<   2014年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 31日

道すがら

このところ、遠野へクルマで向う際、東北道を使った記憶がない。
理由は明白



混む! 単調! 高い!



さて、今回はどのルートで行きましたかね?



三郷IC-(常磐道)-いわきJCT-(磐越道)-会津若松IC



いきなりコースアウト気味ですが、東北道の福島付近が断続20キロ渋滞だったので
仕方なく^^



途中、三春辺りから見える残雪の安達太良山を見て、旅の「お題」が決定致しました。



絶景東北の名峰巡り旅



これでキマリです~! これしかないのです! あ、あ~(笑)



磐越道が長いトンネルを抜けて猪苗代湖畔に達すると
どーん!と見えるは会津磐梯山です。



「Sorry No Image」



運転しながら撮るのは危険行為なのでやめましょう^^



会津若松-(R121)-米沢



もう、このルートで一際目立つ山といえば・・・・



c0337257_12321010.jpg



飯豊山でございます。



c0337257_12321043.jpg



会津盆地は田に水が入りつつありました。



c0337257_12321070.jpg



雲雀が「ちーちく、ぱーちく」空高く唄う田の畔で大休止。
東北道へ行っていたら、たぶん福島トンネルのあたりで渋滞に巻き込まれイラx136していたことでしょう。




米沢-(米沢南陽道路)-(R13)-上山IC



このルートでは、飯豊山と朝日連峰が眺められます。



「Sorry No Image」



運転しながら撮るのは危険行為なのでやめましょう(またかい!)^^



ここで失策・・・・・
南陽市から上山ICまでが思わぬ渋滞でした。
最上川沿いの一般道へ迂回しておけばよかった、と反省。

上山IC-(東北中央道)-山形JCT-(山形道)-鶴岡JCT-(日本海東北道)-酒田みなとIC



このルートでは出羽三山に最接近いたします。



c0337257_12321097.jpg



ええっと・・・・このうちのどれかが月山です!^^
もしかしたら左は湯殿山かしらん?
I don't know .  you don't know     で湯殿山と命名され←<とっす!



日本海東北道に入ると、前方に見えてくるのは鳥海山



c0337257_12321174.jpg



運転しながら撮るのは危険行為なのでやめましょう(撮ってないかぁ?)^^



この後、天気は急速に悪化し、お山は見えなくなってしまいましたとさ。



酒田みなとICからは R7-R108-R13 という訳アリ変則ルートを通り、
湯沢から再び高速道路に乗りましたが、秋田道に入って、まさかのノロノロ運転
原因を作っていたのはご老人の運転する軽自動車でした。
高速道路を時速50キロで走ってはいかんがな!
湯田錦秋湖まで、とんだ拘束道路でした^^
どれだけ流れをせき止めていたかは湯田錦秋湖から北上JCTまで一台のクルマにも追い付かずに走りきれてしまったことからもお判りになれるかと^^



c0337257_12321194.jpg



んで、釜石道 宮守IC到着
遠野入りに高速道とは 山猫は横着



そのそしりは甘んじて受けましょう。
人は楽な方、楽な方へと流されていくのでございます^^



by Wild_Cat_Seeker | 2014-05-31 10:56 | 旅行・地域 | Comments(4)
2014年 05月 29日

宴会

おいしいもの・・・・・・
いちいのマスター。いつもありがとうございます。



c0337257_12320927.jpg



c0337257_12320956.jpg



c0337257_12320970.jpg






















c0337257_12321060.jpg



c0337257_12321024.jpg



かんぱーい!






