山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 08月 13日

一日一登 姫神山

存在は知っていました。
古きは姫神センセーションで、
新しきは近年の乗り鉄旅で



いつか登ろう・・・・・
そして、8月5日に登った訳です。



c0337257_12324057.jpg



空模様は芳しくないですが、雨粒が落ちてこないだけでも猛獣・・・・・



その、もうけもの・・・・あ、やめろくぁwせdrftgyふじこlp;@:



c0337257_12324062.jpg



急登が始まる前に甘露な湧水をいただきましょう。



c0337257_12324049.jpg



ここから始まる急登の名は「ざんげ坂」



何を申すか!
それがし、人生半世紀、ざんげすることなど一つも行っておらんぞ!



でも、なぜか、頭を垂れて、はぁはぁ言って登っている吾あり・・・・_|‾|○



c0337257_12324013.jpg



五合目から上は涼しい風が吹いていて(時々暴風だが)登るペースが上がってくる。



c0337257_12324148.jpg



八合目は雲の中
ここから最後の登りが始まる。



c0337257_12324182.jpg



この先、岩場コースと社コースに分かれるが
迷うことなく岩場コースを辿る。



c0337257_12324183.jpg



やー、すごい岩場だ! ここを登った山猫はスゴイ!
と思わせておいて、ここは登山道じゃないからw
とぼけつつ、頂上直下です。



c0337257_12324133.jpg



不思議なことに頂上には山名を示すプレートが無く、
年季の入った石像や社、なぜか標柱の無い三角点などがありました。



え? 展望? 



野暮なことをお聞きじゃぁないよぅ!



早々に下山にかかりました。



c0337257_12324134.jpg



麓まで降りてくると展望が効きますが、
対面の岩手山は雨で洗われていました。



それに比べたら、雨に降られないだけ、ラッキーな一座でした。

往復3時間の雲中登山 
それがワタクシの初姫神でした。



by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-13 01:41 | 山岳展望 | Comments(4)
Commented by nooree at 2014-08-13 15:36 x
あ~とか~ら~き~た~ぁの~に~お~いこ~さ~れ~・・・・・
ちょっと登り坂があるとついつい出てくる歌No.1じゃないでしょうか?^^;
姫神山って意外と高いんですね^^;
僕は野生に帰りたくなるので山には入らないようにしてます(笑)

Commented by はやと at 2014-08-13 22:23 x
姫神登頂おめでとさんです
あの木段、地味~にメンタルと足腰にきますな
私は1人登山が怖くてガイドさん頼みましたが
上手いガイドさんで なんと息を切らせずに登れたので
がんす。まあ ウサギとカメみたいなもんですが。
私も岩場コースに行きましたが ある意味 早池峰の
岩場や鉄ハシゴよりスリルを感じました
ちなみに快晴でした(鬼)

Commented by yamaneko at 2014-08-13 23:27 x
nooree様

嗚呼、人生は眼と肛門 ですね? え?ちがう?^^

nooreeさんの登山のテーマがコレとは意外ですね~

えっと、ワタクシのこの時の登山のテーマはですね
ラジオ体操第一と第二でした^^

いや~見てみたいな~
野生に還ったnooreeさん^^

Commented by yamaneko at 2014-08-13 23:32 x
はやと様

>ちなみに快晴でした(鬼)

鬼~~(笑)

でも、雨粒食らわなかっただけラッキーでした。
(そう思わなきゃやってらんね~^^)

岩場コース、晴れていたら最高の眺めだったのだろうな~
いいな~x16

そう、あの階段
登りはもう邪魔でしかないですが、下りはアレのおかげで
ハイペースで行けます。



<< 一日一登 七時雨山      真昼岳花図鑑 >>