山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 28日

伊豆んと 一途 ぐっ? 噴泉編

c0337257_12233699.jpg



桜に酔い続けたかったのですが・・・・



c0337257_12233671.jpg



人に酔いましたwww・・・・_|‾|○



一息つくために、近隣の古社を訪れたり、こちらを訪れたりしました。



c0337257_12233680.jpg



大正年間に大音響とともに吹き上げた大噴泉。
制御しなければ今でも地上30Mまで噴き上げるという。



その噴き上げショータイムが迫っているというのでスタンバイしたわけです。



c0337257_12233694.jpg



噴き上げまで3分・・・・構図を考える。



施設の係員が、ナニか叫んでいました。
まぁ、観光地にありがちなおせっかいだろうと判断して
「モンダイないですよ。もーまんたいですよ!」



c0337257_12233622.jpg



太陽が正面・・・・逆光か・・・・これを不運と取るか、逆境と取るか・・・・





c0337257_12233766.jpg




制御弁は開けられた!
太陽のまわりがハーロウでまとわれる姿を目指す。



c0337257_12233747.jpg



よっしゃ! いい感じになってきた!



しかし・・・・・次の瞬間



c0337257_12233729.jpg



な、な、なんだ???



c0337257_12233725.jpg



あっあ~~~~!
冷たい、おれ冷たい!



そっか~~、さっきの係員のおっちゃんは、これを警告していたのか!



 



カメラが・・・カメラがぁ~~~!



c0337257_12233798.jpg



しかし、こんなシッチュエィションは滅多にない!
ここで退いたら男が酢樽!



c0337257_12233724.jpg



しかし、大噴泉は容赦ない!

あれだけいた観光客も雲の子を散らすように逃げ去った。



もはや、撤退か?



いやいや、踏ん張りところだ!



c0337257_12233784.jpg

ここはひとつ、開き直って・・・(www



c0337257_12233728.jpg



どりゃ~ぁぁ~~!
あ、だめだ、水滴でAFが機能しない!







もう、いいか・・・・ただで温泉浴びられたので良しとするかwww _|‾|○



撤収!



by Wild_Cat_Seeker | 2011-02-28 06:53 | 旅行・地域 | Comments(4)
2011年 02月 27日

伊豆んと いっと ぐっ?~河津桜編

はい、そーゆーわけで(どーゆーわけで?)
一ヶ月待てない人こと山猫を探す人です(w



いまどきの関東各地でピンク色の花を咲かせて、道行く人をどきっとさせる桜・・・・
河津桜の発祥の地を訪ねました。



例によって400回近くシャッターを切りながら、何も考えていないので
結果は。。。_|‾|○



まぁ、考えようによってはアップ画像の選択に悩む必要もないということで
2月の桜を一挙公開です・・・(後悔です。。。_|‾|○)



c0337257_12233586.jpg

c0337257_12233638.jpg



c0337257_12233674.jpg



c0337257_12233655.jpg



c0337257_12233609.jpg



c0337257_12233610.jpg





c0337257_12233635.jpg



c0337257_12233602.jpg



はい、以上です。
どこが一挙かって?
細かいことは気にしない気にしない!



んで、独り言ブログになるのは必至ですが、、、つづく(w



by Wild_Cat_Seeker | 2011-02-27 01:10 | 旅行・地域 | Comments(6)
2011年 02月 26日

1ヶ月待てない人~結

c0337257_12233571.jpg

おいおいおい!
それはないだろう!

へい、すんません。
中身は明日おいおいおいと…(笑)

by Wild_Cat_Seeker | 2011-02-26 17:55 | 旅行・地域 | Comments(2)
2011年 02月 26日

1ヶ月待てない人~序

c0337257_12233564.jpg

休日早起き強い風
目指すは少し早い春

by Wild_Cat_Seeker | 2011-02-26 07:19 | 旅行・地域 | Comments(2)
2011年 02月 25日

冬の猫溜り

本日の帝都はぬる燗のような陽気(w
春一番が吹いたとのことですが、仕事中の身にはなんのことやら?
多分お昼すぎくらいは20℃超えをしたはずです。

夜になっても10℃を上回る気温・・・・

明日は早すぎる桜を追って来ようかしらん?


んでもって、季節は2ヶ月はゆうに遡りw  遠野ネタに何気なく移る(ドコガ?





