山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:遠野の里( 265 )


2018年 06月 04日

潜入捜査

オレの名は山猫
無論、本名ではない。所謂ひとつのコードネームってやつだ・・・

って懐かしい(私的にw)イントロダクションw

釜石の美貌のカメラウーマン氏の情報をもとに某所に潜入してきたのす。

c0337257_13302397.jpg
遠野入りしてから初めて目にしたエンゴサク
c0337257_13305739.jpg
ニリンソウの群落
c0337257_13305343.jpg
はい、そうです
c0337257_13380231.jpg
悟道の里山に潜入してきたのす^^


by Wild_Cat_Seeker | 2018-06-04 05:21 | 遠野の里 | Comments(0)
2018年 05月 26日

あらやだ

c0337257_12134283.jpg
正面になだらかな寺沢山が見えている
里に下りてくると、なにやらざわざわしている。
c0337257_12163057.jpg
むむ?
c0337257_12161690.jpg
辺り一面、掘り起こしていますなぁ。
これは圃場整備。遠野でも珍しくはないですが、これだけの大規模は初めて見ました。
これは、あの猿ケ石川の改修と関連しているのかしらん?
c0337257_12163926.jpg
え? 今日の題名の意味が判らない?
あらやだ! 
ここの地名は荒屋だ!

あ、やめてくぁwせdrftgひゅjきぉ;p@:「」


by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-26 06:12 | 遠野の里 | Comments(0)
2018年 05月 20日

屯所前

c0337257_09265913.jpg
笛吹峠へ向う県道を走ると「屯所前」というバス停があり、傍らに味のある屯所があったのですが、消滅しており新しい住宅が建っていました。

いつ無くなったんだろう? 
屯所だけに屯死・・・_| ̄|○

年に1回程度はこの前を通過していたはずだが・・・・・
気付かなかったなぁ・・・

ワタクシの記憶力も屯死、もとい頓死w



by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-20 05:08 | 遠野の里 | Comments(0)
2018年 03月 17日

暑さ寒さも

暑さ寒さも彼岸まで
ば~ちを含む関東南部では、「そのとおり」な気候変化をする彼岸の頃
しかし、遠野ではそうはいかないようで・・・・
c0337257_12264911.jpg
里の雪は、殆んど消えて枯れ草色の大地が広がっているが、
c0337257_12265626.jpg
ひとたび気圧が下がると、西からの暴風、氷雨、おまけに黄砂に見舞われる
c0337257_12270213.jpg
ば~ちの厳冬期と同じくらいの気温 「さむい・・・おれ、さむい!」
c0337257_12271217.jpg
白鳥たちも「も少し滞在しよか?」と言っているよう
c0337257_12272450.jpg
タイミング悪く、寒気団が南下してくると・・・
c0337257_12272910.jpg
雨は夜更けすぎじゃなくても雪に変わるw
c0337257_12351633.jpg
かくしてレンタカーのワイパーを立てるワタクシでした。

8年前の彼岸の頃の記憶です。


by Wild_Cat_Seeker | 2018-03-17 12:39 | 遠野の里 | Comments(0)
2017年 12月 09日

初冬の奇跡

c0337257_10430230.jpg
とある年の初冬のとある日、ワタクシは「つぎもす」の奥までバスで行き、
c0337257_10432460.jpg
「遠野ふるさと村」まで歩いたことがございました。
c0337257_10433304.jpg
街道沿いはクルマで辿っただけでは見逃す、歩いたからこその発見がございました。
誰がガケの上に水路があり、古き墓石があると想像できましょうや?
c0337257_10434288.jpg
川に遊ぶ白鳥も歩いているからこそ目に留まるもの
c0337257_10435113.jpg
今は無き風景ですが、お気付きでしょうか?
ワタクシは「遠野ふるさと村」を通り越しております。

何が起こったのか・・・・・

まさか、路線バスが冬籠りをするなど、誰が想像できましょうや?

バス路線が生きているであろう「つつぶつ」まで歩くことを決意したワタクシ・・・
結論から申し上げれば、このバス停のほんの数十メートル先で歩みを止めました。

何が起こったのか・・・・・

まさか、あの広い遠野で知人がクルマで通りすがるなど、誰が想像できましょうや?


by Wild_Cat_Seeker | 2017-12-09 11:33 | 遠野の里 | Comments(2)
2017年 12月 02日

師走のココロはハハ(笑)心

ちょっと気を許したら、もう師走ですなぁ
つい、この間、雑煮を食ったばかりなのにwww

そして、この時季の振り返りはワタクシに膨大なプレッシャーを与える。

12月初旬に遠野へは伺ったことがない・・=写真は無い。
なので、まったくの模倣エントリーをしでかす吾ありw

c0337257_19161524.jpg
里を大寒波が襲い・・・(ただし数年前w)
c0337257_19201210.jpg
街中もまとまった降雪・・・(えっと、数年前ねw)

でも、陽が射せば、小春日和になるのも12月初旬ならでは(推測w)
c0337257_19381978.jpg
そうなると里へ行きたくなるのは山猫のサガ
c0337257_19391635.jpg
しかし、この時節、歩きでこの辺りを移動する人は、極めて稀でして
c0337257_19385672.jpg
家々の奥から、「アヤシイヤヅ」光線を浴びて、横っ面や背中が痛いw

そんな痛みは・・・・もうお分かりですね?

