山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

潜入捜査官の溜息

私の名前は「山猫」
本名ではない。当然だ。
私は潜入捜査官・・・・・いわゆるコードネームだ。



敵地奥深く潜入し、まんまと機密情報を盗み出す!
その情報が、勝利の決定的な要因となる!
潜入捜査官冥利に尽きるってもんだ。



謎のボスから指令が来たのは一週間前のことだった。



「ある物品を探し出し、手中に収めよ!」



極めてシンプルな指令だ!



「例によってキミの生命は危険に曝されるだろうが、当局は一切・・・・・・」



感知しないって言うんだろ?



「そ、そのとおり・・・・、ではターゲットを此処に示す。」



え? そのブツは、かなり特殊だ! アメ横やかっぱ橋、千住青果市場では扱っていないぞ!
そいつは、あの禁断の地に行かなければ入手は不可能だ!
しかし、私はあっち方面の知識も経験も皆無だ。はたしてミッションを遂行できるのだろうか?



いっそのこと、その道のエキスパート、「エージェント・カリソ・ウラワン師」に丸投げしちまおうか^^
しかし、多忙なウラワン師の手を煩わせるのも忍びない・・・・・



かくして、禁断の地「萌都」に潜入を開始したのだった。



c0337257_12270194.jpg



この緑の一角は、かつての舟運の荷揚げ場所。
つまり此処は限りなく海に近い、川だ!w



んでは、本腰を入れて、潜入開始!



c0337257_12270197.jpg



ぜい分とアカ抜けましたなぁ。
しかし、すんごいエナジーを感じるところは25年前と変わっていません。



「おかえりなさいませ~、ご主人たま!」
とティッシュを配るメードのお姉ちゃん・・・・貰おうと思ったが、ブツが萌えキャラ全開で
プライドがワタクシの自由度を90%希釈してしまいました。



「あなたの幸福ために一分間祈らせてください。」
「おまんさぁの不幸のため、5分間呪ってやる!」(黒冗句です^^)



c0337257_12270126.jpg



・・・・・ワタクシ。。。あの雑踏に踏み込む度胸がありません。
あの妖しすぎる空間萌え線量の高さを見よ!



c0337257_12270177.jpg



この地ではカーネル爺さんも得体の知れぬパワーを纏っている。
(お帰り(ry っとアンタに言われたくないわ!^^)





c0337257_12270145.jpg



数々の妨害工作やレッド・ヘリングを世界チャンプの如き華麗なステップで中和し、





目的のブツを予定通り手に入れた。
再び東大へ・・・・・



c0337257_12270100.jpg



緑、白、赤、黄
はなみずきはこの季節を大胆に演出す。



c0337257_12270132.jpg



その後、西片に足を伸ばし、気になっていたレストランを訪ねたが、無情にもシャッターを下ろしていて、休憩なんだか休業なのか廃業なのか、なんのアナウンスもない。



東京ちょい散歩は此処までで、さぁ次は



とり鉄だぁ~



c0337257_12270111.jpg



ワタクシにとってはごく普通の光景だったので、逆にスルーしていましたが、
このリベット多数の鉄骨は間違いなく戦前のものです。



中井精也氏の「一日一鉄」を拝見して、改めてこの光景の凄みを感じました。

c0337257_12270143.jpg



さて、最後はこの言葉で締めくくろう。



「知らぬが仏」



c0337257_12270140.jpg



30cmの高さ



c0337257_12270164.jpg



地上1.4m



今更ながら、溜息ひとつ・・・・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2012-04-30 20:20 | 潜入捜査官シリーズ | Comments(8)
2012年 04月 29日

ゴーおんねんウィーク

c0337257_12270148.jpg

c0337257_12270165.jpg

実家の家付きヌコ(おんねん)曰わく
「GWは家でゴロゴロが一番!激混みの行楽地に行く奴の気が知れないね」

by Wild_Cat_Seeker | 2012-04-29 15:50 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(2)
2012年 04月 28日

山猫的展望台掲示板Ⅱ

おまんたせ致しました。
地域密着系、遠野的エンターテイメント!
出没! トウヌップ展望チック天国!



