<   2011年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

網膜を焼き切る青

バーチーでは気の早いヤツがそろそろ枯淡の境地に入らんとしている紫陽花。



しかし、彼の地ではこれからが本番です。



紫陽花といえば、あそこだぁね。



c0337257_12243640.jpg



上郷の伊勢両宮神社



c0337257_12243679.jpg



ひゃ~、網膜が熱い!



c0337257_12243626.jpg



サングラスが必要ですか?



c0337257_12243635.jpg



これぞ、まさしく「花道」w



c0337257_12243619.jpg



いろいろある色色・・・ええ、だからいろいろなんですよう!



と錯乱気味な頭で考える。



えと。。。青い花が咲くのは土がアルカリ性で、、赤く咲くのはアルコールが入っているからで、白いのは中性だぁね。



(これはトンデモな勘違いだから、よい子は今すぐ近くに居る物知りとしょりに聞きなさい。)



c0337257_12243641.jpg



では、花道を降りてステージに立ちましょうかね。
ステージに立ったら一曲歌わねばね。



c0337257_12243614.jpg



♪あじさいお~じさん、あじさいお~じさん!
♪この前の酔仙は3合ばかし残っているかい?
♪残っているなら、ワシに飲ませたも!
♪あ、じさいおじさん、あ、へんなおじさん・・・



_|‾|○_|‾|○_|‾|○





このあと、クルマを運転しましたが、焼ききられた網膜に紫陽花の残像が白く残り、思わずワイパーを動かしました。



しかし、状況は変わらなかった。(あたりまえやがな!)



by Wild_Cat_Seeker | 2011-06-30 21:13 | 花、植物 | Comments(8)
2011年 06月 29日

今宵無風

今日のカントーは何℃まで上がったの?
え! ところにより38℃・・・・・_|‾|○



その余韻は今、日が変わる直前まで続いている。



無風の熱帯夜・・・・



おおっと、残念だが、エアコンもブレーカーは落としているよ。
さぁ、さぁ、どうする? どーするぅ~?



よし、脳内避暑でもやるか。



c0337257_12243525.jpg


をお~!マイナスイオンの風が吹く! こりゃあ、ええ! ごくらく、ごくらく!

と、室温30℃の室内で滝のような汗をかきつつビールを煽る吾(われ)_|‾|○



 



by Wild_Cat_Seeker | 2011-06-29 23:41 | 遠野の川 | Comments(2)
2011年 06月 28日

困ったときの・・・

困ったときに重宝するネタ・・・・・三に鉄、二に食いモン。



そして栄えある第一位は????



どろどろろろろっろろおろおろおろ・・・(ドラムロールです。けっして右往左往しているわけではないのすw



c0337257_12243533.jpg



それは花っこでさぁ!



これはイヤ~カットマウンテン産の山苧環(ヤマオダマキ)です。



c0337257_12243569.jpg



これもイヤ~カット産です。



これはなんでしょうね?
似た花っこはいまどきのカントーでもよく目にします。
オカトラノオかな?



c0337257_12243551.jpg



こちらも耳・・・イヤ、ケフンケフン・・・イヤ~カット産です。
7月の遠野の山野にこの花はなはだ多し! です。



とは言っても、道端の草原を、じぃ~~~~~っと見ないと見つけられません。



あ、で、名前は多分おそらく勇気を振り絞って言えば「タマガワホトトギス」



そう、遠野の高原は7月が見頃ですよん。
高山植物も7月中旬がもっとも種類が見られます。。。が、なんていっても梅雨末期のこと。
天候には恵まれないことはなはだ多しです。



奇跡を信ずる人は、行ってみるべしなぁ!



by Wild_Cat_Seeker | 2011-06-28 23:29 | 花、植物 | Comments(4)
2011年 06月 27日

外角高めの直球 Ⅳ 1976年

べいしてぃなんたらというお子ちゃまバンドが耳障りな年だった。



ワタクシにとって1976年はPaul McCartney & Wings一色だったような気がする。
極めつけはライブアルバム「Wings over America」だった。
Paulの今の生の声が聴けるという意味で大興奮したのだが、コンサートツアーで喉を潰してしまったのか、ワタクシが期待していた声ではなかった。



特にがっかりしたのは「Maybe I'm Amazed」
張りのあるシャウトが魅力だったのに、単なるダミ声になってしまって、しかもスローテンポで・・・妙に凝り造ってしまっていて・・・・でもビルボードで10位ですか。
これは内角ギリギリのストライクですな。



ワタクシは外角甘めのシンプルなオリジナルの方を好みます。
http://www.youtube.com/watch?v=cm2YyVZBL8U



Paul McCartney & Wingsのアルバムを通して聴くのは、かなりつらいものがある、と感じています。



素晴らしい直球ど真ん中が2~3球ありますが、バックネット直撃のくそボールもあり、背中を通過するビーンボールもあり・・・(ただ長いだけの時間稼ぎの曲?w)、まったく印象に残らない消える魔球ありw・・・・・・