んじゃ、2次会ね。  
天馬のママ いつもありがとうございます。



c0337257_12321028.jpg



c0337257_12321081.jpg



かんぱーい!



c0337257_12321015.jpg



はしゃぐ馬鹿^^



c0337257_12321051.jpg



はずかしがりやの浜省^^



c0337257_12321011.jpg



あばれる馬鹿^^






ふう、騒いだ騒いだ・・・・小腹が減ったのう・・・・・



c0337257_12321021.jpg

つるやさん、いつもいつも、ありがとうございます。

「しゃきっとするニョロよ! 青少年~!」 っその つるやさんじゃない!w



c0337257_12321085.jpg



かんぱーい!(まだ飲むか!^^)



c0337257_12321075.jpg



やはり、最後はこれで〆なきゃ、遠野ぶれんど宴会は終わらない。



c0337257_12321098.jpg



殲 滅 ! (ひさしぶりー^^)



翌日、大寝坊して、荒川駒形神社の例祭すっぽがしたのは蛇足^^
たとえ起きられても酒気帯びでクルマ運転不可だったろうね_|‾|○

愚行は、もうすまい!  と強く誓ったのちにするから

ジツは

面白い!(笑)



by Wild_Cat_Seeker | 2014-05-29 06:25 | 遠野ぶれんど | Comments(4)
2014年 05月 28日

遠野 野生の王国 PART2

5月の耳切山はホンドテンのパラダイスでした。
出てくるわ出てくるわ!総勢7頭? 8頭?

c0337257_12320999.jpg
なんか、クルマの前に急に飛びだしたり、延々と前を走ったり。
あやつら、もしかしてクルマ相手に遊んでいるのか? と思わせる行動です。



c0337257_12320949.jpg



荒川高原で、謎のイキモノに遭遇しました。
大木のうろの中で蠢いていましたが
どうやらクマーではなさそうです(爆)



c0337257_12320986.jpg



逃げないどーぶつ
あおずす(ニホンカモシカ)の子供です。



耳切山にて





最後は世にも珍しい6本脚の動物です。



c0337257_12320932.jpg



これは判りにくいですね



c0337257_12320994.jpg



これでどうです?
脚が6本あるでしょ?(笑)



c0337257_12320955.jpg



イタチが獲物のカエルを咥えて走っているのですが、遠目には奇怪な生物に見える^^



以上、遠野 野生の王国 特集でした(オイオイ





by Wild_Cat_Seeker | 2014-05-28 06:43 | 遠野の動物たち | Comments(6)
2014年 05月 27日

遠野 野生の王国 PART1

遠野を訪問して楽しみはいろいろあれども
そのうちのひとつは野生動物を見られること
今回もいろいろと出逢ってきましたよん。

c0337257_12320809.jpg

奥と手前(ピンぼけ)の赤っぽい鳥はアカハラです。
鳥業界wでは一番の早起きで、夜が白み始めるとすぐに
「キョロン キョロン ジ~」と済んだ声で鳴き始めます。



中景の黒い鳥はクロツグミです。
美しいさえずりを聞かせてくれます。
英名はブラックバード。THE BEATLESのBLACK BIRDを思い出しますが
この曲はアメリカの公民権運動を唄ったもので、鳥の歌ではありません。



早朝の鍋倉山にて


c0337257_12320886.jpg



こちらはコマドリです。
さえずりが馬のいななきのように聞こえるので、駒鳥ということです。



猫耳山中腹にて



c0337257_12320840.jpg



蝶もひとつご紹介
ミヤマセセリ



別に希少種ではありませんが
春先だけに姿を見せる蝶で、しかも地味で小さいから
遠野の方でも初めて見た! とおっしゃるかた大多数だと思われ^^



猫耳山尾根上にて



c0337257_12320913.jpg



木々の向こうで蠢く黒い物体



c0337257_12320923.jpg



ワタクシを2度も威嚇してきたツキノワグマ(メス、当歳児2頭連れ)
最も危険な子連れ熊のテリトリーに侵入したワタクシが悪いので、
駆除なんかしないでくださいね。



by Wild_Cat_Seeker | 2014-05-27 06:30 | 遠野の動物たち | Comments(2)
2014年 05月 26日

遠野ヌコ事情2014春

街のヌコの多きこと諸国その比を知らず



そう遠野物語には書かれて・・・・はいませんが^^
いやはやホントに多いんですよう。



c0337257_12320803.jpg



ほら、居た!
これは通称、博物館ヌコですな。



c0337257_12320889.jpg



あ、見つかっちまったい!的な・・・・・・^^

石碑にも「猫として出でよ」と書いてある(カイテナイ!w)

