山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 30日

道路の性格

c0337257_12253301.jpg
着々と進む遠野インター取付道路の工事



c0337257_12253367.jpg



橋脚を用いた高架橋で本線からバイパスまでを繋ぐらしい。



c0337257_12253302.jpg



まぁ、橋脚つくるために多少の見た目変化は許す、という内容ですねw



変化といえば、釜石道の役割が変わっていましたね。



いままでは、公式には認められていませんが、某自動車会社のための企業道路というのが第一義だったようですが、3月11日を境にして、まったく道路の性格というか大義というか、何にしてもまったく存在理由が変わってしまいました。



c0337257_12253353.jpg



その名は「復興道路」





この名前に、ワタクシは若干の複雑な機微を感じています。



c0337257_12253305.jpg



この名前を冠した道路建設に「建設反対」の声を上げる人はいますかね?





錦の御旗の前では山猫も縮こまって手も足もでない(口はときどき出す)



にゃ~、とか みゃ~、しか言いませんよw



by Wild_Cat_Seeker | 2011-09-30 06:01 | 新しきモノ | Comments(2)
2011年 09月 29日

なまだらで候

それは登山の帰り・・・・半ば意識朦朧状態で、大迫の宿から達曾部の宿に向かう街道を走っていたときのことであった。



c0337257_12253123.jpg



・・・・・・・・・たがお?   ←<とっす!



c0337257_12253186.jpg



こちらにも たがお  ←<だぁ~ら、とっす!



思わず身構えるワタクシ(なんでだ?w



c0337257_12253142.jpg



やや! あそこにも!



しかも、ヤツが発散する怠惰波のためにオートフォーカスが効かない(w



c0337257_12253292.jpg



かろうじてカメラが捕えた「なまだら星人」の姿w



c0337257_12253277.jpg



だれか拾ってくださ。。。。いや、買ってください!



しかし、一本あれば一世帯の夏場消費量に達してしまう図体のでかさゆえ、
売れ行きは見ての通りです。





しかし、大事に陳列されているよね。



c0337257_12253214.jpg



毛布の上で惰眠を貪るの図w



さらに衝撃的。。。笑劇的だったのは



c0337257_12253270.jpg



これ。。。わっ、、また怠惰波でオートフォーカスが・・・・・w



c0337257_12253262.jpg



こ、これは!!!



c0337257_12253293.jpg



移動式なまだら販売車! もしくは ドナドナなまだら!
しかも、手前のこいつはなんだ?
こんなのファインダーには入ってなかったぞ!
座敷なまだらか?
買って帰ると怠惰が家に住み着くかも・・・・・・(笑)





で、買ったか、って?
買いませんでした。



以前、一本購入したら、翌年の春まで冷凍庫を占拠していましたからね[E:happy02]





by Wild_Cat_Seeker | 2011-09-29 20:32 | 花、植物 | Comments(2)
2011年 09月 28日

遠野花街道 夏

綾織から小峠に向かう国道は別名「遠野花街道」



その名に相応しい光景が春、ゴールデンウィークあたりに見られるのはもう有名な話かも。



c0337257_12253159.jpg



視界がピンクに染まるほどの芝桜!



c0337257_12253157.jpg



これがすべて個人の手に寄る丹精だと知った日には、もう! 



c0337257_12253131.jpg



その偉業は遥か遠く駒形神社辺りからも遠望出来るほど・・・・



毎年春先は大変だな~、と思ってこの夏、お手前を通過すると・・・・・



c0337257_12253111.jpg



夏は夏で夏の華が夏っぽく咲き乱れていました!



c0337257_12253146.jpg



栽培種や観賞用の名前にはとんと暗いので、
お判りの方は花の名前をつぶやきつつ、コメントしていただけるとありがたいです。



ワタクシ的解答は、ダリぃ~ヤ、マリゴ~、キンギョギョソウ、ドワスレグサ、ソノタモロモロw



しかし・・・・そろそろ、TUBEの前田と加山雄三が冬眠に入り、広瀬香美が夏眠から目覚める頃に春夏の花ネタを振るワタクシって・・・・_|‾|○



by Wild_Cat_Seeker | 2011-09-28 20:47 | 花、植物 | Comments(0)
2011年 09月 27日

ロケハン

c0337257_12253071.jpg



かつて踏切だったであろう地にクルマを置き、うろうろする ぁゃιぃ 山猫これあり。



鉄の写真を撮るには、ただやみくもにシャッターを押すのではなく
まずは構図を考えないといけません。



かくして遠野市内でも指折りのお立ち台に向かう山猫これあり。



c0337257_12253005.jpg



・・・・・・・・・・



c0337257_12253093.jpg



・・・・・・・・・・・・



c0337257_12253006.jpg



あ、すでに飽きているのが、判っちゃうような・・・・w



c0337257_12253094.jpg



・・・・・・・・ええっと、、、これ「きんいしせん」って読んでいいんでしたっけ?



