山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 25日

週末覚書

10月も下旬に入った週末の出来事をつらつら綴りましょうかのう。
土曜日の朝、布団を干していると何やら視線を感じる。
c0337257_07592828.jpg
猫額庭園生存競争、今年のウィナーでした。
2度、3度続いた心無い除草剤騒動の中、よくぞ生き残りましたのう。
c0337257_08162025.jpg
夜は内食の宴会

☆おかひじきのおひたし
☆もやしとしらたきの中華餡
☆焼茄子なめこおろしがけ
☆すずきのお造り
☆鱈ときのこのホイル焼き

師匠ありがとう!
c0337257_08043827.jpg
そして・・・・・
c0337257_08002400.jpg
誕生日プレゼントでいただいた江戸切子に魂入れ(笑)

日曜日に入った未明から、ばーちは強風吹き荒れ
絶好の星空観察日和に!
c0337257_08011154.jpg
夜明け前 午前5時すぎの東の空に惑星大集合
これじゃ判らないっすよね。
c0337257_08021872.jpg
火水木金 4つの惑星が同じ視野に見えています。
え? これでも判りにくいですか? 
さもありなん・・・・
c0337257_08023054.jpg
右上から左下へ金星、木星、火星
c0337257_08025230.jpg
左の木の右にポチっと水星

さて、秋晴れの日曜日、どこへ行こうかのう・・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2015-10-25 09:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(4)
2015年 10月 21日

星を見る人

ワタクシがちょくちょく訪れる岩手県遠野市
いろいろな魅力に満ち溢れた街、郷、山・・・・
実はイチオシなのが星空です。

高清水、貞任、荒川高原、耳切山

高地に上れば、その恐ろしいまでの美しさに圧倒されるでしょう。

もっとも、そのためには足(クルマ)と暗闇や魑魅魍魎に負けない強い心が必要ですが・・・^^

足も心も持ち合わせないワタクシでしたが、遠野の星空は街中でも凄かった!
c0337257_23482255.jpg
宿の窓から、暮れゆく月を眺める。
c0337257_23484374.jpg
気付けば満天の星!
c0337257_23490228.jpg
目をこらせば(ISOを上げればw)
天の川も見えます!
c0337257_23491632.jpg
中央に「いるか座」

オソルベシ遠野の星空


by Wild_Cat_Seeker | 2015-10-21 00:30 | 空 雲 星空 | Comments(8)
2015年 10月 17日

向こう水菜夕食

c0337257_01075819.jpg
遠野まつりが終わった日の晩飯であ~る。
晩飯というよりは晩酌であ~る。

しかし・・・問題は・・・
c0337257_01081492.jpg
この、獲れたて水菜をどうするか・・・・
まさか、明日バ~チに持ち帰る?
だめっしょ! 獲れたてのみずみずしさが無くなっちゃうよ。
戴く時、根っこを切っていただいたので、さぁ、いよいよ今夜には頂かないと・・・

しかし、どうする?
調理道具も調味料もドレッシングもない旅先の宿で、どうやって調理する?
c0337257_01082482.jpg
スーパーのレジ袋を利用して、葉の部分を水洗いして、ボウル代わりの惣菜のトレイ蓋に盛る。
このままシャキシャキ食うのも、なんだな~、と考えるに、ヒラメキました。
皆の衆、最初の絵に戻っていただきたい。
シーザーサラダを買っていましたね。ドレッシングをこちらに流用しちゃおう!

んでも、皿がないぞ・・・・う~~~ん! あつっ! あれだ!
c0337257_01083291.jpg
なぜか捨てずに持ち帰った灼熱老尊珈琲のカップ!
これは適役だ!
c0337257_01084815.jpg
一品目 シャキシャキ水菜のシーザーサラダの完成で~す!

しゃきしゃきしゃきしゃき ごくん しゃきしゃきしゃきしゃき・・・
一心不乱に食べました。

さて、残るは茎の部分・・・・・
これはどうしよう?
そうだ! アレとコラボしてみよう!
c0337257_01085751.jpg
つーわけで、諸君、一枚目の絵を思い出してほしい。
ひじきの煮物と和えたわけであります。

しゃきしゃきしゃきしゃき ごくん しゃきしゃきしゃきしゃき・・・

しゃきしゃきしゃき 水菜食おうか 人獲って食おうか しゃきしゃきしゃき・・・

まるで「妖怪小豆とぎ」 ならぬ 「妖怪水菜食い」 であ~る。

よく咀嚼したので、この量で、満腹感ありでした。
水菜ダイエットとして売り出そうか(笑)


by Wild_Cat_Seeker | 2015-10-17 01:29 | 炎の料理人 | Comments(0)
2015年 10月 15日

赤蕎麦はしごツアー その二

マジカル・カミゴー・ツアーご一行が辿りついたのは上郷道路は夢産直付近
すでに周囲は闇が優位に立ち、それでも周りが赤いことは認識できました。
んじゃ、フラッシュかましてみようかのう。
c0337257_00525154.jpg
あ~、なんだコレは、これはナンダ!
カメラに附いているフラッシュは所詮、こんなもんですね。