おやおや?



c0337257_12320843.jpg



てへぺろ! かい?(笑)



c0337257_12320850.jpg



肉球ちょっとだけよ。あんたも好きね~的な・・・・^^



c0337257_12320820.jpg



お、あれは駅前通りのヌシぬこ
朝は上りたてのお日様を浴びるのが日課だね。



c0337257_12320892.jpg



とオモタら、夜も同じ場所に座っていました。
相当お歳を召した老猫とみました。



c0337257_12320815.jpg



こちらは北京亭跡
たしか牙をむく犬の牙城だったはずだが
いつのこまにか猫の牙城になっていました。
おやおや~?



c0337257_12320879.jpg



きみも「てへぺろ!」かい?(笑)
どうやら今年の遠野ヌコ界では「てへぺろ」が流行っているらしいな^^



c0337257_12320890.jpg



さらに2匹出てきました!
視線の先には魔女「猫使いサリー」wが居て
「マハリクマハリタ~、猫じゃ猫じゃを踊りなさーイ!」と
呪文を唱えていました。
続石(さすが)です!(爆)



以上、今年の遠野ヌコ事情でした^^



by Wild_Cat_Seeker | 2014-05-26 05:33 | 遠野の動物たち | Comments(2)
2014年 05月 25日

宿題ぶらびあ 検証の巻

総入れ歯。。。そう言えば^^
謎の組織「numadoc機関」のnumako総帥から宿題が出ていましたね。



c0337257_12320783.jpg



あ~、ここはどこなの~?(w



ここじゃないっかな~?



c0337257_12320789.jpg



川は手前のがけ下を流れて、向こうの山裾を巻くように流れていきます。
山の形に着目したワケなのですが、うーむ、もう少し傍証が欲しいところです。



c0337257_12320752.jpg



この角度で切り取ると、似ているっちゃ~似ているw
多分、この左下あたりから見たらなお一層判りやすいのではなかろうか。



c0337257_12320769.jpg



で、廻り込んでみたが、この地点からでは全然ダメだ。
やはり川に降りてみないといけないが、
核心部分はもろ私有地で近づくこと能はず。。。_|‾|○



c0337257_12320787.jpg



川沿いに進攻しようとしたけど、この水量じゃねぇ・・・・
かといって藪の中に突入するのは、ちょっと腰が引ける



結局、確証を得ることなく撤収したのでした。。。



by Wild_Cat_Seeker | 2014-05-25 05:56 | 遠野の川 | Comments(0)
2014年 05月 24日

久しぶりの森林軌道探索

久しく休止していた附馬牛の森林軌道跡探索
季節も頃合いですし、別の目的もあったので
5月4日の午後に重湍渓の未踏部分を歩いてみました。



c0337257_12320684.jpg



ふるさと林道小出中滝線が重湍渓沿いに降りてくるところに
そのヘブンズゲートはあります。
夏場は猛烈なブッシュになるため、早春か晩秋にしか入れません。



c0337257_12320609.jpg



下りこう配が終わる処で振り返ってみると・・・・・
左端がかつての森林軌道の床面
その上に土が盛られて林道に通じています。



c0337257_12320610.jpg



ここからが真の森林軌道跡
廃鉄の血が騒ぐw



c0337257_12320606.jpg



重湍渓と名残の桜



c0337257_12320695.jpg



山の端を巻こうとするところで平坦地が広がり、同時にブッシュも酷くなる。
ここで度肝を抜くハプニングが起こったが、多くは語りません。



c0337257_12320671.jpg



どうみても獣道を川の方へ移動すると



c0337257_12320634.jpg



橋台キターーー!



