山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 30日

強風GW

c0337257_10412941.jpg
強い北風が華やかな連休の出鼻をくじく。
どこに出掛けるわけでもなく・・・・
c0337257_10414332.jpg
チャンスとばかりに蒲公英は勢力拡大に臨む。
c0337257_10415124.jpg
鯉も泳ぐ!
c0337257_10420038.jpg
泳ぎ過ぎ!(笑)
c0337257_10420586.jpg
まさか、ここで泳ぐヤツはおらんやろう・・・
というツッコミをヤマセに流されて連休が始まった。


by Wild_Cat_Seeker | 2016-04-30 10:50 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(2)
2016年 04月 26日

50mm 単焦点で藤三昧

c0337257_22291593.jpg
あこがれだった50mm f1.8 で藤を攻め撮りました。
場所は埼玉県の藤花園。 牛島の藤 の方が通りが良いです。
c0337257_22292186.jpg
満開まであと一息で、しかも朝方は激しい雨だったので、人出少なく
思う存分撮ることができました。
c0337257_22292781.jpg
きわどい撮り方はまだ不慣れなのでAFの赴くまま・・・w
c0337257_22293555.jpg
この藤棚、1本の樹なんですね。
c0337257_22293835.jpg
今朝がたの驟雨の名残
c0337257_22294459.jpg
ここからは24-105で
c0337257_22295002.jpg
今週末は満開でしょう。
ついでに人出もピークになるでしょう。



by Wild_Cat_Seeker | 2016-04-26 22:38 | 花、植物 | Comments(4)
2016年 04月 14日

ばかっ旅6 関東圏突入プログラム起動

三島駅からは箱根を目指しますが、またしても数分レベルで1時間に1本のバスを逃しました。
三島といえば鰻が美味しい街だ。ひつまぶしに・・・・いや、暇つぶしにうな丼でもいただこうか?
しかし、ちゃんとした店は注文入ってから焼きに入るだろうし、注文からすぐ出てくるような店は
不味いし・・・・結局、鰻はヌルリとスゥエーしましたw
c0337257_17360744.jpg
結局時間潰しはこちらで行いました。
さて、元箱根港に向いましよう。
c0337257_17361707.jpg
一時は立ち客まで出たバスも大吊橋を過ぎると、オレとガイジンさん3人だけになってしまった。
きっと、あのガイジンさんもどこかの組織に属しているエージェントに違いないw
c0337257_17361929.jpg
三島-箱根は観光ルートとしてはまだまだ発展途上なのかしらん??
c0337257_17362231.jpg
をを~、ついに関東圏突入だ!
長い長い静岡県をついに脱出した!
c0337257_17362550.jpg
元箱根港到着!
箱根はどんよりとして、いつ雨が落ちてくるか、という状態です。
c0337257_17362888.jpg
さて、ここから最寄りの鉄路を目指しましょう。
c0337257_17363250.jpg
小涌谷駅で下車。このバスに乗り続ければ箱根湯本まで直行だったのですが、鉄路優先ですからね。
c0337257_17363695.jpg
箱根登山鉄道の小涌谷駅が見えてきました。
これで99.99%、大阪―東京JR、高速バス未使用旅の成功が保証されました。
c0337257_17363918.jpg
なんともレトロな電車でラッキーです。

c0337257_17364191.jpg
半径30mのあり得ない急カーブを通過していき、箱根湯本を目指します。
c0337257_17364417.jpg
箱根湯本から小田原行き、小田原から新松田行きと小きざみに乗り継ぐと
c0337257_17364861.jpg
新松田始発の快速急行に乗車できました。
これで新宿までルートは保証されました。
c0337257_17365150.jpg
んで、新宿着!

ああ、終わった終わった!
c0337257_17071445.jpg
あ、ボス! 
それもそうですね。ちゃんと中央線で東京まで行きますよ。
c0337257_17022679.jpg
ああ、あぶないあぶない!
あやうく、今までの2泊3日のばかっ旅をフイにするところだった。
んでも新宿から東京にいく鉄路ってどれだ?

