<   2013年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 28日

遠野まつり 初日その3

初日パレードはいよいよ「しし踊り」に



「しし踊り」「獅子踊り」「鹿子踊り」など表記は様々ですが、一様に太鼓を持たずに踊る幕踊り系のしし踊りです。



c0337257_12304039.jpg



しし踊りはそれぞれの役割を担うユニットの集合体です。
先頭を行くのは「種ふくべ」と呼ばれる、しし踊りにおける司令塔のような役割で
すべての踊りを熟知した超ヴェテランの方が演じます。
その後に「つっちゃい子供たち」が演ずる「ふくべ」さらに「中たいこ」が続き



c0337257_12304080.jpg



「刀かけ」が続きます。
扇子を持って踊ったり、時には刀を抜いて、ししと立ち回ったりします。
伴奏は太鼓と笛の極々シンプルな構成ですが、太鼓は鼓膜はおろか全身が共鳴するほどの重低音で、言うなれば郷土芸能界の「ヘヴィーメタル」だ!^^



c0337257_12304071.jpg



その後で一匹だけで踊る「しし」が「中立(なかだち)」で、数居る「しし」の中で一番踊りが上手い人のポジションだとか。



c0337257_12304052.jpg



そして隊列の一番うしろにメインのししが続きます。
正式には12匹必要なのですが、それだけの「しし」を揃えられるのは遠野広しといえども1団体か2団体・・・というところで、各団体の悩みの種だそうです。

c0337257_12304085.jpg



さて、そもそも、しし踊りは何を目的に踊っているのでしょう?
その役割のひとつは「褒める」こと。

遠野物語の最後に100年以上前に聞きとりした(つまりは200年以上前)「しし踊り」の唄が記述されています。
まさに色々なものを褒めてます。
門、庭、家、橋、馬場、宿、馬屋・・・などなど・・・



c0337257_12304091.jpg



ええっと、何を褒めてらっしゃるのですか?
「判らぬか? INDY褒めじゃ!」
は?
「まゐり来て此のパチンコ屋を見申せや。一パチ懐に優し也。等価で当たればこがねおくおく。」^^



おあとがよろしいようで^^



 



 



 



 



 




More

by Wild_Cat_Seeker | 2013-09-28 08:54 | 遠野の祭り | Comments(4)
2013年 09月 26日

遠野まつり 初日その2

さてさて、山口さんさをもっとアップしたいところですが、他の団体も目白押しの初日パレード。
山口さんさは別途、特集を組みますので、目についた芸能団体を御紹介しましょう。



c0337257_12303969.jpg



神楽の団体も多数参加しています。



c0337257_12303937.jpg



なぜか毎年撮ってしまう「その者青き衣をまとい」な手踊り団体



c0337257_12303977.jpg



横田田植踊り



c0337257_12303990.jpg



宮守小さんさ



c0337257_12303938.jpg

そして暮坪虎舞

c0337257_12304044.jpg

傍で熱心にシャッターを押していた笛吹さん曰く
「来年から見られないかも知れないから、よぅく見ておけ。」

c0337257_12304097.jpg

少子高齢化の波は地域の芸能団体の存続を脅かすのです。

パレードはまだまだ続く・・・・・・
あれも、これも、まだ出てきてないですよ~^^



by Wild_Cat_Seeker | 2013-09-26 06:01 | 遠野の祭り | Comments(4)
2013年 09月 25日

遠野まつり 初日

c0337257_12303838.jpg
一日市通りの東に天狗様集結



c0337257_12303884.jpg



正確には猿田彦かな?
とにかく遠野まつり参加団体のパレードの道案内を担当するようだ。



c0337257_12303833.jpg



市役所跡の広場ではオープニングセレモニーが佳境で
例年通り、北湯口舞さんが、オリジナルの舞を・・・・・
あれ? 変だな・・・・・



c0337257_12303820.jpg



似ているけど、違うね。
影武者? 替え玉? スタントマン?
謎は深まります。



ともかく、パレードがスタートしました。



c0337257_12303813.jpg



遠野太神楽
いつも羽織物からちらりと顔を覗かせて、独特で優雅な舞を披露します。



c0337257_12303880.jpg



お? おお~!



