山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 31日

どんと祭

あっちこっちに寄り道したのち、ようやくと辿りついたのは
c0337257_13030758.jpg
遠野郷八幡宮
寄り道が災いし、年越祭には間に合わなかった。
普段は入れない本殿に大手を振って入れて、しかも遠野物語にも登場する由緒正しいゴンゲさまも拝めたのに・・・・・
c0337257_13382086.jpg
お炊き上げから参加しました。
お炊き上げ出来ないもの・・・食品類、ビニール、金属、神社に関係ないモノ・・・・・
それに紛れこんだ山猫野郎www

焚き上げの山が小さいのは、風が強いからです。
c0337257_13382584.jpg
滅多に聞けない宮司様の美声が氷点下の境内に響き渡り、ワタクシも鼻をすする音を控えてその時を待ちます。
c0337257_13383261.jpg
いよいよ、点火です。
c0337257_13383868.jpg
ここぞと八幡神楽のゴンゲさまが炎の周りを歩きます。
ふむふむ、この行為にも何か深~~~い云われがあるのでしょうね。
c0337257_13384519.jpg
いや、温まりにきただけ(>◇<)ノシ
c0337257_13390074.jpg
さぁ、どんとの火で餅を焼くべし
この餅を食べれば1年無病息災ですぞ
c0337257_13390435.jpg
しかし、なぜに皆様、へっぴり腰なんでしょうね。
ワタクシのへたっぴぃな絵から伝わらないでしょうが、


めっちゃ熱いのっす!


餅焼ける前に自分が焼けてしまいますがな! ><

c0337257_13390959.jpg
んで智恵者が考案した方法「置き餅」^^
そのお気持ち、よ~~~く判ります。。。。

あ、いかん・・・・
寒くなってきた(笑)
火を高くしなければ・・・・・

ここからは遠野ぶれんど撮影班もお手伝いに回ります。
c0337257_13391810.jpg
「♪ダイナマイトがよ~~、ダイナマイトが百五十屯♪」(笑)判る人には判る。このギャグ
c0337257_13392235.jpg
ああ~、それホントに破裂するヤツ!
遠野ぶれんどきってのテ○リ○トを自負してらっしゃいました(笑)
c0337257_13392839.jpg
ほれ、山猫さんも、そのオニューのカメラ投げるべし
いやいや、身を呈して、カメラを守りますよ!

あー、でもダメか!

お炊き上げ出来ないもの
食品類、ビニール、金属、神社に関係ないモノ・・・・・

それに

紛れこんだ山猫野郎_| ̄|○


by Wild_Cat_Seeker | 2016-01-31 07:02 | 遠野の祭り | Comments(4)
2016年 01月 30日

すべりこみ ば~ち 番外編w

千葉家に寄ったなら、もう一か所、訪れておきたい場所があります。
そこは国道を挟んで千葉家の反対側。
この国道がナカナカにスリリングでして、千葉家の前は4車線。小峠からの下り直線で、皆さん思わず80キロ越えで下ってきます、中には100キロ超えの大バカモノもいますから、動体視力の弱った方が目測を誤ること必至。
ワタクシも山猫走りで(ドンナダ?)渡り切ります。(年は取りたくねーなー!)
c0337257_12042039.jpg
風花静止バージョンの赤い実^^
目的地はすぐそこです。
c0337257_12042771.jpg
遠野通い人なら食い付かずにおられよーか?的な
茅葺の水車小屋!
c0337257_12043242.jpg
以前、遠くから見た時は廃れているのかと思いましたが
なんのなんの設備は整っていますね。
c0337257_12043858.jpg
土壁が新しいからリニューアルしたのかしらん?
と、絵に描いたような光景に興奮して水路に落ちそうになるw
ここは芽吹きの頃に、もう一度来ましょうね。
c0337257_12081074.jpg
すぐそこが国道とは思えない牧歌的な風景ですが、
c0337257_12081475.jpg
背景に千葉家が無くなると画竜点睛を欠きますかな?

いやいや、もし水車小屋が口を聞けたら、こう言うだろう。
「うだつのあがらねぇ、ちっぽけな水車小屋の俺にやっと巡って来た幸運か、それとも・・・」

と、うだつの上がらないワタクシは妄想しながら、さらに数回ぱちぱちとシャッターを切るのでした。


by Wild_Cat_Seeker | 2016-01-30 12:39 | 遠野の里 | Comments(0)
2016年 01月 27日

千葉家 拾遺

千葉家を少し拾遺してみましょう。

廻れば周るほど、スケールの大きな千葉家です。
c0337257_23021417.jpg
自宅修繕用に大工さんの仕事場が別棟にあったり・・・・
c0337257_23022452.jpg
自前のお稲荷さんがあったり・。・・・・
c0337257_23022854.jpg
豪快な水道があったり^^
c0337257_23023376.jpg
笛の旦那が興味ギンギラリンな蔵です。
c0337257_23023797.jpg
笛の旦那は、おそらく多分すべからくw ここから進入するものと・・・・w