やはり丸の内線ですな。
c0337257_17365359.jpg
日曜の夕方なので人出は少なく、電車はガラガラでした。
c0337257_17365672.jpg
さぁ、着いた!!
大阪-東京 JR/高速バス未使用のばかっ旅はここに完結しました。

JR東京駅が良く見える場所で、旅の完成を祝いました。
c0337257_17365973.jpg
はぁ~~、継続してよかったですな。
c0337257_18094332.jpg
いたしかたありません。
c0337257_18094884.jpg
ち、ちちちち、ちょっと待ってくださいよ。ボス!
それは余りにも残忍な行為ですよ。
いったい、このばかっ旅にいくら掛かったと思うのですか?
ざっと5萬円ですよ。
へい、ボス? 聞いていますか? 聞こえているんでしょ?
ボス?? ボ~~~~ス!?




More

by Wild_Cat_Seeker | 2016-04-14 06:34 | 潜入捜査官シリーズ | Comments(2)
2016年 04月 13日

ばかっ旅5 静岡県脱出プログラム再起動

c0337257_13370789.jpg
清水のビジネスホテルで一晩中考えていた。
明日の朝イチの新幹線で帰京するか・・・・まぁ、ミッションは失敗に終わったわけだし
これに関してはボスもバツが悪いのか、何の叱責も追加指令もない。

しかしだなぁ、なんとも口惜しいではないか!
出来れば、このままJR、高速バス未使用の旅を継続させたい。
でも、薩垂峠越えが意外と手強く、バスの接続の悪さも考慮すると
東京に着くまでにもう一泊なんてことになりかねない。
ああだこーだと逡巡しているうちにヒラメいた!

ボスはJRと高速バスを使ってはいけない、と指令したが
海路を使ってはいけないとは言っていないではないか!

清水港から伊豆に向うカーフェリーがあるのだ!
伊豆は日本屈指の観光地だからバスや鉄路のネットワークは完備されている。
これは、興奮モノのルートではないか?
c0337257_16590783.jpg
清水駅前から清水港までは無料送迎バスが運行しています。
ありがたや、ありがたや! なぜか雨が降っていたので、これは助かりました。
c0337257_16591139.jpg
これが駿河湾フェリーです。
c0337257_16591664.jpg
滅多に乗らないフェリーなので興味津々で、あちこちを念入りに嗅ぎながら客室にW
c0337257_16592282.jpg
ほんの一握りの乗客とクルマを乗せて出航です。
c0337257_16592611.jpg
清水港を後にして65分の船旅です。
c0337257_16593464.jpg
30分以上過ぎると行く手に伊豆半島が見えてきました。
この日は天候が悪く清水側はガスっていたので、突然伊豆半島が現れた感じでした。
ところで、この道路標識・・・まじですか?
まじらしい。ここは海の上の県道でした。
c0337257_16594355.jpg
西伊豆の海岸が墨絵のように重なっています。
c0337257_16594714.jpg
土肥港が見えて参りました。
c0337257_16595243.jpg
洋上花見も出来て満足なクルーズでした。
c0337257_17000074.jpg
いよいよ接岸です。
ん?あの細い桟橋を渡るのですか?
c0337257_17001138.jpg
いえいえ
出口は後方でした。
c0337257_17001580.jpg
さて、次の交通手段はやはり、バスです。
修善寺を目指します。
c0337257_17002084.jpg
バス来たーーーーーー!
c0337257_17002517.jpg
貸切状態です。
このバスは松崎から運行していたので、もしかしてワタクシが乗るまで無人バスだったのかもw
修善寺が近づくにつれて三々五々乗客が増えていき、最終的には満席に近い状態でした。
c0337257_17003369.jpg
こんなに綺麗な駅でしたかのう?
c0337257_17004224.jpg
ここからは伊豆箱根鉄道です。
これ乗るのはもしかして20年ぶりくらいかも・・・・
c0337257_17004756.jpg
もちろん、車両は新しくなっているでしょうけど。
c0337257_17005217.jpg
終点、三島駅・・・
c0337257_17005667.jpg
次は箱根を目指します。

