山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:新しきモノ( 46 )


2018年 05月 14日

立丸峠なう

ちょっと日が空いてしまいましたが、立丸峠のトンネル工事はどこまで進んだのか
野次馬してきましたw
c0337257_11420704.jpg
恩徳(おんどく)のうんと奥w 金堀沢の手前に、その最前線はありました。
c0337257_11421750.jpg
バリケードはありますが、もう完成といってもいいような佇まいの新道。
奥に見える法面のかつての様子はコチラ
旧道を少し走ると、クルマをデポ出来る場所があったので、さらに突っ込んだ取材を・・・
c0337257_11555786.jpg
旧道から工事中の新道を見る。ここは谷筋だったはずなのに、流れは完全に変えられています。
c0337257_11553404.jpg
その先に、見えて参りましたのが、立丸峠トンネルの遠野側入口です。
c0337257_11562619.jpg
もう貫通しているので、私的に祝開通走り初めも可能ですが、
そこはそれ良識あるオトナなので、うずうずしながらも踏みとどまったのでしたw
c0337257_12013245.jpg
素直に隘路を昇って、立丸峠へ
しかし寒い!
c0337257_12030263.jpg
5月4日 午前11:09 気温3.5℃
寒い訳だよ・・・
c0337257_12034859.jpg
ついでに峠を下って小国側のトンネルポータルも拝見

いよいよ、立丸峠トンネルも今年度(平成30年度)に開通します。
北三陸から首都圏方面への主要道路になることは決定事項となりますが
次にネックになるのは土淵バイパス(かっぱロード)の終点から遠野バイパス、遠野I.Cまでの隘路ですが、多分、松崎の田圃を突っ切って新しい道路を作っちまうのだろうね。




by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-14 05:35 | 新しきモノ | Comments(0)
2018年 05月 13日

釜石道最前線 2018春

五百羅漢前の釜石道の様子を見たら、その先の釜石道工事の進捗具合をチェックしにいきましょうかね。
c0337257_11025622.jpg
五百羅漢前から鍋倉山方面に延びる工事現場
c0337257_11041206.jpg
振り返ると五百羅漢前の駐車場
タクシーが止まっていますが、どうやら観光客の貸切ツアーのようです。
ワタクシが愛宕神社を彷徨っている時に盛んにクラクションを鳴らしていましたが
あれはお客さんのため「熊避けの儀」を行ったのでしょうね。
c0337257_11114345.jpg
釜石道はその後、来内川の谷へと入っていきます。
この辺りの現場は山腹にあり、県道から垣間見るのは難しく、遠野ダムから俯瞰しました。大規模な法面工事が続いています。
c0337257_11142097.jpg
林の合間に工事現場
c0337257_11150818.jpg
〆田の先で来内川左岸から右岸へオーバークロス
c0337257_11171795.jpg
さらに、来内の中心地を前にして、来内川流域に別れをつげます。
c0337257_11195088.jpg
小さな峠を越えます。
お見苦しい画像ですみません。
なにせ結構な氷雨が降っていたものでw
c0337257_11212306.jpg
峠を越えれば、平倉の廻立(まったち)

c0337257_11223889.jpg
かなり高速道路っぽくなってきましたね。
c0337257_11240644.jpg
拝啓、カルパートの中よりw
c0337257_11250275.jpg
同じく定点観測している、おっけそうな家
今年も健気におっけそうな原型を留めています。

いよいよ今年度(平成30年度)遠野I.C - 遠野住田I.C間が開通します。
その時、遠野バイパス、上郷道路、ひいては遠野市街がどのような変化をみせるか
また新たな定点観測が始まります。



by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-13 11:35 | 新しきモノ | Comments(0)
2017年 09月 07日

