山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 02月 12日 ( 1 )


2018年 02月 12日

ばかっ旅 細切れ常磐線

遥か岩手県を目指す旅、常磐線を使う時点で常軌を逸しています。
「ばかっ旅」の疑い濃厚ですw
c0337257_21265424.jpg
しかも鈍行列車?
「ばかっ旅」認定されましたw

上野6:04-8:00水戸8:18-9:50いわき

水戸で乗り継ぎをしましたが、水戸駅の写真はございません。
最近、このやうな物忘れ、はなはだ多し。
c0337257_21342024.jpg
乗り継ぎに時間があったので、食料調達のため駅の外へ出る。
思いの外、立派な駅前でしたなぁ・・・続石(さすが)は浜通りの中核都市です。

さて、そろそろ次の列車に・・・・
c0337257_21372524.jpg
いやいや、特急には乗れないよ! え? これが次に乗る列車なの?
c0337257_21390866.jpg
なんと太っ腹な!
ありがたく追加料金なしで乗らせていただきました。

いわき10:27-11:09富岡
c0337257_21413718.jpg
c0337257_21414199.jpg
c0337257_21414871.jpg
c0337257_21421220.jpg
最近、鄙びた駅舎を目にするたびに、シャッターを押すようにしています。
昭和の薫り漂う駅舎が大淘汰時代に突入しているからで・・・・
建てなおされると間違いなくプレハブに毛が生えた無機質な駅舎になりますので
ま、昭和の備忘録みたいなものでしょうか。
c0337257_21481695.jpg
列車は終点の富岡へ
ここは津波の被害甚大で、一からリニューアルされました。
c0337257_21562498.jpg
震災前(2009年)の光景とは全くもって・・・・
c0337257_21482288.jpg
いまだ復興途上な駅前です。

閑話休題
話は前後しますが、久ノ浜-木戸間は古い線路跡が車窓に右手に見て取れます。
c0337257_22331863.jpg
レンガ造りのトンネルポータルは、これがとてつもなく古いものだと主張しています。
1898年開通と記録されていますので、なんと明治時代です!
日露戦争もまだ始まっていません! 
柳田国男もまだ遠野へは行っていませんw

常磐線、おそるべし!

話を戻しましょう。
c0337257_23010684.jpg
c0337257_22582841.jpg
富岡-浪江間は常磐線に残った最後の不通区間で、代行バスが走っています。

富岡11:30-12:00浪江

マイカーで数回、代行バスで2回、この区間を走破しましたが、
衰えたとはいえ放射線量の高さは洒落にならないレベルです。

復興やら制御下を内外にアピールするためにかなり前のめりな復旧です。
ここを通勤通学する人は朝晩レントゲン検査を受けているようなもので
あまり真似はしたくない。。。
c0337257_23041527.jpg
浪江から仙台までは一気に移動できる。
しかし、原ノ町までこの電車に乗っていたのは90%の鉄と10%の一般客(笑)

浪江12:20-14:18仙台

ばかっ旅はまだ続いていたが、可愛い外人ムスメさんやら、仙台へご出勤のお水美人に
囲まれてワタクシの鼻の下は限りなく伸び、カメラのキャップが取れることはありませんでしたwww







by Wild_Cat_Seeker | 2018-02-12 08:20 | ばかっ旅 | Comments(6)