山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 02月 21日

外角高めの直球 Ⅸ 1981年

高校時代は洋楽通のツワモノや、すでにライブハウスでセミプロのギタリストとして活動しているミョージシャンに感化されて、素直にイイ曲を「イイ!」と言えない雰囲気がありましたね。


「え、なに? おまえ、こんなのが好みなの?」
「だっせー!」
ヒットチャートの上位にいる曲にだって手厳しい連中でした。
「これは金で順位を買っているに過ぎない。」
「おまえ、ミーハーだな。」(これは当時、人格否定に等しい糾弾の言)


1981年が直球ど真ん中に乏しかった理由はそこにあると判る。
今振り返ると、いい曲があるのですがね。


Bette Davis Eyes (Kim Carnes)
Endless Love  (Diana Ross & Lionel Richie)
Starting Over  (John Lennon) 前年末の訃報を聞いた瞬間は今でも覚えています・・・
Morning Train (Nine To Five)  (Sheena Easton)
Queen Of Hearts  (Juice Newton)
Just The Two Of Us (Grover Washington jr.)
Slow Hand  (Pointer Sisters) 自分の中ではこの曲がイチバン!
Woman (John Lennon)
Medley  (Stars On 45) 耳に残っちまったんだから仕方ない!w
Hearts  (Marty Balin)
Who's Crying Now  (Journey)
De Do Do Do, De Da Da  (Police)
Don't Stand So Close To Me (Police)


人と同じものを後生大事にイイものとして残すことに罪悪感を感じるようになってしまった原点はこの年にあったような気がします。

そんなワタクシが「どーだ! お前ら、ここまで付いてはこれまい!」
と発掘した外角高めの2曲


事実、誰からも相手にされませんでした。_|‾|○
でも、ワタクシの海馬にはしっかりと刻み込まれ、30年消えることはありませんでした。
究極の外角高めの剛速球ですw





Armagideon Time (The Clash )




Icehouse (Icehouse)


アメリカデビューの際にデビューアルバムのタイトルをバンド名にしてしまった変わり種です。

by Wild_Cat_Seeker | 2012-02-21 23:52 | My favorite songs | Comments(4)
Commented by nooree at 2012-02-22 10:50 x
>ヒットチャートの上位にいる曲にだって手厳しい・・・そ~いう人達いましたね~^^;
多数の人に指示されてるから上位なわけで・・・自分好みじゃないを批判する人ね~。
僕も音楽カジリましたが山本譲二からボサノバ,R&R,R&B,レゲイ等色々聴きました(^^)/
好いものはいい・・・としか言えませんけどね^^;
あの頃の僕の中のギターの神様は布袋さんでした^^
歌の神様は吉田美和さんでした^^
ボケは・・・忘れてきました(笑)


Commented by yamaneko at 2012-02-23 00:07 x
nooree様

どこにボケがあるのかな~???
と探してしまう罪をお許しください。

でも当時の洋楽通たちには、いろいろなジャンルの曲、逸話、曲げられないポリシーなど、ワタクシの洋楽ライフに活を入れてくれた面もあり、感謝しているのですよ~。

アタクシが最初に唄った歌謡曲は、千昌夫の星影のワルツらしく、初めてコピーしたギターソロはピーター・フランプトンのShow me the wayで、初めてボケたのは・・・・・忘れましたwww


Commented by romi at 2012-02-23 22:14 x
いい曲を思い出させてくださいました。
感謝感謝。
しかしヨウツベはありがたいですね~^^v
おもわずボブの曲までフューチャーしてしまった。

Commented by yamaneko at 2012-02-23 23:20 x
romi様

を! Just the two of us が大当たりでしたか!
んでBOZへ想いが飛んだのですね。AOLと呼ばれるジャンルの草分けですよね。アタクシはHard timesもオキニです。

しばし30年前にタイムスリップ!



<< 追憶の遠野雪      鉄道成り難し >>