山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 25日

磯浜から松島まで

c0337257_12295332.jpg
以前なら、あの建物の向こう側を釣師浜から磯浜に向かって海岸沿いをものの5分で走り抜けたものだったが、今はまだ復興途上で通れない。
仕方なく、内陸側をあっちこっち迷いながら走りました。



c0337257_12295382.jpg



すったもんだした挙句、なんとか磯浜漁港近くまで来ましたが、ここでまた迂回_|‾|○



c0337257_12295392.jpg



それでもなんとか県道38号線、通称「ストロベリーロード」に出られました。
先を急いでも良かったのですが、ここまで来たら、あいつを拝んでいかないと・・・・



c0337257_12295337.jpg



漁港は復興途上。
海浜公園は驚くほどの変貌ぶりでした。



c0337257_12295330.jpg



崩れた煉瓦の向こうには砂浜が・・・・・



c0337257_12295385.jpg



いきなり怒濤が護岸にブチ当たっていた。



c0337257_12295342.jpg



やはり、地盤沈下をしているのだろう。



c0337257_12295395.jpg



少しの間、超人気スポットだったアレは大津波に流されることもなく定位置を動いていなかった。



c0337257_12295353.jpg



磯浜には小さからぬ集落があったのですが、今も復興の足掛かりすら見いだせない。



c0337257_12295306.jpg



ここからは県道38号線を使える。
この道は復興工事を支える生命線として大変重要な役割を担っている。
それだけに復旧も早かったし、整備もされているので、今までとは比較にならないほど走りやすい。
かつてのようにアクセルを踏み込みたいが、



c0337257_12295389.jpg



がれきに居付いた菜の花



c0337257_12295320.jpg



ひしゃげた骨組だけの看板が、ワタクシを思いとどまらせる。



走りに来たんじゃない。忘れないために来たんだ。



この頭上、7mまで海だった事実を忘れないために・・・・・



c0337257_12295333.jpg



道路が内陸に向うにつれ、津波の痕跡が消えていく。
相馬の市街地以降、久しぶりのコンビニで朝飯を食べた^^



c0337257_12295476.jpg



道は県道10号に変わって北を目指す。
津波に襲われた土地、何を逃れた土地が交互に現れる。



c0337257_12295495.jpg



ここは仙台空港の海側
あの日、帰宅困難者となり会社で夜明かししながらネットで何度も目にした空港を襲う津波の映像。沿岸にいらしゃった方たちのことが心配で心配で、とにかく情報を集めまくった。
大手民放はセンセーショナルな映像をこれでもかと流すだけで、一番欲しい安否情報に乏しかった。結局、見知りの方々のご無事情報はネットから推測したり、ぶろぐ仲間の生情報から得た次第。



c0337257_12295439.jpg



北へ北へと快適に走り続けたが、塩釜で国道45号線に入ってから、どうも雲行きが怪しくなってきて・・・・・



c0337257_12295441.jpg



海沿いの国道はピクリとも動かない渋滞に・・・・・・
なんでやねん? あ、そーか! ここは松島だ、こりゃまた松島だ!あ~松島だ!
ゴールデンウィークの松島なんざ、クルマで近づくべき場所じゃないね。



ということで、三陸道に逃げましたとさ。









なかなかブログ更新できなくてスミマセン。。。



とぉにかぁく~じかんが~たぁりな~い♪ なのですわい。



by Wild_Cat_Seeker | 2013-05-25 01:28 | ひたかみ縦貫道 | Comments(10)
Commented by とーほくの湘南人 at 2013-05-25 08:42 x
おはようございます。

一部悪路難路の走行、お疲れ様でした!
磯浜漁港西の高台の東屋辺り迄津波が押し寄せた痕跡が
あり、ここの集落もひとたまりもなかったと想像しました。

そこから北、学校からの道路にホッとしたかと思います。
その辺りにも悲劇の舞台があり、震災間もなく通って
みて、普段感じない悪寒が走りました。
この話は機会があればいつか・・・