(あなたが、遠野の街の宣伝本部長さんですか?)



とんでもねぇ、ワタクシは遠野の街の宣伝本部長だよwww



んでもねぇ、ワタクシが宣伝するのは、どこかマニアックな場所だから、どこまで皆さんが付いてこれるか・・・・



本日の山猫的俯瞰名所は・・・・?



c0337257_12270092.jpg



此処です!(どこです?w)



でわ、実写モードに位相変換!



c0337257_12270029.jpg



おお、遠野市街ですね。
ここに山猫的マイナ名所があるのすか?



あります。
少々メジャーですが・・・・・此処です!



c0337257_12270071.jpg



どこです? どこですか?



「どこどこどこ、っておめぇは太鼓か?」(笑)



はい、もうお判りですね。
数年前まで、辿りつくことすら難しかった遠野物語縁の地 



それは・・・・



c0337257_12270024.jpg



会下家の十王堂



熱病に倒れた家人に代わって、田植えを行ったと伝えられる十王様が鎮座しています。



今はだれでもが訪れることが出来ます。
周りが新興住宅地に変貌しつつありますが、十王堂の一角だけは時が止まっているようです。



by Wild_Cat_Seeker | 2012-04-28 22:33 | 遠野物語の地 | Comments(2)
2012年 04月 27日

外角高めの直球 ⅩⅧ 1994年

洋楽聴き始めて20周年のこの年はワタクシの洋楽アンテナが最高に機能した年
そして・・・・・・最後に機能した年でした。


年間に購入したCDの枚数も30を越えました。


ソースはやはりFENでした。
直球ど真ん中の曲はもちろんヘビーローテーションで掛かるのですが、それ以外に玄人好みの選曲をしていたように思います。


では、ど真ん中を御紹介。


The Sign (Ace Of Base) 年間1位になるほど売れるとは思いませんでした。
Hero (Mariah Carey) 
Stay (I Missed You) (Lisa Loeb & Nine Stories) これはいい曲だ。
All For Love (Bryan Adams, Rod Stewart & Sting) これは映画絡みの商業ソング
All That She Wants (Ace Of Base) 2年越しの大ヒット
Wild Night  (John Mellencamp & Me'shell Ndegeocello) シンプルだが印象に残った
Without You / Never Forget You (Mariah Carey) うまいところをカヴァーするね。
Baby I Love Your Way (Big Mountain) これもカヴァー曲
If You Go  (Jon Secada) 唄い上げていますw
Now And Forever (Richard Marx) マイケルボルトンの後に聴くとより一層シンミリと聴けますw
So Much In Love (All-4-One) これもカヴァー曲だが、聴きほれますな~
Shine (Collective Soul) FENリスナーの間では大人気だったらしく良く耳にしました。
Said I Loved You...But I Lied (Michael Bolton)  この曲を5回連続聴くのはもはや罰ゲームかお仕置きw
Return To Innocence (Enigma)
All I Wanna Do (Sheryl Crow) マイケルボルトンの後に聴くとより一層楽しく聴けますw
I'd Do Anything For Love (But I Won't Do That)  (Meat Loaf) これも2年越しの大ヒット
Cantaloop (US3)  BGMとしてほのかな音量で聴くのがこの曲の正しい聴き方w 
Come To My Window (Melissa Etheridge)
Linger (Cranberries) これはワタクシのマイベスト100に入れてもいいです。
Found Out About You (Gin Blossoms)
I Can See Clearly Now (Jimmy Cliff)
Always  (Erasure) ピコピコサウンドは趣味じゃないが、メロディラインは一度聴いただけで頭に残ります。
Prayer For The Dying  (Seal)


さて、外角高めの直球を打ちに行きましょう。
ビルボード100に顔を出さなくても、FENで掛からない日は無かった、ネイビー御用達の逸品たちです。



Jimmy Olsen's Blues ( Spin Doctors)




Counting Crows (Mr. Jones)     90年代元気印御三家その3(私的基準です)