冗談はマイケルくらいにして・・・・w
c0337257_23024223.jpg
良く見ると、傷みが激しいですね。
これは大修復止む無しですね。

瞼に焼き付けておこうと思いました。



by Wild_Cat_Seeker | 2016-01-27 22:33 | 遠野の里 | Comments(2)
2016年 01月 25日

すべりこみ ば~ち その2

ば~ち家 潜入レポート 第2弾です^^
c0337257_19202356.jpg
2階への階段・・・その昔は民宿として使われていたそうで・・・・
今は立入禁止です。
c0337257_19204503.jpg
あうあうあう・・・・持病が・・・持病がぁぁ・・・_| ̄|○
陰影明暗症候群が再発しそうになりました^^
c0337257_19202793.jpg
息苦しさに明るい方へ行きそうになるのをこらえて、
もう少し、がんばりましょうか・・・^^
c0337257_19203437.jpg
ん? これはなんだ? 
どこぞの企業のキャラクターのようだが?
c0337257_19203946.jpg
同じ場所にシール2枚
いずれも此処が生活の場であった名残だね~。

拡大してみましょう。
c0337257_19205895.jpg
仮面ライダーに・・・・右は判りませんが70年代のスメルがぷんぷんしますw
c0337257_19201080.jpg
こちらは襖の下張でしょうか?
使われている紙が歴史感ありすぎです!
c0337257_21181770.jpg
しかし、逆さまで裏返しで読めませんな。
ちょっと手を加えましょうか。
c0337257_19201643.jpg
・・・・・やっぱり読めません(笑)
c0337257_19200773.jpg
外は日差しと雪が目まぐるしく変化していた。
c0337257_19205180.jpg
千葉家は今年度より10年間の大修復に入る。




by Wild_Cat_Seeker | 2016-01-25 20:28 | 遠野の里 | Comments(2)
2016年 01月 24日

すべりこみ ば~ち その1

今年、大規模修復事業が始まる千葉家へ滑り込みしました。
c0337257_19193440.jpg
例年なら、すっかり雪に埋もれる小正月の日
地面露わで心なしか緑色も見えるような状態ですが、千葉家へ初潜入開始です。

入口を見やれば・・・・・・
c0337257_19193822.jpg
笛吹の旦那なら、たちどころに読み解くと思われるが、ワタクシには無理w
c0337257_19194281.jpg
この千葉家、重要文化財ながら、普通に生活が営まれている。
なので、千葉家のおとーさん犬が居たりするw
これは保健所の登録マークですかね?
c0337257_19194439.jpg
ラッキーなことに、今までは生活の場で非公開であった母屋が特別公開中でした(~2016/3/31)
c0337257_19194765.jpg
茶の間
ここは一家団欒の場だったのかな?
c0337257_19195243.jpg
常居
屋敷の主が常に居るところです。
つまり千葉家の経営を此処で行っていたわけです。
c0337257_19195558.jpg
さすが、ついこの間まで生活の場であった痕跡が^^
c0337257_19195952.jpg
日当たり良好!
南向きの部屋は冬でもそこはかとなく暖かい・・・かな?w
c0337257_19200222.jpg
いよいよ、屋敷の奥へ・・・
c0337257_19201911.jpg
ここが奥座敷
座敷わらしが棲むとしたら此処が適所か・・・・


画像が多くなりましたね。
この続きはまた後日ということで^^



by Wild_Cat_Seeker | 2016-01-24 20:24 | 遠野の里 | Comments(2)
2016年 01月 21日

みゃーもり

田瀬湖から下ってくると、そこは宮守
c0337257_22451537.jpg
みょ~~~~に知事困って・・・アレ? 縮こまってしまった宮守駅に唖然とする。
c0337257_22451968.jpg
測ったようにカマーが入線して、唖然とした。

さて、秘かにオキニ入りのビュウスポットへ行こう。
c0337257_22452337.jpg
雪少ないね~~
c0337257_22452657.jpg
それはそれで、趣きのある風景になっていますね~
c0337257_22453004.jpg
2007年以来の少雪ぶりです。
今年、米の値段高騰するかもね。

さて、次どこへ行こう???


by Wild_Cat_Seeker | 2016-01-21 22:52 | 遠野の里 | Comments(0)
2016年 01月 20日

21年目のあやまち

c0337257_22512525.jpg
廃れた橋が見える。
c0337257_22511965.jpg
開けた空間が見える。
c0337257_22512262.jpg
遠野では名の知れた山が見える。

c0337257_22512882.jpg
背後には湖水が見える。
c0337257_22513197.jpg
ああ、ワタクシ・・・また遠野に来ちまったんだなぁ・・・・・