c0337257_12320682.jpg



あわよくば渡渉して、先に進みたかったのですが、この水量では無理!
いつか溺れ死ぬ運命を背負うワタクシは戻るしか選択肢がございません。



戻りたくねーなー・・・・と思っても選択の余地はありません。



あと十数メートルでふるさと林道という処で再び、度肝を抜くハプニング!
多くは語りませんが、こうしてブログでほざいていられるのは
ただ幸運だっただけかも知れません。



次の日、同じ市内でドクターヘリが出動する騒ぎがありましたからね~



クルマでぐるっと遠回りして、中滝地区へ移動。



c0337257_12320720.jpg



集落のはずれを築堤の曲線が森の中へと続いていました。



c0337257_12320791.jpg



侵入禁止ゲートが・・・・・あんなことがあったので侵入するつもりは毛頭ありませんが^^
さっきの鉄橋跡までは距離にして300mちょっとです。



c0337257_12320797.jpg



ゲート前から下流方向
なかなかになまめかしい曲線です^^



c0337257_12320731.jpg



今回辿った個所は赤線の部分です。
中滝から犬淵の鉄橋跡までも未踏ですが、とても足を向ける気にはなれませんでした。
それはまた別の機会に^^



by Wild_Cat_Seeker | 2014-05-24 05:28 | 鉄の目 | Comments(6)
2014年 05月 23日

小友峠開通

猫耳山登山の折、ダメ元で小友峠への道を辿ると・・・・・



c0337257_12320621.jpg



おや? 進入禁止ゲートが撤去されている!
開通したんですね。いつ? え? 去年の11月24日?
一番乗りしたかったな~、11月23日に^^



で、かつてのダート道くねくねを懐かしみながら・・・・



c0337257_12320602.jpg



懐かしむ間もなく^^一気に登りつめます。



c0337257_12320653.jpg



旧道跡
通るのは鹿、熊、タヌキ、キツネ、テン、イタチ、山猫くらいですな^^



c0337257_12320603.jpg



前方小友峠まではアクセルひと踏みです。



結構、みなさん利用なさっていて、おちおちスタンディング・オベンションも出来ません^^
しかし、開通まで長かったですね~
2007年当時は翌年には完成する勢いでしたのに。



いずれにせよ、小友から遠野市街への最短経路が出来ました。



by Wild_Cat_Seeker | 2014-05-23 06:15 | 新しきモノ | Comments(2)
2014年 05月 22日

山猫、夜鍋する

別に季節はずれの鍋パーティーをしたわけではござらん。



夜の鍋倉山に上ることを
古来、遠野では夜鍋をすると言い・・・・・あ、なにをするあqwせdrftgyふじこlp;@:「



c0337257_12320561.jpg



だってさぁ、「らりくつさま」が誘うんですもの・・・・
今なら照明設備完備で足元も見えるし・・・・・



c0337257_12320518.jpg



暗い石段もへっちゃらさ。



c0337257_12320554.jpg



ほら、明るい明るい





c0337257_12320555.jpg



上空で三日月が嗤う



c0337257_12320548.jpg



星空撮影をかましましたが、絶妙にもやっていて4等星までやっと、て感じです。



c0337257_12320511.jpg



柄杓の水がぶちまけられていますから仕方ないですね^^



c0337257_12320515.jpg



再び月が嗤う



いいかげん寒くなってきたので街に戻ると



c0337257_12320504.jpg



狼がキバをちらりと見せて嗤う



夜鍋はやはり嗤われる行為なのだろう。




by Wild_Cat_Seeker | 2014-05-22 06:34 | 陰影明暗症候群 | Comments(0)
2014年 05月 21日

今年のマイベスト桜画像

飛んでしまう赤い屋根を抑えていったら桜がみょ~~っと浮き出てきました。

c0337257_12320520.jpg
そういえば、花っこはアンダー気味に撮れ が鉄則でしたっけ?



c0337257_12320590.jpg



アンダーすぎないか?^^

c0337257_12320512.jpg



しかも、梅・・・・混じっていないか? ~~





More

by Wild_Cat_Seeker | 2014-05-21 05:23 | 花、植物 | Comments(0)