最後の曲は実を言うとビルボード100の35位にランクインする直球ど真ん中なのですが、日本での露出は殆んど無いに等しいので敢えてこちらに持ってきました。



Mmm Mmm Mmm Mmm (Crash Test Dummies)


ボーカルの声が低音すぎて最初はどんなオヤジが唄っているのかと思いました。
メロディラインの美しさ、シンプルながら隙のない編曲は、ワタクシのマイベスト100に入れてもいいと思っています。
FENで聴いて即CDを買い求めました
妙に日本的情緒に溢れているように思うのは気のせいか・・・・
夏の終わりの夜に聴くと雰囲気出るかも。



さて、長らく続けてきた外角高めの直球も今回が最終回です。
1995年以降、洋楽に対するワタクシのアンテナは機能しなくなりました。

アンテナは折れていないのに、氾濫する楽曲のどれにも共鳴しなくなったのです。

飽きたのではなく、満たされたから故の事態だと認識しています。


奇しくも今日は「外角高めの直球」を始めた一周年の日

常人なら打ちにいかない悪球的楽曲ばかり聴かせてすいませんでした。

それでは皆様、これからも良い洋楽を!



by Wild_Cat_Seeker | 2012-04-27 00:08 | My favorite songs | Comments(2)
2012年 04月 25日

曜日の命名(妄想率400%)

c0337257_12270068.jpg

五輪の塔を眺めているうちに1週間が見えてきた。

 結論を記す前に、良い子たち! ちょっち五輪の勉強をしましょうか?

(ここで大半の閲覧者が他のブログに逃げるw)

 五輪とは「地」「水」「火」「風」「空」すなわちこの世界を形造る五大要素のこと。
そして、この考えの根源にあるのは古代エジプトでの暦と天文学の研究です。
中でも不思議な動きをする5つの明るい惑星が注目されました。
すなわち現在、水星、金星、火星、木星、土星と呼ばれる惑星たちです。
古代メソポタミヤでも同時期に同じように天文学が発達して、5つの惑星は注目を集めていました。
それが、インド、中国と伝わる間に五大とか五行の考えが生れ、やがて曜日の概念が形成されました。(かなり端折った説明ですw)

中国仏教界では、月火水木金に地球(土)太陽(日)が加えられ、曜日の名前が確立されたということです。そいつを日本に直輸入したのが他でもない弘法大師「空海」でした。
もっとも月~日の七曜を実際に運用したのは、西洋文化を取り入れた明治期からですけどね。

ともあれ、五輪の塔が表す「地」「水」「火」「風」「空」はルーツが5大惑星で、すったもんだの末に西洋経由で7曜が実用化され「月火水木金土日」の呼び名となりました。



もちろん、異論反論はありましょう。

五大と五行は似て非なるもの   という考えもあります。



古代エジプトとメソポタミア文明は別個に発達した   という考えもあります。

でもですね~・・・・その間を天狗のように行き来する文明の橋渡しが居たと考える方が自然のような気がします。



って、。。。。

くぉら! 起きろ!!!



by Wild_Cat_Seeker | 2012-04-25 06:38 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(10)
2012年 04月 24日

思わぬに写りしモノ

春の昼下がり、大工町を口を開けてえへらえへらと阿呆面を晒して歩いていると側面から指す薄ピンクな光線!



c0337257_12265942.jpg



とあるお寺さんの桜と芝桜がその源!



思わず前傾23.5度で「よよよよ~」とまがってしまう。



c0337257_12265928.jpg



あおってみようと座りこめば、鼻腔を春の香りが貫く。



多少、春にラリっていたのかもしれない。



このあと、みょーなものを写してしまった。



c0337257_12265901.jpg



何気に写した桜と青空のコントラスト画にそれは写っていました。



c0337257_12265940.jpg



ここです。



c0337257_12265964.jpg



最初は飛行機かと思ったのですが、主翼も尾翼もないので、飛行機じゃないですね。



c0337257_12265933.jpg



この写真のシャッタースピードは1/400s
飛ぶ虫も静止するほどのスピードです。



レンズのキズ?   いえいえ、前後のデータにはこのようなものは写っておりません。



こころなしか陽光を反射しているようにも見える。



どうも、「高高度を飛ぶ何か」という結論になりそうだ。



飛行機雲か、はたまた????



