山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 31日

回想の夏遠野  大入道湧く

c0337257_12325174.jpg

夏雲湧く貞任高原



c0337257_12325197.jpg



日差しが強すぎて、露出が・・・・





c0337257_12325128.jpg



あの雲の下まで走れ!



c0337257_12325196.jpg



それが、入道雲を見た時の掟だ。





by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-31 07:55 | 空 雲 星空 | Comments(5)
2014年 08月 30日

そこはかとなく晩夏

・・・・・まだ8月。。ですよね。
まるで秋霖の季節のようなバーチです。
今週はず~っと青空はおあずけ状態です。



雨降りの土曜日、この夏の画像を整理していると、賞味期限ギリギリの絵が何枚もあることに気付きました。



これはいかん! 
とにかく8月のうちに記事にしないと・・・・・



c0337257_12325153.jpg



某所のヤブカンゾウ(でしたっけ?)も盛りは過ぎていました。
黒いシミのように写っているのは花のナレノハテですから、
最盛期は見事でしたでしょうね。



c0337257_12325132.jpg


ヒステリックな豪雨が多い夏でした。
修繕しても修繕しても、このとおり・・・・(って、○び○び社務日記っぽくね??^^)

c0337257_12325135.jpg

秋に大挙して避暑地から帰ってくる赤蜻蛉のさきがけがチラホラ

c0337257_12325103.jpg

ちょっ・・・・・早まるな! 
思いとどまれ! まだ8月だぞ!

c0337257_12325116.jpg

赤い花かと思ったらキノコ・・・・・名前?
ヤブレカブレダケ・・・・・ウソウソ!

c0337257_12325106.jpg

ツリガネニンジンが盛りを迎えようとしていました。

もうバレバレですけんど、

c0337257_12325184.jpg

8月9日の遠野郷八幡宮の様子でした。



by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-30 12:28 | 花、植物 | Comments(2)
2014年 08月 28日

ゴノウを待ちながら

さてさて、せっかく日本海沿いを行くからには、五能線と日本海のコラボを撮りたいものだのう



c0337257_12325087.jpg



名勝、千畳敷とのコラボはいかが?



c0337257_12325031.jpg



夕暮れ日本海とのコラボは?



c0337257_12325014.jpg



此処は赤石川の河口
白神山地の核心部を流れる川です。
此処とのコラボもいいな~



c0337257_12325016.jpg



でも、五能線はいつ来るのだろう?



さながらゴノウを待ちながら、8月6日の夜の帳が降りてくる。



c0337257_12325037.jpg



途中の街では夏まつりの山車巡行に出会う。



んで、五能線は???
実は、この日(8/6)の豪雨で不通になり、本日現在も、一部区間で不通となっております。
_|‾|○



ワタクシは決して来ないゴノウ線を待っていたのですね。。。
そのおかげで、宿着が1時間は遅れましたでございます。。。



by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-28 21:59 | 鉄の目 | Comments(0)
2014年 08月 27日

旅のキロク 偽りの晴れ間

8月6日の旅路の続きです。



黒石から藤崎を経て旧大間越街道をひたすら走り、鰺ヶ沢へ至る。
バイパスの歩道をリードもつけない犬が単独歩行している。
よくよく見たら、なんと野生のニホンザルでした!
続石(さすが)は白神山地が近いだけある!



で、ついにこの旅初めて日本海を見た。



c0337257_12325079.jpg



ついさっきまで降っていました!みたいな沸騰する日本海・・・・



c0337257_12325045.jpg



群れ飛ぶ・・・・ではなくブレ飛ぶカモメ。。。。。
いやいや、太陽が・・・太陽が顔を出すぞ~!



c0337257_12325075.jpg



某国のヒトが見たら削除要求をするであらう旭日的情景!
え? 削除しませんよ。
そんなレベルの低い要求なんか、いちいち付き合っておられんですよ。



c0337257_12325023.jpg



カモメも嗤う



c0337257_12325050.jpg



いつわりの晴れ間



by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-27 23:29 | 旅行・地域 | Comments(0)
2014年 08月 26日

黒石逍遥

時系列的には、8月6日のこと
七時雨山で土砂降りとアブの猛襲をしのいで、十和田湖で霧にむせび泣きした後になります。



十和田湖畔を半周する間、ただ一台の車にも追い付かなかった8月ハイシーズンの奇跡を
堪能した後に降りた街が青森県黒石市でした。



この夏、初の青森県乱入でした。



c0337257_12324917.jpg



なぜか、郊外で、ローカル私鉄の来し方を見る



c0337257_12324929.jpg



なぜか、郊外で行きし方を見る。



時間が許せば乗りたかった弘南鉄道をこの場で撮り鉄^^






さて、黒石にはもうひとつ鉄道があったのす。



c0337257_12324938.jpg



え? どこに?
だ~ら、ここに!
はい、そ~なんです。
前世期末にすったもんだして廃止になった路線跡なのです。



すなわち、かつての国鉄黒石線。廃止後受け継いだ弘南鉄道も21世紀まで生き残る体力はありませんでした。

泣きながら嗤う人みたいな複雑系な北トーホクの空でした。



c0337257_12324955.jpg



現役の弘南鉄道 黒石駅



この先、数年で無くなってしまうかもなキビシイ世間でございます。





by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-26 23:10 | 旅行・地域 | Comments(2)
2014年 08月 25日

旅のキロク 八戸ナイト

8月5日の宿は八戸でした。
本当は青森ぁ弘前にステイしたかったのですが、なにやら夏まつりとかマラソン大会とかがあったらしく、



どっこも空いていませんでしたぁ~~_|‾|○



チェックインののち夕飯買いがてら、夜八戸逍遥をば・・・



なんつったって、あ~た!
八戸と言えば、飲兵衛横丁でしょう!



