山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:郷土芸能( 72 )


2019年 04月 06日

黒森神楽2019各論 恵比寿舞

すっかり間が空いちまいましたね・・・
いろいろ身辺騒がしく、カラダも鍛えてリセットせねばならず・・・
山猫ブログの優先度がランクダウンしておりました。(反省)
c0337257_09363047.jpg
さて、黒森神楽2019もいよいよ最後の舞です。
c0337257_09410963.jpg
豊漁を願う「恵比寿舞」です。
沿岸地方では必ず舞われるそうです。
総入れ歯(そういえばw)、大出早池峯神社の夜神楽では観た記憶がない(見たかも知れないが、記憶に残っていないw)
八幡神楽では何回か拝見しました。同じ遠野でも地域差があることを改めて思い出しました。
c0337257_09463350.jpg
恵比寿舞の良いところは、言葉による説明がなくても所作でストーリーが判ってしまうところで
c0337257_09465827.jpg
万人受けする判りやすい舞です。
c0337257_09471681.jpg
c0337257_09472460.jpg
c0337257_09473581.jpg
では、言葉に依らない恵比寿舞、とくとご覧あれ。
c0337257_09475301.jpg
c0337257_09480681.jpg
c0337257_09481819.jpg
c0337257_09482345.jpg
c0337257_09483405.jpg
c0337257_09483046.jpg
c0337257_09485191.jpg
c0337257_09485648.jpg
c0337257_09490269.jpg
ただ単にキャプション考えるの怠けたようにも見えるがw
最後は釣り上げた目出鯛を神に感謝して持ち帰るところで幕となります。

この後、舞立ちとなりますが、客が興に乗れば「アンコール」もあるそうです。
しかし、黒森神楽ご一行様、つい数日前まで東欧行脚をされて時差ボケ甚だしい中の演舞
いくら遠野のジンギスカンで精をつけたとはいえw その疲労度は客から見ても明らか

アンコールが無かったのは、飽きたからではなく、客から神楽衆への優しさの表れでしょう。
c0337257_09565487.jpg
かくして黒森神楽2019 南廻り巡業の大団円です。
(結局1ヵ月以上引っ張ってしまったw)




by Wild_Cat_Seeker | 2019-04-06 10:56 | 郷土芸能 | Comments(0)
2019年 03月 23日

黒森神楽2019各論 〇〇〇舞

さて次なる舞はなんでしょね?
c0337257_11333643.jpg
あ、出てきた!
c0337257_11334449.jpg
これがなかなか出てこない!
でも、これで判ったじぇ! この思わせぶり感、まだるっこしさ感・・・
山の神舞でしょ!
c0337257_11341407.jpg
ばれたかぁ!

c0337257_11471463.jpg
これから舞うが、一言申しておく!
そこな山猫! 今回こそはおちょくった内容にしたら
承知せんぞ!判っておろうな?
c0337257_11511102.jpg
かぁ~っ ガン無視かいぃぃ!
c0337257_11512953.jpg
帰る!

ま、待ってくなさい!
けっしておちょくりませんので舞ってくださいまし!
c0337257_11552279.jpg
よし、二言はないな!
では舞って進ぜよう!
c0337257_11592133.jpg
山猫風情が、「刀を差せず悶え苦しむ」とおちょくったこの場面はな
実に深い意味があるのじゃよ。
c0337257_12055731.jpg
どういう意味かって? 野暮なことを聞くもんぢゃない!神楽の意味は五感で感じるもんじゃ!
c0337257_12080805.jpg
き、気のせいか・・・?
c0337257_12094708.jpg
誰かがおちょくり光線を発してないか?
あ、いや、そんなことはないはず・・・・
オチョクラー山猫は先程制したはず・・・
c0337257_12120529.jpg
下種の勘繰り、許されよ!
c0337257_12142932.jpg
では五穀豊穣を祈願するぞよ

c0337257_12162836.jpg
「おにはそと~」
c0337257_12164066.jpg
「ふくはうち~」
c0337257_12193382.jpg
おのれ~!
おちょくったのはだれだ?
やはり山猫、キサマかぁ~!
そこになおれ! 成敗してくれる!
だぁ~!
c0337257_12214888.jpg
不埒な山猫が成敗されたあと、山の神舞は面を外してクライマックスへ
c0337257_12220095.jpg
高く飛び
c0337257_12220681.jpg
ひねり飛び
c0337257_12221466.jpg
回って回って激しく回る~
c0337257_12222042.jpg
激しく反る!
c0337257_12223093.jpg
とにかく激しく舞、要所要所の決め場面では客席から掛け声がかかり
大いに盛り上がる!
c0337257_12224141.jpg
怒涛の30分でした。



by Wild_Cat_Seeker | 2019-03-23 06:31 | 郷土芸能 | Comments(0)
2019年 03月 22日

黒森神楽2019各論 松迎

c0337257_10343465.jpg
さて、次なる舞は「松迎」
c0337257_10421420.jpg
腰を落とし、ゆったりと舞うから、素人カメラマンでも安心w

c0337257_10432926.jpg
やや、もう一人現れた!
c0337257_10494591.jpg
何を隠そう、「松迎」は兄弟の舞

では息の合った兄弟の舞を見せてくださいな。
c0337257_10593787.jpg
いよ~!
c0337257_11013228.jpg
はっ!
c0337257_10500648.jpg
もいっかい!

