山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 28日

夏来い夏恋 あたいの夏乞い

周りはいつの間にやら春爛漫となっていました。

c0337257_12301413.jpg

「川を下っているうちに季節が遡ってしまうなんて、なんとも面妖な話だなぁ。」



c0337257_12301435.jpg



「思えば、桜が遅い春だったなぁ・・・・・」
「ちょいと、お待ち~」



c0337257_12301415.jpg



「やっぱり、冷夏と関係あるのかな?」
「いい度胸してるじゃないか。あたいを無視かえ?」



c0337257_12301476.jpg



「お待ちったら、お待ち!」





「あ、あ~! あたいの姐さん! 御無沙汰しておりました。」



c0337257_12301411.jpg



「相変らず、わざとらしいねぇ、アンタって人は。」
「い、いや、出来るもんなら無視して通り過ぎたいと。。。」



c0337257_12301491.jpg



「あんだって?」
「いや、その、汗、あせっ! なんでもないっす!」



c0337257_12301537.jpg



「そうやって、あたいのことを無視していると、今年の夏は来ないよ。」
「・・・・・やっぱり、姐さんには夏を呼ぶチカラがあるのですか?」



c0337257_12301550.jpg



「前薬師のゴンゲ様から聞いたろ? あたいにしか夏乞いの儀は出来ないンだよ。」
「ふーん、あたいの姐さんでも人の役に立つことがあるんだ。」



c0337257_12301508.jpg



「お だ ま り !」





「う゛~~、相変らず凄い眼力だ! 魂吸い取られるかと思った!」



c0337257_12301596.jpg



「さぁ、つべこべ言ってないで、夏乞いの儀を始めるよ!  えいっ!



c0337257_12301536.jpg



「姐さん、手袋なんか投げ捨てて、いったいどうしたンですか?」
「アンタ、一般教養ってモンがないねぇ。西洋じゃ手袋を投げつけるのは決闘の申し込みなんだよ。」
「決闘!? いったい誰に?」



c0337257_12301583.jpg



「決まっているじゃないか!真夏の太陽に対してだよ。」
「はぁ、良く判りませんが・・・・」



c0337257_12301555.jpg



「あたいとけんかしている間、真夏の太陽は、此処に居なきゃならない。」
「な~るへそ~!」
「もっとも、あたいの法力でも、太陽相手じゃ1日くらいしか持たないけどね~」
「え? 真夏は1日だけですか?」
「大丈夫だよ。いつかやったみたいにアンタもろとも無限地獄に引きずり込めば、
15,532日の真夏も可能だよ、ってくおら、逃げるな!



冗談ではない! そんなエンドレスサマーをやられたら、八幡宮の例祭も遠野まつりも出来なくなるぢゃないですか!
その前に、あんな事態はワタクシ自身御免蒙る!



待てっちゃア~!



あたいの姐さんの後追いの叫びを背中で聴きながら、ワタクシは謝っていました。
「ごめんなさいゴメンナサイ・・・・・今年の夏は来ません。来るのは立秋後の残暑です。」




by Wild_Cat_Seeker | 2013-07-28 11:12 | 像族たち | Comments(6)
2013年 07月 27日

夏乞いの儀

c0337257_12301305.jpg



遠野郷に未だ夏来らずの報に接し、激しく心を痛める。



c0337257_12301307.jpg



未だ梅雨明けの声聞けず



c0337257_12301324.jpg



やませが吹いて気温が上がらないとか・・・・・



これは誰かに夏が来るように乞わないといけないねぇ・・・・・



c0337257_12301371.jpg



早池峯の十一面観音様はどうだろう?



c0337257_12301340.jpg



「ごめんよ~、雨乞いは得意だけれど、夏乞いはね~、やったことないよ。」
と十一面観音菩薩様
「お隣のゴンゲ様に頼んでみたらどうかい?」



c0337257_12301353.jpg



お隣って、軽く言ってくれるけど、下って登って4時間かかるぞ!
まぁ、遠野に夏を呼ぶためだ。行くか!



