山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 06月 23日

遠野物語18話の地

ザシキワラシまた女の児なることあり。同じ山口なる旧家にて山口孫左衛門という家には、童女の神二人いませりといふことを久しく言ひ伝へたりしが、ある年同じ村の何某といふ男、町より帰るとて留場の橋のほとりにて見馴れざる二人のよき娘に逢へり。物思はしき様子にてこちらへ来る。お前たちはどこから来たと問へば、おら山口の孫左衛門が処から来たと答ふ。これからどこへ行くのかと聞けば、それの村の何某が家にと答ふ。その何某はやや離れたる村にて、今も立派に暮らせる豪農なり。さては孫左衛門が世も末だなと思ひしが、それより久しからずして、この家の主従二十幾人、茸の毒にあたりて一日のうちに死に絶え、七歳の女の子一人を残せしが、その女もまた年老いて子なく、近き頃病みて失せたり。

遠野物語18話

この物語の主人公、山口孫左衛門はかつてこの地にあった館の主「山口修理」の子孫にあたる集落草分けの長者だったという。そんな悲劇の場所が現在でも特定できるのです。
c0337257_16310509.jpg
山口の水車やダンノハナにほど近い牧草地の中に山口孫左衛門家の墓所が残されています。
c0337257_16311886.jpg
鹿防止の電気柵の中なので、これ以上近づくこと能はず。
c0337257_16313267.jpg
数年前は畑のど真ん中だったのですが・・・・
c0337257_16314074.jpg
同じような墓所が二つ並んでます。
c0337257_16314611.jpg
墓所跡と六角牛山
c0337257_16315687.jpg
こ、これは、まさか所謂「〇えたご」?
しーっ! 肥えが大きい!www


by Wild_Cat_Seeker | 2019-06-23 05:27 | 遠野物語の地 | Comments(2)
Commented by 笛吹 at 2019-06-23 20:47 x
遠野物語の世界が今でもあちらこちらに・・・。
そのような心持ちで廻ると出会えるのが遠野なんでしょうね~。
と、唐突に・・・・少し肥えが大きかったでしょうか?笑
カタクリの群生地、きっと移植だと思います。
青い彗星号、お見舞い申し上げます。
Commented by Wild_Cat_Seeker at 2019-06-24 22:12
笛吹様

遭難です! (ちがったw)
100年以上前の事象を今まさにこの場所で体感できる!
それが遠野の秘めた魅力と感じています。
なので、カッパロードのために89話の古道が破壊されたときには、遠野は終わったと思ったものでした。
あ、やばい、肥えが多きかったですねwww

カタクリ・・・移植と実生で意見が分かれていますが
花の美しさは変わりがないじゃなし、でじってしまえば皆同じwww


<< 荒川高原巡視~人馴れ狐~      思わぬにかたたご >>