<   2013年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 31日

寒の戻りで1週間

3月26日午前7時過ぎ 気温5.5℃ 

c0337257_12293613.jpg

天気晴朗なれど、コートは手放せない。


3月27日 午前7時30分 気温5.7℃ 



c0337257_12293699.jpg



小雨模様だが、ばーちの櫻は満開であろう。



3月28日 午前7時30分 気温8.4℃



c0337257_12293671.jpg



気温は若干高めだが、陽光が無いので寒々しく感じる。



3月29日 午前7時30分 気温14.7℃



c0337257_12293674.jpg



今週、初めてコート無しで出勤
相変わらずのどんより花曇り。桜は散り始めとなった。



3月30日 午前0時 気温11.5℃



c0337257_12293693.jpg



酔っぱらって終バス逃し、ついでとばかりに夜桜見物。



通勤途中の花見ばかりで、腰を据えて櫻を愛でていない今年・・・・・
それじゃ、今日(30日)は上野で花見と致しましょうか・・・・・



まずは腹ごしらえだな、うん・・・・



c0337257_12293666.jpg



「いたわさ」と「あいやき」で昼間からと憚りつつ熱燗をいただき



c0337257_12293620.jpg

〆はシンプルに「せいろう」を2枚



ちょいとばかり頬が赤らみ、小腹が満たされて向うは上野公園・・・・



3月30日 午後2時15分 気温8.9℃



c0337257_12293659.jpg



・・・・・・こっち見るな と鴎鳴き、どんより空に霧雨舞い、花見どころではないわいな。



それでも、上野の山からは彰義隊の吶喊(とっかん)のような歓声嬌声が聞こえてくる。
この寒空で飲めや唄えやの大騒ぎ、ちらっと桜を見て、また飲めや唄えやの大騒ぎ。



これでは「花見をする人々」見になってしまいそうなので早々に上野の山から撤退して、
銀座へ出向いて買物に勤しみました。



まぁ、好条件下の花見は東北でやりましょう^^




by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-31 13:48 | 花、植物 | Comments(2)
2013年 03月 28日

禁断の・・・・・・

良い子の皆さんは絶対に真似してはいけませんぞ!



c0337257_12293535.jpg



午前0時過ぎの乾杯



c0337257_12293540.jpg



午前0時過ぎのかつ丼



c0337257_12293518.jpg



午前0時過ぎのラーメン



c0337257_12293530.jpg



午前0時過ぎの手打ち辛子味噌



c0337257_12293568.jpg



ましてや、スープをすべて殲滅すること



長生きしたかったら、絶対にしてはいけませんよ。



え? ワタクシ? 



・・・・・次も絶対すると思う^^



たぶん、あの人も、あの人も、あの人も 絶対すると思う^^



by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-28 23:35 | 遠野ぶれんど | Comments(6)
2013年 03月 27日

遠野細工

箱根細工 という工芸品があるのだが・・・・・



c0337257_12293533.jpg



遠野細工という称号を贈りたくなるような



c0337257_12293571.jpg



芸術的な積み方です。



c0337257_12293572.jpg



瞬間最大芸術ではなく、毎年毎年の事ですから頭が下がります。



by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-27 21:26 | 遠野の街中で | Comments(2)
2013年 03月 26日

震える海上

c0337257_12293467.jpg
あのね・・・・いくら3月とはいえ、年平均気温15.7℃の「ばーち人」をですね・・・・

c0337257_12293498.jpg

港の桟橋に立たせると・・・・・

c0337257_12293466.jpg

さむい・・・・おれ、さむい・・・・・_|‾|○



by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-26 21:59 | 東海岸よく見ゆ | Comments(2)
2013年 03月 25日

さんぴらー

3月初旬の朝日は六角牛山の右肩から上るらしい

c0337257_12293465.jpg



c0337257_12293409.jpg





 



雲の具合や時間による効果だろうか、サンピラーのような見え方をしている。



c0337257_12293459.jpg



氷点下1.5℃
寒いことは寒いが、もう痛くはない。



c0337257_12293450.jpg



山の霧氷がバラ色に染まる一瞬



そんな写真を撮ってみたいと夢想するが、実現は限りなく0%だ。




by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-25 07:10 | 遠野の街中で | Comments(4)
2013年 03月 24日