長くなったので、次回につづく・・・・・・

ここまでの行程
4月3日(日)
清水駅7:30-7:40清水港(無料送迎バス)
清水港8:00-9:05土肥港(駿河湾フェリー)
土肥港9:28-10:21修善寺駅(東海バス)
修善寺10:40-11:16三島(伊豆箱根鉄道)


by Wild_Cat_Seeker | 2016-04-13 06:08 | 潜入捜査官シリーズ | Comments(2)
2016年 04月 12日

ばかっ旅4 静岡県脱出プログラム起動 その2

オレの名は・・・以下略w
掛川で行き詰ってしまった静岡県脱出プログラム・・・・
c0337257_13214923.jpg
なんと、新幹線で一駅分の間、鉄路がないのだ。
しかし、静岡県は知る人ぞ知るバス王国なのだ。
中でもしずてつジャストラインは広大なエリアをそこそこ網羅している。
かなりの遠回りになるが、バスを乗り継げば、この難所はクリアできそうだ。
c0337257_13324180.jpg
まずは海辺の街、浜岡を目指そう。
31分待ちで浜岡営業所行きに乗車。
c0337257_13343569.jpg
しかし、空いておるのう・・・・これでは経営苦しいだろう。
c0337257_13352863.jpg
およそ50分で浜岡営業所到着。さて次の目的地は相良だ。何分のバスがある?
今14:53分だから・・・・あっ!
なんと相良営業所行きのバスは3分前に出たばっかりなのだ!
なんで接続を取らないのだ? まったくもって腹が立つ!
いや、おそらく乗り継ぐ乗客など居ないのであろう。
次のバスまで40分以上の待ちだ!
しかたない、時間つぶしに浜岡といえば、アレを見に行こう。
c0337257_13353359.jpg
あの煙突群が浜岡原発だ。意外と遠いので潜入捜査は止めたw
c0337257_13353901.jpg
相良営業所行きのバスの車窓からは駿河湾が望める。
うっすら見える山は日本坂か? 静岡市はあの山の向こうだ。
遠いなぁ・・・・
c0337257_13354759.jpg
相良営業所到着。
さぁ、次のバスは・・・・
c0337257_13355263.jpg
おお、静岡駅行きがあるではないか! しかも10分も待たずに発車する。
こいつはツイている。
c0337257_13573809.jpg
ボ、ボス! なんでですか? 早くしないと発車しちゃいますよ!
c0337257_13575357.jpg
な、なんですと?
c0337257_13580957.jpg
ああああぁぁぁぁ~・・・・・
c0337257_13355646.jpg
ひどいよひどいよ! 
バスは無情にも発車していった。

嘆いてばかりもいられない。代替コースを選定しなくては・・・・
焼津までは路線バスを乗り継げるが、その先は東名高速を通るバスしかない。
難所「日本坂」は路線バスにとっても難所であったか!
あとは金谷と藤枝へ路線があるが・・・やや藤枝は行けそうだ。
c0337257_13361469.jpg
藤枝から内陸部の岡部、丸子を通って静岡市内に入れるようだ。
つまりは昔日の東海道ではないか!
んで、待ち時間は? 25分か・・・・
c0337257_13361940.jpg
藤枝駅行き
c0337257_13362474.jpg
乗客二人・・・・
c0337257_13363469.jpg
大井川を渡り
c0337257_13363989.jpg
藤枝駅に到着。約25分の待ち合わせで新静岡駅行きのバスに乗車。
c0337257_13364588.jpg
暮れ落ちた暗闇を裂いてバスは静岡市中心部へ・・・・
なにやら静岡まつりが開催中で、バスは経路を変更するとか・・・・
10分遅れで新静岡駅に到着。
c0337257_13365391.jpg
ひさしぶりに鉄路だ。
c0337257_13365830.jpg
静岡鉄道・・・・これで新清水まで行ける。
c0337257_13370385.jpg
しかしですなぁ・・・・あまりにも待ち時間が長かった・・・・
この先、鉄路は富士市の岳南電車まで無い。
難所薩垂峠を越えるには徒歩しかないし、バスの便がすこぶる少ない。

いずれにせよ、清水で泊まらなければならないようだ。
やはり、JRや高速バスを使わずに東京まで1日のうちに帰るのは不可能だったわけだ。
今更ながらに静岡県の横の距離の長大さに驚く。
何せ新幹線の駅が6つもあるのだ。

