山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 17日

石碑群の幼生

c0337257_13590262.jpg
「路傍には石塔の多きこと諸国その比を知らず」とは遠野物語序文で語られた内容で
百十数年を経た現代でも、言い換える必要はない。
本当に多い!

しかし、昨今、遠野では新たな塔が増殖しています。
c0337257_14070193.jpg
なんでしょう?
卒塔婆? 墓標?
c0337257_14102267.jpg
江戸時代の処刑場の近くだけに「おじゃぞぞ」となりそうです。
が・・・・

これは植生再生の最前線の光景なのです。
c0337257_14105107.jpg
墓標のように見えるのは、鹿の食害を防ぐためのプロテクターです。

ほんの10数年前、遠野では鹿は珍しい動物だったのだが、今や田畑、里山を喰い尽す害獣と化しています。

かりそめに遠野に迷い来る都会人が最初に遭遇する野生動物は
タヌキ、アナグマを凌駕してニホンシカが一位になっているかもしれません。
あとはニホンカモシカか・・・・特別天然記念物なので、人間様が手を出せないことをイイことに、市街地にまで出没する事態になっています。

あ、・・これ餌付して、観光資源にしましょう!
奈良公園で出来るのですから、鍋倉山とか遠野郷八幡宮や早瀬川河川敷でやりましょう!
日本初! 野生の特別天然記念物と触れあえる郷「とおの」www

「かもしかせんべい」の販売権を得た業者は未来永劫繁栄するかもwww




by Wild_Cat_Seeker | 2018-05-17 06:55 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(0)


<< 瓦解(おっける鳥居の後日談)      災害復興途上 >>