どうします? 怒り山猫指令・・・

「ISO感度を限界まで上げろ。子供の駄々には付き合っていられぬ。」
c0337257_00532197.jpg
おお、肉眼以上に光が視界に満ちる。
c0337257_00534034.jpg
とうに闇に沈んだお六も満開の赤蕎麦を祝福しているよ。
c0337257_00535610.jpg
デジイチおそるべし!
c0337257_00541657.jpg
あの「はさ架け棒」保管施設は肉眼では輪郭しか見えません。
c0337257_00543849.jpg
夕映えが薬師、早池峯の向こうで
ラストダンスを踊っていました。

ここで、リムジンを駐車場に置かせてもらった恩義で
某女史が「老尊珈琲」を購入し、差し入れてくれました。

宿までの十数分で口中低温火傷とはなりましたが
この珈琲が、のちのち大活躍するとは
この時点では思うべくも非ず^^


by Wild_Cat_Seeker | 2015-10-15 01:13 | 花、植物 | Comments(2)
2015年 10月 14日

赤蕎麦はしごツアー その一

マジカル・カミゴー・ツアーに誘っていただいたのはH夫妻でございました。
期間限定の満開の赤蕎麦を「山猫」に見せてあげよう、という涙ちょちょんぎれの感謝感謝のお誘いだったのす。
c0337257_00215955.jpg
こちらはK花卉園様の赤蕎麦畑です。(少々コントラストをいじりました)
こんな機会は滅多にありません。
なぜなら、この畑は一般人が立ち入れない一画にあるからです。
c0337257_00221035.jpg
鼻息荒く撮りまくるワタクシ
c0337257_00222144.jpg
どんだけ傾いて撮ったのでしょうか?w
c0337257_00223230.jpg
秋の陽が釣瓶に乗っかった頃
c0337257_00224832.jpg
赤蕎麦畑の向こうをカマーが駆け抜けていきました。
もはやワタクシの拙い技術ではカマーをまともに撮ること能はず。
c0337257_00252713.jpg
遠野の空が夕映え作戦を企てる頃
c0337257_00253589.jpg
突撃、農家の作物巡りは最盛期を迎えておりました。
K花卉園の御主人様、まっことありがとうございました。
おみやげまで頂いちゃいまして、恐縮至極です。。
御誘いいただきましたHご夫妻様、まっことありがとうございました。

え? まだツアーは終わらないのですか?

んでは、またリムジンに乗りこみましょうw


by Wild_Cat_Seeker | 2015-10-14 20:19 | 花、植物 | Comments(4)
2015年 10月 13日

残照ざんしょ?

ここからは祭りの後のおはなしです。
24地割様と八幡宮前で別れ、ワタクシは松崎の夕暮れ風景を狙いに歩きました。
c0337257_23585797.jpg
牛も残照にリムを光らせ
c0337257_23591059.jpg
ししも・・・・と此方は日陰_| ̄|○
カンナガラの逆光はタイヘン美しいのですが・・・・

と、ここで某女史から「至急、八幡様へ戻れ」指令が!
c0337257_23594294.jpg
八幡様前でなんともケッタイな絵を撮っているうちに
マジカル・カミゴー・ツアーのリムジンがワタクシをさらっていきました。
c0337257_00003848.jpg
目をつぶったらオチてしまいそうでしたが、まわりの風景がそれを許しません。
カミゴーでどんな光景が待っているのか、よく把握していませんでしたが、
いぜれにせよ、時間との闘いなのは間違いないところでした。


by Wild_Cat_Seeker | 2015-10-13 23:58 | 遠野の里 | Comments(0)
2015年 10月 13日

穴八幡例大祭

のっけから某F氏の郷土芸能ブログっぽいタイトルですが、ワタクシのは単に野次馬ブログで、そんなに内容深く掘り下げませんので、ご了承くださいませ。

てなわけで、3連休最終日、東京ちょい散歩を企てました。
当初は大久保-戸山公園-穴八幡-水稲荷-新江戸川公園-永青文庫-面影橋と繋ぐ予定でしたが
目玉の永青文庫の展示会が殊の外混雑し、かつ同行したいという知人がいることから、今日は断念し、そのまま帰ろうか・・・
c0337257_05520889.jpg
と思っていたところ・・・・
c0337257_05515311.jpg
戸山公園の一画に急ごしらえの馬場が・・・・
穴八幡の例大祭で流鏑馬奉納があるというので、急遽腰を据えることにしました。
c0337257_05530389.jpg
神事としての流鏑馬は5人の射手奉行が1回だけ3つの的を射っていきます。
そのあとは18人の射手が流鏑馬を行う「行事」となります。
c0337257_05541483.jpg
c0337257_05543976.jpg
c0337257_05545282.jpg
命中率の高い「一の的」に陣取りましたが、ひどい混雑ぶりで、悪評高い自撮棒が頭上を徘徊したりで、神事が終わったことろで退散。
比較的空いている馬場元で流し撮りに挑戦しました。
c0337257_05551005.jpg
・・・・・流す対象が違わないか?w
c0337257_05552365.jpg
c0337257_05553772.jpg
気付けば13:00から16:00まで立ち通しでした。
c0337257_05560889.jpg
足が棒になり、愛機の7Dは何やら動作不良に陥り、撤収と相成りました。