静岡県脱出プログラムは失敗した。

ここまでの行程

掛川駅14:00-14:53浜岡営業所(しずてつジャストライン)
浜岡営業所15:40-16:07相良営業所(しずてつジャストライン 御前崎市自主運行バス)
相良営業所16:40-17:40藤枝駅南口(しずてつジャストライン)
藤枝駅18:12-19:24(10分遅れ)新静岡バスターミナル(しずてつジャストライン)
新静岡19:40-20:02新清水(静岡鉄道清水線)





by Wild_Cat_Seeker | 2016-04-12 05:17 | 潜入捜査官シリーズ | Comments(2)
2016年 04月 11日

ばかっ旅3 静岡県脱出プログラム起動 其の1

オレの名はyamaneko 以下略・・・・w
ばかっ旅もいよいよ静岡県脱出プログラムを起動することができた。
c0337257_12392768.jpg
利用するのは天竜浜名湖線だ。(略して天浜線)
元は国鉄だが、今は第三セクターなので利用はセーフだ。
c0337257_12393110.jpg
これで掛川までの経路は確保出来た。
まぁ、ゆるりと天浜線の車窓を楽しもうではないか。
c0337257_12394194.jpg
程なくして浜名湖が見えてきた。
c0337257_12394622.jpg
車内はこんな感じ・・・・
c0337257_12395141.jpg
車窓で花見も出来るったぁ、なかなかええじゃないですか!
c0337257_12395436.jpg
再び、浜名湖
車内の子供が「うみー!」と叫んでいましたが、海水が入り込む汽水湖ですから
あながち間違いじゃございませんな。
c0337257_12402159.jpg
今日は何やらイベントがあるらしく、大半の乗客は気賀駅で下車していった。
c0337257_12521235.jpg
通常の三倍早いw赤い電車は遠州鉄道だ。(西鹿島駅)
c0337257_12410105.jpg
やがて天竜川を渡る
c0337257_12410986.jpg
主要駅のひとつ、天竜二俣でブレイク
今まで2両で来たが、ここで1両になり、車内もそれなりに混み合ってきて
潜入捜査もし辛い状況にw
c0337257_12412129.jpg
無事掛川に到着したが、さて・・・・これからが問題だ。。。。。
再び鉄路が途絶えてしまったのだ。
静岡脱出プログラムは手強いのう・・・・

長くなったので、次回につづく・・・・

ここまでの行程
新所原11:23-13:29掛川(天竜浜名湖線)



by Wild_Cat_Seeker | 2016-04-11 06:39 | 潜入捜査官シリーズ | Comments(0)
2016年 04月 10日

ばかっ旅2 中京圏脱出プログラム起動

c0337257_11402142.jpg
オレの名はyamaneko
ああ、もちろん本名ではない。いわゆるコードネームってやつだ。
JRと高速バスを使わずに大阪から東京へ帰るという無茶なミッションを遂行中だ。
関西圏を無事脱出し、中京圏脱出プログラムを起動した。
c0337257_11402619.jpg
利用するのは名鉄だ。正確には名古屋鉄道だが、こんな呼び方をするヤツは1000人に一人もいまい。
c0337257_11403158.jpg
小気味良いスピードで愛知県内を東へと走っていく。
c0337257_11403766.jpg
到着したのは豊橋駅
c0337257_12040662.jpg
ここから新所原まで鉄路ではJR以外の手段はない。
c0337257_11405450.jpg
出来るだけ鉄路を利用したいが、豊橋鉄道の市内線に乗ると、そこからの移動手段はない袋小路になる。
時間もそう掛けていられないので
c0337257_11404999.jpg
泣く泣くバスに乗りました。
c0337257_11405988.jpg
残念ながらバスは此処までです。
c0337257_12205270.jpg
それでも新所原には大分近付いた。
あとは歩くしかあるまい。意外と手古摺る中京圏脱出プログラムだわい。
c0337257_11412005.jpg
傍らを新幹線が猛スピードで駆け抜けてゆく。
あれに乗れば2時間と掛からずに東京に着くっていうのに・・・・・
c0337257_11412586.jpg
近くには東海道線も走っている。考えてみれば豊橋-新所原間は二駅の距離だ。
なんで、こんな苦労をしなけりゃならんのだ?
c0337257_11415018.jpg
などとぶつくさ言いながら歩いていると、
おお! ついに静岡県だ! 
おめでとう! 中京圏を無事脱出しましたな!
c0337257_12283690.jpg
程なく、新所原駅に到着した。
ここからは再び鉄路を利用できる。