しかし、走り出して1分も経たないうちに・・・・・
c0337257_22524997.jpg
おのれの愚かさを思い知ったのだった_| ̄|○

通い始めて21年目の勘違い・・・
(単なるアホという説もあるw)


by Wild_Cat_Seeker | 2016-01-20 23:02 | 旅行・地域 | Comments(0)
2016年 01月 18日

丹内山神社参拝

レンタカーのナビに丹内山神社と入れても反応がない・・・
しかたなくスマホで地図アプリを立ち上げ検索すると・・・・ふむふむ・・・・
c0337257_23153579.jpg
無事、一の鳥居? いや、マイナス1の鳥居かも?^^ に遭遇!
存在を知ったのは、とあ~る小説で、でした。

奥州藤原家の祖、藤原清衡が篤く信心を寄せた神社
それ以前に
物部一族が信仰したアラハバキ神が宿る聖地

とにかくも気になって仕方ない地でした。
c0337257_23144137.jpg
クルマでは、おそらく二の鳥居へ直行です。
正直、山奥の神社にしては規模が大なりで、少々びっくりしました。
c0337257_23151532.jpg
おお、これが本殿ですか?
お賽銭を入れる直前で、違うと気付いた!
なんともすごいです。普通の神社なら、これは本殿ですよ。
c0337257_23151918.jpg
本殿はこちらでした。
改めて御賽銭を投入し、八百八個の事無理難題を奏しw 横を見てぶっ飛びました!
c0337257_23152323.jpg
なんともまぁ、見事な彫刻だごど!
流石は創建1300年以上の神社!

しかし、それ以上に気になるモノが、視界に入っていました。
c0337257_23153294.jpg
あ、あれ! あれがそうだ。
c0337257_23152704.jpg
アラハバキの神が宿る巨石・・・・・
c0337257_23153000.jpg
仏教以前の土着の信仰はとにかく巨大なモノを崇拝して止まなかったようで
巨石、巨木、巨峰に巨根! 巨乳に巨泉、なんつったって、野球は巨人(こらー!)

・・・コホン

とにもかくにも、藤原清衡が信仰して止まなかった場所を訪ねられ、
またひとつ想いを成し遂げました。


by Wild_Cat_Seeker | 2016-01-18 23:47 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(4)
2016年 01月 17日

旅の楽しみ(山岳展望)

c0337257_18313209.jpg
旅の始まりは、もっぱら東京駅
指定券を買ってあるので、発車5分前にでも乗りこめばいいのに
なぜか20分前には着いてしまっている。
そんな訳でカメラを構える訳ですが・・・・
c0337257_18313970.jpg
こっぱずかしいのでゴーディマクスリィ神は出しませんw
もっぱらガンダムホワイトM2で適当に撮り散らかします。
c0337257_18354870.jpg
2階建て新幹線は山岳展望の旅にはもってこいです。
残念ながら、東北新幹線からは引退しています。まぁ、それでも山岳展望のため、指定席はE席をとります。

仙台までは雲が多く、まともに山は見えませんでした。
こっぱずかしいのでゴーディマクスリィ神は封印してガンダムホワイトM2で勝負しますが
c0337257_20260101.jpg
なにせ時速320㎞で突っ走っているので、なかなかまともな絵になりませんな。
泉ケ岳の山々をなんとかゲット
c0337257_18355985.jpg
これはなんでしょうね? 左の山を拡大してみましょう。
c0337257_20442722.jpg
船形山だと思う
c0337257_20322065.jpg
なんだかわかりませんね。拡大してみましょう。
c0337257_20415413.jpg
電線被っちゃったけど、スキー場のようなものが見えるのが花渕山、左が大柴山、右奥の白い峰は禿岳の一部
c0337257_18360237.jpg
古川駅手前から真西を見ています。
左手前は薬莱山、中央奥の白い峰は、翁山から吹越山
c0337257_18360580.jpg
栗駒山を眺めています。
晴れの領域はここまでで、一ノ関から北、奥羽山脈は雪雲のヴェールをまとっていました。




by Wild_Cat_Seeker | 2016-01-17 21:09 | 旅行・地域 | Comments(6)
2016年 01月 16日

腹ごしらえ

c0337257_17270189.jpg

定宿のボリューム満点朝食(別名、昼飯イラズ(^_^)ゞ)を頂き、さて何処へ行こうか?
つーか、何処へ行って来たんだ?(笑)

by Wild_Cat_Seeker | 2016-01-16 17:25 | Comments(4)