山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 07月 12日

小国川紀行3

昨年の11月に途中まで辿った小国川沿いの道。
小国川紀行1
小国川紀行2
今回は大仁田から下ってみましょう。



c0337257_12095284.jpg

これは上流を向いたアングルです。
遠方の山はオーヅ岳と思われます。
荒川高原への分岐の標識。この分岐、上流から下りて来るほうには標識がありません。
余程注意していないと通り越します。



c0337257_12095286.jpg

古い石塔群・・・・・その背後の山・・・・何と名付けようか??
一本松山、波平山(!)、ちょんちょこりん山(?)



c0337257_12095225.jpg

橋フェチにはたまらない木橋。(ワタクシは違いますよ)



c0337257_12095265.jpg

意外と橋台はしっかりしていたりする。



c0337257_12095215.jpg

またもや朽ちた大木と小さな社の組み合わせ。
社の中には大瀧神社の文字がありました。



c0337257_12095290.jpg

いろいろ面白いものがいっぱいありますが、夕暮れも近いことですし、先に進みましょう。



c0337257_12095291.jpg

見えてきたのは小黒集落。

ワタクシ本当にゆっくり走っていたのでしょうね。後ろにクルマの気配を感じて、道を譲ると抜かしていったのは
c0337257_12095269.jpg

村営バスでした。乗合バスに抜かれるほどの鈍足ぶりでした。(笑)



c0337257_12095232.jpg

関根集落が見えてきました。



c0337257_12095297.jpg

とろとろ走る「青い彗星号」に不審な視線を浴びせつつ軽トラが抜いていきます。(笑)



c0337257_12095254.jpg

桜野集落。
石碑群に水仙の花・・・・足りないのは桜の花だけでした。



c0337257_12095246.jpg

視界が開けてきました。 この辺りが小国の中心地だったのでしょう。
遠くに「ネコの耳」が見えます。(またかい!-笑-)



c0337257_12095257.jpg

そして新道へ合流。
時間に余裕があるときには是非、趣ある旧道を走ってみてください。













by Wild_Cat_Seeker | 2007-07-12 06:28 | 遠野の川 | Comments(6)
Commented by とらねこ at 2007-07-12 18:19 x
おっ・・・・おぐに!

一応、親戚が住む小国、しかも関根に桜野・・。

立丸トンネルが出来れば飛躍的に、その交流もさらに深まりそうですね。

Commented by 一如 at 2007-07-12 21:00 x
 おいらはいまんとこ人の縁はありませんが、こうして見る事になると、なじぇか何事かで縁が出来てしまう可能性があるのですなぁ。
 何の縁が待っているのかっ!!!

Commented by たま千代。 at 2007-07-12 23:02 x


改めて地図を見ると、なんかフシギだぁ。
国道340号線というメジャーな道があるのに、「新田」から入って「末角」へと抜けて再び国道と合流・・・・
何がそんなにキミを惹きつけたんだい?(ププ)

荒川方面に逃げる・・・・抜けると、大仁田を経て、アノ大き目の標識があるトコに出るんですね。
その区間はず~っとダート無しで桶と聞いています。
こりゃぁ、いずれ走ってみないとね~



Commented by yamaneko at 2007-07-13 00:03 x
とらねこ様

貴殿のご親族の方が住んでらっしゃることは風の噂で聞きました。
桜野の手前だったのすか・・・・

Commented by yamaneko at 2007-07-13 07:33 x
一如様
わーん! また寝オチしてもうた!

人の縁・・・・もしかしたら、今すれ違った人が桜野の方かも(笑)わざとらしくフリルのハンカチ落としたりして・・・
「姐さん、手拭いが落ちましたぜ。」
「手拭い???」 顔面パーンチ!

ま、これも人の縁・・・ナワケナカロー!


Commented by yamaneko at 2007-07-13 07:39 x
たま千代さま
昔はこちらが主要道だったようです。今の新道は金沢へ抜ける道だったような・・・・

ふるさと林道は全面舗装で
洗面器・・・・いや
樽・・・・・・いいや
あ、
桶です。(爆)



<< 雲の影      遠野第二ダム >>