山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2020年 09月 26日

秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編

4連休も後半戦となった21日
さて今日は何をしようか・・・・ま、とりあえずいつもの散歩着(トレッキングスタイル)で
近所を歩きましょうかね・・・・
歩いているうちに、「そうだ、あそこに行ってみるか」と思うようになった。
あそことは三浦半島の南部にある小網代の森だ。

スマホの乗換案内は最も楽な経路をこうはじき出す。

国府台 ー(京成線)ー 京成高砂 - (京成線、都営浅草線、京急線) - 三崎口

しかし、ワタクシの脳内乗換案内がはじき出した経路は

国府台 -(京成線)- 日暮里 -(JR山手線) - 新宿 -(小田急線)ー 片瀬江ノ島
江ノ島 -(江ノ電)- 鎌倉 - (JR横須賀線)ー 逗子 -(京急バス乗り継ぎ)- 三崎口

である。なんとも時間的にも金銭的にも常識外れな経路である。

もうお判りでありましょう。すでに「ばかっ旅」モードに突入しているのです。

さらにこの日の「ばかっ旅」モードは本人にも制御不能な暴れっぷりでした。
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_10405133.jpg
おいおい、どこで降りてるん?
そう、小田急のロマンスカーで朝食を食べながら行こうと目論んでいたのですが
スマホの空席案内では直近2時間以内の座席はすべて埋まっていて
電車が高輪ゲートウェイ-品川間を走行中に計画は頓挫してしまったのでした。
で、五反田で発作的途中下車をしでかす。
変貌著しい東急線にあって昔ながらの郊外電車の面影を残す池上線に乗るのも一興かと思い・・・
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_10471715.jpg

ほほう、これは所謂一つのリバイバルカラーですな
でも一体どうやって江ノ島へ行く?
五反田-蒲田-川崎-藤沢-江ノ島
五反田-旗の台-自由が丘-横浜-藤沢-江ノ島
五反田-旗の台-大岡山-田園調布-横浜-鎌倉-江ノ島

乗ってから経路を自由に変えられるのはSuicaのおかげだ。
Suica以前なら経路を決めて切符を買い、そのとおりに行くのが当たり前だった。
もし経路を逸脱した場合、切符は無駄になり乗換駅で複雑な経路を説明して精算するという
煩雑な作業が必要でした。(大概の駅員さんは目から「この面倒な客光線」を発していたw)
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_11044957.jpg
で、なぜか中央林間で箱根蕎麦をたぐっていたワタクシ
どのような経路だったかは皆さんで想像してみてくださいまし
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_11062528.jpg
中央林間からはおとなしくw小田急線に乗り
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_11071325.jpg
竜宮城←<とっす! 片瀬江ノ島に到着したのでした。
ここから江ノ電の江ノ島駅までは細い路地を行くのですが
まるで原宿の猫道(キャットストリートともいうw)にような混雑ぶり
中にはマスクをあごにつけてるヤングエレファントの群れがいたりして
屋外とはいえ、ヤバイんでないかい?的状況でした。
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_11110810.jpg

半分無呼吸で江ノ島駅到着w
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_11114607.jpg
来た電車をスマホでパチリ
でパチリした電車に飛び乗るw
が! なんという混雑ぶりでせう?
またもや半分無呼吸で次の腰越で下車
江ノ島-腰越間は江ノ電随一の必見区間なので
徒歩で江ノ島駅に戻ることにします。
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_11153988.jpg
それは道路を電車が走る「併用軌道」
関東では都電荒川線とここだけだったような気がします。
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_11180025.jpg
電車が来ると、クルマは怖れをなして脇に退いて通過を待ちます。
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_11193359.jpg
ここは変則五差路になっているのですが、信号はおろか遮断器もなく、踏切の警報機と交通整理の方が2名いるだけ
クルマでこちらを訪れた方には稀有な体験であることは間違いないです。
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_11480992.jpg
超密状態の江ノ電で鎌倉へ向かいます。
コロナな方が近くにいたら間違いなく感染するなぁ・・・
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_11502832.jpg

渋滞する国道134号
すかすか状態は異常な光景だったので、ある意味日常が戻ってきているのだが・・・・
10月上旬に爆発的感染者増となりそうで怖い。。。
そうとなると、この密電(いや江ノ電やて)に乗り続けるのが苦痛になってきた。
鎌倉駅のごった返しも御免だ。ということで飛び降りたのは鎌倉のひとつ手前、和田塚でした。
降りてからどうする、という明確なビジョンはない。
何と言っても「ばかっ旅」なのだから。
鎌倉の名所旧跡を回るつもりは毛頭ない(現実頭皮も露わだがw)
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_11592275.jpg
で材木座の街をふらふら歩く吾あり
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12005553.jpg
材木座の町外れはすなわち海だ
沖に浮かぶのは和賀江島
鎌倉時代に築かれた人工島(埠頭)だったという
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12085995.jpg
鎌倉を出外れるとそこは逗子マリーナ
ワタクシ風情には、まぁ一生無縁な場所でしょうな(笑)

