山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 05月 14日

貞任高原~今昔

9年前 昔と同じアングルで撮ってみました。
まずは片羽山の今昔。



c0337257_12053828.jpg
2006年5月4日



c0337257_12053833.jpg
1997年8月17日
2002年5月4日

続きまして六角牛山の今昔。



c0337257_12053836.jpg
2006年5月4日



c0337257_12053941.jpg
1997年8月17日
2002年5月4日
片羽山の今にネタ元が映りこんでいるが・・・まあ、そんなに変化はないよね。しかし貞任山は・・・・



c0337257_12053934.jpg
2006年5月4日
ぉおっふ! ぶんぶん回っております。
以上、貞任高原今昔物語でした。



c0337257_12053913.jpg
早池峰です。9年前は曇天で見えませんでした。



c0337257_12053926.jpg
こちらはオーヅ岳。気になる山です。



c0337257_12053994.jpg
しかし青空の下、気持ちよさげにぶんぶん回っております。



# by Wild_Cat_Seeker | 2006-05-14 06:16 | 遠野の山奥に | Comments(4)
2006年 05月 13日

死助の山

50話でカッコ花あり、と語られた山です。
現在は権現山と呼ばれる標高970mの山です。



c0337257_12053844.jpg
界木峠から見た権現山。
ここに登ってみよう、などと考える。実は頂上直下に林道が走っており、標高差50m、距離にして300mくらいで頂上に達してしまう。(あ、もちろん登山道などという便利なものはありません)



林道の最高点にクルマを止めて人間から山猫に変身(?)していると軽トラックが通りかかる。おじいさんとおじさんの二人組。
おじさんとの会話。
「山菜採りかね?」「いえいえ権現山に登るだけ」「熊でるぞぉ!」「ははは」
「&%$#はぁ◇▲+@だぁ」残念!おじいさんとの会話は不成立でした。

さて準備OK。半徹夜で体がふらつくが、強引にヤブの薄いところを登っていく。
すぐに牧場境界の鉄条網(かなり古い)にぶつかり、それに沿って登っていく。



c0337257_12053830.jpg
急に石が現れる。(謎)



c0337257_12053802.jpg
急にフェンスに囲まれた何かの施設跡が現れる。ここまでは比較的楽なヤブでしたが、この上は最悪の潅木帯となりました。



c0337257_12053812.jpg
前方を鹿の群れが横切ったり、なかなかワイルドな山です。



c0337257_12053800.jpg
境界を示す石?



c0337257_12053803.jpg
道標? 三角点はさらにこの先のようですが、う~ん体調悪い!
引き返すことに・・・・



c0337257_12053832.jpg
途中にあった敷石のような石。あきらかに人の手が加えられており、もしやこれが死助権現の社跡かな? 確信はありませんが・・・・



c0337257_12053870.jpg
遠く土淵(汗汗!!遠野市街ですね)のあたりを望む。さらに向こうには白銀の山々。真昼山地か和賀岳でしょうか?

時間にして50分ほどの山歩きでしたが、時間以上に長く感じましたよ。



# by Wild_Cat_Seeker | 2006-05-13 07:00 | 遠野の山奥に | Comments(5)
2006年 05月 12日

笛吹峠独り占め

釜石遠野線の崩壊で、普通なら来られない場所。
しかし、山猫は笛吹峠を目指す。



c0337257_12053705.jpg
この分岐を右に曲がることが出来たら、あなたはすでにダーティファイター(未舗装道路と格闘する人の意)。



c0337257_12053784.jpg
残雪とばっけと土ぼこりと・・・



c0337257_12053762.jpg
悲しいです!



c0337257_12053749.jpg
県道に出る直前、除雪の残土が通せんぼして、クルマでは笛吹峠には出られませんでした。



c0337257_12053731.jpg
笛吹峠を独り占め!
寝転がろうが逆立ちしようが自由です。(笑)



c0337257_12053743.jpg
2006年5月4日午前9:02



c0337257_12053861.jpg
遠野土木センターさんのライブカメラを逆ライブ!(笑)



c0337257_12053853.jpg
林道の高所からは裏六角牛が雄大です。さすがに北面は残雪べったりですね。



# by Wild_Cat_Seeker | 2006-05-12 06:00 | 遠野の山奥に | Comments(4)