かがやく

特殊フィルターを装着して撮影しました(笑)

c0337257_12293499.jpg



by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-24 08:43 | 東海岸よく見ゆ | Comments(2)
2013年 03月 23日

ばーちのらーさく

あんですって? 東京都心で桜が満開?
冗談言っちゃいけませんぜ、ダンナ!
え? ホントなの? なんだかな~、どうも都会の櫻は気が早くっていけねぇや。
それに引き換え、見てご覧くだせい。

c0337257_12293364.jpg

ばーちのらーさくのこの奥手振りを!
開花8に対して蕾が12だよ。なんとまだ4分咲きだよ。

c0337257_12293319.jpg

ちと乱暴な開花度測定ですが、まだ7~8分ってところでしょう。
満開は今度の火曜日あたりってところです。

薄曇りで空が白いから、桜の花がイマイチさえないです。
んでも、明日は雨だし、平日は花見なんざ出来ないから、今日が実質最後の櫻休日です。

c0337257_12293308.jpg

「お可哀そうに・・・・」

って、あ゛~、おまえは猫魔流忍者ヌコ「黒頭巾のニャンタマ」
今度はどんな忍法の修行をしているのだい?

「見て判らぬか? 尻隠して頭隠さずの術にゃ!」

 

ニャンタマの戯言は置いといてw
櫻を見て廻りましょう。



c0337257_12293379.jpg



う~ん、偏光フィルターを付けていることを忘れていたよ。
暗いね~、なんか桜の季節の明るさが微塵も感じられないよ。

c0337257_12293397.jpg

光が欲しいな~(決して明るいレンズが欲しいワケじゃないですよ^^)

c0337257_12293387.jpg

地元ではそこそこ有名な桜並木なので、ご覧の通りの人出です。
ペットの虎やパンダも連れてお花見です。(オイオイ)

あたしゃ、そろそろ花より団子
今夜の酒とアテを買って、家に帰るあるよ。



by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-23 16:55 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(6)
2013年 03月 23日

だんだん

c0337257_12293338.jpg



あっ! と思う光景が広がっていました。



c0337257_12293369.jpg



上宮守の段々田圃



c0337257_12293325.jpg



冬が醸しだした様式美です。



 




by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-23 07:31 | 遠野の里 | Comments(2)
2013年 03月 22日

PM2.5

あ~、本当に視界が悪い!

c0337257_12293241.jpg

ほれ、これが今話題になっている



c0337257_12293347.jpg



江頭2:50! 
って、お゛ーいっ!(笑)



c0337257_12293301.jpg



PM2.5 っつーやつですな。
換気をしていないトンネル内は昭和40年代の日本であり、現在の中国であった。





地元の駅前広場には、騒音とオキシダント濃度を示す電光掲示板があった。
夏には光化学スモッグ注意報が出されて、プールで泳ぐことを禁じられた。

同じ轍をお隣が踏んでいるが、はてさて克服するのにどれくらい時間がかかるものか・・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-22 06:18 | 東海岸よく見ゆ | Comments(6)
2013年 03月 21日

Road to 大槌 第四章

考えてみたら、人様の運転で、釜石近辺を走るのって初めての経験ですな~



c0337257_12293256.jpg



ちょっと化粧直しをした釜石駅



c0337257_12293287.jpg



市の中心街は未だにこの状態



c0337257_12293299.jpg



2年ですよ。2年!
あまりといえば、あまりの遅さではないですか!



c0337257_12293283.jpg



道は整備されましたよ。
1年半前の両石は砂利敷きの仮道路でしたし、がれきはもう無い。
生活臭がまったくない変な世界が広がっている。



c0337257_12293211.jpg



峠をひとつ越えて、眼下に鵜住居が見えてきた。
こちらもご覧の通り・・・・・基本的に1年半前と変化はあまりない。



c0337257_12293214.jpg



三陸道が部分開通していた御蔭で命拾いした人がいて、いち早く物資を運びこむことが出来たと聴きました。



そろそろ大槌だ。
3人の珍道中も終わりに近い。



このとき、3人が、ひょっこりひょうたん島に出てくる人形と化していたかどうかは
定かではない。





by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-21 07:05 | 東海岸よく見ゆ | Comments(6)