3年B組~~~~~!
「きんいしせん」すぇい!    おっとっとっと_|‾|○



c0337257_12253011.jpg



ロケハンは二の次にして、ネタ探しに彷徨うぁゃιぃ山猫これあり。



だってカマーが来ないだ。 仕方ないんだ。



ロケハンする前に時刻表ぐらいは指で辿っておくべきだったねw



by Wild_Cat_Seeker | 2011-09-27 20:56 | 鉄の目 | Comments(4)
2011年 09月 26日

黄昏列車にて発症

怒涛の「遠野まつり」特集も終わって、季節は早仲秋・・・・・・
では、そろそろ、夏の旅の続きをお送りしましょうかね(ナンデヤネン!

話は8月14日の夕方まで遡る。



日本最北の私鉄終着駅で40分のインターバルののち・・・・・



還ろう帰ろう遠野に帰ろ!

c0337257_12252944.jpg
津軽中里出発時はワタクシの専用列車でした。



c0337257_12253083.jpg



カラスもねぐらに帰る黄昏の津軽平野をひた走る。



c0337257_12253061.jpg



んんんんん? あれはなんだ、なんなのだ?    見られてる・・・・w



c0337257_12253079.jpg



またまた、これは絵ごころ満載な廃鉄だw



c0337257_12253029.jpg



う、発病した・・・・・



不治の病・・・・陰影明暗症候群・・・・



c0337257_12253001.jpg



お約束のダカハ電球も登場し・・・・



c0337257_12253059.jpg



黄昏列車は津軽五所川原まであと一駅



旅の終わりも近い。




by Wild_Cat_Seeker | 2011-09-26 05:43 | 陰影明暗症候群 | Comments(0)
2011年 09月 25日

遠野まつり2011 余滴

前回で〆たはずの「遠野まつり」ネタ。



どこからともなく、アンコールの声が・・・・・w



まだまだ語りたい「遠野まつり」ですが、ブログの性格上、同じネタを半月も引っ張るわけにもいかず・・・・どうしよう・・・・・・



あ、この手があった!



遠野まつり2011 総集編をデジブックでお贈りして
今年の遠野まつりエントリーを今度こそ! 〆たいと思います。





by Wild_Cat_Seeker | 2011-09-25 06:28 | 遠野の祭り | Comments(6)
2011年 09月 24日

遠野まつり2011 あねっこ達のまつり

ワタクシ常に思うところ、遠野まつりの7割8分5厘ほどは、あねっこ達の頑張りで成り立っているのではないかと・・・・



もし、遠野まつりが一から十まで男くさい祭りだったら、ここまで毎年盛況となったかどうか、はなはだ疑問を感じる次第でありますです。はい



そんな、あねっこ達に敬意を表し、
エントリーしたいと思います。



c0337257_12252851.jpg



神輿団体には元気はつらつ系あねっこはなはだ多し。



c0337257_12252888.jpg



担ぎ手にその姿多し



c0337257_12252869.jpg



神輿に乗りて、餅捲くあねっこ、さらに多し。



c0337257_12252814.jpg



c0337257_12252826.jpg



もろ肌脱ぎて凛々しきはまさに祭りの華なり。



c0337257_12252804.jpg



南部ばやしは、もう「あねっこ」なしには存続できぬ芸能なり。



c0337257_12252867.jpg



c0337257_12252868.jpg



c0337257_12252896.jpg



c0337257_12252993.jpg



雅やかで華やかな雰囲気を担う「あねっこ」たちに敬礼です。



c0337257_12252936.jpg

しし踊り団体にも「あねっこ」多し。



c0337257_12252992.jpg

見た目以上に激しき踊りゆえ、時折、あちらの世界を彷徨うこともあるやに聞く。



体力の限界に挑戦する頑張りに敬礼!



