山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 10月 24日

やまびこまっちゃうな豪華乗り継ぎ

7時55分 遠野発のカマー鈍行が意外と睡魔君を招聘することを発見したワタクシは
あやうく花巻まで行きそうになりました。^^



c0337257_12304955.jpg



少々暑くなりそうだが、天気は上々な岩手です。
新花巻で待っているのは、「いつもの」やまびこ号
そう、東京を6:04に出る最速遠野入り御用達新幹線だ。
つい二日前に乗ってきたばかりだ。(9月23日時点のハナシです)
これに乗らないと後の乗り継ぎが総崩れになるので仕方なく吉野家の牛丼並3杯分の特急料金を払いました。



これで驚いちゃいけない! さらに角館までは、鈍行がない! 



c0337257_12304960.jpg



仕方なく新幹線に乗るしかない。
またもや吉野家の牛丼並3杯分のお金を財布から出す。
こまっちゃうな~~
と言いつつも初めてのE6系にご満悦な山猫である。



c0337257_12304963.jpg



がんじゅさまは、秋らしからぬ暑さに雲の日傘を差したままです。



c0337257_12304975.jpg



ほぼ単線の田沢湖線ですから、頻繁に列車の入れ替えが発生します。
いやはや、単線区間に新幹線が走るなんて・・・・時代は変わったね~



c0337257_12304921.jpg



車窓は裏岩手な山々です。
秋田新幹線も、平地を走るのは此処までで、いよいよ仙岩国境を越える隘路に入ります。



c0337257_12304965.jpg



途端に目につく8月豪雨の爪痕



c0337257_12304997.jpg



田畑にも大きな被害が出ていました。



c0337257_12304928.jpg



この川の左岸には林道が通っていたのですがご覧のとおりの破壊力です。
渓流の水はとてつもなく綺麗なのですが、あの日、ここを流れた濁流の高さは想像を絶したでしょう。



c0337257_12304992.jpg



険しい山越えののち最初の停車駅は田沢湖
田沢湖には遠野通い初期の頃の帰路に立ち寄ったな~
クルマはまだ92Levin 「白い悪魔号」だったですね。



c0337257_12304930.jpg



スーパーこまっちゃう3号は刈入れの済んだ仙北平野を軽快に走ります。



c0337257_12304908.jpg

角館着



c0337257_12304932.jpg



どもアリガッと ミスこまっちゃん また逢う日まで~~^^



c0337257_12304966.jpg



さぁ、メインディッシュはこれからだ!



これからだっていうところでまた次回~~~!



あ、なにをするくぁWせDRFTGYふじこLP;@:「」








by Wild_Cat_Seeker | 2013-10-24 23:45 | 鉄の目 | Comments(2)
Commented by あ~る at 2013-10-25 01:58 x
どもアリガッと ミスこまっちゃん 秘密を知りたい~~^^

Commented by yamaneko at 2013-10-26 07:49 x
あ~る様

どもありがっと・・・
ぃよ~く考えると、この唄はかなりの皮肉ソング^^



<< Any Colour You ...      旅また旅(字余りな過去) >>