c0337257_12301355.jpg



ゴンゲ様、ゴンゲ様 遠野に夏空をもたらしてくださいな。
早くしないと立秋になって今年は夏無しになっちゃいますよう。



c0337257_12301392.jpg



「あのね。アタシはね。火伏せはするけどね。陽を招くことはね。できないのよ。」
とゴンゲ様



途方にくれるワタクシ・・・・・・とゴンゲ様が耳よりな情報をくれた。



c0337257_12301339.jpg



「ここより流れ出ずる川を下りて、最初に声をかけて来たモノに頼るがよい。」



はは~! ありがたきご助言痛み入ります。



c0337257_12301362.jpg



下って・・・・・



c0337257_12301382.jpg



下って・・・・・・誰も声をかけてこないな~



c0337257_12301400.jpg



あれ? おかしいな、、川を下るにつれて季節は遡っているような・・・・・



まさかと思うが、冷夏の原因は春先にあったのかな?



c0337257_12301496.jpg



げっ! もはや縁が切れたとは言え、此処を通るとは・・・・・迂闊!



c0337257_12301403.jpg



声かけんなよ・・・声かけんなよ・・声かけんなよ・・声かけんなよ・・声かけんなよ・・・・・・



c0337257_12301462.jpg



・・・・・・よ、よし・・・・・切り抜けたか・・・・・



c0337257_12301463.jpg



「ちょいと、お待ち~!」



あ゛~ 悪夢だぁ!





いったいぜんたい、どうなることやら、つづきに乞うご期待!



by Wild_Cat_Seeker | 2013-07-27 11:14 | 像族たち | Comments(2)
2013年 07月 25日

夏色の会津~乗り鉄終章

会津川口を出立した気動車は轟音を谷間に響かせ、スピードに乗ると、あとは下りこう配に任せて、ひそやかに走りゆく。

c0337257_12301205.jpg
天気は基調回復傾向なのだが、時折晴れ男の乱入に最後の抵抗とばかりに篠突く雨を降らせたりする。



c0337257_12301219.jpg



山肌に岩が露出しているのは典型的な雪に因る浸食作用の結果です。



c0337257_12301279.jpg



ダム湖に溜まった冷水は真夏の気温に反応し、プチ雲海を醸し出す。



c0337257_12301295.jpg



遠野郷でも言えることだが、雲海発生は好天の約束。
川下の空はとてつもなく明るい!



c0337257_12301227.jpg

渓間の街を拾って走るローカル線



c0337257_12301237.jpg



只見川は不幸にも海までその名前を唱えられない運命。



c0337257_12301276.jpg



谷間に小じんまりした河岸段丘が目立つようになると、
会津盆地の大パノラマショウも開演が近い。



c0337257_12301248.jpg



会津盆地は夏色まっさかり!



c0337257_12301285.jpg



会津坂下・・・・・そうだ、此処こそあの奇跡の酒を醸した地だ。



c0337257_12301253.jpg



どっしりと会津盆地



c0337257_12301247.jpg



ああ、この風景を見るために、ワタクシは三日間、鉄の目をしていたんだな~



c0337257_12301264.jpg



只見線走破す。
途中にバス代行があったが、それも貴重な体験だろう。



c0337257_12301206.jpg



ご褒美に旨い酒と旨い蕎麦を与えよう。



はは~~~、ありがたきしやわせ!w



c0337257_12301204.jpg



乗り鉄最終章は磐越西線
斜陽の会津盆地をえっちらおっちら登り出ていく。



c0337257_12301308.jpg



この夕陽とともに乗り鉄の旅は終焉を迎える



c0337257_12301311.jpg



郡山まであと30分
どうやら夜の帳には勝てそうもない。






 




More

by Wild_Cat_Seeker | 2013-07-25 23:28 | 鉄の目 | Comments(0)
2013年 07月 22日

ただ見るだけじゃダメな三連休

皆さまにおかれましては6日ほど過去にタイムトラベルいただき
このエントリーをご覧いただけますと幸いでございます。



そろそろ皆飽きているんちゃう?



More

by Wild_Cat_Seeker | 2013-07-22 23:58 | 鉄の目 | Comments(0)
2013年 07月 21日

青空を持て参れと三連休

皆さまにおかれましては6日ほど過去にタイムトラベルいただき
このエントリーをご覧いただけますと幸いでございます。



もーええっちゅうの!(笑)



