山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 02月 27日

ううっ筋肉痛・・・

一昨日のリハビリ登山で、怠けていた筋肉を酷使したらしい。
日曜日は『故障したロボコップ』状態で過ごした。
翌日筋肉痛だから、まだ若いということかな?

土砂降りの雨だし、ヒマに任せてネットを探索していたら、こんなhpを見つけた。



http://satoumizu.net/



ドリフ世代のワタクシとしてはたまりせんなぁ!
注1:リンクをclickする前にPCのボリュームは上げておきましょう(黒笑)!
注2:内容的に18禁ネタもあるので耐性の無い方は眼と耳を瞬時に閉じる修行を積んでから見ましょう。



# by Wild_Cat_Seeker | 2006-02-27 01:41 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(4)
2006年 02月 25日

浅間原-湯野岳

今日はおだやかに晴れ渡り、気温も10℃は軽く超えています。
そろそろ、登ってみましょうかねぇ。
ということで、雑用を放り出して安倍奥へ。 安倍奥な山々の奥に見えるのは聖岳と赤石岳でしょうか?
ここまで全く雪が無い。昨日の悪天は雪にはならなかったようです。


c0337257_12051205.jpg
さて、本日はガイドブックになんか絶対に載りそうもない『送電線巡視路』を使って、ちょっとワイルドな登山をします。

登山靴を履くのは8ヶ月ぶりかなぁ?(いいんですかい? リハビリ登山にこんなハードなところ選んで!) これが道しるべのかわり。


c0337257_12051253.jpg
赤布、テープは適度にあります。涸沢の直登はコタエますが、標高1280mくらいでトラバース道になって楽になり突然送電線に遭遇!

c0337257_12051213.jpg
これが浅間原のはじまり。たおやかな笹原が続きます。


c0337257_12051254.jpg
浅間原に到着。下渡への分岐にあった。


c0337257_12051261.jpg
しかし、眺望はその手前の方が抜群にいいです。
画像補正はかけましたが、ド迫力の富士です。下は雲海で滝雲となって峰を越えます。(しかし送電線がジャマ!!)


c0337257_12051208.jpg
こ、これはもしや・・・・


c0337257_12051365.jpg
湯野岳に到着です。陽はかなり低くなり、雲が掛かるとみぞれが落ちてきます。予定変更して、湯野岳から西に落ち込む尾根を降りました。


c0337257_12051393.jpg
やれやれ、陽が暮れた。
このあと15分でクルマを置いた林道にピタリと降り立った。


c0337257_12051325.jpg
ああ、足つりそう・・・・



コースタイム
【平野林道(大河内県営林の看板)(1000m)】14:39-14:43【巡視路2-103入口(990m)】14:43-14:59【涸沢出合(1130m)】14:59-15:32【涸沢離脱(1280m)】15:32-16:19【浅間原(1410m)】16:26-16:57【湯野岳(1445m)】17:02-17:45【平野林道(1000m)】



# by Wild_Cat_Seeker | 2006-02-25 23:36 | 安倍奥な日々 | Comments(0)
2006年 02月 22日

本当の富士山

過去ログばかりで申し訳ない!
これは2003年10月19日の記録です。


この山の名前は真富士山(まふじさん)。或る意味、本物の富士山? 
街道から登山口に至る7kmくらいの間に

c0337257_22385092.jpg

歴史は浅いようです。ただ、この信仰心の強さに脱帽します。
人生の教義のような言葉が添えてあるのは余計なお世話ですが・・・。
で登山口に到着です。
c0337257_22385001.jpg
2006年2月現在、登山口はさらに林道の上300m付近に付け替えられています。

で、登った先は真富士神社。ここからの富士山は完璧の構図です。ちょうど弛み部分が窓のようになって、そこに風景画の如き富士が見えます。
c0337257_12051237.jpg


ここから程なくして第一真富士山です。

c0337257_22385030.jpg


盛りをすぎたリンドウが咲いてました。


清水方面を眺めてます。
c0337257_22412295.jpg

ついで第二真富士山です。ここから、バリエーションルートをたどってクルマまで戻りました。途中、道を失いましたが、カモシカさんの通り道をたどって無事林道に下りました。
c0337257_12051235.jpg
紅葉には1週間ほど早かったようです。



# by Wild_Cat_Seeker | 2006-02-22 21:47 | 安倍奥な日々 | Comments(2)