<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 30日

太陽祭2012 神楽坂

梅雨の中休みも今日で1週間・・・・・猫額庭園も流石に干からびてきました。
気のせいか茗荷の収穫が遅れています。



さて、週末に晴れたからには、外を歩き回らなければイケマセン。
それが太陽祭の掟ですから。



行ったのはこちら



c0337257_12273346.jpg



はい、粋な大人の街、神楽坂です。



c0337257_12273391.jpg



昼下がりの飲み屋街はどこか白茶けて、優雅な午睡中



c0337257_12273332.jpg



その代わり、小洒落たランチ処が目移りするほど営業を開始!
悩み悩んで徘徊するうちに小腹どころか大腹がへってきた(笑)



ここはやはり、一番店に行こう。



c0337257_12273338.jpg




ミシェラン☆に選ばれた有名店に並んできました。
人混みと行列が何よりも大嫌いなワタクシとしては異例中の異例の行動です。



c0337257_12273399.jpg



クルマを運転しなければならなかったので、なんちゃってノンエルカホウルビアで喉を癒す。



c0337257_12273327.jpg



うん・・・行列が出来るわけだよ。
至福のせいろでした。



路地の裏うらまで歩いて参りました。



c0337257_12273331.jpg



古い民家を改造したお店が多い。



c0337257_12273304.jpg



c0337257_12273354.jpg



距離はたいして歩いていませんが、中身の濃い太陽祭でした。



by Wild_Cat_Seeker | 2012-06-30 22:45 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(8)
2012年 06月 29日

ブロガーに背中を見せてはいけない

c0337257_12273203.jpg
この鉄則は遠野ブロガーや釜石ブロガーは肝に銘じているはずですが、
被写体に夢中になっていると、どうしても背後への警戒心が御留守になってしまうものです。



c0337257_12273246.jpg



子供流鏑馬の射手奉行たちが本殿から出てくる場面はシャッターチャンスなんですよね。





c0337257_12273292.jpg



あ、出てきた。





ワタクシもブロガーの端くれ。 カメラ抱えているからには撮らにゃあね。



c0337257_12273254.jpg



凛々しき7人の射手奉行たち



c0337257_12273296.jpg



素晴らしい写真を撮られる方は総じてフットワークが良いのです。
常に先回りして、ベストポジションを見つけ出します。



c0337257_12273297.jpg



これが、ベスポジ!
狙ったのはブロガーの背中越しの子供流鏑馬!
たぶん、こう呟いたはずです。
「ブロガーに背中を向けてはいけない。」^^



c0337257_12273238.jpg



ブロガーには斜め姿も見せてはいけない・・・・(笑)





by Wild_Cat_Seeker | 2012-06-29 06:01 | 遠野ぶれんど | Comments(8)
2012年 06月 28日

かつてありし姿を思い出せますか?

今まで其処にあったものが突然変化したり無くなったりした時、一瞬虚を突かれ、こう呟きませんか?
「はて、前はどんなだったっけ?」



そんな変化が遠野の街中にも起こるわけです。



c0337257_12273153.jpg



こちらはまだ、日が浅いので、地元の方の正解率は100%でしょう。(そうですよね[E:sweat02])



c0337257_12273135.jpg



はて、なんか違和感がある眺めだ・・・・・・



c0337257_12273279.jpg



あっ!  あの建物が消えた!



