山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 09月 19日 ( 1 )


2018年 09月 19日

下郷さんさ 2018 Part1

何年か前(それは片手の指を2本折るくらいだったかも)遠野郷八幡宮の馬場にハツラツと踊り込み、
ワタクシをして魅入られたようにシャッターを押し続けさせた団体
それが「下郷さんさ」でした。
「山口さんさ」を優雅の極みとすれば、「下郷さんさ」は動の極みでございましょう。

初日、昼のパレードではその姿が見えず、今年は不参加か、とがっかりしていましたが
遅いブランチの場を探して彷徨っていると、聞き覚えのある旋律と歌声が・・・!
c0337257_00491465.jpg
なんと! 下郷さんさの皆さんが門掛けの真っ最中!
ははぁ、パンフをよく見れば、夜の部に参加されるのでした。
c0337257_01044106.jpg

「下郷さんさ」に惹かれる理由は何だろう?
踊りのクオリティの高さか?
自然体を極めているからか?
いやいや、その神髄は、彼女たちの豊かな表情にトドメを指す
c0337257_01052498.jpg
c0337257_01055241.jpg
c0337257_01060016.jpg
ひときわ輝いていた彼女
c0337257_01073237.jpg
それにしてもベテランから小さな子供に至るまで、クオリティの高さは半端ではありません。
以前のアップでも触れたような気がしますが、小学校で郷土芸能の授業があり、その子たちが
やがて下郷さんさを盛り上げていくという完璧なシステム


c0337257_01243184.jpg
c0337257_01252111.jpg
c0337257_01250018.jpg
c0337257_01270128.jpg
c0337257_01271254.jpg
このままだと何十枚も写真をアップしてしまいそうになるので、一旦ブレイクですw



by Wild_Cat_Seeker | 2018-09-19 05:47 | 郷土芸能 | Comments(6)