山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 27日

宝領の証明

母さん、宝領の藤の木どうしたでせうね。
ええ、新田から林崎へいく道で左手の山裾に見えたアーモンド型の丘ですよ。



c0337257_12093932.jpg

母さん、此処はなかなか見つけられなかったですよ。
ぼくはあのときずいぶんくやしかった。



c0337257_12093943.jpg

タイトルを「~の証明」なんてしたもんで、なんか妙な世界に入っちまったようだ。(w

林崎のホウリョウで唯一未確認だった藤の木の存在ですが
c0337257_12093909.jpg

見事に咲いておりました。

鳥居と反対向きの社
赤い権現頭
藤の蔓

遠野物語に描かれた事が今も確認できる稀有な存在です。(拾遺123話)





by Wild_Cat_Seeker | 2007-06-27 06:40 | 遠野物語の地 | Comments(14)
Commented by てずから at 2007-06-27 07:10 x
いまだ見つけられず、随分くやしい思いを抱いているワタクシであります・・・・

Commented by 宝飯爺 at 2007-06-27 10:29 x
角川の当時の映画CMっていまだに記憶にありますね~横溝シリーズもそうですが・・
白い帽子が谷底にゆっくり滑空する映像をおもひ
出しましたよ~(懐)

Commented by 一如 at 2007-06-27 12:36 x
 ままぁ~~ どゅゆりめんば~  

 ホントの宝龍の証明を たれか た れ  か  ぁぁ


Commented by yamaneko at 2007-06-27 20:01 x
てずから様
もう、見つからない時はトコトン見つかりませんでした。
でも一度目に入ると、こんなに特徴的な構造物はありません。
R340をかっ飛ばしている限り見つからないでしょう。旧道に入りましょう。

Commented by yamaneko at 2007-06-27 20:05 x
宝飯爺様
「これだけは映画にしたくなかった。」
作者本人の逆説的コメントもCMに使われていましたね。確かに印象深いです。邦画が一瞬息を吹き返した時期ですね。

Commented by yamaneko at 2007-06-27 20:07 x
一如様
ホウリョウの証明は貴女とabout様に任せましたよ。通いの中年探偵団員としては荷が重いっすから。(笑)

Commented by タマ千代 at 2007-06-27 20:16 x
すんげっ。
マジで藤がおがっていたのね~
春先・夏にはワカランでした。
遠野物語拾遺で、なんとなく薄暗い森を想像していましたが、これも時代の流れと共に周囲の環境が変わったことも有り得ましょう。

「竜ノ森」(栃の木と鏃)もありそうな気がしてきましたねん。

ジャウヅカ森は分かりましたかん?

Commented by yamaneko at 2007-06-27 20:54 x
タマ千代様
昔はもっと木がイッパイあった気がします。
今の光景ですと、どちらかというと明るい雰囲気(笑)

竜ノ森、ジャウヅカ森・・・・未だ発見出来ず・・・・あこがれの(?)地です。

は・・・まさかタマどん・・・発見してるのすか?

Commented by のら at 2007-06-27 23:23 x
ヨカッタ
鳥居、踏ん張ってますね^^

Commented by about at 2007-06-28 00:27 x
お晩です。
役に立たない地元特派員は細々と継続調査中(笑)。
ここの後方は畑地となっていますが昔は林だったようなので。「林崎」という地名どうりの様子であったようです。切り開いて畑地にしたのでしょう。

>ジャウヅカ森
更にここの近辺に「じょうづか」っていうのがあるんですがそれのことなのかなぁ?「きょうづか」とも言うらしく昔の寺跡の近くにあってお経や何かを埋めたところらしいですよ。んでもって、「逆さ松」のところにも埋めたらしく…伝説なのかどうかはよくわからないのですが…。実際にお寺の何某さんが「掘らせてくれ」と地主さんに頼んだようですがあれだけ立派な松ですし、掘り起こしたら木が死んでしまうんじゃ?とのことで実現には至っていないようです。

Commented by yamaneko at 2007-06-28 06:12 x
のら様

>踏ん張ってますね^^

ツイストを踊りながら踏ん張っておりました(w

Commented by yamaneko at 2007-06-28 06:19 x
about様
早速のジャウヅカ情報ありがとうございます。
逆さ松とは旧道沿いのちょっとした丘の上にあるアレのことかなぁ・・・幻の寺院跡は舘跡と対になっているというアレのことですか?

な~んとなくおぼろげにあのあたりかな?という感じです。

今回のaboutさんのコメント、現代遠野物語みたいでいい感じですよ。

Commented by about at 2007-06-29 00:16 x
お晩です。
およそ、だいたいの場所はご存知のようですね。
一応、私が調査したときの日記ととらねこさんのところの「阿曾沼歴代墓所と鉦塚」を合わせてご参照下さい。

<a href="http://dp.tosp.co.jp/index.php?action=blog_view_entry&ocd=user&oid=197872&eno=1132&tno=8&page=2" rel="nofollow">http://dp.tosp.co.jp/index.php?action=blog_view_entry&ocd=user&oid=197872&eno=1132&tno=8&page=2</a>
<a href="http://dp.tosp.co.jp/index.php?action=blog_view_entry&ocd=user&oid=197872&eno=1138&tno=8&page=1" rel="nofollow">http://dp.tosp.co.jp/index.php?action=blog_view_entry&ocd=user&oid=197872&eno=1138&tno=8&page=1</a>
<a href="http://blog.goo.ne.jp/jengo2/s/%BE%E0%C4%CD" rel="nofollow">http://blog.goo.ne.jp/jengo2/s/%BE%E0%C4%CD</a>

Commented by yamaneko at 2007-06-29 07:15 x
about様

おお、調べ上げていらっしゃった!
これは失礼いたしました。

3区の区長さんが・・・のくだりで
どうしても区長さんの姿が、電柱にくくられているリアル案山子とダブってしまって、ぐふふ笑いを抑えられません。(りんごやさんごめんなさい。)



<< 中村のお堂2007初夏      虚空のスキャット >>