真冬の遠野でも、雪掻きを丁寧に行っている処はアスファルトが覘いている。



そんな場所を遠野ヌコが放っておくわけがない!



c0337257_12232915.jpg



とある場所はアスファルト地で日当たり良好!
ネコ一家が毛繕いをしていました。
推定ですけど、とうちゃん、かあちゃん、こどもって感じです。



c0337257_12232927.jpg



最初のシャッターを押した瞬間、とーちゃんとこどもは銀幕の後ろへ隠れました。
かぁちゃんだけが振り返りざま「あんただれ?」と眺めていた。



c0337257_12232943.jpg



で、なにを思ったのか、かぁちゃんネコはワタクシにすりすり攻撃を仕掛けてきた。w



c0337257_12232942.jpg



不安げに見守るとうちゃんヌコとむすこヌコ。



c0337257_12232977.jpg



大丈夫よ~! このお方もヌコ族よ~!
と家族に安全宣言をする「かぁちゃんヌコ」



c0337257_12233054.jpg



冬の陽に にょ~っとのびる ぬこのかげ
僅差で山ヌコの勝ち!www



さぁ、家族のもとにお帰りんさい。



c0337257_12233516.jpg



再び真冬の団欒



目じりに微笑を湛えつつ立ち去る山ヌコこれあり。







by Wild_Cat_Seeker | 2011-02-25 23:19 | 遠野の動物たち | Comments(0)
2011年 02月 24日

雪原小僧

東京での積雪は非日常の極致!
それは今も昔も変わりない。
薄汚れた大人になっちまったワタクシは雪見酒は飲むが、翌日の交通機関の乱れを憂う、なんていう、面白みのカケラもない感情を当たり前のように前頭葉に展開するようになっていた。



しかし、子供の頃は違う。
年に2,3回の積雪は一大事で、今のネズミーランドなんか目じゃないくらい面白かった。



雪だるま、雪合戦、ミニかまくら造り、ソリ遊び・・・・・
明日融けてしまうであろう雪を何度も楽しみ尽くしたものだ。



その中で、もっともエキサイティングで、かつ最も危険だったのが、「雪原を走る」ってやつだった。



c0337257_12232992.jpg



こんな雪原を見ると、今でもむずむずする。



c0337257_12232954.jpg



もっとも、規模はこの100分の1以下だったでしょうけどね。



雪は、泥田や砂利捨て場や肥溜めやどぶを隠してしまうのです。
雪のない時分を見て知っているはずなのに、雪原を見ると我先に走り出してしまう。



c0337257_12232993.jpg



泥田に足を取られて立ち往生する者・・・・
砂利に躓き、顔から倒れる者・・・もちろん流血w
急に姿が消えたと思ったら、どぶに落ちたヤツ!
有機肥料にまみれたもっとも悲惨なやつ・・・・



c0337257_12232998.jpg



走り出そうとするワタクシを40年前の記憶が引き止める。



c0337257_12232988.jpg



分別っていうのはつまらんな。



c0337257_12232995.jpg



少なくとも、どぶにはまって泣き叫ぶ自由を永遠に失ったwww



c0337257_12232932.jpg



代わりに仕事に嵌って泣くに泣けない自由を満喫している(おいおい)



そう。。。鬼太郎ハウスに挟まれて身動きとれないお六のように・・・・



c0337257_12232908.jpg



でも思う。 
損得勘定後先なしに走り出すあの快感を今一度味わいたい。





走った後、我に返って、後悔するのは必至ですけどねw



by Wild_Cat_Seeker | 2011-02-24 22:21 | 遠野の里 | Comments(2)
2011年 02月 23日

ベンチ

c0337257_12232860.jpg

もうそろそろ席を立ってくれませんか・・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2011-02-23 23:16 | 遠野の街中で | Comments(8)
2011年 02月 22日

逝く冬や・・・・

c0337257_12232886.jpg




2月も後半になると、冬ネタと言いながら、なぜか春を期待する論調になったりする。



だから、ワタクシも本日のエントリーの1枚目を無意識に「あ青も白い」冬遠野絵w 別名キャノンブルーな絵にしたらしい。 



c0337257_12232858.jpg



厳冬を表現しようにも、見事に晴れ渡ってしまった年末晦日と小正月。



c0337257_12232869.jpg



仕方が無いので木々の影絵を中心に撮っていましたね~。



c0337257_12232884.jpg



桜の梢が残した雪上のカトルーシュ



c0337257_12232851.jpg



こちらでも影絵に精をだす桜かな?



c0337257_12232849.jpg



バージンスノウな某所の中庭??も珍しいのでパチリw



c0337257_12232812.jpg



春を予感させる青と白



これからは雪解けが急ピッチで進むんでないかい?