よかろう!
c0337257_11073639.jpg
きめ!
c0337257_11081634.jpg
顔が隠れた! もいっかい!
c0337257_11101991.jpg
決まった!
駆け巡る青春!
c0337257_11133847.jpg
最後は面を外して、もうひと舞!
c0337257_11135629.jpg
扇の扱いが軽妙です。
ぜひ兄弟息のあったところを見せてくなさい。
c0337257_11141164.jpg
あい、わかった!
c0337257_11143066.jpg
あらよっと!
c0337257_11143652.jpg
タイミングずれたぞ!
・・・スマン。。。(と顔隠すw)





by Wild_Cat_Seeker | 2019-03-22 06:33 | 郷土芸能 | Comments(0)
2019年 03月 21日

黒森神楽2019各論 狂言「伊勢参り」

c0337257_09492289.jpg
ばぁさん? ばぁさんや!
というルーチンギャグに大喜びのワタクシ
最後に背筋伸ばして軽快に幕へと引っ込む新ネタでもうひとエグリして、
さらに大喜びで「大蛇退治」は終了

次は狂言「伊勢参り」

山伏と村人ハチベエの珍道中モノ
無論、こちらも笑いのトラップ満載の出し物です。
c0337257_10014719.jpg
路銀は道中(客席)で調達w

c0337257_09493846.jpg
集めた浄財は山分けの約束だが、ハチベエはかたくなに戦果なしを主張w
c0337257_09541565.jpg
ホラ、右手には無いべ
c0337257_09543952.jpg
左手にも無いべ
c0337257_09544987.jpg
両手
だぁ~! 路銀隠匿がばれた瞬間w

ひと悶着ののちに泊まった宿で
c0337257_10205186.jpg
泥棒に遭遇!
c0337257_10205904.jpg
それを退治します。
c0337257_09550413.jpg
最後は舞って収めました。
いやはや二つ続けて笑かしていただきました。
このあとの演目をちゃんと紹介できるかなぁ・・・
真面目な舞だから失礼な内容にならなければよいが・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2019-03-21 10:31 | 郷土芸能 | Comments(0)
2019年 03月 17日

黒森神楽2019各論 大蛇の逆襲

c0337257_15012837.jpg
さてさて「大蛇退治」の続きです。
スサノオノミコトは大蛇に対して、正々堂々と戦うことはせず、酒をたらふく飲ませて、
正体を失ったところに襲い掛かるという、なんとも卑劣な作戦に出ます。
c0337257_15041152.jpg
ひゅ~~~どろどろどろ・・・ってそれじゃ幽霊だっつーの!
c0337257_15052503.jpg
どもー! 大蛇ですぅ! 仮面の忍者「赤影」ではないですよ~w
c0337257_15065898.jpg
どぉれ、若くておいしそうな女子はおらんかな~? な、なんでぇ、死にぞこないのババァばっかりだな!
(どうも毒蝮三太夫の毒舌を意識しているようだw)
c0337257_15173835.jpg
やや!
こ、これは幻の銘酒「どっかの薫り」ではないか!
c0337257_15194551.jpg
このあと、若い娘を食らいにいくから、ほんの一口だけね。
んぐんぐ、ぷしゅ~! んまい! もう一口 んぐんぐ! ぷはー、もう一口くらいは。。。
c0337257_15204533.jpg
ぐびぐびぐび~~~!(あ~あ)
c0337257_15224165.jpg
酔っちゃった。。。ええ気持ちや~、zzzzz

c0337257_15240585.jpg
そこへ卑怯なwスサノオノミコト登場!
ふむふむ、どうやら泥酔したようだな!
c0337257_15250540.jpg
お客さーん、終点ですよー!

