山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 28日

河口へ

c0337257_12295446.jpg

え~、ワタクシは今どこを走っているのでしょうか?

ええ、日本じゃないですよね。なぜなら、高速道路を右側通行していますからね。



c0337257_12295499.jpg



いや、ふざけてスミマセン。
此処は北上川の河口近くです。
どのような生成過程を経たのか、高速道路のような4車線道路が延々と続いていました。
(実際は2車線閉鎖でしたが・・・・)
前方に長い橋が見えてきました。



c0337257_12295467.jpg



悲劇の現場でした。
橋の高さと津波の高さを考えたら、なぜこんなところへ避難しようと考えたのか、判断ミスではないのか、と思っていました。



今年の3月に地震発生からの報道を見る機会がありました。
最初は津波の高さを2mとか3mと報道していました。
しかも到達予測時刻になっても、すでに到達していると思われる、とか数十センチの津波を観測しました、とか、結果を知った今から考えると信じられない報道がなされていたわけです。
もし、この初期報道を元に避難行動がなされたのだとしたら、いったい誰を責められようか。



最初から10mの予測が出されていたら、迷わず山の斜面を這うようにして登ったはずだ。



c0337257_12295463.jpg



遠方に白波が見えてきた。
大河ひだかみが終わる場所があそこだ。
その先は太平洋という、少々大きな海になる。



大河ひだかみの最後を見届けたあとは、さぁ、三陸海岸を釜石まで北上するのみ。
その途上の点景は、次回以降に・・・・・



次回っていつだ? と問われると、ああ心苦しい~w




by Wild_Cat_Seeker | 2013-05-28 01:30 | ひたかみ縦貫道 | Comments(4)
2013年 05月 25日

磯浜から松島まで

c0337257_12295332.jpg
以前なら、あの建物の向こう側を釣師浜から磯浜に向かって海岸沿いをものの5分で走り抜けたものだったが、今はまだ復興途上で通れない。
仕方なく、内陸側をあっちこっち迷いながら走りました。



c0337257_12295382.jpg



すったもんだした挙句、なんとか磯浜漁港近くまで来ましたが、ここでまた迂回_|‾|○



c0337257_12295392.jpg



それでもなんとか県道38号線、通称「ストロベリーロード」に出られました。
先を急いでも良かったのですが、ここまで来たら、あいつを拝んでいかないと・・・・



c0337257_12295337.jpg



漁港は復興途上。
海浜公園は驚くほどの変貌ぶりでした。



c0337257_12295330.jpg



崩れた煉瓦の向こうには砂浜が・・・・・



c0337257_12295385.jpg



いきなり怒濤が護岸にブチ当たっていた。



c0337257_12295342.jpg



やはり、地盤沈下をしているのだろう。



c0337257_12295395.jpg



少しの間、超人気スポットだったアレは大津波に流されることもなく定位置を動いていなかった。



c0337257_12295353.jpg



磯浜には小さからぬ集落があったのですが、今も復興の足掛かりすら見いだせない。



c0337257_12295306.jpg



ここからは県道38号線を使える。
この道は復興工事を支える生命線として大変重要な役割を担っている。
それだけに復旧も早かったし、整備もされているので、今までとは比較にならないほど走りやすい。
かつてのようにアクセルを踏み込みたいが、



c0337257_12295389.jpg



がれきに居付いた菜の花



c0337257_12295320.jpg



ひしゃげた骨組だけの看板が、ワタクシを思いとどまらせる。



走りに来たんじゃない。忘れないために来たんだ。



この頭上、7mまで海だった事実を忘れないために・・・・・



c0337257_12295333.jpg



道路が内陸に向うにつれ、津波の痕跡が消えていく。
相馬の市街地以降、久しぶりのコンビニで朝飯を食べた^^



c0337257_12295476.jpg



道は県道10号に変わって北を目指す。
津波に襲われた土地、何を逃れた土地が交互に現れる。



c0337257_12295495.jpg



ここは仙台空港の海側
あの日、帰宅困難者となり会社で夜明かししながらネットで何度も目にした空港を襲う津波の映像。沿岸にいらしゃった方たちのことが心配で心配で、とにかく情報を集めまくった。
大手民放はセンセーショナルな映像をこれでもかと流すだけで、一番欲しい安否情報に乏しかった。結局、見知りの方々のご無事情報はネットから推測したり、ぶろぐ仲間の生情報から得た次第。



c0337257_12295439.jpg



北へ北へと快適に走り続けたが、塩釜で国道45号線に入ってから、どうも雲行きが怪しくなってきて・・・・・



c0337257_12295441.jpg



海沿いの国道はピクリとも動かない渋滞に・・・・・・
なんでやねん? あ、そーか! ここは松島だ、こりゃまた松島だ!あ~松島だ!
ゴールデンウィークの松島なんざ、クルマで近づくべき場所じゃないね。