・・・・・謎は深まる・・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2012-04-24 05:52 | 遠野の街中で | Comments(10)
2012年 04月 23日

昼寝ヌコかく語りき

昼寝ヌコ独白



「つい、こないだまで氷点下だったり、暴風雪で、今年の春はひと月遅れ、なんて言われていたのに、見事に帳尻を合わせて来たね~。どうだい、ええ? このぽかぽか陽気は? 思わずうとうとしちまうじゃないか!」


30分後・・・・・



c0337257_12265976.jpg
「ち、ちょいと・・・・・紫外線多すぎないか? 気温高すぎないか? こちとら冬毛のままで衣替えはまだなんだよ! 加減ってぇものをお知りよ。」



ぶつくさ言いながら日蔭に移動して、ふたたび昼寝を楽しむ遠野のハンノラヌコ。



おそらくあと2週間ほどで実際に見られることでしょう。



by Wild_Cat_Seeker | 2012-04-23 06:51 | 遠野の動物たち | Comments(2)
2012年 04月 22日

山猫的展望台掲示板

遠野物語100周年を機に高清水展望台に設置された案内板。

c0337257_12265814.jpg

単なる観光案内板と違い、遠野物語ゆかりの場所を盛り込んだなかなかに画期的な力作です。

皆様方も遠野にお越しの際は、是非こちらまでお越しいただき雄大かつ深い歴史溢れる風景を満喫してください。



それでは、本日はこのへんで・・・・ぐぇっ!



な、なにするんですか!? 首根っこを猫掴みしないでくださいよ!
その持ち方は中枢神経にダメージを与える恐れがあると1989年リオデジャネイロで開催された世界猫サミットで報告されたでしょうに?



え? なんですか? 全然、エントリーが山猫ちっくじゃないって?



わかりましたよ。
そうしたら、山猫的補足を加えましょう。

高清水からポスターやカレンダーにも採用された遠野を代表する風景が見えるのですが、この案内板では取り上げられていませんでしたので老婆心ながらのおせっかいを・・・

それは・・・・・・



c0337257_12265880.jpg



この辺りです!!!



え? 判らない? ・・・・・そうでしょうね。 それでは実写画像に位相転換!



c0337257_12265823.jpg



どうです?  ぅぁあああ、、どうか、「さすらい地蔵」とか「続石」を投げないでくなさい!
ヒントを差し上げますから!



c0337257_12265872.jpg



このあたりです!  って 馬上から矢を射らないでくなさい! ワタクシは流鏑馬の的ではありませんって!!!



んじゃ、特別大サービスですよ!(安田大サーカスぢゃないですよ あの人は今・・・



c0337257_12265961.jpg



どうです~? すごいでしょう? 見えるんですよ!



ぎゃっ! なのをする くぁすぇdfrtgyふじ8こ9l;p@:「」 鵜や鷹に見えるんだからみんなにも見えるでしょうに?:@p;お。l、いkむjyんhtbgrふぇwd





by Wild_Cat_Seeker | 2012-04-22 18:28 | 山岳展望 | Comments(2)
2012年 04月 21日

のろまな春

強い疲労を押して早起きしたが、どんより曇り空で、風が冷たい・・・・・
荒川のしじみ漁でもレポしようという目論見は睡魔に粉砕された(笑)



まばたきを3回ほどした記憶しかないのに早、お昼・・・・・
猫額庭園に出てみる。



c0337257_12265875.jpg



先週あたりから、花が多くなってきた。



c0337257_12265892.jpg



今年も半野生化したムスカリが開花準備に・・・・去年は4月16日に咲いていたのだから1週間遅れというところでしょうか。



c0337257_12265839.jpg



3年目のオダマキは開花目前



c0337257_12265836.jpg



去年は生えていなかった謎の草・・・・なんでしょね?



c0337257_12265887.jpg



これは2週間前に買った苗・・・・名前・・・忘れましたw



c0337257_12265870.jpg



これも買ったスミレの一種(ようは名前忘れたw)



c0337257_12265826.jpg



これも買ったニオイスミレ



c0337257_12265824.jpg



これは投げ売りしていたビオラ



c0337257_12265863.jpg



これもビオラ・・・・ ビオラってスミレの仲間なんですよね。



なんで、こんなにスミレの仲間ばかり買ったかって?