釜石道最前線2017夏

定点観測を続けている釜石道
現在は遠野ICまで開通し、工事区間は遠野IC-遠野住田IC間を残すのみとなりました。
c0337257_14402518.jpg
此処は第一定点観測地点、五百羅漢前
まだ高速道路の本体工事が始まっていません。

c0337257_14420041.jpg
遠野IC方面を見やると、すぐそこまでは本体工事が来ているし
遠野住田IC方面も鍋倉山トンネルは穿たれ、九重沢の辺りも
昔の面影が思い出せないくらい工事が進んでいる。
c0337257_14423034.jpg
気になる廃屋も、これこの通り
c0337257_14424547.jpg
卯子酉様からの道は迂回路として残っていますが
c0337257_14435717.jpg
卯子酉様、愛宕神社で遠野らしさを掴み、期待膨らませて遊歩道を登ってきた
観光客はこの光景を見てどう思うだろうか・・・

おそらくキツネにつままれたような気分になるのでは?w
c0337257_14441938.jpg
場所は変わって来内川の奥、〆田の辺りでしょうか。
橋梁部分だけ先に造るんですねぇ
c0337257_14443244.jpg
こちらは廻立への峠越え付近
築堤とカルパートが出来ていました。

そして峠を越えて、廻立(まったち)へ
c0337257_15134027.jpg
おお~、かなり高速道路っぽくなりましたなぁ!

やや! あれは!
c0337257_14444109.jpg
なんと、あのオッケそうな家がまだ残っていたよ!
どうやらルートからは辛くも外れていたようですね。

いよいよ、来年度釜石道は全通する。



by Wild_Cat_Seeker | 2017-09-07 06:29 | 新しきモノ | Comments(2)
2017年 06月 20日

立丸トンネル なう 2017春

平成30年開通を目指す国道340号線 立丸峠トンネル
すでに小国側の小峠トンネルは開通していて、核心部の立丸峠をスルーするトンネルが
目下、激しく工事中です。

遠野側はいかに?
c0337257_14405150.jpg
恩徳よりも、うんと奥w
立丸峠直下、金堀沢の手前にトンネル工事ナウな現場があります。
c0337257_14401599.jpg
山を崩して峠を目指す。
c0337257_14404422.jpg
そして、こちらは小国側
すでにトンネルポータルは完成していて、付随工事も収束傾向です。
なんてたって、来年度には開通ですからね。
急ピッチになります。
c0337257_14405611.jpg
この先、小峠トンネルを経て、川井まで高規格2車線道路が続き
順法精神が皆無にガキみたいな大人が時速100キロ/hで暴れまわるルートになることでしょうw

遠野にとってはマイナス効果しかないようだが、
これを最大限の効果を生むようにするには、これが不可欠らしいです。


今以上にキャパを持つ宿泊施設の整備
そして・・・・是非とも天然温泉を!

1000mも掘れば、必ず温泉は湧きますし(湧かなければ花巻から毎日輸送!)
遠野ならではの特産的グルメを開発すれば
旅人を今まで以上に引き寄せることが出来るでしょう。

(例えば、なんちゃら特区で、○○シカをジビエで提供するとかw)
(VR技術で遠野物語世界を追体験させるとかw)←コレハアマリリアルニヤルトドンビキサレルカモw


by Wild_Cat_Seeker | 2017-06-20 06:36 | 新しきモノ | Comments(0)
2017年 06月 02日

ワタクシのキライなもの

c0337257_21252476.jpg
渋滞・・・・


by Wild_Cat_Seeker | 2017-06-02 07:19 | 新しきモノ | Comments(0)
2017年 06月 01日

釜石道最前線2017春

あれよあれよという間に建設が決定してしまった釜石道の遠野icから遠野住田ic
確か、最初は「作れたら作るよ」くらいの力加減だったはずで、経済効果から遠野市は開通を拒んでいた区間ですが・・・・
c0337257_20480405.jpg
ここは上郷は廻立(まったち)の現場

特筆すべきは、このおっけそうな民家
c0337257_20515507.jpg
まだ残ってらよ~~~!