ということで、三陸道に逃げましたとさ。







More

by Wild_Cat_Seeker | 2013-05-25 01:28 | ひたかみ縦貫道 | Comments(10)
2013年 05月 21日

新地駅にて

まずはこの写真からご覧戴きたい。



c0337257_12295198.jpg



2007年の夏にトイレを拝借するために寄った常磐線の新地駅。
平屋の駅舎に跨線橋。そして野外の洗面所。
典型的なローカル駅でありました。
あまりにありきたりだったので、残した写真はこれ一枚のみ!



それが永遠に失われた姿を残す貴重な1枚になるとは思いも寄らない4年前です。



あの日、新地駅は、こうなりました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Shinchi_Sta_20110404.jpg

ひしゃげて転がった電車を見て、津波の凄まじい破壊力を思い知った次第です。


そして2年を経て、再訪した。



c0337257_12295241.jpg



路面の「シー」はかつてのタクシー客待ち駐車スペース
背後の半壊建造物が、かつての野外洗面所です。



c0337257_12295273.jpg



6年前の夏、ワタクシはこちらで大宇宙と交信していたのです。



c0337257_12295274.jpg



跨線橋の台座のみ残れるいとあわれ。。。



c0337257_12295203.jpg



伝え聞くには、この場所より数百メートル内陸側に常磐線を移転させるらしい。
このプラットフォームも期間限定ですね。



このあと、阿弥陀籤のようなルートを迷いながら辿り、磯漁港を目指した。



つづく







by Wild_Cat_Seeker | 2013-05-21 23:43 | ひたかみ縦貫道 | Comments(2)
2013年 05月 19日

遠野への経路

遠野へ旅する機会は、どうしても連休とかお盆とか、道路が混む時期に重なる。
特に東北地方に向かう大幹線、東北道は渋滞渋滞また渋滞となる。



渋滞が大嫌いなワタクシは、まず夜間走行に向かった。
確かに速いが、これがつまらない! しかも疲れる!



そこで注目したのが常磐道
空いている上に高低が少ないので走りやすい!



問題は常磐道が当時、富岡までしか開通していなかったこと。
亘理で仙台東道路に乗るまでの下道をどうするか・・・・



最初は国道6号線を走っていたが、これが走りにくい!
大型トラックが多い上に信号が多すぎで、頻繁に停止を余儀なくされる。
地図を眺めているうちに山側に一筋の道路が浮かび上がってきた。
すなわち、県道35号、34号線だ。
富岡を早朝に走りだすと、信号に殆んど妨げられることなく相馬まで走ることができた。
しかも周りは気持ちの良い里山風景だ。
いつしか、このルートを気分よく走ることが旅の喜びになっていった。



その喜びは、あの悪夢によって失われてしまった。



去年の5月は、とある事情で線量計を持っていたため、出来うる限り浜通りに近いルートを進んでみたが、今から思うと無謀な試みでした。その時通った道路はその後帰宅困難区域に指定されて封鎖されてしまった。それほど危険なエリアだったということだ。



もはや、あの喜びは2度と味わえないのかも知れない。
今走れるのは、南相馬から相馬までの区間だけだ。



諦めの悪いワタクシは、その区間だけでも走ろうと、ルートを考えた。
常磐道ー磐越道と繋いて、小野で降りたあと国道349号線を川俣まで走ると、南相馬へのルート県道12号線がある。これより南には浜通りに抜ける道は現在も、この先も無い。



南相馬-相馬間は現在常磐道の無料区間が開通しているが、それを使わず敢えて県道34号線を往く。



c0337257_12295155.jpg



鹿島区の迷い道だった個所は拡張工事が進められていて、もう迷うこともなさそうだ。



c0337257_12295101.jpg



この行程唯一のトイレ休憩場所は新地の火力発電所の側にある。大津波にのまれたはずだが、復活していた。



c0337257_12295172.jpg



海沿いの道は新地から先は、釣師浜で途切れてしまう。
漁師町で住宅が密集していた繁華な集落だったのに、今は見渡す限り家が見えない。



c0337257_12295156.jpg



一度、内陸方面に迂回してルートを探ると、新地駅跡から磯までなんとかルート取り出来そうだった。
その前に新地駅跡には寄らなくてはならないだろう。
去年の5月にはその場所が見つけられず、あきらめた経緯がある。