こちらはいつ無くなったのだらう? 
あ、もちろん地元の方は、「いつ?」も含めて100%正解ですよね^^



by Wild_Cat_Seeker | 2012-06-28 06:53 | 遠野の街中で | Comments(2)
2012年 06月 27日

かつて電車走りき

c0337257_12273059.jpg

温泉街の手前で止まれ の謎道路の正体は?





c0337257_12273031.jpg



かつての温泉電車「花巻電鉄」の廃鉄跡



c0337257_12273123.jpg



今はサイクリングロードであり



c0337257_12273104.jpg



ジョギングロードでもある。



c0337257_12273146.jpg



田に水は満ち、散居林は遠く



c0337257_12273139.jpg



田を潤す水はあの山から来るのです。






by Wild_Cat_Seeker | 2012-06-27 06:13 | 鉄の目 | Comments(6)
2012年 06月 26日

三世代

c0337257_12273011.jpg

ローカル線でも枕木は淘汰されつつあります。
そのコンクリート枕木も2世代目なのか



by Wild_Cat_Seeker | 2012-06-26 06:24 | 鉄の目 | Comments(2)
2012年 06月 25日

海霧来襲!

トロッコ列車を撮りに上がったのですが、ちょっと引っ込み思案だったようでw



c0337257_12273067.jpg


それよりも、豪雨の尻尾が顕著だった旧国道・・・・



c0337257_12273084.jpg



屈指の清流、甲子川もさすがに大荒れでした。





海の方から、ごんごんと寄せてくる重量感ある海霧



c0337257_12273044.jpg



まもなく釜石中が霧に覆われていきました。



c0337257_12273029.jpg



旧国道が濁流と化していた姿をなぜか撮り損ねた、イケてないワタクシ・・・_|‾|○





 



by Wild_Cat_Seeker | 2012-06-25 06:26 | 東海岸よく見ゆ | Comments(2)
2012年 06月 24日

ひとりです



c0337257_12272990.jpg



こちとら一人でがんばってるんでぃ!




by Wild_Cat_Seeker | 2012-06-24 22:21 | 鉄の目 | Comments(2)
2012年 06月 24日

太陽祭2012 気合

太陽祭の基本は朝日を拝んで、夕陽を見送る。



なのですが・・・・・起きたのは6時半_|‾|○



それでも歩きだす梅雨の中休み! 8:20a.m.



c0337257_12272896.jpg

江戸川渡れば東京都

c0337257_12272878.jpg

切株ゲット?
いへいへ、アカタテハ ゲットです!

c0337257_12272887.jpg

花菖蒲はちょっちくたびれなうw

c0337257_12272848.jpg

スイレン・・・・眠い・・・・

c0337257_12272839.jpg

ここの鷺は人慣れしているぞ。
105㎜のレンズでこう撮れる距離だよ。

たぶん、こいつが特別なヤツなんだろう。

c0337257_12272955.jpg

ややや! 
無防備なヤツがいた!

c0337257_12272936.jpg

それでもやはり、飛び去るのか!

c0337257_12272953.jpg

ここは一応、東京都

c0337257_12272964.jpg

金属光沢蜻蛉w

c0337257_12272914.jpg

歩き歩いてノスタルジック

ここは今を去ること36年前に厨房のワタクシがチャリで走った場所
まさか電車が走るなんて・・・・・・

c0337257_12272949.jpg

ああ、あの水門は全く変わっていない

c0337257_12272913.jpg

川沿いの道は気温が3℃は低い。

c0337257_12272929.jpg

木漏れ日が眩しい初夏。。。。

c0337257_12272900.jpg

犬・・・・・イヌ? だろ~な~

c0337257_12272904.jpg

7時間18分歩行!
37,000歩
距離28km



ちょっち中途半端な数値だな。

ということで・・・・・・

c0337257_12272909.jpg

延長戦突入!w
この跨線橋はワタクシが幼稚園児の時から変わらないw

上野まで頑張ろう!

c0337257_12272981.jpg

最後のショーグンにご挨拶!

c0337257_12272915.jpg

有名パティシエのお店
イナムラショーゾー!

c0337257_12272966.jpg

おせん・・・・

c0337257_12272978.jpg

純洋食・・・・・プッ

c0337257_12272992.jpg

もう限界・・・・・・まいふっといずすてぃっくwww

いや笑い事じゃなく、足は水ぶくれ、膝裏の爆弾古傷は痛みだし・・・・・

さて、記録はいかに???



