山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 09月 14日

手術

 本当に寝られませんでした。ワタクシ本当に小心者です。まぁ確かに、早いところ社会復帰したい一心で早めの手術を希望しましたが、昨日の今日なんて、想定外ですわ。気胸の手術なんてちゃちゃいのちゃいで終わっちゃうよ。と昨晩ヤングな医者2名は言っていましたが、その割にはいろいろとワタクシメ書類にサインしましたよねぇ・・・・・あれはどういうわけでしょう? 内視鏡手術ってやはり『うまへた』があるやと聞きかじっておりますよ。だいたい、夕方の手術なのに朝から絶食ってなんですかっっ! どん!(と机を叩く) 無味乾燥した日常の中で唯一オアシス的時間。それが食事なのに・・・・・昼なんか絶食札かかっているのに看護助手のおばちゃん食事持ってくるんだもん! 思わず食べちまおう、なんて邪まな思いにかられましたよ。箸に手を伸ばそうとしたワタクシメでしたが、看護助手さん気付いてしまいました。
「あっら~、今日手術なのね。絶食だわ。ごめんね~ほほほほほほ。」
と遠ざかるドップラー効果。ああ、午後は水もだめなのですか? 地獄です。仕方ないのでワタクシメ『ポチ』の散歩をかねて、売店にT字帯を買いに行きましたよ。ひらたく言えば[ふんどし]でんがな。長めのトイレタイムをしたあと病室に帰ると、看護婦さんが探しておいででした。
「山猫さん、逃げちゃったかと思いましたよ~。」
ってキミ。ワタクシそこまでヘタレではありませんぞ! 確かにさっきまでウンコ垂れていましたが、で何用ですの? おおっ、手術着ではあーりませんか? 病室で着てしまうんですね。もしやT字帯も? 「それは術後に着けますから持って行ってくださいね。」 アイアイサー! 
いよいよ盛り上がってまいりましたね~~~・・・・・・・と空元気。
 予定では15:00から麻酔開始のはずなのに・・・・手術着でスタンバイしているのに、なかなかお呼びかかりませんねぇ。前の方が押しているのですか? まさか、術中急変で・・・!!暇もてあましですよ。談話室に本を返したことを後悔しました。あまりに暇だったので、愛しのRちゃんにケータイで遺言送ったですよ。ほんの軽いブラックジョークだったんですが、笑えません! しっかりがんばってらっしゃい。と返信してきました。
巡回の看護婦は「まだ来ない? 申し訳ないわね。緊張させちゃって」



16:00 ようやくと移動開始ですよ。車椅子に乗り6階手術棟に。
ドアを何個かくぐり、そこが車椅子の限界地点、いやいや雑菌まみれの下界の不純物の越えられない壁ですわ。ワタクシメ世間の垢にまみれていますから。
なんというか、扉が上に開き、カウンター越しに手術室のスタッフが居ましてな、そのカウンターに手術着以外脱いで横たわれというのですわ。おやおや、いきなり横たわったプレートが動いてワタクシメ、薄汚れた下界から純真無垢な手術室に入りましたですよ。そこからはストレッチャーで移動です。ベンケーシーのオープニングの気分を味わい手術室に。
おおっ広いですねぇ! なんか手術台がいっぱいありますよ。だれか最中の人はいるのかな? なわけないか。 家賃どれくらい取るんでしょうか? あ、軽いジョークです。はい、小心者ですから緊張をほぐそうと必死なんです。はい。



 いよいよ手術台に乗り換えです。以外と硬いですな。しかも肌寒い。でもBGMはクラッシックなんですね。ワタクシの緊張をほぐすためでしたら、『ヴァンヘイレン』『スティーリーダン』を聴かせておくんなまし。まわりを見回すと麻酔医の他は看護婦さんが3人だけ。顔の半分はマスクですから、なんなんですが、いやはや美形でございますなぁ。万が一のことがあったら、最後に見た異性が美形ですとこりゃ成仏できますな。これがあき○城とか○木数子とか泉○んこなんかだったら、確実に迷いますな。化けて出ますな。うん、この病院の措置は正しい!
  いよいよ麻酔でっす。
「それじゃ、いきましょうかね。」
麻酔科の兄ちゃん気持ちをリラックスさせるつもりだろうが軽すぎです! 不安をあおります。この不安は的中しました
「おや、あれ、おお、ううむ・・・」

