山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 09日

山陰ばかっ旅 明治維新の特異点

c0337257_23054047.jpg
途中下車したのは萩市の中心駅である「東萩駅」
他に「萩駅」がありますが、栄えているのはこちらになります。

ここに降り立った理由は唯ひとつ!
奇跡の革命と呼ばれる「明治維新」の歴史を体感するためです。

この小さな港町(城下町)からインフレーションしたエナジーを探りに行きましょう(徒歩でw)
c0337257_23063781.jpg
いきなり現れた謎の遺跡
これは鋳造所。つまり大砲なんかを作っていた現場です。
c0337257_23062983.jpg
程なくして、最初にして最大の維新ポイントです。
c0337257_23072414.jpg
松下村塾
c0337257_23075422.jpg
一人の男の思想から明治維新は始まった。
と言いきってもいいかもしれません。
その教えを受けた人材が、ある者は開闢途中で斃れ
ある者は偉業を成し遂げた。

ここが明治維新というビッグバンの中心だったのは
間違いないですね。

それでは、近所ですので、そのうちの一人の生家を訪ねましょう。
c0337257_23082253.jpg
日露戦争当時の総理大臣
というよりも、千円札の肖像で馴染み深い(昭和世代のみw)
伊藤博文
c0337257_23081218.jpg
確か、足軽格の家でしたか・・・・
他の藩だったなら、埋もれてしまっていた人材。
c0337257_23083840.jpg
維新前夜の長州藩は幕府の弾圧を受けて
なりふり構わぬ改革路線をひた走り
江戸時代の中枢だった身分制度をいち早く破壊した。
だからこそ伊藤博文も世に出ることができた。
c0337257_23085075.jpg
では、旧市街へと「歩いて」いきましょうかねw


# by Wild_Cat_Seeker | 2017-08-09 23:47 | 旅行・地域 | Comments(0)
2017年 08月 08日

山陰ばかっ旅 西島根路 Part3

c0337257_22353452.jpg
江津駅早朝・・・・・
c0337257_22354466.jpg
プラットフォームすべてに列車が止まっていて、さぁより取り見取り!w
ど・れ・に・の・ろ・う・か・な・?
c0337257_22355238.jpg
個人的には、これに激しく引かれました。
c0337257_22373147.jpg
これは三江線の始発列車。
というのも、この路線、近未来に廃止になることが決定しているからでした。

しかし、現実は厳しい!
これに乗ると、山の中の小都市で野宿するハメになることが規定事項だったので
泣く泣く山陰本線で西を目指す。
c0337257_22381752.jpg
列車はほぼ貸し切り状態で発車し、頻繁に列車交換を行いながら、通勤通学の乗客を拾っていく。
c0337257_22380954.jpg
益田で乗継
朝飯を食べていないワタクシを駅併設の7-11が救ってくれましたw
c0337257_22382461.jpg
益田から西には単行のキハ40で向うが、乗客がワタクシともう一人とは、どうしたことだ?
c0337257_22382919.jpg
益田の駅の、この佇まいを記録しておこう。
日本全国から、このような駅が、驚くべき速度で失われているから。
c0337257_22383803.jpg
グルーミーな山陰海岸
意外と気にいったw
c0337257_22384538.jpg
オリジナリティに満ちた鄙びた駅
できれば、ずっと乗っていたいが・・・・
c0337257_22383412.jpg
でも、切符は次の駅で降りることを要求している。
c0337257_22385053.jpg
よかろう。
尻が痛くなってきたし、明治維新を復習しに行こうか。


# by Wild_Cat_Seeker | 2017-08-08 00:22 | 旅行・地域 | Comments(0)
2017年 08月 05日

山陰ばかっ旅 西島根路 Part2

c0337257_14192552.jpg
灼熱玉汗の石見銀山ツアーから再び大田市駅に舞い戻ったワタクシ
列車を待つ間、燃料(麦汁w)を補給しました。w
c0337257_14321606.jpg
観光客の大半は同時刻発車の特急にのって東へ西へw
c0337257_14341656.jpg
ばかっ旅遂行中のワタクシは、ひたすら鈍行列車を待ちます。
c0337257_14342371.jpg
待ち過ぎて色彩を失った頃、西に向う列車がごとごとがらがらとやって参りました。
行けるところまでいきましょう。
c0337257_14345046.jpg
観光客の大半は、此処、温泉津温泉で宿をとるようですが、ワタクシはもう一踏ん張りします。
第一、温泉旅館はピンの客を泊める風習がないですから・・・
c0337257_14345718.jpg
色彩が戻りそうで戻らない西島根の午後遅く・・・・
c0337257_14350780.jpg
山陰の大河、江ノ川を渡ると本日の宿泊地です。
c0337257_14351327.jpg
江津に到着
ツカレハテマシタ・・・・



# by Wild_Cat_Seeker | 2017-08-05 06:17 | 旅行・地域 | Comments(0)