山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 08月 18日

一日一登 最終日

8月9日 帰京の日・・・・・
一日一登も最終日を迎えました。



c0337257_12324593.jpg



奮発して購入したトレッキングタイツ
アブの猛攻には無力だったが、衰えた膝、ふくらはぎ、腿を
よくサポートしてくれました。



c0337257_12324501.jpg



かれこれ8年履き続けたトレッキングシューズ
ソールが剥がれかかっていて、もう寿命です。
これが最後の御勤めとなりましょう。



それでは参りましょう。一日一登、最後の山へ



c0337257_12324540.jpg



登山口へのアプローチは昨今の道路工事で不明瞭となっており
適当に林道へ入りこむが、このルートは間違いだった。



c0337257_12324535.jpg



この奥にもう一本、古(いにしえ)の道が隠されているはず・・・・・
下草も無いし、鹿さんの獣道もあるので、それを辿ると



c0337257_12324590.jpg



あった! 
これが、遠野物語にも記された古道だ。
熊、蝮に注意しつつ、これを辿る。



c0337257_12324532.jpg



前方が明るくなってくると、目的の山の本当の登山口です。



c0337257_12324544.jpg



登山口には質素な鳥居と御堂、それに山神の石碑がある。
そう、ここはかつて里人が山人に遭遇した場所
崇りを治めるため山神の石碑を建立したのだ。



c0337257_12324506.jpg



登山道というより参道は愚直なまでに一直線に登って行く。
道幅は広く、左右から獣道が縦横無尽に交差する。
どこからか犬の遠吠えが聞こえてくる。
山犬か?・・・・そんなわけはないのだが、
それを疑ってしまう雰囲気がある山だ。



c0337257_12324538.jpg



ちょっと古いが、熊の爪痕・・・・・
やはり居るんだな・・・・



c0337257_12324563.jpg



右手に石割桜が見えると、行程の約半分ということになる。



c0337257_12324513.jpg



七合目付近から展望が開けてくる。
この辺りは数年前に伐採されて禿山だったのだが、
今は様々な木々が主導権を握ろうとおがり合っている。



c0337257_12324594.jpg



前方に赤松の林が見えてくると、間もなくゴールだ。



c0337257_12324511.jpg



自身、3度目の登頂だが、実に8年ぶりだ。8年前には無かった鳥居がある。



c0337257_12324598.jpg



山頂には小さな石祠と勝軍地蔵が祀られています。



c0337257_12324571.jpg



山頂直下から土淵本宿方面を遠望す。
小烏瀬川と旧道が優しいカーヴを描きながら山裾を廻る横を
遠野かっぱロードが直線番長を決め込む。
この8年で遠野は変わるべきものは変わり、変わらなくていいものも変わった。
それでもなお、通い人と言われる人々を引きつける何かを保ち続ける
不思議の地、遠野・・・・・
万感、胸に迫る中、この山旅を終えることにする。





っつ! あ、あぶないぢゃないですか!
ザックを引っ張らないでくださいよ!
せっかく感動的にエントリーを〆たのに・・・・



え? なんですって?
山の名前がどこにも出てこない?



まぁまぁ、いいぢゃないですか。
ひとつやふたつ謎を残して〆れば、のちのち皆さんがこのエントリーを楽しめるぢゃないですか。
をを~っと! そんな殺気だった目で見ないでくださいよ~。。
判りましたよ。
この困難に満ちた山旅の行程図を公開致しますよ。



c0337257_12324562.jpg



行程距離1.5キロ
登高差105m
実働時間 40分



ああ、やめてくなさいあqwせdrftgyふじこlp;@:「」



by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-18 05:15 | 山岳展望 | Comments(10)
Commented by とらねこ at 2014-08-18 07:10 x
一日一登、お疲れ様でした。
地元民でも数年に一回?数十年に一回、いえいえ、一生登ることすらない人たちも多い中、こうして様子をお伝えいただきありがたいです。
登った気になります・・・(;^ω^)
重ねてお疲れ様でした。

Commented by はやと at 2014-08-18 07:52 x
いやあ、すごいですねー さすが山猫どん
道なき道 けもの道をかきわけて
あっしじゃ無理ですわ
姫神山、早池峰山と制覇したからには
次は岩手山?遠野三山制覇?とそそのかされますが
石上もお六も、なかなかな急登ぶりで
だってえ、私がひとりで遠野の山に登ったら
山人に惚れられて誘拐されて戻れなくなっちゃうもの
そうなったら大変だしぃ
、、、えっ?後ろから膝かっくん
おわーっ 飛び蹴りですかっ ちょっ 、、あーれー


Commented by 姫猫 at 2014-08-18 12:33 x
東北縦断旅行は天気には恵まれなかったようですが、目標の一日一登は達成したようですね。
おめでとうございます。
でも最後に登った象坪山、とらねこさん同様たぶん一生登る事はないでしょう(笑)

Commented by at 2014-08-18 23:04 x
〆はやはり「ざうつぼやま」だったんですね~(笑

前日のアルコールの影響とクマーとマムちゃんの遭遇を心配しておりやしたw。



Commented by yamaneko at 2014-08-19 05:44 x
とらねこ様

ありがとうございます。
地元密着系の山は地元の方の努力で保たれていることを
実感できる山です。
象坪山はその典型ですね。

Commented by yamaneko at 2014-08-19 05:48 x
はやと様

あーに大したことねっすよ。
はやと様も、まずは石上山と六角牛山をダブルヘダーで^^
どちらも早池峯に比べたら1/3の労力で登れますよん。

>山人に惚れられて誘拐されて戻れなくなっちゃうもの

←<とっす! ^^

Commented by yamaneko at 2014-08-19 05:52 x
姫猫様

ありがとうございます。
6日間・・・・最初から土砂降りなら諦めていたところですが
妖怪あめふらし は性悪で歩き始めた後に土砂降りにしてくれやがりました^^
象坪山・・いい山ですよ~^^

Commented by yamaneko at 2014-08-19 05:55 x
爺様

はい、〆はココに決めていました。
時間的な制約で朝飯前に登れる山はココくらいでしたから。

クマはともかく まむー は雰囲気的にやばかったっす。

Commented by 野の草花 at 2014-08-19 23:44 x
お山に登るのは、アブに襲われ危ないんですね。
遠野にいたころ、熊もマムシも見たことさえありません。
山猫さんは人生経験豊富ですね!
私も遠野好きだけど、山猫さんに完敗。。。

Commented by yamaneko at 2014-08-23 09:13 x
野の草花様

ああ~、ごみんなさいごみんなさい!
コメいただいてたのに4日も放置ごみんなさい。。。

はい、この旅でも熊と蝮には出逢いませんでした。
きっと、彼らもアブが鬱陶しくて山に居なかったのでは?
と推測しております^^

あたくしの人生経験?
そったらタイシタものでないですよ~
蚤の脳味噌くらいの経験しかありません^^



<< 探し物はナンですか?      一日一登 石上山 >>