疑問符的うめき発しながらワタクシメの手首動脈に針を刺しては抜き刺しては抜き・・・・おおい?(怒)
結局、動脈シャント13回もやり直しやがった。縁起悪いったらありゃしねぇ!(やはり江戸前) ようやくと動脈シャントが成功したが、なんか今度は麻酔液の注入ゲージに異常ありらしいです。麻酔医のにーちゃん、傍らの看護婦に「これ、どーなってんの?」なんて聞いています。 おお~い! あんたが大将でしょ?
おいおい、また最初からやり直しかい? またプスプス刺しまくるのかい? いやだよ、もう動脈は静脈と違って痛いんだよ。なんでか知らないけどそうだんだよ。
勘弁してよー!
祈る気持ちでいると、どうやらゲージが動いたらしいです。
スタンバイオーケーで麻酔の注入が始まりました。手首がじわ~んとしましたよ。で、ワタクシの口元には酸素吸入マスクが・・・・
「はい、大きく吸って」
すーっ・・・
「山猫さん、返事できますか?」「はーい」「はい、じゃあもう一回、大きく吸ってー。」すーっ・・・「山猫さん?」「は~い」「大きく吸って!」
だいたいわかってきましたぞ。どこで意識なくなるか確認してるんですな。よーし、お笑いパラノイアのワタクシメの闘争心に火をつけましたね。なんかギャグをとばしたろ。と思いましたが4回目の問いかけに応えることは出来ませんでした。
ワタクシメは左の脳が溶けて流れる感覚を味わい機能停止・・・・



・・・・・なんか、ごろごろと動いているな~。ああ、病室に移動しているんだな。



「・・・かりますか? 山猫さん? わかりますか? 無事終わりましたよ・・・」



手術終了し、麻酔が完全に覚めたのが23:00頃とのこと。それ以前にも目覚めてはいたのですが情けないくらいに断片的記憶しかありません。



尿意の津波。
全世界の見積書が頭になだれ込んでくる悪夢。
閻魔様だか裁判長だか知らんが足をもみながら一個一個確かめるんだ。
「これはお前の作った見積か?」



多分、目覚めての第一声は
「小便漏れちゃう!」



目は見えているのですが、デティールを記憶することは出来ない。わかりますかね? この感覚。今いるのはなんか手術室の横の控え室なのかなと思っていました。
完全に意識が戻ったのは看護婦さんに氷のかけらを口に入れてもらった瞬間でした。旨かったぁ~。
そして麻酔が抜けると同時に来ましたよ~。傷の痛みではなく背中のだるさですよ。入院してからこっちずっと続いていた痛みですわ。午前3時すぎ、耐えられずナースコールをしたですよ。前回入院から数えても初のナースコールでした。勧めに従い、座薬の痛み止めを注入。もう、恥も外聞もありません。ワタクシメ今は思考力ゼロ、戦闘力ゼロ、機動力ゼロ。たゆたう如き頼りなさ。ですもの。

座薬が効いてきました。



少し寝させてください。



# by Wild_Cat_Seeker | 2005-09-14 04:10 | 厄年入院日記(き、気胸なり!) | Comments(0)
2005年 09月 13日

転科決定

 朝の回診で初めて見るH医師登場。かわいいISAちゃんがその後ろに目立たないように控えており、看護婦2名、あの小生意気と美人M女王様。
おおーっっ!朝からオールスターキャストじゃないですか。ワタクシメ如きのために呼吸器内科病棟総力を挙げての診察でございますか? その割には元気のないISAちゃん。H医師はカルテを一瞥するといきなり宣言なさいました。
「陰圧5日間か。内科的には限界だな。このまま陰圧かけても漏れは収まらないと判断します。外科で患部を切除して縫いましょう。」
まあ、ひらたく言えば呼吸器内科ではスプーン投との診断。ISAちゃん暗いわけですね。自分のした処置がすべて無に帰したわけですから。
呼吸器外科へ転科決定です。
さようなら、ISAセンセ。M女王様(涙)。



ワタクシ少し、暗くなったんでしょうね。
小生意気さんが精一杯のやさしさでワタクシメの髪をなでつけて
「シャンプーしましょうかね」と言ってくれた。
あ、なんてやさしい人だ。いままでつんけん小生意気でしょうもないと思っていましたが、あなた様も天使だったのですね。誤解してごめんなさい。
と思ったら、廊下に出た瞬間、通りかかった下っ端看護婦を呼びとめ
「856室の山猫さんをシャンプーして!」と丸投しているぢゃないですか!
あんたって人は!!