指圧のココロは母ココロ、押せば命の泉湧く!

指圧で癒しましょうwww


by Wild_Cat_Seeker | 2017-12-02 19:50 | 遠野の里 | Comments(0)
2017年 11月 18日

気付けば冬な日々

今から1週間後の未来のハナシです。(ただし11年前のネw)
c0337257_22270570.jpg
夜明け直後、朝飯前に郊外を廻ろうと愛車に近寄れば・・・・
「初号機は凍結中」www

エンジンを十分にアイドリングして、デフォッガーをフル回転させて
フロントガラスの氷を溶かす。
c0337257_22272938.jpg
数日前(ただし11年前のネw)に早池峯は冠雪
モルゲンロートが美しい!
だけど・・・・・めっちゃ寒かった!(今でも震えあがりますw)
c0337257_22275608.jpg
氷点下5℃というところでしょうか?
c0337257_22281184.jpg
もちろん・・・凍りついていますw
c0337257_22281853.jpg
かなり厚く・・・スケートが出来るほどw
c0337257_22282106.jpg
2度目の冠雪を果たしたお六を朝一番の羽田行きが手刀を切る。

真実の遠野は、昨日初雪を果たしたそうで・・・

季節はまた廻る


by Wild_Cat_Seeker | 2017-11-18 23:05 | 遠野の里 | Comments(4)
2017年 10月 15日

流れる時間はそれぞれ

ワタクシ、大きな勘違いをしていました。
遠野まつりの最中は、遠野市民総出でまつりに携わっているものと・・・・
c0337257_17403858.jpg
しかしながら、開店直後のパチンコ店は次から次へとクルマが入ってくる。
おいおい、遠野市民よ! まつりはいいのか?
じぶん祭りを「じゃんじゃんばりばり」やっているよ~w
c0337257_17372109.jpg
運動公園では、ぱこ~ん パこ~んとテニスに興じる方も居れば、
背後の野球場では白熱の試合を行っているし・・・(もっとも両チームとも県外でしたが)

ん?
ここまで書いて気付いてしまった。。。

そもそも、あ~た!
え? ワタクシ?

そう、あ~た! 
あ~たこそ、まつりそっちのけで、こんな処で油売ってていいんですかっ?

ええっと、あ~、そ、その~~
あ、山田君だ! お~い! 山田~、やぁまぁだぁ~~~!

と青笹方面に遠ざかるドップラー効果・・・_| ̄|○


by Wild_Cat_Seeker | 2017-10-15 15:13 | 遠野の里 | Comments(4)
2017年 10月 10日

初秋の遠野郷(松山限定w)

c0337257_17495883.jpg
市内から飯豊に向う道沿いで一際(ひときわ)異彩を放つ場所があります。
c0337257_17500812.jpg
連なる鳥居群!
手前の鳥居の笠は、あの地震で落ちたままです。。。。
c0337257_17501516.jpg
なぜ、ここに、鳥居が集中しているのか・・・・
遠野の方に聞いたような聞かなかったような・・・・
酒の席だったので、酔いが醒めるとともに忘れてしまったのか・・・w
c0337257_17502093.jpg
奥には小高い丘の上に社があります。
確か、地震が起きた年にまがってみた記憶が・・・
c0337257_17502700.jpg
横から見ると、ツイストを踊り始めている。
そのうち、おっけそうになるだろうね。
c0337257_17503060.jpg
栗の毬は徐々に拾われるようになっていました。
c0337257_17503552.jpg
地震の後は崩壊していた灯篭が復活しています。
c0337257_17504236.jpg
さて、話は元に戻る。。
なぜ、ここに鳥居が集中しているのか・・・・

ここは、かつては深い森で、遠野の城下から飯豊に帰る人を、きつねが化かしたという。
なので、「松山のきつねの関所」という称号が今でも生きている。
c0337257_17504777.jpg
あ、もうひとつ思いだした・・・
この場所は、かつては道があったと・・・
c0337257_17505207.jpg
これが旧道跡 ・・・ということになるのか・・・


by Wild_Cat_Seeker | 2017-10-10 06:48 | 遠野の里 | Comments(0)
2017年 09月 10日

遠野 夏の終わりに

c0337257_12135126.jpg
もう9月も半ばにさしかかろうとしている今日この頃
そろそろ夏遠野な絵を封印したいと思います。
c0337257_12140176.jpg
遠野を離れる直前、ふと、撮り忘れている風景を思い出し、田園へ
c0337257_12141967.jpg
を! やってるやってる! 遠野名物「もやしもん」
夏の最後を飾る絵としましょう。
あ、BGMも用意していますよ。
c0337257_12151579.jpg
♪すも~~くぉんざたんぼ~~~火の粉がばちばち~w
c0337257_12381157.jpg
火の粉がばちばち~w
c0337257_12472848.jpg
♪すも~~~~~くぉんざ
c0337257_12155079.jpg
うるさい! おだまり!



特別ゲスト「あたいの姐さん」の迫力ある〆でワタクシの夏遠野は幕を閉じましたwww


by Wild_Cat_Seeker | 2017-09-10 05:57 | 遠野の里 | Comments(2)