この構図を見るたびに星新一のショートショートの一編を思い出す。
切ない物語だったなぁ
c0337257_20522561.jpg
ここは峠を越えた来内の伊豆権現界隈
のびやかな牧草地のてっぺんがほじくり返されていますが
変化は緩慢です。
c0337257_21032955.jpg
来内川沿いは居住者が少ないので見逃されがちですが、かなりの変化です。
c0337257_21034451.jpg
来内川沿いから、山越えになる区間は九重沢

もう、ついこの前までの姿が思い出せないくらいに
変っていました。。。
c0337257_21041201.jpg
前方に見えるトンネルは鍋倉山と物見山のブリッジを潜る
なぜ、この高低差をトンネルにしたか・・・・
どうも某圧力団体のためらしいっす(ぱふっ)www
c0337257_21161425.jpg
この辺りは林檎畑だったはずですが~~

もう熊が下りてくることもなさそうですね。
c0337257_21173708.jpg
この先、五百羅漢ですが、いやはや・・・どうも

いつかに続きますw






by Wild_Cat_Seeker | 2017-06-01 06:47 | 新しきモノ | Comments(0)
2017年 01月 08日

未来のはなし

c0337257_14002209.jpg
いきなり古き街地図をご覧いただいたのは他でもなく
c0337257_10482897.jpg
今、大きく変貌を遂げているエリアを紹介するためです。
とぴあ の南の1ブロックに建設中の建物
俄かには信じ難いが、今年の7月には竣工するとか・・・・・
c0337257_10481740.jpg
こんな感じに・・・・・
そう遠野市役所の新庁舎です。
c0337257_10482225.jpg
新しいモノが出来ると、途端に昔の風景の記憶が薄れてしまうのは人の常
そうならないため、もう1枚、写真を貼っておきましょう。
c0337257_14001507.jpg
そんなに遠くない未来に駅周辺も大きく変わりそうなので、いろいろなアングルで
写真を撮っておいたほうがよさそうだ。


by Wild_Cat_Seeker | 2017-01-08 14:13 | 新しきモノ | Comments(0)
2016年 06月 15日

若い街 新しい街

c0337257_12251920.jpg
十王堂前の道を歩いていくと真新しい道が交差していました。
c0337257_12251516.jpg
ふむふむ、彼方に見えるのは小学校だから、この道を行き途中を右折すれば
あそこに行けそうだ。
c0337257_12254710.jpg
んん~? ああ、目印の松の木があるからこの道で間違いなさそうだ。
c0337257_12254365.jpg
日枝神社の表参道も歩車分離の立派道路になりました。
c0337257_12260064.jpg
せっかくだから境内まで行きましょう。
c0337257_12260677.jpg
こちらは基本的に変っていませんので、ほっとします。
c0337257_12261255.jpg
こちらの御老人桜も
c0337257_12261776.jpg
咲くか咲かないか気難しい老木ですが、今年は頑張ったようです。
来年こそは・・・・と言いつつ、
ここ数年の間、遠野では満開の桜に出会えていません><


by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-15 06:21 | 新しきモノ | Comments(0)
2016年 06月 07日

廃墟

c0337257_21341745.jpg
これもある意味新しきもの

なぜなら、釜石道が完成した暁にはこの風景は封印されてしまうからです。
c0337257_21342025.jpg
中央の建物
すでにリタイアして幾星霜・・・・
その正体は遠野市民なら100% ご存知であろう。

いつまであると思われないので、その廃墟ぶりをカメラに収めてみました。

りつこさん・・・りつこさん・・・さわやかりつこさん

落合あたりに遠ざかるドップラー効果w


by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-07 06:34 | 新しきモノ | Comments(2)
2016年 06月 04日

釜石道最前線2016春

c0337257_21305375.jpg
さて、此処は鍋倉山の裏、物見山への分岐あたりです。
釜石道の工事は意外にも停滞気味で、前回取材時とおおよそのところは変化ありません。
あ、あのカルパートは新しいですね。
よく高速道路の下をくぐる道がありますが、あらかじめ作ったカルパートの上に高速道路を造るのですね。
c0337257_21305717.jpg
奇跡のように残っていた満開桜!
c0337257_21310023.jpg
さて、この鍋倉山界隈で危惧していたこと
それは鍋倉山を釜石道は削り取ってしまうのか・・・・ということ
c0337257_21310329.jpg
どうやら・・・・・・
c0337257_21310654.jpg
鍋倉山はトンネルで過ごすようです。(ほっ!)


by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-04 06:30 | 新しきモノ | Comments(2)