 でもその下っ端Sさんはやさしくシャンプーしてくれましたよ。美容室、床屋でプロがどういうふうに洗っているのか見て勉強したんですって。えらいねえ。
すっきりしたところへISAちゃん登場。さすがに颯爽とはいきませんでしたね。
「山猫さん。ごめんなさい。力不足で・・・・・」と本当に申し訳なさそうです。ワタクシメは妄想の中で、ISAちゃんを抱きしめ優しくささやいたものです。
「きみが悪いんじゃない。これも運命さ。」
でも、ふと気になりましたので訊いてみました。
「穴が大きすぎたのですか?」
「そうかも知れないし、複数の穴があるのかも・・・CTの様子から判断すると・・・」
ワタクシメ核心の質問をしました。
「ワタクシメの肺はそんなにひどいのですか? どんな感じなのですか?」
ISAちゃんは一層眉をしかめ、ただ一言、「ぼこぼこ・・・・
解説すると肺胞がメルトダウンした空洞が複数存在し、弱くなった胸膜が風船のように膨らんだ『ブラ』と呼ばれるものが右肺尖頭部に複数存在しているし、その他にも『ブラ』予備軍が右はおろか左肺にも全体にわたって存在しているらしいですって!! 
一気にブルー入りましたですよ。ここでISAちゃん聞いてきました。
「山猫さん、CT結果見ていないのですか?」
「あい、見てません。」
「見てください。今ステーションにありますから。」
でISAちゃんとナースステーションに行くと、おやおや、外来で診ていただいたI医師がいらっしゃいます。
「はい、見てください。山猫さんの肺の輪切りです。ほらほうら、この黒いところ蓮みたいでしょ。これ溶けてしまった肺です。」
気のせいですか? I田医師楽しそうですね・・・
「これが『ブラ』です。くらいありますね。この部分を切り取る予定です。」 
あああっ! こんなになるまで気がつかなかったワタクシを許してちょんまげ!(死語)



それからの展開は速いものでしたよ。
午後、ちょうどI課長,後輩Yが見舞いに来る直前に、外科のサウザント先生から概略説明を受け、早い執刀をお願いしていたが、両人のいる前で明日の手術が決定した。



説明書にサインすると、女王様Mさんが採血、身体測定をしに来た。
「手術決まったんですね。」
「はい。」
「明日ですってね。めまぐるしいですよね。」
「転科するんでしょ。Mさんと別れるのはさみしいなぁ。」
「でも、西棟はここよりもきれいですよ。」
本当に悲しいな。これが実質最後の彼女との触れあいでした。ワタクシメのアナ~ルはあなたの指の感触を一生忘れないでしょう(爆爆)



でも、なんで身長を測るのでしょう? まさか、万が一のため棺おけのサイズを決めているのでしょうか。ううう、きっとそうだ。ワタクシメは手術台の上で出血多量で・・・わーん(号泣)*脚注:これは麻酔の方法と量を計るためです。



夜、消灯後に執刀医と麻酔科の技師から手術の内容説明を受けました。正直言いまして眠い目をこすりながらでしたので、何も頭に入りませんでしたよ。まあしかし、執刀医の若いこと若いこと!
T田、Yナ両医師とも学生インターンかい? というくらいヤング(またもや死語)



手術は明日16:00開始とのことです。すっかり目が冴えてしまって夜眠れずです。



# by Wild_Cat_Seeker | 2005-09-13 01:16 | 厄年入院日記(き、気胸なり!) | Comments(0)
2005年 09月 12日

暗転

 別荘暮らしも早6日目です。
極楽トンボになりきれぬワタクシメといたしましては、下界の出来事が気になってしかたありません。郵政民営化選挙も昨日、不投票のまま終わってしまいましたし、なによりも途中で投げ出した仕事の数々が気になります。幸いにも(?)ケータイの使用はお目こぼしいただいており、大体の流れはわかるのですが、疎外感はぬぐえません
(嗚咽) ゴメンナサイ、らしくないよね。(お約束)