c0337257_12303876.jpg



山口さんさ キター



c0337257_12303842.jpg



相変らず、優雅で美しい演舞です。



c0337257_12303888.jpg



c0337257_12303869.jpg



c0337257_12303919.jpg



c0337257_12303953.jpg



相変らずクオリティの高い皆さんです。



c0337257_12303903.jpg



どなたかもアップしてらっしゃいましたが、べそをかきながら父親から離れようとしない
つっちゃい女の子。



c0337257_12303942.jpg



未来の未来のエースになるのだよ。



おっと、いかん。。ついつい山口さんさ特集になってしまう^^



パレードの続きは次回に。




by Wild_Cat_Seeker | 2013-09-25 06:02 | 遠野の祭り | Comments(12)
2013年 09月 24日

宿命の対決

いきなり、遠野まつりの画像に行かないところが
山猫ブログの不埒なところでして、話的には9月21日のエントリーの続きとなります。
目下のところ、関東から最速で遠野入りするのは東京を6:04分に出発する「やまびこ」に乗らねばなりません。そうすると新花巻で快速「はまゆり」を捕まえられ、10時には遠野入り出来るわけです。
当然、関東から遠征してくる遠野ぶろがぁ諸氏はこの乗り継ぎをするわけで、「ぴろゆぅ」氏も
例外ではないわけで・・・・・毎年のようにワタクシの背後からぶつかってきて
「これはこれは、ひょんなところでお会いしましたね~。どちらまで?」
「遠野まで」
「それは奇遇ですなぁ。ワタシもですよ。」
などと、しょーもない、ボケツッコミをしてからカマーの人となるわけだが、
今年こそは逆にワタクシの方からキャリングケースもろともボディアタックをかまして
倒れ伏してピクピク痙攣している「ぴろゆぅ」氏に向って
「これはこれは奇遇ですなぁ~」
などと言ってみたく、新花巻駅に着く前から索敵モードになっていたのでした。

さて、「やまびこ」が新花巻に到着すると
偶然にも前方を少々小走り気味に階段に急ぐ「ぴろゆぅ」氏の背中を発見したのでした。



「むっふふ、ワタクシに背中を見せたウヌが不覚よ。」



勝利をほぼ手中に収めたワタクシは混雑する改札前をネコ歩きで、そそくさと歩きぬけ、
さぁ、「ぴろゆぅ」氏を追いかけようとした時であった。
いきなりレーダーロックオン警報が鳴り響き、背後を振り返ると、
そこには逆転勝利を収めて「どや顔」の「ぴろゆぅ」氏が・・・・・



ううう、先に行ったと見せかけて、待ち伏せしているとは
不覚なのはワタクシの方であった。
これで直近3年間は0勝3敗だ_|‾|○



c0337257_12303703.jpg



カマーは午前7時台の横須賀線グリーン車並みの混雑ぶりで
「ぴろゆぅ」氏は、これも毎年恒例ですが、ケータイで仕事の指示を出しまくっている。
思わずリゲインを差し入れたくなる程のジャパニーズ・ビジネスマンぶりです。



c0337257_12303798.jpg



車窓は秋がいっぱいで、思わず撮影モードに入ってしまう。



c0337257_12303711.jpg



随所で感じるのは送電線、電信柱のお邪魔っぷり。
せっかくの良い景色が勿体ないことこの上ない。



c0337257_12303759.jpg



谷地八幡と猫耳山の中を引き裂く、ペッパー警部のような(?)電信柱・・・・・



c0337257_12303765.jpg



脇腹に皮膚病を発症した猫耳山
小友峠越えの新道工事ですが、結構大胆に斜面を削っています。
猫耳様のたたりがなければよいがのうw



c0337257_12303757.jpg



通称「ニセ谷地八幡」(*)
野焼きと稲のハセ掛け準備はなかなかに秋の里的風景だ。
もそっと左から低く狙ったら里コン候補になったのだが、
なにせ時速80キロで走っている「はまゆり」からの撮影
しかもソフトフィルター(カマーの窓w)をかけているので
選考の初期段階で落とされますでしょう。



c0337257_12303756.jpg



ここはどこ?



c0337257_12303717.jpg



ここでした。
通称「へのおと」前(*)
実際は背後にあったので見られませんでした。



c0337257_12303783.jpg



猿ケ石川を渡ると、いよいよ遠野駅です。
遠野まつりが今年も始まる。



c0337257_12303772.jpg



おお~っと!
カマー利用者には、これまた専用の「へのおと」があったのですね。



完ぺきだ!(なにが?w)



んでは次回から、しつこくひつこく執拗に遠野まつり特集に突入します。



More

by Wild_Cat_Seeker | 2013-09-24 16:08 | 鉄の目 | Comments(10)
2013年 09月 23日

連休最終日

c0337257_12303607.jpg

朝食を鱈腹頂き、間もなく帰りの汽車wが出る
でも、誰ひとり、ワタクシがまっすぐ帰京するなんて思わないよね(笑)
ワタクシも思ってない(笑)。



by Wild_Cat_Seeker | 2013-09-23 07:20 | 遠野の街中で | Comments(12)
2013年 09月 21日

いつもの

c0337257_12303696.jpg

なんかこの新幹線、ついこの前に乗ったような気がする。
デジャブだな。
よくあることだ(笑)

by Wild_Cat_Seeker | 2013-09-21 06:01 | 鉄の目 | Comments(8)
2013年 09月 19日

秋の夜長の遠野しりとり合戦

夜が長くなりましたな。
秋の夜長、暇持て余しな皆さんのお勧めなのが「しりとり」



なんだって?