More

by Wild_Cat_Seeker | 2013-07-21 09:30 | 鉄の目 | Comments(2)
2013年 07月 20日

越路は未だ梅雨の三連休

皆さまにおかれましては6日ほど過去にタイムトラベルいただき
このエントリーをご覧いただけますと幸いでございます。



More

by Wild_Cat_Seeker | 2013-07-20 11:14 | 鉄の目 | Comments(2)
2013年 07月 19日

はなはだ信越ながら三連休

皆さまにおかれましては5日ほど過去にタイムトラベルいただき
このエントリーをご覧いただけますと幸いでございます。



More

by Wild_Cat_Seeker | 2013-07-19 00:23 | 鉄の目 | Comments(8)
2013年 07月 15日

ちょうしはずれな三連休

皆さまにおかれましては3日ほど過去にタイムトラベルいただき
このエントリーをご覧いただけますと幸いでございます。



More

by Wild_Cat_Seeker | 2013-07-15 23:23 | 旅行・地域 | Comments(8)
2013年 07月 07日

七夕ラプソディ

「七夕ラプソディ」を「ななたらぷそでぃ」と読んだアナタ!
「世界を大いに堕落させる山猫の団」の団長職を一日譲ります!(笑)



七夕を前に梅雨が明けちまった。



そう、季節は夏!
猫額庭園の植物たちが口ぐちに「み、みず。。。水ヲクダサイ!」と懇願しているので
朝一の水やりは欠かせない。
防虫スプレイをしているのに、藪蚊のみなさんが
「うぇっへっへ、ダンナ、うまそうな血をお持ちですね。ちこっとばかり吸わせちゃあくれませんかね~?」
と真夏の旺盛な食欲をむきだしにして波状攻撃を仕掛けてくる。
被弾2 撃墜1 猫額庭園早朝戦役はワタクシの負け・・・_|‾|○

さぁさぁ、暑くなる前に部屋の掃除だ。台所の洗いものだ。布団干しだ。
しかし・・・午前8時にして部屋の気温は30℃を越えてしまった。



c0337257_12300531.jpg



「み、みず。。。水ヲクダサイ!」
今度はワタクシが叫ぶ番ですw



午後になって気温はウナギ登り!
体感は35℃ってところです。



そのままエアコン効かせた部屋で惰眠を貪ってもよかったのですが
それではブログネタになりません~



んで一念発起して、近所のローカルな動物園に行ったわけです、



c0337257_12300561.jpg



後悔しました・。。。__|‾|○



とにかく融けるほどの暑さです。



c0337257_12300592.jpg



カピバラ、滝に打たれて悟りの境地(笑)



いやいや、メインのスターに逢いにいこう!



c0337257_12300688.jpg



キンダイチさん! 事件です!
集団殺カワウソ事件です!



c0337257_12300682.jpg



どうやら、シエスタの時間にあたってしまったようです



c0337257_12300665.jpg



手前に写っている器具が「ながしかわうそ」
ついぞ、そのような場面には恵まれませんでした。



c0337257_12300607.jpg



ああ、暑さのあまりに頭ふらふらふらみんご!

もう帰ろうかとオモた時
カワウソブースで人だかりが!

c0337257_12300655.jpg


あ、なまだらなやつらが改心して、我が道を行っている!^^



c0337257_12300689.jpg

滑ろうかな~? どうしよっかな~?



c0337257_12300678.jpg



やっぱりやめた!www





興味ある方は「ながしかわうそ」でググってみてくださいまし。



c0337257_12300672.jpg



・・・・・かわいい



c0337257_12300695.jpg



思わぬに撮り鉄w



c0337257_12300647.jpg



そうこうしているうちに空が騒ぎ始めた。



c0337257_12300685.jpg



遠雷を聴きながら枝豆を茹で、ビールのプルトップを引く
Summer2013は突然に始まり、いきなりトップスピードに。
気後れしたニイニイゼミも今日ようやく追いついた。










by Wild_Cat_Seeker | 2013-07-07 23:59 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(8)
2013年 07月 06日

不意打ちサマー

一昨日から東京では強風が吹いていた。
これが気団の移動に伴うものだったのか、今朝は空気がすっかり夏になっていた。
これで青空が覗けば梅雨明けだ・・・と思っていたら、気象庁とかなんとかいう組織が
いち早く梅雨明け宣言をしてしまった。
毎年恒例の山猫的梅雨明け宣言が出来ず、なんとも口惜しい(笑)



c0337257_12300537.jpg



青い彗星号、黙って7月の旺盛な太陽に背中を焼かれる。



c0337257_12300538.jpg



上空はかなりの風が吹いている。
日本もミストラルが吹く気候帯になっちまったのかな?



なんか、しっくりこない不意打ちの梅雨明けでした。



そうだ。。。。蝉の声をまだ聴いていない・・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2013-07-06 19:07 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(6)