・・・・・とあたかも今見てきたかのようにアップする不埒な我_|‾|○



by Wild_Cat_Seeker | 2011-02-22 21:40 | 遠野の里 | Comments(2)
2011年 02月 21日

遠野の雪上絵

根雪になって久しい遠野では、まんつはぁ~、フシギな雪上絵が見られるよんたなす。



c0337257_12232709.jpg



地上で見たら、なんてことない足跡なのですが、地上1000mmから見ると(オイオイw)
壮大なる雪上絵が姿を現すのだ



c0337257_12232706.jpg



だれかが不細工な恐竜を描こうとして途中で止めたようだ。



c0337257_12232779.jpg



こいつはサメかカメか??? いやいや、やはり恐竜か?



c0337257_12232702.jpg



あれはなんだろう?
とあるもっとも高名でもっとも胡散臭い大学教授である、「舞蹴るサンダル」によって
これは「恐竜の喉○○こ」と推測された。
これに対し、にぃるす・ぼぉあ博士は、もはや古典的な言い回しで鋭く批判した。
「キミの考えは基地外字見ているw だが現実はもっと吉が苛めている。」



c0337257_12232789.jpg



雪上絵を描いている現場を押さえた。
これはすごい! 地上1000mから見てこの大きさだ!
たぶん、あの雪球は直径5キロはあるだろう。



c0337257_12232736.jpg



こ、これはイカか? タコか? はたまた電気スタンドか?



c0337257_12232738.jpg



そして、これは?
あ、猿のくるくる尻尾? でんでんむし? 



いやいや、これはズバリ、なるとでしょうwww



かくして、厳冬の一時期にしか見られない貴重な雪上絵・・・
いったい誰が、、なんの目的で描いたのだろうか?



ナゾは深まるばかりだわい???







More

by Wild_Cat_Seeker | 2011-02-21 22:56 | 遠野の里 | Comments(2)
2011年 02月 20日

辻切りを見に行く

 



エンドレスウィンターで精根尽き果てw 遠野ネタはお休みです。(オイオイ)



遠出をして花見でもしようかと計画していた日曜日だったが、
天気は冴えず、体調も冴えず・・・・



仕方なく近所の公園で花鳥を愛でることにしました。



c0337257_12232638.jpg



梅は~咲い~た~か?



c0337257_12232658.jpg



咲いたようですw



c0337257_12232646.jpg



マンボ№5・・・・・



c0337257_12232652.jpg



あ、オレオレ! 新しいカメラとレンズ一式買いたいから100万円くらい振り込んでよ・・・・・



c0337257_12232683.jpg



鴨ん鴨ん鴨ん鴨ん!



ううむ、やはり、このグルーミィでブルージィな天気では写りも冴えないなぁ。
帰るか・・・・・



と、そのとき視線を感じました。



c0337257_12232615.jpg



あ゛~ぁ なんだ! アレはナンダ?



c0337257_12232697.jpg



藁で作った大蛇だ。
ははぁ、これが噂に聞いた「辻切り(つじきり)」ってやつだな。



説明しよう!
辻切りとは藁で作った大蛇を集落の東西南北の辻に結びつけ、悪霊や疫病が入ってこないようにする民俗行事だ。こうして1年間集落の安全を守り続けるのだ。



ちなみにこれは東の辻にあたる。



こいつは面白い。他の3箇所を探しに行こう。



c0337257_12232648.jpg



すったもんだ、いったりきたり、こんな古い石柱を見つけたりした末に・・・・



c0337257_12232601.jpg



北の辻切りを発見しました。



c0337257_12232627.jpg



耳はビワの葉、目は前年の大蛇を燃やした灰を半紙でくるんだもの。
あらあら、独眼流になってますね。



c0337257_12232635.jpg



次いで、西の辻を見つけた。



c0337257_12232604.jpg



西の辻は江戸川を見下ろす崖の上だ。
もやもやシルエットの向こうに身長584mの巨神が立っている
来月には600mオーバー確実だ。
600mがどんなもんかというと、高尾山と同じ高さだ。(カントー人向け比較)
市街から見た高清水山よりさらに60m高い。(遠野人向け比較)



あ、いけね。寄り道が過ぎた。最後の大蛇を探さねば・・・・・



c0337257_12232609.jpg



やっと南の辻の大蛇発見。



しかし、ユニークな行事だ。



c0337257_12232713.jpg



どこか、セサミストリートのマペットを思わせる愛嬌ある表情だ。



満足して帰り道の公園を横切ると・・・・



c0337257_12232776.jpg



さくぅ~らぁわ~、まだかいな?  っと



c0337257_12232756.jpg



寒桜か・・・・・ワタクシが断念した河津桜か・・・・な?



タイヘンたいへん満足であ~る![E:confident]



by Wild_Cat_Seeker | 2011-02-20 23:38 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(10)