかけていましたw


お代りを考えましたが・・・
c0337257_22025618.jpg
次が豚しゃぶと聞いたので、日本酒は封印致しました。
この後ご飯をいただき、デザート

c0337257_22062405.jpg
豆腐アイスとお聞きしたので豆乳ベースのありがちなモノと思ったら
豆腐そのものを練り込んだ逸品でした!

c0337257_22242194.jpg
ああ、最高な晩餐
と部屋に戻ろうとしたところ・・・
c0337257_22252689.jpg
津軽三味線の生演奏が始まろうとしていました。
なんという贅沢!

ビジネスホテル2泊分の出費でしたが、これはお値打ちモンでした。

皆様がこの不埒なブログを参考にされ、泊まってみようかと
お考えになりましたら私服。。いや至福の思いです。





by Wild_Cat_Seeker | 2018-09-12 22:56 | ばかっ旅 | Comments(4)
2018年 09月 07日

停滞日のキロク ~きみだけに~

をを、プリ~~~ズ、を、プリ~ズ
僕の小銭を、きみに使いたい~~~~!
c0337257_23315631.jpg
きみだけに(きみだけに)
c0337257_23320670.jpg
教えよう、ボクが感じた不思議なこの甘さを
c0337257_23321410.jpg
きみだけは(きみだけは)
c0337257_23322318.jpg
はずせない! 小銭握りしめ、あたふた走る直売所~~w
c0337257_23322903.jpg
だから一度だけきみに伝えたい~~  もういいかな?
c0337257_23413392.jpg
きみだけに~~~!

あ、その嶽きみ 美味しかったっす!
メロン並みの糖度、納得しました。

嶽きみに愛を!




More

by Wild_Cat_Seeker | 2018-09-07 06:30 | ばかっ旅 | Comments(4)