なかなか外角高めの直球がないのですよ~
1976年の曲ではないですが、強いて言えば、これかな?



http://www.youtube.com/watch?v=cbsBexn3Uac&feature=related



おっと、これはWings以前だった_|‾|○





Wingsで選ぶとしたら、これかな?



http://www.youtube.com/watch?v=w6c-E72Ssr8





(強いて言えば、、というのは悪球打ちじゃなくても手をだしたくなるからw)



by Wild_Cat_Seeker | 2011-06-27 00:21 | My favorite songs | Comments(0)
2011年 06月 26日

太陽が欲しい

c0337257_12243484.jpg


最近、陽光の下を歩いていない・・・・・・



夏至の日はドピーカンの酷暑だったが、仕事はずっと屋内で、しかもトイレに行く時間も惜しいほど、、○ソ忙しいし、気がつけば午後10時だったし・・・・・



c0337257_12243596.jpg



空を見上げて、思わず目を細めるような明るさが欲しい。



c0337257_12243548.jpg



今年の梅雨は、ある意味本来の梅雨らしい。





わかっているのだが、やはり陽光の下を思う存分歩き回りたい。



 



by Wild_Cat_Seeker | 2011-06-26 20:30 | 遠野の里 | Comments(2)
2011年 06月 25日

終戦記念日

04:25起床



c0337257_12243343.jpg
有明の月残れる夏至+3日





c0337257_12243447.jpg



夜半の雨をもたらした雲は東に去った。



c0337257_12243486.jpg



猫額庭園では一番花満開のブッドレアにアゲハが一心不乱に食事中



c0337257_12243439.jpg



4世代目の若造を発見



c0337257_12243419.jpg



今年はトマトが豊作になりそう。





え? タイトルと中身が違う?

はい、今まではプロローグでした。





c0337257_12243488.jpg



穴露具解放戦隊は善戦むなしく、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、此処に玉砕す。





むかっぱらは立つが、仕方ない。 
地デジ化移行して穴露具解放戦線は終戦した。



んでも、キレイな画像にビックリ満足!(おいおいw)



 



by Wild_Cat_Seeker | 2011-06-25 18:58 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(2)
2011年 06月 24日

滴る季節

c0337257_12243311.jpg


音が聴こえてくる写真を撮りたい・・・・・・
そう思ってシャッターを押すこと数万回・・・・・・未だし哉、いまだしかな・・・・・



c0337257_12243378.jpg



緑滴る重端渓(ちょうたんけい)
緑一色の中、何気に藤の紫が一滴二滴



c0337257_12243395.jpg



水辺の石に残る波の跡
考えるだに、その生成過程が判らない。



c0337257_12243350.jpg



水辺の大岩・・・・じっと見つめると、ただの岩が段々と何かに見えてくる。
あなたは何が見えてきましたか?



ワタクシは・・・・・・ジャバ・ザ・ハットに見えてきましたw



ううう、渋くきれいに決めるはずのエントリーが台無しだw





 



by Wild_Cat_Seeker | 2011-06-24 23:16 | 遠野の川 | Comments(4)
2011年 06月 23日

太陽祭の季節2011 ⑥ 西風の神との出会い

c0337257_12243240.jpg



多磨霊園の南西に小高い丘あり。



c0337257_12243225.jpg



名を浅間山と申す。



c0337257_12243205.jpg



山頂に浅間神社あり



c0337257_12243386.jpg



丘の一角からは富嶽望めりと聞く。



c0337257_12243396.jpg



緑濃き初夏 小さき蝶、眼前を飛び去りたり



c0337257_12243360.jpg



おうおう、30数年ぶりの再会だ~!



名をミズイロオナガシジミと申~す。



ゼフィルス(ギリシャ神話の西風の神)と呼ばれるシジミチョウの一種です。



c0337257_12243397.jpg



清楚かつ繊細な種族です。
都会からは急激に姿を消しています。
近頃はこうした保護された公園や保全地域に、しぶとく残っているらしいです。



ある意味、今回のメインディッシュでした。



この後は、雨の中、延々歩き通しました。



陽の光が欲しい!



 



by Wild_Cat_Seeker | 2011-06-23 23:14 | 旅行・地域 | Comments(2)
2011年 06月 22日

太陽祭の季節2011 ⑤ 人口50万

c0337257_12243182.jpg


少々、寄り道が過ぎたようで、圧倒的に時間が足りなくなってきそうだが、

あそこを外すわけにはいかないので、ちょいと遠回りをした。



c0337257_12243145.jpg



50万といえば、今ワタクシが住んでいる地方自治体の人口より多い!