びゃ~~、乗り過ごした! って あれー?
c0337257_15274553.jpg
卑怯なり! スサノオ! 正々堂々と勝負するらー!
c0337257_15283137.jpg
泥酔している割には大した暴れ方でしたが
c0337257_15291504.jpg
敢え無く退散・・・・

c0337257_15294907.jpg
と、思いきや、神出鬼没の大蛇さんw
c0337257_15304912.jpg
覆面レスラーのマスクをはがそうとするw
c0337257_15325935.jpg
スサノオノミコトのピンチになんと食われる運命の娘が反撃!
たじろぐ大蛇さんw
c0337257_15341899.jpg
さすがの大蛇さんも運命が尽きましたか・・・
スサノオノミコトの太刀を受け。。。
c0337257_15342775.jpg
ついに・・・・ついに・・・・・
これで終わったかどうか・・・あとは実際にご覧になっておくんなましw






by Wild_Cat_Seeker | 2019-03-17 15:38 | 郷土芸能 | Comments(2)
2019年 03月 16日

黒森神楽2019各論 大蛇退治(おろちたいじ)

c0337257_23434689.jpg
さぁ、黒森神楽各論第二弾は、待ってましたの「おろち退治」
数年前に初めて拝見して、ワタクシの神楽鑑賞姿勢ががらりと変わりました。

かしこみかしこみありがたく鑑賞すべき対象だったのですが
この演目を拝見して以来、神楽は神様だけではなく一般庶民も楽しんでいいんだ!
とオモタ次第です。


んで、開幕~~~!
c0337257_23481439.jpg
いきなり出雲の暴れん坊! スサノオノミコト登場!

人々が苦しんでいる様子を察知し、地上に降りた最後の天使w
c0337257_23503275.jpg
これこれ、なぜ泣いておる(スサノオノミコト)

何人かいた娘を大蛇に食われ続け、最後の娘がこれこのとおり
でも今夜、大蛇の主に嫁いでいくんだなぁ・・・(娘の居るおとーさんは、もう号泣でしょうw

ここで高天原の甘えん坊たるスサノオノミコト立ち上がりたり
c0337257_23481439.jpg
あい、分かった!

さぁ、大蛇だオロチだと、草木もなびく、NAVIで次回にご期待!




by Wild_Cat_Seeker | 2019-03-16 00:34 | 郷土芸能 | Comments(0)
2019年 03月 12日

黒森神楽2019各論 御神楽

遠野郷八幡宮 鳩集殿にて
黒森神楽 南巡行の千秋楽

c0337257_21332266.jpg
神様を揺さぶり起こす「打ち鳴らし」のあと、いよいよ演目が始まります。
c0337257_22004287.jpg
最初は「御神楽」
「みかぐら」と発音すればよろしいのでしょうか。
神楽でストレートに御神楽なる呼び名・・・・原初始まりの舞なのでしょうか?
c0337257_22030976.jpg
普通なら幕をくぐって出てくるのですが、いきなり袖から登場して泡食いましたw
c0337257_22042425.jpg
優雅に舞います。
なんでしょうね。神楽の最初の演目は「鶏舞」だとオモテましたが、これも鶏舞の派生なのか原初なのか・・・
にわか郷土芸能研究者には皆目見当つきません。。
c0337257_22071138.jpg
そうこうしているうちに、演目はこの日一番の盛り上がりを見せる、アレになるのでした。
ま、そのうち気が向いたらアップしましょうかねw



by Wild_Cat_Seeker | 2019-03-12 22:08 | 郷土芸能 | Comments(0)
2019年 03月 11日

黒森神楽2019各論 舞込まで

今更、今更の黒森神楽ネタ

もう3月も中旬だっちゅ~のに、臆面もなくアップするワタクシを
世間は紅顔の美少年という・・・・←<とっす! ごるぁ!

厚顔無恥やろ~が!(^^
c0337257_20430902.jpg
拝殿前の権現舞 っかかっかかっかかっかかっかかっかかっかか

黒森のゴンゲ様は歯ぎしりが多うございましたw
c0337257_20433191.jpg
そして舞込(煮込みちゃうよ~w)
c0337257_20433705.jpg
そこのけもののけ道化が通る
c0337257_20434251.jpg
思わず叫ぶ「にんじゃハットリ君」w
c0337257_20435296.jpg
道化には道化の信念があるw
c0337257_20440862.jpg
ダブル権現舞
右の所作をワタクシは密かに「あらま萌え」と呼んでいます(私的に)
c0337257_20441383.jpg
温かすぎる3月の遠野・・・
c0337257_20441664.jpg
火を付け
c0337257_20442514.jpg
火を消す

今年は、はぁ ぬぐがったな



by Wild_Cat_Seeker | 2019-03-11 21:12 | 郷土芸能 | Comments(0)
2019年 03月 06日

黒森神楽2019総見

2年おきに遠野にやってくる黒森神楽
2013年から毎回、ほぼ日帰りで拝見しているが・・・
ブログアップがここまで遅れたのは例を見ない。
まったくブロガーの風上にも置けない怠慢ぶりである!

気力体力落ちたな、山猫!

