山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 30日

週末登山 タワ尾根下降

さて、週末登山の続きです。
バリエーションルートのタワ尾根を下ります。
本来ならばもっと楽な下り方があったのですが、あの大震災の影響でルートが危険なため
わざわざ遠回りしてのタワ尾根下降です。
c0337257_21541929.jpg
分岐を過ぎて、まもなくモノレールの軌道に遭遇します。
水源地帯の巡視のために水道局が設置したもの、との噂をネットで見聞きしました。
しばらくは、この軌道に沿って歩きますが、これはやはり興醒めです。
奥多摩で最も山深いエリアで、この人工物ですからね。
c0337257_21542248.jpg
そのモノレール軌道もウトウノ頭の手前で尾根を外れて下降していきます。
c0337257_21542318.jpg
そして始まる、タワ尾根の美しくも恐ろしい核心部の歩き
地図とコンパスを手に持って進みます。
c0337257_21543100.jpg
尾根を遮る巨岩
目を凝らせば、ルートは見えてくるのですが、取り付くまでは正直なところ
途方に暮れます。
それくらい、取っ付きにくい印象の尾根筋です。
c0337257_21543526.jpg
支尾根にいとも簡単に迷い込んでしまいそうだが、トラロープがそれを押し戻す。
c0337257_21543754.jpg
強引に尾根筋を登った先が「ウトウノ頭」でした。
この銘版は味があっていいですね~^^

ウトウノ頭のタワ尾根核心部を過ぎると、あとは緩やかな尾根のプロムナード
しかし好事魔多し!
c0337257_21544225.jpg
ガイドマップにあるミズナラの巨木に到達するまで、広い尾根を右往左往しました。
それくらい、この辺りはルートが判然としていませんでした。
そして判断ミス・・・・・
ここは判りやすい尾根筋を下降したくなって、ルートを外していくのを判りつつ、古い赤テープを
辿っていく。

これは危険な行動ですね。
行き先が判然としない下降・・・もし途中で崖に阻まれたら?渡渉不可能な谷に突き当ったら?
登り返すしかないのだが、登り返す体力が残っていなかったら?

それは遭難に直結する。
c0337257_21544844.jpg
結果的に下界に通じる林道に無事降り立ったのですが・・・
自己嫌悪でいっぱいになりました。
c0337257_21545005.jpg
判断ミス、コースマネージの甘さ、体力の不安・・・・

過去に、この尾根で遭難多数、死者も出た、という情報は下山後に知りました。

地図を読めない人、コンパスを扱いきれない人、戻る勇気のない人は、
高確率でプチ遭難、最悪あの世行きです。
それがタワ尾根ですね。


by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-30 22:21 | 山岳展望 | Comments(0)
2016年 06月 29日

週末登山 天目山-酉谷山

週末で晴れマークが出たら、奥多摩の山を登るのがルーチンワークとなりつつある。
c0337257_21524329.jpg
今日(6/26)の出発点は奥多摩町東日原
一番バスが到着する前に、そそくさと支度をして天目山を目指す。
c0337257_21525079.jpg
全身が緑で染まりそうなほどの青葉状態
c0337257_21525495.jpg
標高差950mを、ほぼノンストップで登り切り天目山(三ツドッケ)に到着。
なぜか雲が低く垂れこめる。。。

えーえー、そうでしょうとも、普段の行い云々、と世間の方はおっしゃりたいんでしょう。
c0337257_21533600.jpg
途中の岩場からは東京都の最高峰(雲取山)と№2(芋ノ木ドッケ)が見えます。
天祖山は石灰岩の塊で、露天掘りの鉱山です。そのうち姿を消してしまうかもしれません。
その手前に、これから下ろうとしている「タワ尾根」が横たわっています。
c0337257_21534648.jpg
その前に、今回の登山の最高峰「酉谷山」を登ります。
c0337257_21540506.jpg
東京都の最北端にある山だそうな・・・・・
c0337257_21541545.jpg
そして、いよいよ「タワ尾根」へ
左にかすかな踏み跡が、その入口です。
分岐点に道標はありません。それどころかロープが張ってあって立入を制限しています。
一般道ではなくバリエーションルート、危険が潜んでいるぞ、という警告です。

それは、遠くからこの尾根を見たときに判っていました。
c0337257_21534317.jpg
この、カクカク感は岩稜混じりのヤセ尾根の兆候ですね。

さて、長くなったので、次回に続く・・・・・w




by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-29 22:21 | 山岳展望 | Comments(0)
2016年 06月 20日

