山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 08月 24日

復活のモヒカン

今年の5月に表土をひっくり返されて、ほぼ全域が荒野と化していた耳切山
さて、夏場はどうかいな? とクルマのハンドルを切ると・・・・



c0337257_12302473.jpg



おお~、旨そうな牧草がおがって、昔どおりの耳切モヒカンが丘に戻っている!



どうやって、この広大な土地に牧草を植えていったのだろうね。



答えは駒木への降り口のマイオキニポイントにありました。

c0337257_12302448.jpg

まさに工事中という感じの一角がありました。



c0337257_12302555.jpg



この妙ちくりんなアタッチメントで地面をが~~っとほじくり返し



c0337257_12302506.jpg



奥のトラクターで肥料を、びゃ~~~~っと捲いて
手前のトラクターで、しゃ~~~~っと地ならしして
その後、牧草の種をばら~~~~っと蒔いていくのですね。



c0337257_12302579.jpg



ここから見る六角牛山が大好きです。
午後、上昇気流が発生すると、松林の向こうに大きな猛禽類が気持ち良さげに舞い上がります。



場所を変えれば、白望山の山落葉沢とか、遠野物語の聖地、山口集落を俯瞰することが出来ます。



やはり、耳切山は素晴らしい。
あとは牛たちが戻ってくれば、言うことないです。
牛が居ないと、アブどもが、ここぞとばかりにイタイケな山猫に襲いかかり
たちまち被弾4、撃墜2、街までお持ち帰り10数匹という笑えない結果に。
(誰ですか? 爆笑しているのは?)



足首の被弾個所は猛烈に腫れあがり、皮下出血、象の足と化して、
1週間ほど筆箱を踏んでもいいかな? と思っていました。(この部分イミフメイw)



by Wild_Cat_Seeker | 2013-08-24 10:11 | 遠野の山奥に | Comments(4)
Commented by ふじのこ at 2013-08-24 19:00 x
遠野のことはまだまだ知らない所が多いなぁと思いました。
というか、知っている所、行ったことのある所の方が少ないです。
やっぱりのんびりと行かないとダメですね~。
アブに攻撃された足は大丈夫ですか?遠野からの帰りの運転も大変だったのでは・・・?
私も今回チクリとされましたが大丈夫でした。
20数年前、遠野に行くまでアブという物を知らずにいました(^-^;

コンコルド・・・!!(゜ロ゜屮)屮  コと打ったらTVからコンコルド~人間~♪とCMがw(゜o゜)w
今でもやっていますよ~。相変わらず新しいCMになっても謎な内容です(^-^;


Commented by ゴンゲン at 2013-08-24 22:35 x
一つ行程が省かれております。
が~っとやった後に大きな石が出てくる場合がありますのでバックホーで石を掘り起こし取り除くか更に深く埋め戻すか 7月の大雨でも流されずに緑が回復なって来年はベゴが見られるようです

Commented by yamaneko at 2013-08-25 09:35 x
ふじのこ様

遠野市の面積は東京23区より大きく、シンガポールよりも大きく、
佐渡島よりちょっち小さいので、知らないところが多いのは
仕方ないですよん^^
ワタクシもまだまだまだ知らない処が多いですから。
遠野は時間に追われて滞在すると、何の変哲もない地方都市に見えちゃいますので、一日でもフリータイムを設けるべきですね~。
そして、観光ガイドに載っていないところに足を運ぶと新鮮な発見が・・・^^

アブの置き土産は1週間かかってやっと収まりました。
相変わらずの凶暴ぶりでした_|‾|○

コンコルド・・・今も続いているんですね~^^
静岡在住時は早く新作が出ないかワクワクしていました。
ええっと、パチンコ台ではなくCMが^^


Commented by yamaneko at 2013-08-25 09:38 x
ゴンゲン様

いまいち判らなかったので無視していましたが
あ、あのユンボにはそんな使命があったのですね。

そして、草原の真ん中に意味ありげに積まれて、
古代人の遺跡っぽくなるのですね^^

べごっこの復活が楽しみです。(アブ談w)



<< 夏遠野を回顧      七折ノ滝 >>