c0337257_12252986.jpg



手踊り団体も「あねっこ」なしには存続しえない。



c0337257_12252929.jpg



伝統芸能に真剣に取り組む姿は観る者に感動を与える。



c0337257_12252971.jpg



継承という重責を観る者は忘れがちだが、



c0337257_12252932.jpg



来年もまた同じ感動に触れることが出来たなら
それこそ、ほんたうのさひはひ(本当の幸い)というものでしょう。



遠野の「あねっこ達」に感謝しつつ、祭りの章は了とします。



More

by Wild_Cat_Seeker | 2011-09-24 13:22 | 遠野の祭り | Comments(6)
2011年 09月 23日

桜舞太鼓  ~滴水打破

9月17日 午後3時30分
降ろうか降るまいか迷っていた雨は無情にも本気で祭り会場を濡らし始めた。



c0337257_12252723.jpg



一度、津波に濡れた太鼓
もう2度と濡らしてはいけないはず・・・・・・



c0337257_12252793.jpg



出番までは10分を切っている中で応急措置がスリリングに進められる。
ラップ張りは手伝えないので、せめてもの太鼓運び・・・・・・



そして始まった。



釜石本郷 桜舞太鼓(おうぶだいこ)



c0337257_12252738.jpg



連打の衝撃波で舞い上がる滴水



c0337257_12252727.jpg



最悪のコンディションであろう。



c0337257_12252758.jpg



しぶきの上がり具合の美しさを表現しきれない・・・・・



c0337257_12252754.jpg



原画では落ちてくる雨脚がはっきりと写りこむ。





c0337257_12252722.jpg



激しい雨を吹き飛ばすが如く・・・・





c0337257_12252757.jpg



熱き撥さばき



c0337257_12252783.jpg



その轟きは、あたかも天の雷(いかずち)の如く



c0337257_12252747.jpg



その轟きは虚空を往く龍の咆哮の如し



c0337257_12252780.jpg



アンコールを含め3曲



c0337257_12252731.jpg



いかな無情の篠突く雨も



c0337257_12252713.jpg



桜舞の太鼓のその上に



c0337257_12252721.jpg



一瞬たりとも留まれず



c0337257_12252787.jpg



遠野人を戦慄せしめた二十数分でした。



by Wild_Cat_Seeker | 2011-09-23 17:14 | 遠野ぶれんど | Comments(2)
2011年 09月 22日

遠野まつり2011 ~山口さんさ

華やかさにおいて遠野まつりの参加団体中ダントツ首位の「山口さんさ」



c0337257_12252618.jpg



中でも目立つのは彼女



c0337257_12252697.jpg



今年も変わらずお美しい!!!



c0337257_12252647.jpg



表情の豊かさがタイヘンによろし!!!



と、どうしても彼女に視線が集中しがちですが、「山口さんさ」の素晴らしいところは



c0337257_12252624.jpg



鍛錬の成果か、各人の踊りのクオリティの高さなのです。



c0337257_12252770.jpg



他の団体の一部に見られる「仕方なく踊ってる感」が見られないのです。



c0337257_12252726.jpg



ね、ミクロではなくマクロで、この団体を見ることは大事ですよ。



c0337257_12252728.jpg



え? キャプションと絵が合致していないって?
そいつは・・・・失礼をば致しましたw



c0337257_12252714.jpg



んで、去ってゆく華麗なる彼女たちを狙う二の腕星人は、さて誰でしょう?www



山口さんさは、今日とっくに過去になった翌日にもう一度拝見致しましたが
その様子はまた、いつかご披露しましょう。



by Wild_Cat_Seeker | 2011-09-22 23:03 | 遠野の祭り | Comments(8)
2011年 09月 21日

遠野まつり2011 ~神々の集結

c0337257_12252642.jpg
カオスな旗旗旗。。。。。。
背景の神社は宇迦宇迦宇迦・・・・・・_|‾|○



17日の昼間の市内パレードをつまみ食いしましょう。



c0337257_12252641.jpg



神輿の上のボクはちょいと船酔い気味です。



c0337257_12252653.jpg



餅捲きあねっこで特集が組めるほど撮りましたが、それはまた別の機会に^^



c0337257_12252637.jpg



こちらは大工町の太神楽ですかね。
もう一と寄りが欲しいところですが、これが200㎜の限界。



c0337257_12252674.jpg



レンズで寄れなければ、自分が寄るしかないのですが、
度を超えると「困ったちゃん」の仲間入りとなるので自重しましょう。



c0337257_12252616.jpg



と被りモノ特集気味になってきたので。。。



c0337257_12252628.jpg



静岡からやってきた被りモノw  名前。。。忘れました_|‾|○



被りモノ大賞はこの方に差し上げたいとオモイマス。



c0337257_12252615.jpg



・・・・・・・



準優勝はコチラの方に



c0337257_12252623.jpg



はい、もう被りモノを脱いでいいですよ。 オイオイ^^



次は手踊りの団体です。



c0337257_12252681.jpg



その者青き衣を纏い・・・・・今年も迫力の大人数でした。
で、青の次は・・・・・



c0337257_12252683.jpg



ももいろキター!



あ、やべ。。遅刻する!
続きは帰宅後に。。。今日中に帰って来れれば。。。睡魔君に憑依されていなければ^^




by Wild_Cat_Seeker | 2011-09-21 06:34 | 遠野の祭り | Comments(6)