山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 04日

死んでないよと、ぺっこばり

ブログ更新が半月途絶えた「山猫を探す人」
世間ではそろそろ死亡説が・・・笑

単に「ネタキレ」なのす・・・

しかし、見逃していたネタがありました!


時に9月16日、六神牛神社の夜神楽の帰途・・・・
哀れな足の無い山猫を慈悲深く拾って頂いた「宝飯爺様」のご厚意は
まだまだ続きました。

せっかくだから、夜の中村のお堂を撮るべし!

お言葉に甘えました・・・・が・・・・

c0337257_22222071.jpg
ナニこれ?
闇夜を飛ぶカラス?w
c0337257_22223156.jpg
宝飯爺様の助言により遠くの明かりにピントを合わせていざ勝負!

c0337257_22224298.jpg
はは! シャッタースピード落としすぎw
c0337257_22224636.jpg
うーん、加減が判らない。。。
ええい、ままよ! チャレンジ!
ターゲット 荒神神社!
c0337257_22233480.jpg
を、これは・・・・!
c0337257_22234076.jpg
こ、これも・・・
宝飯爺様の懐中電灯の明かりのおかげの絵w
c0337257_22234724.jpg
この日、曇天・・・
遠野といえども街路の明かりが乱反射して・・・・

夜のような朝のような夕のような・・・
なんともはや・・・・





# by Wild_Cat_Seeker | 2018-11-04 23:33 | 遠野の里山 | Comments(4)
2018年 10月 15日

遙かなる八幡山

遠野郷八幡宮の例祭を楽しむ前にちょっと裏山を散策しようか・・・
そう思いだして、何年経ちましたかのう・・・・

あるときは尾根を北に乗り越して五日市の倭文神社に抜けたり
あるときは西側の愛宕山から分け入り、見事に道に迷って、這々の体で
八幡宮に降りたり・・・・
ある意味、2度の偵察を行ったわけで、今回満を持して八幡山を目指したわけです。

c0337257_21240619.jpg
登山口は顕功神社の脇、これは五日市に抜ける古道です。
c0337257_21241699.jpg
道は途中まで軽トラなら走れるくらいの幅です。
山栗がきらりきらりと草間に光っていました。
拾おうと思って立ち止まると、たちまちモスキート軍団の猛襲を受けますw
そういえば、今年は、まだエゾゼミが鳴いていました(9/16のこと)
c0337257_21242522.jpg
ここが尾根の乗り越しです。
真っ直ぐ進めば五日市の倭文神社です。左手に尾根沿いに歩けば谷地の愛宕神社に至りますが道はありません。右手が八幡山方面です。
c0337257_21243634.jpg
なんとなく踏み跡があるので、それを辿り、尾根から外れないようにします。
c0337257_21244355.jpg
しかし、だんだんアヤシイ状態に・・・・
c0337257_21245164.jpg
倒木にカワイイキノコが・・・・
c0337257_21250129.jpg
窓から顔出す。。みたいな・・・
c0337257_21251009.jpg
道は消えたり、現れたり・・・・閉口したのが蜘蛛の巣
このような開けた空間は罠を仕掛けるのはもってこいの場所。
枯れ枝を振り回して進むが・・・
c0337257_21251901.jpg
あ、境界標だ・・・これに沿っていけば山頂かな?
c0337257_21252785.jpg
不思議なきのこ・・・
c0337257_21253546.jpg
この辺りから、方向感覚がおかしくなってきました。
しっかりした道なので、そのまま辿ったら支尾根に入り込み
眼下に工事車両の駐車場が見えてきました。
やれやれ、元来た道を戻り、別の尾根を逝くが。。。
c0337257_21254232.jpg
行く手を阻む笹藪・・・・やむなく撤収
しかし、元来た道を戻っているはずなのにイマイチ記憶にない・・・
こりゃ迷ったか。。。と思ったそのとき・・・・
c0337257_21245164.jpg
あ、行きに見たきのこに再会、ルート通りに来ていたんだ!
c0337257_21255019.jpg
まもなく乗り越しに戻ってきました。

残念ながら・・・・・
八幡山登れなかったどーw


# by Wild_Cat_Seeker | 2018-10-15 05:54 | トザンシャの者 | Comments(7)
2018年 10月 14日

まつりの前の静けさや

c0337257_21115365.jpg
遠野まつりの二日目、会場になる遠野郷八幡宮へは歩いて行く・・・これがマイコダワリ
c0337257_21115916.jpg
道すがらの風景が、またご馳走なのだもの
c0337257_21121636.jpg
朝の光と祭りの紅白幕
c0337257_21123907.jpg
遠くから聞こえるお囃子
祭りに対するテンションが徐々にあがっていく
c0337257_21140256.jpg
銘山 六甲牛は季節外れの夏雲を従える
c0337257_21142163.jpg
早瀬の流れは六甲牛からの恵み
c0337257_21135283.jpg
七内八崎から遠野郷八幡宮へ郷土芸能団体があがっていく
さきほど聞こえたお囃子は、この神輿団体であらう・・・
c0337257_21143300.jpg
初秋というにはいささか暑い朝でありましたが、花は秋と喋っておりました。
c0337257_21144985.jpg
蝶は逝った夏を惜しんでおりました。
c0337257_21145343.jpg
実りは此処にも
c0337257_21150407.jpg
此処にもございました。
c0337257_21151319.jpg
実り多き方の秋が征く


# by Wild_Cat_Seeker | 2018-10-14 06:09 | 遠野の街中で | Comments(2)