c0337257_12295171.jpg



盛り土に囲まれた一角にその跡があった。



つづく



by Wild_Cat_Seeker | 2013-05-19 23:24 | ひたかみ縦貫道 | Comments(6)
2013年 05月 18日

呉越同舟

c0337257_12295026.jpg



日本国の政党は、どうも人気(ひとけ)のない家を見つけると寄り集まってくる性質を持つらしい。



c0337257_12295192.jpg



ビッグウエイブに乗り、飛ぶ鳥を落とす勢いのアベさんの横でタニガキさんが白い灰になっている姿は妙に納得してしまう。
したたかな政教一致政党「米党」が脇を固める横で、幸田シャーミン党が「なんでもストップ!」と実現性は薄いけれど、いかにも一般庶民が喜びそうな御題目を叫んでいる。
(もっとも昨今の一般庶民も学習しているから、こんな子供騙しにはひっかからないけどねw)



c0337257_12295102.jpg



中学校生徒会並政治しか出来なかったタミヌシ党は党首の顔すら晒して貰えず、
スピンアウトO澤様に蹂躙されている始末。。。。
O澤さんもいろんな意味で剥がれかかっているのが象徴的ですw
強引な与党やだらしのない野党への批判票を一手に集めるw「父さん今日」が、間違って政権を握る日はそこまで来ている(のか~?www)



総入れ歯(そういえば)、昨今どうしようもない痴態を曝け出している双頭政党の姿が見えないね。



この家の壁に暴走老人とマジキレ弁護士のブラックな笑顔のポスターが貼られるのと
遠野にムクダノオツ(*1)が侵略(おっと!)進出してくるのとどっちが先か・・・掛けてみるかい?



ワタクシはムクダノオツだと思う。
あの二人・・・・・・過激な暴走を繰り返して、近いうち自爆して果てるのではないかと・・・(*2)






 



More

by Wild_Cat_Seeker | 2013-05-18 12:59 | 遠野の里
2013年 05月 16日

中年は荒野を目指す

通い慣れた高原の一角が荒野と化していた。
いつもなら萌え色の山野が・・・・

c0337257_12295029.jpg

おやま~

c0337257_12295048.jpg

あれま~

c0337257_12295007.jpg

おやまゆうえんち~♪

c0337257_12295005.jpg

思わず、手のひらを前に向け、親指を鼻の両穴に入れ、残りの4本の指を小指から順に曲げたくなるような光景である!(どんな光景だ?w)

c0337257_12295019.jpg

しかし、皆の衆、悲しむなかれ!

これは長い長い再生が始まったシルシなのっす!

遠野で養育されて、全国でブランド牛になる・・・そんな日常が復活する日が近いか・。・・



by Wild_Cat_Seeker | 2013-05-16 00:40 | 遠野の山奥に | Comments(2)
2013年 05月 15日

うらうねどり

愛宕神社の麓にある卯子酉様



c0337257_12294984.jpg



WELCOME桜も今年は不発でして・・・・・フントニモウ><



c0337257_12294965.jpg



境内は相変わらずの願掛けの赤い布でいっぱい



c0337257_12294931.jpg



ワタクシは慣れ親しんだ光景ですが、初めて観る方はその不思議な佇まいに圧倒されるようです。
見とれて突っ立っていると、間違えられて赤布を腕に結び付けられそうになるので(w
ちょいと撮っておきたい画像を求めて移動しましょう。



c0337257_12295063.jpg



裏卯子酉様ですw



いやいや、撮っておきたかったのはコチラの画像です。



c0337257_12295098.jpg



・・・・・・なんでもない里山風景・・・・たしかに、なんでもない風景です。



でも、なんでもない風景が、とんでもない風景に変わることは決定事項なので
残しておきたかったのです。

このなんでもない里山の奥では着々と着工準備が整っておりました。
その様子は、またいつか。。。



by Wild_Cat_Seeker | 2013-05-15 00:14 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(4)
2013年 05月 14日

遠野ぬこだより

遠野の街を往けば、ヌコの多きこと諸国その比を知らず・・・・・・



春はヌコの動きを活発にさせるので、本当に多くのヌコに出会えます。



c0337257_12294988.jpg



どこに猫がいるって? いますよ~!^^



c0337257_12294962.jpg



ほらほら、ゆる鉄風にゆる猫を撮ってみました(笑)



c0337257_12294930.jpg



もっとまじめに撮れ! と睨まれました(笑)