by Wild_Cat_Seeker | 2015-10-13 06:25 | 東京ちょい散歩 | Comments(0)
2015年 10月 10日

早起きの結果と・・・

c0337257_18340220.jpg
今朝4:50 月と惑星が大集合するってんで、早起きしてみましたが。。。
設定ミスって全部失敗・・・_| ̄|○ 
ISOが。。。ISOがぁ~
c0337257_09320243.jpg
まったく、のほほんとシャッター押しているだけだから、こんな初歩的失敗するんよ。
c0337257_09322685.jpg
だいたい、なんでその場で結果を確かめなかったのかね~
c0337257_09323728.jpg
あんたみたいのを「極楽とんぼ」っていうのよ。
c0337257_09321420.jpg
・・・・・蜻蛉に言われちまったぃ(やれやれ)


by Wild_Cat_Seeker | 2015-10-10 18:47 | 空 雲 星空 | Comments(0)
2015年 10月 08日

加茂ね、か~もね、そう加茂ね

これは八幡山の中心で「アイイ~ン」と叫ぶ前の行状であ~る。
駅前定宿を出立して目指すは遠野郷八幡宮。

え? バスで? タクシーで?

いやいや歩きでしょう。ネタ探しの貴重な行程ですよ。
c0337257_23333002.jpg
つーことで、でーくちょうに至る。 
って、おいおい遠野郷八幡宮とは、ちと方向が違わないかえ?
c0337257_23335491.jpg
ありゃ、下早瀬橋を渡ってるよ。
無意識に方向修正を試みたのか、大通りから脇道へ進む吾
c0337257_23340943.jpg
ああ、ここは何処なの~
金毘羅神社って書いてありました。
c0337257_23353125.jpg
おそらく旧道筋なんでしょうね。
それが証拠に、この脇道は緩やかにカーブして大通りに再合流しました。
そこには門柱のような石碑が・・・・

さぁ、八幡宮に向おう・・・と思ったワタクシの前方に鬱蒼とした杉林が・・・・
c0337257_23354756.jpg
加茂神社の参道でした。
なんとワタクシ、遠野通い歴20年目にして初参拝です!
c0337257_23360571.jpg
アナーキー(穴開き木) イン ザ トーノ
c0337257_23362556.jpg
ツイストを踊る桜の老木
あの箱はなんだ? 養蜂箱かな?
c0337257_23363775.jpg
すぐ傍をバイパスが通り、甘いエグゾースト・ガスの香りがほのかに漂う。
門掛けをする神楽衆の鉦太鼓、笛の音がこだまする。

さぁ、祭りが始まるぞ。


by Wild_Cat_Seeker | 2015-10-08 23:54 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(2)
2015年 10月 07日

八幡山の中心の横で「あいぃぃ~ん」と叫ぶ

c0337257_17150271.jpg
前回はここまででしたね。
此処は八幡山山脈wを乗り越す峠です。
c0337257_17144485.jpg
東側の八幡山山頂方面へは踏み跡がありますので、楽に408.5mのピークに行けるかも
しれません。
c0337257_17153878.jpg
西側にある愛宕神社までは300mくらいですが、明確な道はありませんでした。
でも、何処でも歩いてええよ、的な尾根なので、難なく愛宕神社に至るものと
確信致します。
c0337257_17154800.jpg
やや! これは独走中の毒草w
ナントカトリカブトですね~
自然の環境で咲いている姿は初めてみました。
c0337257_17160315.jpg
明瞭な山道を下っていくと、沢の源頭に出ます。
飲めませんよ。泥多くて・・・・湿地状です。
c0337257_17161819.jpg
そうこうしているうちに畏れていた事態が・・・・
伐採地に特有の下草狼藉三昧w
足元を確かめつつ道筋を探す。
c0337257_17170425.jpg
道は斜面を沢の方へ下りて行くが、ちょっと待て!
c0337257_17171963.jpg
左の斜面の上に何か建物がある。
これは探らねばならない! 藪をかき分け登ると
c0337257_17174133.jpg
ありゃありや 
予想外のゴールインかな?
c0337257_17175928.jpg
あ~、よく来たのう!
c0337257_17181170.jpg
ん~よく来たのう!
c0337257_20340535.jpg
間違いありません。倭文(ひどり)神社です。

以前来た時はもっと鬱蒼としていた気がしますが
整備されましたかね?
c0337257_17184296.jpg
眼下には松崎の田園風景が望めます。
ここから、八幡宮まで帰らなければなりませんが、
往路を戻るのはちょっと・・・・

つーわけで遠回りになりますが国道で戻ることにしました。

ここまでの経路おさらいです。
c0337257_20493069.jpg



by Wild_Cat_Seeker | 2015-10-07 06:07 | 古道を往く | Comments(6)