ここまでの行程

名鉄名古屋8:18-9:07豊橋(名古屋鉄道)
豊橋9:15-9:55シンフォニアテクノロジー(豊鉄バス)
シンフォニアテクノロジー9:56-10:41新所原駅(徒歩)

つづく・・・・


by Wild_Cat_Seeker | 2016-04-10 06:47 | 潜入捜査官シリーズ | Comments(0)
2016年 04月 09日

ばかっ旅1 関西圏脱出プログラム起動

オレの名は「yamaneko」
もちろん本名ではない。ましてや渾名でもペンネームでもない。
所謂ひとつのコードネームってヤツだ。
京都、奈良の外国人観光客数の実態調査を終えて午後8時過ぎ、大阪駅に辿りついた。
c0337257_21220029.jpg
おそらく帰りの新幹線の切符を此処で受取るのであろう。
オレはエージェントからの接触を待った。
c0337257_10122086.jpg
げっ! ボス直々の接触だ!
なんか、嫌な予感がする!
c0337257_10030911.jpg
???・・・・
なんで新幹線じゃないんだ? しかも明日の6:00発って、なんでですか?
c0337257_10122337.jpg
この流れ・・・・ろくな条件ではあるまい!
c0337257_10122771.jpg
なんですと?
そんなの出来やしませんよ。
あ、いや・・・その、そんなコワい目で見ないでください。懐に手を入れないでくださいよ。
判りましたよ。
エージェントyamaneko 任務を遂行します!
c0337257_10024525.jpg
大阪の中心街のホテルを資金不足から手配できなかったオレは海沿いの埋立地にある研修施設にもぐりこみ
始発の地下鉄を待った。
午前3時半起床で、いきなり30分の早足歩行を強いられ不機嫌そのものである。
c0337257_10025088.jpg
大阪難波で指定された近鉄の列車に乗り込む。
c0337257_10025308.jpg
ほほう・・・・なんとも贅沢で心地よい座席であろうか!
新幹線のグリーン車にも匹敵する程だが、追加料金はたったの510円である。
オレの不機嫌はたちまち治ってしまった。
c0337257_10031460.jpg
さて、とりあえず関西圏脱出プログラムは無事起動した。
c0337257_10031879.jpg
車窓には昨日訪問を果たせなかった飛鳥地方が眺められる。
c0337257_10110773.jpg
1時間ちょっとで三重県四日市を通過。
c0337257_10111225.jpg
行く手に揖斐川、長良川の長大な鉄橋が見えてきた。
c0337257_10111777.jpg
さらに木曽川を渡るとそこは愛知県。
関西圏脱出プログラムは成功した。

ここまでのタイムテーブル

4月2日(土)
コスモスクエア5:07-5:21本町5:29-5:32なんば(大阪市営地下鉄中央線、御堂筋線)
大阪難波6:00-8:08近鉄名古屋(近畿日本鉄道 アーバンライナー)


つづく・・・・





by Wild_Cat_Seeker | 2016-04-09 10:46 | 潜入捜査官シリーズ | Comments(0)
2016年 04月 07日

代物(だいぶつ)

春爛漫の飛鳥地方を逍遥する・・・・
これが、今回の旅のメインイベントだったのでした。
特に、日本最古の寺と位置付けられる「飛鳥寺」の「飛鳥大仏」を再訪するのが
楽しみでした。(過去形だね 泣!

飛鳥地方は土砂降り、着いても拝観時間は終わっている・・・

仕方ない。代替訪問地を選択せねば・・・・

伏見? 石清水八幡? 