さて、もう一匹・・・・
道路を渡ろうか逡巡するヌコこれあり。



c0337257_12294909.jpg



右見て左見てもう一度右見て、気になるからまた左見て、さらに右・・・・・・かぁ~
ええーい、渡ってしまえ!



c0337257_12294927.jpg



あ、あぶない!



c0337257_12294989.jpg



いまだ! 一気に!



c0337257_12294905.jpg



ふうう・・・・・



見ているこっちが手に汗握るよw



このほかにも軽く10匹を越えるヌコと遭遇していますが、カメラに収めようとするとこれがなかなか難しいのですな。
望遠で追えば撮れますが、そこは街中、ぁゃιぃヤツ認定を受けてケーサツに通報されかねませんので自粛自粛w



by Wild_Cat_Seeker | 2013-05-14 00:43 | 遠野の動物たち | Comments(6)
2013年 05月 12日

春の山口パンまつり

c0337257_12294875.jpg



遠野の郷をカメラ片手に逍遥する。



c0337257_12294866.jpg



春、残照の頃はまた格別なり。



c0337257_12294889.jpg



残念ながら桜は春が来たことに気付いていないようでしたが



c0337257_12294867.jpg



畠のくろに黄色い花っこが「これで勘弁しておくれ」とばかりに
もやもや咲いていましたなぁ。



c0337257_12294955.jpg



いろいろとアングルを変えて新しい風景を探して歩く。
しかし、電信柱・・・邪魔!



だれか透明な電信柱、開発してくれませんかね~・・・・
あ、だめか・・・見えない電信柱に鳥やどーぶつや爺様、婆様が激突してしまう。
山猫も・・・^^



などと余計なことを考えているうちに



c0337257_12294916.jpg



夕陽が残った力を振り絞って屋根を照らしはじめた。

さぁ、宿に帰りましょう。



え? タイトル間違っているって? 山口じゃなく山崎でしょ?
いやはや、山口でカメラをパンしながら撮影したので山口パンまつりと・・・・



あ、やめてくださあqwせdrftgyふじこlp;@:「」



by Wild_Cat_Seeker | 2013-05-12 08:32 | 遠野の里 | Comments(4)
2013年 05月 11日

眠り桜

当初はなし崩しに満開でGWには葉桜・・・・なんて予想をしていたため、
桜の冷凍保存を祈っていたのですが、祈りを桜の神様に最大限。。。いや曲解されて・・・・



c0337257_12294788.jpg



5月4日 夕刻
遠野で一番最初に咲く桜として有名な「とぴあ桜」もイマイチで、すでに葉桜の準備に入ったようだ。



c0337257_12294738.jpg



5月5日 朝
谷地八幡の桜も咲き方を忘れてしまったようで・・・・・



c0337257_12294774.jpg



5月5日 午前
鍋倉城本丸のソメイヨシノはまだ寝ぼけていた。



c0337257_12294824.jpg



5月5日 午後
遠野郷八幡宮で咲いていたのはソメイヨシノではないかも知れませんが
寄って撮れば満開に見えなくもない^^



 



そして、桜の木の下で耳を澄ますと、低いハム音のような音に気付く。





c0337257_12294816.jpg



音源は無数のミツバチたち
その音を解析したところ
「わ~いめっしゃめしやど~!あんまいあんまいみつやど~!う~んとた~んとすうちゃるど~!」 ホンマカイナ?



c0337257_12294811.jpg



5月5日 午後遅く
しかし、ちょっと標高あがったり、北に行ったりすると早咲きのはずのヤマザクラでさえ、こんなご様子でした。



明けて5月6日
朝から暖かな日でした。



c0337257_12294809.jpg



遠野の標準木との噂がある旧法務局のソメイヨシノも心なしか活気づいてきたような・・・



c0337257_12294861.jpg



向いの知恩寺の桜もチラホラと起き出しているようだ。



あと1日、高い気温が続いたら、一気に咲きだすのだろうな・・・・・
と思いながらも・・・滞在時間が切れました。



c0337257_12294834.jpg



退散しつつ、裏猿ケ石ロードの桜並木を愛でる。
なんとな~く、桜色の並木になりつつありましたね~。



c0337257_12294844.jpg



満開青空だったら、もっと良い絵になったかな~
とサクラにフラレタ山猫、遠野を離れる。





by Wild_Cat_Seeker | 2013-05-11 10:08 | 花、植物 | Comments(8)