2017年 01月 18日

冬の遠野三山

c0337257_23344062.jpg
六角牛山
c0337257_23344544.jpg
石上山(右奥)
c0337257_23344998.jpg
早池峯


ええ、想像ですよ。
でも、晴れたらこんな感じに見えるかもな、的な厳冬の遠野です。



# by Wild_Cat_Seeker | 2017-01-18 06:33 | 山岳展望 | Comments(0)
2017年 01月 17日

あるぴこ紀行

松本平に私鉄電車あり
名を松本電鉄上高地線と申す
かつて飛騨高山まで鉄路を通そうという壮大なる計画あり
壮大すぎて実現せずw
c0337257_14222493.jpg
経営危機に陥りつつも、新島々まで10キロちょっとをコトコト走り続けています。
現在の経営母体はアルピコ交通ですが
こういう路線は自治体の補助が無くなったら即廃線だから乗っておかないとね。
c0337257_14223358.jpg
萌えキャラ?
個人的には鉄と萌えを掛け合わせるのは反対なのだ。
あまりにもベタすぎてw
c0337257_14225017.jpg
しかし、きみ!
白塗り化粧して澄ましているが
きみの正体は井の頭線であろう!w
東急についで地方で再活用される率の高い京王であった。
c0337257_14225652.jpg
またか!
はいはいw

しかし、ここだけの話
この路線、若い女性客多かったなぁ
なんでだろう?
c0337257_14231733.jpg
松本平が尽きる頃になると
c0337257_14233711.jpg
乗客はワタクシ含め2名に・・・
c0337257_14241950.jpg
終点、新島々に到着
「しんしましま」と読みます。
ということはただの「しましま」があるのか?
c0337257_14240922.jpg
はい、正解です。
実はこの先に「島々駅」があったのですが、台風被害で廃線となってしまいました。
c0337257_14234732.jpg
大層立派な駅舎です。
ま、夏場は上高地や乗鞍への玄関口となるトランジットですからね。
さて、引き返しましょう。
ちょっと気になった光景を探しつつね。
c0337257_14243439.jpg
そう、これこれ!
c0337257_14244340.jpg
渋谷駅前に鎮座している電車と同じです。
東急5000系、通称「青カエル」
もちろん現役は退いていますが、まだ線路に乗っているのが素晴らしいですw
c0337257_14245940.jpg
そして、、もういっちょう。
古い古い電気機関車
銘板は外されていますが旧国鉄ED22と思われます。
なにやら電飾を施されていますが、
ああ、そうだった! 今日はクリスマスだった!(笑)
c0337257_14251797.jpg
車窓の北アルプスはバラ色に染まっていきます。
拡大してみましょう。
c0337257_15240520.jpg
左端は蓮華岳(2799m)

どうやら餓鬼岳(2647m)らしい_| ̄|○
c0337257_15235414.jpg
もう覚えましたね。
左から爺ヶ岳(2670m)、鹿島槍ヶ岳(2889m)
北アルプスの猫耳山ふたつ揃い踏みw
そして右端は五竜岳(2814m)
c0337257_15235939.jpg
白馬三山
白馬鑓ケ岳(2901m),杓子岳(2812m),白馬岳(2933m)
c0337257_14252249.jpg
そして忘れちゃいけない松本の人々イチ押しの山は
c0337257_15361433.jpg
常念岳(2857m)

松本電鉄上高地線は、なんとも贅沢な山岳展望路線ですよ!
往復1400円かかりましたが、元は取りましたな(笑)

いや~、余は満足じゃ!
さてカメラは仕舞おうかの・・・

とそのとき、誰かが脳内で叫んだ。
「やまねこ~、うしろ! うしろ~!」(ドリフかw)
c0337257_14253464.jpg
やや!あれは・・・
北にばかり気をとられていたが、
あれは、まごうかたなき「南アルプス」!
拡大してみましょうw
c0337257_16000878.jpg
いやはや、大満足だよ。
1400円では勿体ない。あと1000円払っても良いと思う(笑)

かくして甲信山岳展望ばかっ旅は、めでたく終了。。って
何をするんですか!
大王わさび農場産のわさびを鼻に突っ込まないでくださいよ!
え、なんですって?
鈍行で東京に帰るまでが旅ではないのかって?
ばか言っちゃいけませんよ。もう夜ですよ。「乗り鉄鬼十則」第二則を知らないのですか?
「汝夜乗るなかれ」ですよ。だいいちもう疲れちゃって鈍行乗る気力ないし・・・

つーことで
c0337257_16120716.jpg
スーパーあずさに乗って酒呑んでワープ! 
あ、なにをするくぁwせdrftgyふじこlp;@:「







# by Wild_Cat_Seeker | 2017-01-17 06:20 | 鉄の目 | Comments(0)
2017年 01月 16日

篠ノ井線紀行2

篠ノ井線紀行の続きです。
c0337257_13541126.jpg
列車の最後尾からの逆さま旅を続けましょう。
姨捨駅を出発!
善光寺平の展望も見えなくなり、山越えの隘路を進んでいきます。
c0337257_13543102.jpg
やや、あれは排煙装置ですね。蒸気機関車が走っていた当時の遺物です。
トンネル内に煙が充満しないように換気装置が取り付けられていたそうです。
c0337257_13544342.jpg
聖高原で特急に抜かれます。
c0337257_13550103.jpg
ついでに特急と列車交換
このようにして停車時間が多いので、篠ノ井線鈍行の旅は距離の割に時間がかかります。

展望もないので、収束していく線路をぼ~っと眺めていると、
いきなり、どーん! ときました。
c0337257_14091471.jpg
どーん!w
まるでヒマラヤ山脈! ここはネパールか? ちと大袈裟かw
拡大してみましょう。
c0337257_14094599.jpg
佐久平からも見えていましたが、間近で見ると流石にド迫力です。
c0337257_14140366.jpg
篠ノ井線は標高を落として松本平へ
c0337257_14143264.jpg
先程、どーん!w ときた峰々がすっきりと見えています。
まったくもって贅沢な展望路線です。
いつまでも見飽きないです。
c0337257_14144703.jpg
え? 見飽きました?w
そろそろ、篠ノ井線さかさま旅も終了です。
あと数分で終点、松本駅です。





# by Wild_Cat_Seeker | 2017-01-16 06:00 | 鉄の目 | Comments(0)