太陽祭2016 後編

c0337257_13080844.jpg
新宿御苑で一服しようとしましたが、暑くて暑くて、皆さんも木陰という木陰に避難w
結局、水道で顔と手の塩分を洗い流しただけで先を急ぎます。
c0337257_13135110.jpg
新宿の雑踏を後にして初台の辺りから玉川上水の跡は顕著になります。
c0337257_13083705.jpg
ここは代田橋 京王線の下をくぐります。
明大前からは玉川上水から離脱して、しばらくお隣を流れる神田川沿いを行きます。
c0337257_13084051.jpg
この煙突が見えたら、そこは高井戸
それにしても腹が減った・・・
牛丼をかき込み、麦汁で喉を潤すw
c0337257_13085406.jpg
ここは去年、タイムアップした富士見が丘。
今年は4時間強のアドバンテージをもって通過しました。
(あと4時間歩くのかよ~~~、と正直思いましたw)
c0337257_13085942.jpg
久我山で、再び玉川上水へ戻ります。
c0337257_13090258.jpg
高度処理済みの下水が流れる。
c0337257_13094095.jpg
ノカンゾウが夏の訪れを告げます。
c0337257_13090663.jpg
三鷹で中央線とクロス
c0337257_13092068.jpg
小金井では小金井公園に寄り道
c0337257_13092587.jpg
さて、そろそろ日の入りが近くなってきました。
c0337257_13094428.jpg
ぷち夕焼けが見られた頃、スマホのアラームが鳴りました。
c0337257_13094863.jpg
終了~~~!
場所は西武拝島線の東大和市駅近くです。
(後日調べたら、6月18日の日の入りは18:59でした_| ̄|○)
c0337257_13093239.jpg
タイムアップ後の歩行は数分で終わり、たいへん助かりました。
もう足動きませんもの。。。

ここから帰宅の途につきましたが、14時間35分かけて歩いてきた道のりを
1時間38分で戻ってしまいました(笑)





by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-20 06:07 | 旅行・地域 | Comments(2)
2016年 06月 19日

太陽祭2016 前編

今年もやってまいりました「太陽祭」の季節。

え? 太陽祭 ってなに?

ごもっともな質問です。

説明しよう。太陽祭とは・・・・

1年で一番昼の長い日に、日の出から日の入りまで、ひたすら歩き倒す行事であ~る。
某山猫が数年前に始めたきわめて私的行事であ~る。
これといったルールはないが、一度通った道を戻ることとエレベーター、エスカレーターの使用は制限される。

とはいえ、未だかつて日の出から歩き始めたことは無かったので、今年こそは・・・・
今年の夏至は6月21日・・・平日だ。
仕方なく6月18日に繰り上げて決行しました。
c0337257_11545777.jpg
日の出から10数分でようやくと「おてんとサマ」お出まし
c0337257_11550901.jpg
さて、東京の低地帯(けっして下町ではない)を突っ切りましょう。
c0337257_11554143.jpg
c0337257_11554425.jpg
c0337257_11555769.jpg
c0337257_11570720.jpg
江戸川、中川(放水路)、中川、綾瀬川、荒川、隅田川・・・・
これだけの川を渡って行きました。
c0337257_11571495.jpg
ディープな街も通過していきましたが、まぁ土曜日の午前中だというのに
商売熱心な街でございました^^
c0337257_11573017.jpg
今回の足回りは持っている靴の中で一番軽いヤツ
去年、トレッキングシューズを履いて大失敗しましたので・・・^^
c0337257_11573748.jpg
いつしか、山手線内に入り、ここはすでに山の手

しかし・・・・気のせいですか?
やけに暑いのですが・・・・
c0337257_11574234.jpg
気のせいではなく午前中ですでに30℃超えの真夏日でした。
ここ神楽坂ではカラダが勝手に北海道のアンテナショップに乱入してしまい
仕方なく(笑)、ひとつ500円もするプレミアムなソフトクリームを買ってしまひまひたw

その後は山の手特有の谷と山のアップダウンを何回も繰り返し
c0337257_11574896.jpg
四谷大木戸跡に到着
かつては玉川上水の終着地点でした。

このあとは基本的に玉川上水に沿って進むことと致します。
目指せ羽村の取水堰!