9時間ジャスト歩行!
43,912歩
距離33.4km



歩いた歩いた・・・・・
でも直下型地震が来たら、これ以上の距離を歩くことになる!

ま、ちょっとした避難訓練だなw





by Wild_Cat_Seeker | 2012-06-24 22:05 | 東京ちょい散歩 | Comments(2)
2012年 06月 23日

英国コースト

c0337257_12272802.jpg

蒼い水面にジャバザハット岩(笑)





c0337257_12272864.jpg



此処は英国コースト・・・・別名 イギリス海岸(オイオイ)



c0337257_12272886.jpg



泥岩層の妙なる風景



まぁ、写真に「にほひ」は写らないからね。
大河北上も不来方とパナマキの下水を浄化しきれないよ




by Wild_Cat_Seeker | 2012-06-23 20:33 | 旅行・地域 | Comments(6)
2012年 06月 22日

遠野の杞憂

今を遡ること数百年前から戻ること数百年・・・・・w



遠野を定期的に訪問する「杞憂」なる人物がいた(いや、いる・・・かw)



その者は、万人が気付かないような「どーでもいいこと」をイチイチ気にして憂うこと甚だし。



その「杞憂」が建設中の「復興道路」を前にしてオロオロしている。(いや。。。していた・・・かw)



c0337257_12272713.jpg



「田んぼに電柱と排水溝付きの側道?・・・・・復興道路整備に便乗して宅地分譲するおつもりか?」



杞憂の脳内シアターでは、整然と並んだ分譲住宅の街並、やたらとひらひらした布切れの集合体のようなファッションに身を包んだハイソな「ばっちゃ」がすれ違いさま「ごきげんよう」と挨拶し、近くに新設された釜石線の「遠野風の丘ニュータウン駅」からは勤め帰りの「じっつぁま」が「明るいナショナル、光る光る東芝、この木なんの木気になる木」と唄いながら家を目指す。な~んていう十分実現可能な近未来イメージビデオが上映されていた。



c0337257_12272756.jpg



さらに堤防道路が一部切り崩されてて仮設迂回している状態を見て、またオロオロしだした。



「こんなことをして・・・・200年に一度の豪雨が起ったら、タイヘンなことになるよ。」



「杞憂」の脳内シアターは災害パニック映画を上映し始めた。



襲う濁流・・・・・辛うじて耐えている仮設堤防。ここが崩れたら「遠野風の丘ニュータウン」が「岸辺のアルバム」になってしまう。



c0337257_12272792.jpg



対岸に口を開けているのは遠野第二ダムから続く洪水吐けトンネルだ。ここが全開したら・・・・おろおろおろおろ


c0337257_12272788.jpg



さらに杞憂は向いの斜面に築かれた「うぇるかむめっせーじ」を見て目を剥いた。



「あ、あの、、、あの法面の強度は如何ほどのものなのですか? お見受けしたところ一部崩れているようにも思えますが、これはいけません。イケませんよ。今後の遠野のイメージを左右する重大事案を誘発しますから、絶対に崩れないよう念には念をいれるべきですよ。特に『ようこそ』の『そ』の部分です。」



c0337257_12272763.jpg



『そ』が崩れて『き』に見えるようになったら・・・・・・



アラビア語文化圏の方や日本人でも古い読み方に慣れ親しんだ方はこれを見て大爆笑するに違いないし、遠野が「民話の里」や「日本の永遠のふるさと」というキャッチコピーを止めて「お笑いの郷」や「遠野新喜劇」に移行したものと勘違いするかもしれない!※



c0337257_12272748.jpg



ああ、どうしよう・・・・おろおろおろおろおろ
ああ、どうしよう・・・・・おろおろおろおろおろおろ・・・・・



More

by Wild_Cat_Seeker | 2012-06-22 06:38 | 遠野の里 | Comments(4)