世間様の指弾は甘んじて受けましょう

つーわけで3日遅れの画像を載せて、ブログはゆ~くゆくw
c0337257_21315088.jpg
会場は遠野郷八幡宮
c0337257_21315998.jpg
黒森神楽ご一行様はまず地元の氏神様へ挨拶に向かいます。
c0337257_21320665.jpg
拝殿前で権現舞
c0337257_21321629.jpg
二の鳥居まで下がって「舞い込み」
c0337257_21322285.jpg
参列者の額に「シットギ」を塗る。
シットギとは米粉で作った団子のようなもので神様の食べ物
そのシットギを参列者に分け与えることで「神の子」になるとのこと
不埒な山猫風情は「神の子」にはなれず、せいぜい「亀の子たわし」止まりだw
c0337257_21324656.jpg
舞い込みのクライマックスは「火伏の儀」
c0337257_21445037.jpg
毎回失敗する、この瞬間の撮影。。。さて今年は
c0337257_21330845.jpg
消火!

ま、前回比120%の出来栄えでw 良しとするかw

そして会場を鳩集殿に移し
c0337257_21332266.jpg
神おろしの儀「打ち鳴らし」
c0337257_21333097.jpg
御神楽(みかぐら)
c0337257_21333821.jpg
大蛇退治(おろちたいじ)
c0337257_21334369.jpg
狂言「伊勢参り」
c0337257_21334725.jpg
松迎
c0337257_21335150.jpg
山ノ神舞
c0337257_21335568.jpg
恵比寿舞

c0337257_21580923.jpg
そして「舞立ち」で約5時間の熱演が終わるのでした。



by Wild_Cat_Seeker | 2019-03-06 22:02 | 郷土芸能 | Comments(6)
2018年 10月 12日

六神牛神社夜神楽

すっかり時が流れてしまいましたが、9月16日は六神牛神社で夜神楽の奉納があったのですよ。
当初はそこまでの足が無いので、諦めていたのですが、
宝飯爺様のクルマに便乗させて頂くことになり、お言葉に甘えました。
c0337257_11271970.jpg
近年建立された神楽殿が美しくライトアップされていて、すでに夜神楽が始まっていました。
舞っているのは、宮崎県西米良村の村所神楽

遠野の神楽を聞き慣れ、見慣れたワタクシは
拍子、笛の音、舞の内容すべてが目新しかったです。
c0337257_11274079.jpg
この舞も4人の舞手が舞台狭しと走り回り、走らないときはその場駆け足
さらに片足で飛び上がりながらもう片足は後ろに蹴り上げる
おおよそ止まる場面がありません
c0337257_11275303.jpg
月も感心するほどの持久走舞です。w
c0337257_11280193.jpg
いろいろアングルを変えて撮影しているが
まだ走り回っている・・・・
c0337257_11281580.jpg
もう、かなりの時間が経ちますが・・・まだ走りますか!
ちょっと調べましたが、2時間近くかかる演目とのこと
うーん、ハーフマラソンくらいの距離を走ったのではないでしょうかw
c0337257_13332343.jpg
替わって、ゆったりめの舞
遠野の神楽と違って演目の表示がないので
何の舞かは判りません。
c0337257_13365573.jpg
何の拍子か、綺麗に写るw
c0337257_13452709.jpg
かがり火を入れて夜神楽を演出
c0337257_13471338.jpg
この夜は地元の平倉神楽も出演
c0337257_13485942.jpg
見慣れた岩戸開き
c0337257_13502313.jpg
この頃から雨がぽつぽつ降ってきて、撤収しようか迷いましたが
連日の天気祭りの効果を信じてw腰を据えました。
c0337257_13542677.jpg
二つ目の演目は「鐘巻舞」
事前の説明では神社で舞うのは極めて希とのこと
お寺さんが舞台だからか・・・
女人禁制の寺に詣でることを拒否られ続けて、ついには発狂、蛇体となれり
とか
恋に落ちたイケメン僧侶に会いに行くが拒否られ続けて、ついに発狂、蛇体となれり
c0337257_14511959.jpg
舞台装置がイマイチ理解できずにいましたが
女が狂っていく様は感じ取れました。
c0337257_14525552.jpg
女は恐ろしい大蛇となって再登場!
遂げられない想いを恨み、災いを為そうとしますが
c0337257_14591068.jpg
その境遇を哀れんだ徳僧が仏の力で女を大蛇の精から解放して
ドントハレ

確かに神社ではあまり大声で言えないあらすじですねw



c0337257_15121804.jpg
結局、最後まで堪能させていただきました。


しかし、疲れていたんでしょうかね
宿についてから、あ、晩飯・・・・まだだった。。。
一番近いコンビニは・・上組町かな??

なんて、コンビニに行こうと考えること自体
疲れからくる錯乱でしょう。

親不孝通りに入って、勝手知ったる看板を目にして
我に返りました。
c0337257_15170486.jpg
「つるや」さん
いつもありがとうございます。



by Wild_Cat_Seeker | 2018-10-12 06:26 | 郷土芸能 | Comments(0)