ということで次回につづく


by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-19 12:27 | 旅行・地域 | Comments(0)
2016年 06月 17日

たいむとんねる

どなたか様が名付けた「ぎっくらカーブ」
穀町の一画に残る超レトロ空間です。
c0337257_12383205.jpg
それでは、昭和の時代にトリップしていただきましょう。
c0337257_12374693.jpg
アングルを変えると昭和を通り越して、大正、明治にまで遡りそう・・・・
c0337257_12375624.jpg
ついに江戸時代まで^^
思わず、「たのもう~」とか言ってしまいそうにw
c0337257_12375217.jpg
木の電柱で我に返りますが、これだって相当なレトロ物件です。
c0337257_12375922.jpg
あっというまに通り過ぎてしまうタイムトンネルです。
基本的に去年と変わりません・・・・いや、変りましたね。
こちらの塀は去年の秋ごろは崩壊寸前だったのですが
見事に復旧していました。


by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-17 06:22 | 遠野の街中で | Comments(0)
2016年 06月 16日

看板に釣られて

c0337257_12382521.jpg
あまり足を向けていない地域ですが、真っ直ぐ行けば警察署あたりに出るものと
推測されます。
こちらに来たら、アレは押さえておきたいものです。
c0337257_12382278.jpg
これですw
こ、怖い・・・・w

ディヴィッド・ボウイの遺作「Black Star」のMTVを思い出しましたw

堪能したので穀町方面に引き返しましょう(おいおい)
c0337257_12382935.jpg
ふーん、カメラ屋さんだったんだ。
c0337257_12383624.jpg
そのお隣はオシャレ屋さん(どんなだ?)
c0337257_12383205.jpg
そう、ここは穀町のギックラ横丁入口
味のある古い商家でした。


by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-16 06:57 | 遠野の街中で | Comments(2)
2016年 06月 15日

若い街 新しい街

c0337257_12251920.jpg
十王堂前の道を歩いていくと真新しい道が交差していました。
c0337257_12251516.jpg
ふむふむ、彼方に見えるのは小学校だから、この道を行き途中を右折すれば
あそこに行けそうだ。
c0337257_12254710.jpg
んん~? ああ、目印の松の木があるからこの道で間違いなさそうだ。
c0337257_12254365.jpg
日枝神社の表参道も歩車分離の立派道路になりました。
c0337257_12260064.jpg
せっかくだから境内まで行きましょう。
c0337257_12260677.jpg
こちらは基本的に変っていませんので、ほっとします。
c0337257_12261255.jpg
こちらの御老人桜も
c0337257_12261776.jpg
咲くか咲かないか気難しい老木ですが、今年は頑張ったようです。
来年こそは・・・・と言いつつ、
ここ数年の間、遠野では満開の桜に出会えていません><


by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-15 06:21 | 新しきモノ | Comments(0)
2016年 06月 14日

会下家の十王堂

朝逍遥のついでに、久しく足を運んでいなかった会下家の十王堂を訪ねてみようと遠野町へ・・・・・
c0337257_12052416.jpg
道自体が変化していて、何やら違う街に来てしまったような感覚に陥る。
c0337257_12054029.jpg
こちらが現在の十王堂へのメインルート
歩車完全分離の立派な道路になっていました。
c0337257_12054569.jpg
畑地や荒れ地だった裏手には賃貸アパート
(これは全国津々浦々、どんなところでもアパート建てちゃうアノ会社かしらん?)
c0337257_12060279.jpg
変らないのは十王堂と桂の大木だけかしらん?
c0337257_12055272.jpg
かつての訪問難易度№1だった面影はありません。(私的意見です)
c0337257_12060646.jpg
なにせ人様の家の裏庭を通らないと行けなかったのですからね。

今や万人が気軽に訪れられることは文句なく良いことです。

でも。。。
かつて、ドロボウ猫のように貫足差し足で
人様の裏庭を歩いて訪問したのあのスリル満点の十王堂訪問
ちょっぴり懐かしいのも事実デス^^


by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-14 22:08 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(0)
2016年 06月 12日

週末登山

このところ週末登山してます^^
c0337257_18310402.jpg
奥多摩 鷹ノ巣山
c0337257_18310783.jpg
よ! 千両役者!
c0337257_18311373.jpg
ヤマツツジの尻尾を踏めました。

鳥も撮りました。
勿論トリミング^^
c0337257_18312062.jpg
c0337257_18312346.jpg
c0337257_18312971.jpg
体力の不安がありますが、登り下り1000m以上でした。
案の定、左足の膝裏を痛めました・・・_| ̄|○


by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-12 18:37 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(4)
2016年 06月 10日

旅の終わり

c0337257_23130197.jpg
驚異の羽黒山逍遥を終えて山を降りる吾
c0337257_23130450.jpg
いくら度肝を抜かれても、ここで水浴びはしませんよw
c0337257_23151455.jpg
俗界に帰ってまいりました。

さて、今度こそ帰京の途に就きましょう。

山形道のインターチェンジを目指して走っていると・・・・
c0337257_23130958.jpg
やあ、5月7日の太陽クン!
お別れの時間かね?
c0337257_23131317.jpg
束の間の晴れをありがとう
c0337257_23131616.jpg
どうやら、この旅、グランドフィナーレのようです。


More

by Wild_Cat_Seeker | 2016-06-10 06:02 | 旅行・地域 | Comments(0)