c0337257_12324976.jpg



をっ! あった、あった!



c0337257_12324952.jpg



宵の口だからか、閑散としておりますが



c0337257_12324922.jpg



雰囲気を満喫致しました。
その、つまり・・・・ピンで入る勇気が無かったわけで・・_|‾|○



c0337257_12324910.jpg



蒸し風呂のような八戸宵の口汗だく逍遥は
あっけなく終わったのでした。





by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-25 23:07 | 旅行・地域 | Comments(2)
2014年 08月 24日

旅のキロク 鹿角から大湯

この旅は実に大雑把な行動計画の下、始まってしまった。



ちなみに8月5日の行動予定は
7:30 北上の宿を出発
9:00  姫神山登山
13:00 八幡平逍遥
15:00  十和田湖~奥入瀬逍遥
17:00 八戸の宿着



まぁ、これを見て事情通の方は、鼻で笑ったことでしょう。
「周れるはずねーべ!」と



はい!無理でした!
まず、姫神登山開始からして9:30でしたし、下山が12:30
途中、酒を買ったり、耐えがたき眠気に仮眠を取ったりしたので
荒天の八幡平に辿りついたのが15:00でした。
この時点で十和田湖~奥入瀬プランは封印せざるを得ず・・・・
でも、あの場所だけは行かねばと十和田方面へハンドルを切りました。



c0337257_12324803.jpg



途中、目を見張ったのが鹿角花輪の街



c0337257_12324898.jpg



その繁華の理由が判らず、この数日後、遠野の事情通「爺様」^^にお聞きして
納得した次第です。
鉱山町であり宿場町であったのですね。



時間があれば街を逍遥したかったのですが、この時点で16:00を回っています!
急がねば・・・・・



c0337257_12324822.jpg



クルマを郊外へ走らせること十数分・・・・
ゾクッとくる風景に思わずクルマを止めて見入りました。



そう、ここが目的地でした。



c0337257_12324865.jpg



石・・・・ただの石ではございません。



c0337257_12324860.jpg



どこか、南洋の原住民の村を思わせる佇まい



c0337257_12324845.jpg



再び石である・・・・これだけ集まってくると、しかも規則性があると
単なる石が意思を帯びてくる。



c0337257_12324844.jpg



日本語で表現すると環状列石、英語で表現するとストーンサークル(日本語やないかい!^^)
縄文時代後期(約4000年前)の遺跡です。
墓跡とか祭祀場とか日時計とか云われております。



c0337257_12324836.jpg



ご家庭で手軽にできる超広角撮影^^で全景を捉えます。



なんと言いますか・・・・ふと我に帰ると、感知できない時が流れていて
つまりは「うすらぼぉ~」っと眺めているヘンなチューネンオヤジ化していたわけで



c0337257_12324871.jpg



圧倒されました。
圧倒されて、あっと言う間に時刻は17:00を回ってしまいました。
本来なら宿に着いている時間です。



な~に、ここから十和田インターまではすぐだし、
東北道、八戸道を経由すれば、一気にチェックインだ!



また、事情通の方が鼻で笑いましたね。



そう、十和田から八戸までは距離にして107キロありまして
時速107キロで1時間、時速214キロで30分・・・・
しかも八戸インター降りてから宿のある中心街まで微妙に距離があったりして
しかも道に迷ったりなんかしちゃって、宿でチェックイン済ませたのは
18:40頃のことでございました。



by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-24 05:39 | 旅行・地域 | Comments(8)
2014年 08月 23日

旅のキロク あの雲に突っ込め!

c0337257_12324752.jpg



これも8月5日 姫神山登山後のハナシです。
岩手山麓の大更辺りを八幡平樹海ライン上部から眺めています。



c0337257_12324731.jpg



晴れているよね~
あそこに留まっていれば、夏休みの絵日記で「今日も良く晴れて暑かったです。」
と書けたのに・・・



c0337257_12324764.jpg



岩手山の裾野
たおやかなラインを乱すのは人工的建造物と火山の気まぐれのせい^^



c0337257_12324722.jpg



道路端にいきなり源泉
すごいすごいとカメラをいじくっているうちに本格的な降雨が始まり、
視界10mの濃霧帯に突入した。



c0337257_12324733.jpg



晴れていたら、八幡平を逍遥しようと考えていたのですが・・・・・・
さて、どっちに行こう?





 



by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-23 06:08 | 旅行・地域 | Comments(0)
2014年 08月 21日

旅のキロク 教科書で見た光景

時間軸で言えば、姫神山を登った後のキロクです。
岩手山の焼け走り溶岩流を見て、昼寝かました後に訪れました。

c0337257_12324771.jpg

ああ、厨房の頃、教科書で見た光景だ!



c0337257_12324773.jpg



松川の地熱発電所は優しいとは言い難い硫黄の香りに満ち満ちていました。




by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-21 23:23 | 旅行・地域 | Comments(0)
2014年 08月 20日

まひわりな遠野

c0337257_12324676.jpg

半月早すぎる!

半月遅い花を探しているんだけど~

c0337257_12324659.jpg

落ち武者が嗤うが、ワタクシはこの花を求めていた。

c0337257_12324613.jpg

こやつらに見つめられて、ため息をつきたかった。
満足しました。

c0337257_12324622.jpg

SLが来る時は数百人がここに集うらしい。
そういうの苦手なワタクシは泣き出しそうな空の下、
ひまわり畑を独り占め!

c0337257_12324798.jpg

SLが来るまであと3時間
でも、帰らなくてはならない・・・・・通い人の悲哀



by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-20 05:05 | 鉄の目 | Comments(2)