空港傍も通ったんですね~空港はだいぶ整備されてますが
周囲は殆ど手がつけられてない状態です。
いずれ、貴重な行程でしたね。

Commented by 笛吹 at 2013-05-25 22:53 x
どこまで行っても、同じような景色のままですね。
山が見える盆地で暮らしていると、周囲に山並みが見えないと不安になりますが、何もないと尚更です。

南下してみたいと思っても、イケイケワゴンではガソリンスタンドの有無が気になり、「出がらげ」してしまいます。

Commented by nooree at 2013-05-26 01:08 x
こんばんは^^
時間が無いようですね・・・離れていても実感します(・・;)
北を目指す写真・・好い雲来てましたね^^
松島は・・・待つ始末・・・ですね(~_~;)

Commented by 24地割 at 2013-05-26 06:06 x
おはようございます。昨夜書き込もうとしたのですが…
睡魔に勝てず朝コメとなりました(w
県道10号線、NT川からNN川のコースはほぼ一直線。
燃費が良いコースです(w 

SUSタンクの車両の後に着いちゃったりすると前方の空に
加えサイドから後方の空まで展望でき、白い雲が美しいと…

そう感じるのですが、2年前の夏からようやく通れるように
なった頃は心が折れそうになってしまうコースでもありました。



Commented by yamaneko at 2013-05-26 19:29 x
とーほくの湘南人様

浜通りに約3年ぶりリターンズでした。
去年の5月に嵐の中、新地を訪れましたが、
少しずつ少しずつ整理されているなぁ、という感想です。

去年の悪天候下の山下町の被災地ではワタクシも
居たたまれないくらいの怖気を感じました。
此処から去れ! というように、ドカンドカンと海に落雷していました。

被災地を見続けるのは正直シンドイです。
気が滅入りますから・・・・

それでも、忘れそうな・・すでに忘れている人々に警鐘を鳴らすため
情報を発信しなければ、と思います。

Commented by yamaneko at 2013-05-26 19:42 x
笛吹様

2年3カ月前に、どんな風景だったか知っているだけに
いまだにな~んにもない風景は心を痛めます。

ガソリンは大丈夫ですよ。
気仙沼のバイパス沿いにありますし、陸前高田にもスタンドがありましたから。ワタクシもありがたく給油させて戴きました^^

Commented by 野の草花 at 2013-05-26 20:05 x
あの年、3月20日に東京を出発。行は東北自動車道で何度も大きな余震に会いながら
ガソリンは紫波で満タンにして、帰りも紫波で満タンにして。

20リッターのガソリンタンクをタンクを2つ持っていきましたが、遠野の親戚2軒の車に。
まだ、ガソリン不足でお役に立てたみたいです。

帰りは、山猫さんと同じルート?
反対に帰りました。

昼は無残な景色ばかり。
夜にたどり着いた場所は、どこもかしこも放射能で規制された区域で抜け出せず迷路に入ったみたいでした。

あの頃走った景色とあまり変わっていないんですね・・・




Commented by yamaneko at 2013-05-26 20:20 x
nooree様

550キロ離れていても時間の無さが感じられますか?^^

雲・・・・実は、この絵はコントラストを後からいじりました。

実際は白跳佐助でしたw

松島や あ~松島や 松島や

オセロの片割れではないですよ(笑)

Commented by yamaneko at 2013-05-26 21:51 x
24地割様

時間帯にも依ると思いますが、午前中の県道10号は

走りやすい!!!www

2年経っても荒れ地状態の土地でした。

直後を知らないワタクシ

2年以上経ってからノコノコ出てくるワタクシはズルいですね。

Commented by yamaneko at 2013-05-26 21:53 x
野の草花様

そうなんですね。
がれきが片付いただけで、
今も2年前のそう大差ないのでしょう。

ガソリン持って親戚エイドですか!
その行動力に脱毛・・・いや脱帽! どぇす



<< 河口へ      新地駅にて >>