山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 05月 22日

いざ言問はむ、宮古撮り

c0337257_00405816.jpg
宮古駅である。
昭和の時代では国鉄山田線の宮古駅であった。
c0337257_00410560.jpg
いまでは、その呼称・・・はなはだ心もとない。
c0337257_00412005.jpg
この春、山田線の宮古-釜石間は第3セクター三陸鉄道になった。
c0337257_00412479.jpg
宮古駅の停留線にJRの車両は見えない。
すべて三陸鉄道だ
c0337257_00411183.jpg
そこはかとなく人影が多い駅前
(あそこは行列必至のお寿司屋さんでねすか? 丼からはみ出まくりの海鮮丼で有名っす)

c0337257_00412984.jpg
腹が減っていないワタクシは再び駅の構内に見いる。
これを人はmore than a dangoという

そして、この日、追うべきテーマに辿り着いた。
c0337257_00413805.jpg
これがスタート号砲な絵
c0337257_00415054.jpg
じぇじぇじぇ・・・山猫さん、なにを決意してしまったん?


# by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-22 12:41 | 鉄の目 | Comments(0)
2019年 05月 21日

物見山でうさを晴らすw

遠野郷八幡宮で奉納される子供流鏑馬
開始は12:30 
あと2時間ある。
さて、可能な行動プランを出してくれ
ワタクシは相棒の「2代目青い彗星号」に命令した。

西風館の探索 か 物見山走破

ほほう、なるへそね(死語w)
これは直接選挙したら80%の得票率で物見山でしょう。

かつて初代青い彗星号も挑んだが、途中の急こう配ヘアピンカーブが
登り切れず途中撤退した黒歴史がありました!(国家最高機密です!)ウソウソ
c0337257_21193287.jpg
数少ないUターンポイント
ワタクシの中のビビルマンが脅しにかかるのだ。

この先、Uターンポイントがないかも知れないよ。
脱輪するかも知れないよ。
500m鬼バックするかも知れないよ。

ええい! 行くのぢゃ!
頂上には某機関の施設があるのだから、クルマで行けるはずだ!
c0337257_06104470.jpg
途中、初代が撤退した急こう配ヘアピンカーブを超低速走法でクリアし、ここが最後の難関か?
泥濘の坂道!
ハンドル取られる取られる!
スタックしたらアウトだなぁ。。とここも超低速走法で乗り切った!

その後も腹を擦ること数回で、ついに・・・
c0337257_06141265.jpg
第一建造物、発見!
c0337257_06153089.jpg
第2建造物発見!
c0337257_06153881.jpg
第3建造物・・・もうええっちゅうの!w
とにかく、終点は近いってことだよ。
c0337257_06155116.jpg
そして、ここが最後のUターンポイント
林道は右の奥で途切れていました。
c0337257_06160725.jpg
そこにあったモノ
c0337257_06161019.jpg
赤い三等三角点
物見山登ったどー!(クルマでw)
c0337257_06161947.jpg
頂上は某機関や某会社のアンテナ施設が多数ありました。
c0337257_06162751.jpg
これもそうか?
c0337257_06163218.jpg
六角牛山の見え方が斬新だ!
c0337257_06163989.jpg
奥の山は五葉山かしらん?(おい、指!w)
c0337257_06164712.jpg
何か忘れ物をしたように感じたが、子供流鏑馬の時間が迫っており、下山開始!
c0337257_06165407.jpg
慎重に、慎重にな!
c0337257_06170456.jpg
早池峰山、木の間からチラチラ
c0337257_06170790.jpg
途中、視界が開ける
中央奥は白見山だぁね。
c0337257_06171765.jpg
天ケ森の奥に早池峰山
c0337257_06172213.jpg
廃林道の分岐でしたなぁ・・・
物見に適した場所・・・
とここで忘れ物に気づいた!
総入れ歯w 座敷親父様のブログで「ストーンサークル」のようなものがある
と書かれていたが、失念していたなぁ・・・
今から戻るか?

2代目青い彗星号がエンジンを震わして断固拒否したw

腹の排気筒の部分に枯れ枝噛んじゃってガラガラ引きずっているし
何の影響か、誤作動してトランク開いちゃうしw

撤収!




# by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-21 06:37 | ダーティファイト | Comments(3)
2019年 05月 19日

Spring ephemeral

Spring ephemeral(スプリング・エフェメラル)

春の一時期だけ姿を見せる花や虫を表す言葉です。

探しているのは「ヒメギフチョウ」というアゲハの仲間

関東近辺にも近い仲間はいますが・・・
初めて目にしたのはほんの数年前・・・遠野の地でした。
かつて記事をアップしましたが、とてもとても満足のいく絵ではなく

いつかしっかりした絵を撮ってやろうと・・・とある地で定着しているヤツを見つけて
足かけ二日に渡って、しつこく追い続けました。
その結果です。

c0337257_20445069.jpg
c0337257_20444457.jpg
以上!

あ、やめてくなさくぁwsedrftgyhujikolp;@:[

なにしろ、キャツら(たぶんオスだから)停まらないのですよ!
もう置きピンで狙うしかないでしょう。

100枚以上撮って見られる絵は2枚だけ、しかも要トリミング!

でも、キャツらを育む環境を保っている遠野は、やはり素晴らしい
と思う。



More

# by Wild_Cat_Seeker | 2019-05-19 21:02 | 遠野の虫たち | Comments(2)