いやいや、飛鳥大仏の代物は、やはり大仏でないと・・・・

c0337257_20453422.jpg
つーわけで、奈良の地の降り立ったのでした。
手始めに興福寺を攻めました。
珍しく拝観料をケチらずに中を拝むと、ご本尊の薬師如来様に日光、月光菩薩が脇を固めておりましたが
瞠目したのはその間隙を埋める十二神将(じゅうにしんしょう)像でした。

ああ、この神々は、去ること3年前に御江戸で拝謁していましたなぁ・・・

御無沙汰でした。
c0337257_20454032.jpg
モノクロームな光景にめげそうになるも、足はさらに先を目指す・・・と!
c0337257_20454656.jpg
鹿来た------!w
c0337257_20455035.jpg
奈良といえば鹿でしょう!(期待通りシカとしていますがw
(ガイジンさんから見ると、この街中に野生動物がいることは驚異の6乗らしいっす(ぱふっ!  )
c0337257_20455881.jpg
そうこうしているうちに見えてきました。
37年前に知り合った「留紗那くん」の家ですw
c0337257_20460644.jpg
桜花の季節に来たのは初めてです。
しかし、留紗那くんの家は巨大です! ひゅーじ です!
韓国からのカンコーキャクがやたらと奇声を上げていて四月蠅かったのですがw
あまりの巨大さに魂消ていたみたいでした。
c0337257_20461363.jpg
37年ぶりに再会した「留紗那くん」です。
c0337257_20471185.jpg
c0337257_20471533.jpg
c0337257_20472029.jpg
その他にも、脇を固める像を見て回ったのですが、まったく記憶が無く・・・・・・
そもそも厨房には仏像を愛でるマインドなど無かったのでしょう。

覚えていたのはコレ
c0337257_20472560.jpg
留紗那くんの鼻の穴と同じ大きさの柱の穴
これをくぐれると無病息災なんだそうな・・・
37年前、この穴を潜らされたの、学年でも小柄なヤツらでした。

んでも、ここではアップ出来ませんが、ガイジンさん(成人)が、んがふんが言いながらこの穴を潜っていましたw
成人男子でも潜りぬけることが可能な留紗那君の鼻の穴を潜らされた当時の小さい方々に同情致します。
c0337257_20473645.jpg
留紗那くん またいつか会いましょう!
c0337257_20474040.jpg
暮れかかる桜に涙の古寺かな
c0337257_20474715.jpg
鹿のカップルもメランコリックな古都の夕暮れ・・・・

さて、京都、奈良を何気に見て回ったので、御江戸へ帰りましょうかね。
c0337257_21220029.jpg
「くぉおら、やまねご! まてっちゃァあ~~」

な、なんだ? と狼狽して、続く・・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2016-04-07 21:27 | 旅行・地域 | Comments(2)
2016年 04月 06日

もしも、かもしれない、神社

出町柳から、目と鼻の先だから、と思ったら、意外と歩かされた次の目的地
c0337257_21323316.jpg
ええっと、何と読むんでしたっけ?
え? 「ただすのもり」ですって?
日本語って難しい・・・

ここは下賀茂神社の境内です。
糺の森は縄文時代の森の姿を今に伝える貴重な森だとか・・・・
c0337257_21323996.jpg
森の中の流れは息を呑むほどに調和している。
c0337257_21324907.jpg
さて、では下賀茂神社に参拝いたしましょうか。
c0337257_21325846.jpg
なにやらキツネの嫁入りが執り行われていたようだがw
時間がケツカッチンで突っ込んだ取材が出来ませんでした。

さぁ、次は飛鳥地方に乱入だ!

と足を向けた途端に動きが止まった!
しまった! 御土産を買わなければ・・・・
c0337257_21331586.jpg
んで、急遽、祇園界隈を流していたのでした。
c0337257_21331969.jpg
そこはそれ一大観光地ですから、カメラはフル稼働ですw
c0337257_21332835.jpg
さて、この中でガイジンさんは何名?

答え:ほぼ全員、ガイジンさん!

着物を着ている方々は全員、中の国の人でした。
どうも、ジャパニーズ・トラディショナルなキモノを着て京都逍遥するツアーらしいっす(ぱふっ!
c0337257_21333539.jpg
凄まじいばかりの人通りの祇園界隈も一歩道を外すと、このような落ち着いた雰囲気に。

結局、目ぼしい土産は見つからず、京都駅の土産物横丁みたいなところで目指す品物を見出したのでした。
この時点で、飛鳥地方逍遥は断念せざるを得ません。

飛鳥地方、雨脚強しの情報あり、今から行っても拝観時間に間に合わないし、なによりも疲れていた。

さて、代わりにどこへ行こうか・・・・


by Wild_Cat_Seeker | 2016-04-06 21:56 | 旅行・地域 | Comments(0)