そう、「しりとり」だ。^^



んじゃ、いくよ。
遠野で撮った写真に限定ですよ。
では、最初はワタクシから



c0337257_12303536.jpg



かっぱろーど  の「ど」



c0337257_12303533.jpg



どぞう の「う」



c0337257_12303595.jpg



うし の「し」



c0337257_12303554.jpg



しろれんぬ の「ぬ」



ぬ、ぬぬぬぬ~ ぬ~! あ、ポン!



c0337257_12303564.jpg



ぬこ の「こ」



c0337257_12303575.jpg



こすもす の「す」



す、すね すすすすすすす~ す? おお~これだ。



c0337257_12303582.jpg



すけあくろう の 「う」



う~、ううううううう、う~



c0337257_12303557.jpg



うし!



ぶぶ~
うしはさっき出ましたよ



by Wild_Cat_Seeker | 2013-09-19 01:10 | ネタっこを起こす | Comments(10)
2013年 09月 18日

円熟のおっけ方



 



c0337257_12303425.jpg
長年注目してきた上郷のおっけそうな鳥居





c0337257_12303429.jpg



前後の傾きに加えて、左右の傾きが顕著になってきました。



c0337257_12303489.jpg



おっけそうなモノ愛好家の間では、この状態を「ツイストを踊りだす」と表現していて
おっけそうランキングでは最高位の芸術性と位置付けられています。



c0337257_12303586.jpg



一時期は釜石道の予定線にモロ掛かっているかもと危惧されました。
幸いにも200mくらいの差で難を逃れて、こうして「おっける度」に磨きをかけているわけです。



c0337257_12303541.jpg



おっけそうな鳥居が眺めて来た上郷の田園地帯



c0337257_12303515.jpg



なんでもないような風景が実は貴重なのかもしれない。
釜石道工事による変わり具合を目の当たりにして、ふとそう思いました。





by Wild_Cat_Seeker | 2013-09-18 06:29 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(6)
2013年 09月 17日

釜石道最前線2013夏

釜石道 遠野IC-遠野住田IC



3年前には、まぁ、そのうち造るかも、な区間だったのですが、大震災の教訓として
ライフライン的性格を与えられ、最優先開通促進路線にのし上がりました。

その決定から約2年、工事は同時多発的に始まっていました。

c0337257_12303387.jpg



「へのおと」を遠望するこの地は、すでに遠野インター予定地よりも東側



c0337257_12303323.jpg



盛り土工事が始まっていました。



c0337257_12303341.jpg



此処は来内
バス停「来内権現」付近



c0337257_12303315.jpg



右手の丘の上に釜石道工事の現場がありました。



それでは、峠を越えた廻立側はどうでしょう?



c0337257_12303350.jpg



此処を釜石道が横切るのですね。





c0337257_12303477.jpg



廻立の田園風景をおそらく盛り土で走りぬけ、最後の丘陵地帯は切り通しで抜けるみたいです。
あの丘の向こうは遠野住田ICです。



変わりゆく遠野を記録していかなければならないけど
感情の起伏は見せないようにしたいと思う。




by Wild_Cat_Seeker | 2013-09-17 06:31 | 新しきモノ | Comments(4)
2013年 09月 16日

遠野郷八幡宮例大祭2013

今年の遠野郷八幡宮例大祭には馳せ参ずること能はず・・・となるところでした。
3連休という絶好の条件にも係わらず、身動き可能なのは15日だけという事実
さらに予期せぬ台風来襲という悪条件・・・・・
なんか寄ってたかって行くことを諦めさせるような情勢・・・・・



だからこそ



意地でも行ってやろうじゃないの!



という山猫的へそ曲がり行動パターン全開でした。



c0337257_12303243.jpg



c0337257_12303273.jpg



すっかり嵐を呼ぶ男になっちまったワタクシ
例年にないほど雨にたたられた例大祭でした。



c0337257_12303222.jpg



そんな雨の中、奉納する郷土芸能団体

c0337257_12303206.jpg


頭が下がります。



さて、雨は降り続きますが、流鏑馬は予定通り奉納されました。



c0337257_12303390.jpg



今年はポジション定まらず、流浪の民と化しました。



c0337257_12303302.jpg



雨降りでいつもより暗い中、シャッタースピードを上げなくてはならない。



c0337257_12303306.jpg



射!



c0337257_12303307.jpg



とっす!  



c0337257_12303366.jpg



よう射たりや~



さてさて、せっかくカメラの機能として、AI FOCUS や連写があるので
ちょいと活用したいと思います。



c0337257_12303354.jpg



まぁ、たまには、こういうこともある^^



今年も画像選択は超楽チンでした。



なぜならば、殆んど全部失敗だったからです!(笑)



 



by Wild_Cat_Seeker | 2013-09-16 01:36 | 遠野の祭り | Comments(22)