山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 09月 02日 ( 1 )


2018年 09月 02日

一度は登っておきたい白神岳(1日1登1湯ばかっ旅)

昨日は本州北端付近から「ば~ち」まで9時間爆走してグダグダとなり、ブログアップ出来ませんでした。
(ビール1缶で妖怪睡魔くんに後頭部を殴打されましたったw)


これは8月29日のキロクです。
この日の1登は世界遺産「白神山地」の白神岳

宿のある秋田市内から登山口まで、ざっと80km!
宿の朝飯を食べていたら、登山開始が9時半になってしまうので、
飯抜きでクルマを走らす。
道すがら金足農業高校の甲子園準優勝をたたえる横断幕がありましたなぁ。
途中から秋田道に乗り、能代まで。そこから八森まで広域農道という「高速道路w」を利用。
八森から大間越までは国道101号線という「高速道路w」を利用。
なんとか登山口に8時前に到着しました。(あえて出発時間は書きませんw)
c0337257_15431010.jpg
街猫から山猫に変身しw、避難小屋のある登山口を出発!
昨日の薬師岳登山の疲れが全然抜けていない・・・足が重いのう・・・・
c0337257_15575468.jpg
トラヴァース道を1km歩いただけで滝のような汗が。。。
c0337257_16074187.jpg
ここから蟶山(まてやま)の支尾根まで400mほどの標高差を登っていく。このコースで一番苦しい登りです。
c0337257_16083345.jpg
途中に水場が何カ所かあるのが救いです。これは1番目の水場。
c0337257_16111962.jpg
これが最後の水場
c0337257_16120745.jpg
傍らの木に付いているのはもしや「クマー」の爪痕?
c0337257_16160828.jpg
ここが蟶山(まてやま)分岐。
支尾根に乗りました。登山口から約2時間です。
c0337257_16215592.jpg
40分ほど支尾根をアップダウンしながら高度を稼いでいくと主稜線が見えてきました。
c0337257_16250104.jpg
ひーこら言いながら足を持ち上げていると突然森林限界を抜けて視界が開けます。
雲は多めですが、雨は落ちてきません。雲の切れ間から日本海と男鹿半島が
ちらりと見えました。
c0337257_16272914.jpg
見上げれば白神岳の山頂(右端)と避難小屋・・・ではなく公衆トイレw
あともう一登りで主稜線です。
c0337257_16341238.jpg
大峰分岐に到着、ここが主稜線です。
c0337257_16345999.jpg
主稜線上から白神山地の核心部、向白神岳が見えた。白神山地の最高峰ですが
登山道はありません。
c0337257_16435337.jpg
大峰分岐から数分で白神岳山頂に到着です。登山口から約4時間でした。
実は30年以上前に1度登っているのですが、まったくもって記憶が無く
初見に近い感覚です。
残念ながら、頂上からの展望はありませんでしたが、下山途中、今宵の宿がある
艫作崎が見えました。
c0337257_16533331.jpg
海からいきなり1200mの高さですから、その展望は絶賛に値します。
この日は雲が多く思うような展望ではありませんでしたが、
雨が落ちてこないだけ猛獣・・・コホン 儲けものでした。

さぁ、1登終えたら1湯だ!
今宵の宿はウェスパ椿山に取りました。総合リゾート施設内のゲストハウスが
ピンでも泊まれるというので食いついたのですが、
c0337257_17235483.jpg
ここのほかにベッドルームが二つにダイニングキッチンまであり、
いささか広うござんしたw
しかしゲストハウスには浴室はおろかシャワー施設もありません。
展望温泉施設が敷地内にありますが、距離約350m!
しかし歩く必要はありません。電話1本でお迎えのクルマが参ります。
ちょっとした王侯貴族気分を味わえます(笑)
c0337257_17361859.jpg
源泉は「鍋石温泉」
開閉式ドームで露天風呂にもなります。
夏の間は日本海に沈む夕日を眺めながら温泉を満喫できます。

白神岳登山を終えたご褒美を自分に与えよう!


by Wild_Cat_Seeker | 2018-09-02 18:02 | トザンシャの者 | Comments(2)