それはですね、スミレが大好きな方が去年から長逗留しているからでして



c0337257_12265810.jpg

この方ですw

ツマグロヒョウモンというチョウチョの仮の姿です。

実は一枚前の絵が今日で、ヨーチュー様が写っているのは1週間前の絵
花まわりをばくばく食っております。



順調にいけば、ビオラを丸裸にして、5月終わりには羽ばたいていくことでしょう。



by Wild_Cat_Seeker | 2012-04-21 20:25 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(2)
2012年 04月 20日

外角高めの直球 ⅩⅦ 1993年

FENという洋楽への生きた窓を手にいれた1993年は、洋楽三昧な1年でした。
当時、カイシャではD新聞という業界紙を購読していて、毎週水曜日にはなぜか、ビルボードTOP200を掲載しており、営業途中に聴いた気になる曲を探す手段として有効でした。
まだインターネットが普及していない当時は、CDショップで視聴するしか曲を確かめる方法は無かったのです。目星をつけて買ったCDにお目当ての曲が入っていないという悲劇は日常茶飯事でした。それこそ、あの一曲を聴きたいがために2500円~2800円のCDを買うということを繰り返していました。(今、思えば、唯一、自分が体験したバブル景気だったのかもしれません)

さて、今回もビルボードのチャートとFENでよく聴いた曲をすり合わせて、ど真ん中をお伝えしましょうね。


I Will Always Love You (Whitney Houston) 映画の力は凄い! ホィットニーを知らない人もこれでホィットニーを知った。そして最大のヒット曲になった。
Can't Help Falling In Love (UB40) エルビスを知らない連中もこの曲は良いと言った。
Dreamlover (Mariah Carey) マライヤ・キャリーをようやくと意識した曲です。
Informer (Snow) 兄貴 ボンボンだぁね~www 空耳 それだけw
A Whole New World  (Peabo Bryson & Regina Belle) これも映画絡みですね。
The River Of Dreams (Billy Joel)  がんばれ! 親父の星!
I'm Gonna Be (500 Miles) (Proclaimers) こういう勢いだけの曲がチャートインするのもありかな? 
Two Princes (Spin Doctors) 90年代の元気印御三家のその一(私的視点です)
Mr.Wendal (Arrested Development) なんか耳に残っちまったんだよね~w
Ordinary World (Duran Duran) どうかどうか今教えて から幾星霜! 名曲です。
I'd Do Anything For Love (But I Won't Do That) (Meat Loaf) 奇跡の復活と言われました。
What's Up  (4 Non Blondes) ネイビー、エアフォース諸氏の間では絶大な人気だったようで、よくFENで聴きました。
All That She Wants (Ace Of Base) こういう曲が流行るんだろうな。とオモタら翌年大ブレイク!
Sweat (A La La La La Long)  (Inner Circle)  これも知らない間に耳にこびりついていましたw
Break It Down Again (Tears For Fears) 世界を御しただけじゃ気に喰わず、ワタクシをも御してしまいましたな。サビのメロディラインは当時の流行りだったようで、似たようなサビの曲がもっとあったような・・・

Hey Jealousy (Gin Blossoms) 90年代元気印御三家その二です。(あくまで私的基準)
If I Ever Lose My Faith In You  (Sting) たまには大人の歌を聴きたいじゃないか! 


んじゃ、外角高めの直球ね。

Regret (New Order)



ビルボード100にはチャートインしていないが、年間ヒット曲を寄せ集めた企画モノCDにはしっかり収録されています。
FENでも頻繁に耳にしました。
今でも稀にTV番組のBGMなんかに使われています。
ほぼ20年経った今でも知る人ぞ知る名曲なのかもしれません。



by Wild_Cat_Seeker | 2012-04-20 07:04 | My favorite songs | Comments(4)