 なーんちって、昨日からドレインチューブはクリッピングされていて、今日抜管予定なんだよね。『ポチ』さえ離れれば行動範囲広がるよ~。ていうか退院だよね。自宅療養だよね。
そしてその時は来ました。主治医のかわいいISAちゃんが今日も颯爽と現れ、
「山猫さん。経過いいからチューブ抜きましょうね。処置室に来てください。」
とにこやかに宣言されました。
 わーいわーい!! ついに憧れの抜管プレイだ!
 ISAちゃんは挿管プレイが上手かったから抜き(!)もきっと上手ですよね。
ワタクシそそくさと処置室に行きましたよ。そこには初めて見る小生意気そうな看護婦が待っていました。ワタクシメをベッドに押し倒すと、チューブの周りのテープ、ガーゼをべりばりぼりと剥がします。コラコラ、もう少しヤサしく出来んのかね? 用意は万端です。ワタクシ初めて管の突き刺さっている現場を目にしました。
うーん、グロですねぇ。小さいなりに切開しているわりに傷の痛みを感じないのはやはりISAちゃんのメスさばきが上手いからでしょうか? 神経を避けてらっしゃるのでしょう。
 んでISAちゃん、なかなか登場しませんね。どうしたのでしょうか? やはり女ですもの、身づくろいに時間がかかるのかしら? 
とようやく登場! よっ天才! 早いところこの管、取ってくんな。(またもや江戸前) しかしISAちゃんは悲しそうに言うのです。
「山猫さん。ちょっといきんで見てください。」 
ほっ? 新しいプレイですか? そしたらチビらない程度に・・・ううん! ごぼごぼ(!) 
あれまあ、『ポチ』がチビりましたよ。ISAちゃんのかわいい顔が曇りました。
「山猫さん。申し訳ないけどまだ穴は塞がってません。ちょっと圧をかけて吸引しましょう。」
というなり手で顔を覆い、泣き顔を見せまいと去っていくのでした。(このあたり妄想入ってます。) 
残されたワタクシメはMEGA10です。小生意気看護婦は「なんでぃ、ちくしょう。無駄足かよ。」と実に大雑把にワタクシメとチューブの接点をガーゼで覆い隠しました。 あ、あの、とめ方がきつくて、皮膚が引きつるのですが・・・・しかしもうすでに小生意気さんの姿はありません。ワタクシは『ポチ』と二人でさびしく部屋に戻ったのでした。
すぐに小生意気さんが『ポチ』をコンセントにつなぎました。『ポチ』自身も自由を奪われた次第です。
10cmH2Oの陰圧で吸引ですって。でもこれって、トイレとかどうするんでしょうか?
ワタクシメの行動半径はコンセントとチューブの伸ばせる限りの半径1.5mしかないのですか? 
「充電できたらコンセントなしで30分は持つよ。」と小生意気。
そこへISAちゃん来たれリ。そして爆弾発言。
「山猫さんの穴は予想以上に大きいか、複数あるみたいです。この陰圧でだめだと、外科的処置も考えないと・・・・」
と実に申し訳なさそうなんです。この時は、そんなISAちゃんが可哀想で事の重大さを把握してませんでしたよ。
 夜になるころ『ポチ』は頻繁に泣き声(アラーム)をあげるようになりました。あまりにうるさいのでアラームを切ったですよ。
消灯後も目が冴えています。正直言って、出口の見えないトンネルに突入した感じです。また5日くらい、このまま過ごすかと思うとワタクシ叫びだしたい衝動に駆られまする。
充電の終わった『ポチ』を台車からはずして手持ちでトイレに行きます。 ほら、夜中に台車引きずると結構うるさいでしょ。でも、トロッカーを手持ちで移動する患者は珍しいらしく、巡回看護婦は呆気に取られていました。
ああ、またカルテか申し送り事項に、856号の山猫さん、夜中に徘徊。トロッカーを『ポチ』と呼んでいます。手で持って散歩してます・・・・なんて書かれているんでしょうな。
 えええええっ!どうぞご自由に!! なんとでも書いてくださいませ。





# by Wild_Cat_Seeker | 2005-09-12 23:40 | 厄年入院日記(き、気胸なり!) | Comments(0)