これだけ多ければ統計学上、有名人がチラホラいても不思議ではない。





c0337257_12243198.jpg



「玉石を持っていかないでください」と立て札が立っていたので有名人だろうね。





伊藤博文かな?
後日、Webを彷徨ったら意外な人物でした如(www



c0337257_12243200.jpg













こちらは最後の帝国陸軍大臣です。





多磨霊園には軍人多く眠れり





東郷平八郎も此処に永眠せり



東郷の埋葬を機に此処に葬られることを望む軍人多くなれりといへり。



山本五十六も然り。











c0337257_12243270.jpg



墓所にはさまざまな花が咲く。
あるひは故人が生前愛でた草花を植えたのであろうか。



c0337257_12243275.jpg



白い花が咲き誇るこの墓所の主は?



c0337257_12243297.jpg



無・・・・・?





あ、無縁仏ですか・・・・



おそらく、高確率でワタクシもお世話になるかもしれない終の住家



そんときゃ、知らぬ同士でお皿叩いて(ry



c0337257_12243219.jpg



え~、墓団地ですw  正式には壁墓地と呼ばれています。
生前は都営○○団地6号棟にお住まいで、成仏後も6号棟墓地にお住まいの方が
いらっしゃたりしたりなんかして・・・





50万のホトケに一斉に見つめられると、異常なまでに背筋が伸びました。



まだまだ陽は高い!
浮かばれぬ者たちも現れるには早い時間だろう。

太陽祭の季節
都内最大級の安息所は曇天の下、紫外線と若干高めの放射線を浴び続けていた。





おらおら、ゴールはまだ遠いぞ!



いろんな意味でw



 



by Wild_Cat_Seeker | 2011-06-22 23:30 | 旅行・地域 | Comments(4)
2011年 06月 21日

太陽祭の季節2011 ④花と蝶

東京の郊外は緑が多いのですが、誰でも入れる林とか森とか草原は皆無です。
大概、私有地につき立入禁止か、管理された公園となっています。
まぁ、ワタクシは不法侵入はしたくないので、後者のいはゆる管理された(飼いならされた)自然を求めて公園に行くわけです。



c0337257_12243072.jpg



c0337257_12243079.jpg



それでも、まぁ、十分楽しめます。



c0337257_12243056.jpg



いきなり、ワタクシの目の前に舞い降りたオレンジ色のニクイ奴w
名を「ウラギンシジミ」とぞいふ。
その名のとおり・・・・



c0337257_12243043.jpg



羽の裏は見事な白銀色です。



さて、この公園の一角には野草園がありまして、本来、この地方に咲く野草が保護されています。ちょいと花っこの勉強がてらまがってみましょう。



c0337257_12243063.jpg





これはキツリフネですか?
ですよね。
そうと言ってください!w




c0337257_12243074.jpg




これはなんですかねぇ・・・・
リョウブ・・・・かな?






c0337257_12243029.jpg





ナワシロイチゴの花・・・・らしい。






c0337257_12243039.jpg





これはヤマタツナミソウ・・・というらしいw






c0337257_12243142.jpg





葉に特徴がありますね~
シソの仲間のようですが、
名前はワカリマセン。




c0337257_12243143.jpg





ヤブヘビイチゴの実



子供の頃は「毒イチゴ」と呼んでいて、食べたら死ぬ! とか食べたら蛇になる。なんて言って恐れていたようなw



c0337257_12243107.jpg





特徴的な花なのですが、
う~ん、わかりません_|‾|○





c0337257_12243115.jpg




これはホタルブクロでしょう。
上を向いて咲いているのが気に掛かるが、涙がこぼれないようにしているのでしょうw




c0337257_12243162.jpg





これはヤブジラミなるらん



オマケムシつきw





c0337257_12243108.jpg




これはキツネアザミとのことです。









c0337257_12243104.jpg



シモツケソウ!
と叫びそうになりますがw



キョウガノコという名前ですって



ホント、花の名前ってわからんです。




c0337257_12243123.jpg



チョウジソウですって



しかし、ピンボケしとるやないけw



おかしいなぁ・・・ちゃんとマニュアルフォーカスで合わしたはずなのに・・・
(ワタクシの目がピンボケしている?)





c0337257_12243133.jpg




う~ん
わかりません・・・_|‾|○





c0337257_12243168.jpg





ドクダミ&ジャノメチョウの仲間



ヒメジャノメかな?




c0337257_12243128.jpg




これは自信あります。



ウツボグサですね。





c0337257_12243159.jpg





キキョウソウというらしい。






c0337257_12243187.jpg




コヒルガオなるらん



中の住人はヒラタアブなるらん









c0337257_12243166.jpg





この手の黄色い花は本当に区別つきません。。



葉の形から「クサノオウ」かな?
自信度0.5%w


あ~疲れた! 
歩き回るより、花の名前を探すほうが100倍疲れる(w



んで、もうお馴染みの結びのリアクションですが・・・・



こらこら、こんなところで油売ってないで、とっとと歩きなさい!
まだ行程の半分も終わってないのだよ!
太陽祭の季節を、もっと楽しまなきゃね。



いや、十分楽しんでいるのだが・・・www



by Wild_Cat_Seeker | 2011-06-21 23:56 | 花、植物 | Comments(2)