漠然と逗子駅まで歩こうかと、おばかな事を考え始めたが
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12113128.jpg

アップダウンの多さとシャリバテ(朝の箱根蕎麦以来何も食べず何も飲まず)で
小坪でバス待ちの列後を汚すw
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12141272.jpg
さらに逗子でバスを乗り継ぐ
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12145261.jpg
バスは相模湾沿いを南下していく
岬~めぐりの~バスは~走る~♪
いや、ホントのところあの名曲の舞台はここだったらすい!
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12162760.jpg
結構、密だった車内も、長者ケ崎で大半が下車
なにかイヴェントでもあったのかしらん?
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12185944.jpg
窓に~広がる~青い~ぃ海よ~♪

終点の長井というバス停では病院帰りの爺様と二人だけの下車でした。
さて、ここから三崎口まではバスを乗り継げば約10分なのですが
足が脳味噌に従ってくれないのです。勝手にふらふらと海の方へ歩き出すのです。
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12242473.jpg
親の眼を盗んで海にダイブする幼児の歓声
親友の悩みを聞く小学生
岸壁に立つ孤高のご婦人
吾もその寸景の一部と化す
低血糖でふらふらの中年オヤジ・・・・絵にならねーw
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12371621.jpg
海を離れて丘を登れば、そこは一面の耕作地
キャベツの植え付けが盛んに行われていました。
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12385437.jpg
丘を下ればそこは海
デイキャンプの人々多し
中には泳ぐ猛者もいました。案外海水温は高いのかもしれません。
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12395118.jpg
いつか溺れ死ぬであろう運命を背負ったワタクシは
ビーチコーミングや潮だまりでカニとたはむれたり
ワタクシなりに初秋の海を楽しみましたw
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12430943.jpg
さあ、三崎口まであと少し・・・・だけど、国道を歩かず隘路を行くと行き止まり多し
グルグルマップを駆使していけば、おそらく古道に行き当たる
家々の間を縫うように歩けば
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12452407.jpg
やがて視界が開ける
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12465081.jpg
広がる耕作地
その向こうの山並みは三浦半島の背骨 武山から大楠山への連なり
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12492834.jpg
振り返れば彼方に相模湾
そろそろ体力が尽きてきたようだ。
なにせ本日口にしたものは朝のコーヒー1杯、とろろそば、Coo1本だけなのだ!

「どこか適当な店で何か食べればいいのにばかじゃないの?」

はい、ばかっ旅ですからw お褒めに預かり光栄ですw

そもそも一人で外食をもそもそ食べるのが苦手・・・・
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_12562571.jpg
かくして三崎口から京急の人に。。。って何をするのですか?
三浦大根で後頭部を殴打しないでくださいよ!
え? なんですって? 目的地の小網代の森は行かないのか?って・・・
ねえ、あなたがた。一度御自身でとろろそば1食で一日歩いてごらんなさい。
目的に固執する愚かさを低血糖が教えてくれますからw
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_13031361.jpg
で、このまま京急で家に帰ったかというとそうじゃないところが
バカのバカたる所以w

久里浜で途中下車して、横須賀線の人となる
なぜ横須賀線かといえば、ほれ、グリーン車でぷちんプッハーをやるためですよ。

久里浜のNEWDAYS で男勝負の500缶を買いましたが
横須賀の駅に着くところで飲み干してしまひましてな・・・・

秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_13080875.jpg
逗子駅で途中下車! 
さすがに夕陽もあきれて「あっほー!」と叫びながら披露山の向うに沈んでいきました。
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_13075250.jpg
さらに神泡を補給しましたった(笑)
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_13133307.jpg

東京が近づくにつれ満ちてくる感覚・・・・・
それは旅愁か・・・・
いやいや空腹感だ!(笑)
ビールが食欲中枢に暖簾をかけてしまったようだ。
秋の4連休ばかっ旅のキロク 後編_c0337257_13164461.jpg
で地元で食う背脂ギトギト味噌らーめん
今日消費したカロリーを遥かに超えるカロリーを摂取する吾

「このひと、ホントにばかねぇ~」

ばかっ旅主催者冥利に尽きるお褒めの言葉
かくして4連休ばかっ旅は終劇となったのでした。


# by Wild_Cat_Seeker | 2020-09-26 13:38 | Comments(0)