山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 30日

山猫的夜空徘徊

c0337257_12223241.jpg



夜明け前のひととき・・・・・
星を愛でようじゃないのとイヤーカット。



ん? なぜかさえない星々よのう。



c0337257_12223277.jpg



あ、きみか! 
明るいなぁ・・・・え? 今日が十五夜?   そりゃ明るいわけだ。



c0337257_12223233.jpg



東の空に明けの明星が昇る。



まぁ、コンディションは良くないが、暗闇に目を慣らしたら星空徘徊を始めましょうか。



c0337257_12223272.jpg



オリオン座ベテルギウス、おおいぬ座シリウス、こいぬ座プロキオンで冬の大三角



c0337257_12223291.jpg



北の空には北斗七星とちょっちはみ出たカシオペア座。真ん中にポラリス(北極星)



c0337257_12223251.jpg



しかし明るい・・・・56秒もレリーズを押し続けると六角牛山の山肌までくっきりと見えてくる。



c0337257_12223243.jpg



金星とぶんぶん丸
背景の星々は、うしかい座、おとめ座、からす座などなど





c0337257_12223274.jpg



南が開けたところに場所を移して、遠野市街とおおいぬ座



c0337257_12223266.jpg



お、月が山の端に沈むぞ!



c0337257_12223214.jpg



途端に輝きを増す星たち



c0337257_12223230.jpg



しかし、この状態も長くは続かない。



c0337257_12223275.jpg



金星のあとを追うようにふつふつと煮えたぎる巨大なガスの塊が太平洋の水平線下を駆け上がってきている。



c0337257_12223207.jpg



肉眼では見えなくても、CCDは感じ取っている。



夜空徘徊はここまでにしよう。



体がすっかり冷えてしまった。



by Wild_Cat_Seeker | 2010-11-30 05:44 | 空 雲 星空 | Comments(2)
2010年 11月 29日

遠野雲海生成局のお仕事

c0337257_12223149.jpg



時刻は丑三つ時から一時(いっとき)経ったあたりか?(なぜ午前5時と素直に言わん?)



遠野の郷の極秘組織のボスが窓を開けて夜空を見やった。



c0337257_12223145.jpg



「ぶるっ うう寒い・・・・ お、晴れているな。星がきれいだ。 今日は雲海目当ての通い人や地元民がいっぱい来るだろう。急がなくては・・・・」
(おもむろに無線機に向かい)
「・・・・ああ、各方面に告ぐ。急ぎ雲海生成作業かかれ!」



c0337257_12223164.jpg



「東館支部、了解した。今日は原料豊富にして良質なり。」





c0337257_12223190.jpg




「こちら五日市支部、すでに手持ちの原料は燃やし尽くした。」



c0337257_12223196.jpg



「似田貝支部より五日市支部へ。あとは任せろ。」
「こちら海上支部。こちらも燃料切れだ。」
「本宿支部より神明支部、松崎支部へ。どうした? 全然燃えてないぞ!」
「神明支部より本宿支部へ。今火入れをした。もう少し待て。」
「松崎支部より本宿支部へ。無茶言うな。昨日全部燃やしちまったよ。」



c0337257_12223161.jpg



「本部より各方面へ。足りぬ・・・足りぬぞ! この程度の火力では埒が明かん! 飯豊も駒木も挙げろ! 燃やし惜しみは無しだ!」



c0337257_12223114.jpg



本部の檄に大日山支部、鶯崎支部が火を熾し・・・・



c0337257_12223163.jpg



白岩支部も狼煙を上げた。



c0337257_12223182.jpg



「こちら踊鹿支部。規模は極めて小なれど雲海発生!」



c0337257_12223121.jpg



「こちら東館支部。なんとか雲海状態を維持している。」



局地的には雲海状態を作りだせたが、すでに日の出から半時近くが経過し、気温の上昇が始まっている。煙は作る傍からどんどん上空へ逃げていく。



c0337257_12223117.jpg



「その他の支部が加勢しない今となってはこれが我々の限界か・・・・」



本部のボスは寂しくつぶやき、虚空を見やった。



「作戦は失敗だったな。」





※あんのう・・・・・・本気にしないでくださいね ε-(‾ヘ‾)┌ ダミダコリャ…



by Wild_Cat_Seeker | 2010-11-29 05:46 | 空 雲 星空 | Comments(8)
2010年 11月 28日

遠野郷朝靄幻燈館

c0337257_12223002.jpg



雲海ではなく、靄だと街や郷の様子が見られて、また違った美しさを発見できる。
まるで幻燈を観ているような錯覚に陥る。



c0337257_12223095.jpg



普段無機質なバイパスだって、黄金の川のようだ。



c0337257_12223096.jpg



団地の影



c0337257_12223073.jpg



一本杉の影



c0337257_12223064.jpg



散居の影



c0337257_12223014.jpg



NTT鉄塔の・・・うう、チミチミ ちょち影が薄いよw



c0337257_12223033.jpg



の大なり・・・・野田稲荷の影



c0337257_12223051.jpg



遠野郷朝靄幻燈館は営業日不定、営業時間数十分です。



by Wild_Cat_Seeker | 2010-11-28 08:26 | 空 雲 星空 | Comments(2)
2010年 11月 27日

朝靄と曙光と

c0337257_12222981.jpg



雲海にはならなかったこの日・・・・・・
しかしながら、この薄いヴェールのような朝靄が実によい味を醸し出していた。





c0337257_12223018.jpg



肉眼では確認できない靄も曙光が当たれば黄金の空中道路と化す。



c0337257_12223083.jpg



そこかしこで黄金の造形物を作成する曙光と朝靄



c0337257_12223040.jpg



六角牛山の影 
土淵は未だ曙光の恩恵を知らず



c0337257_12223082.jpg



なんか、下手なキャプション付けるのが空しくなってきたw



かくして、「もう朝靄は飽きたヨ」という声を無視してモヤモヤエントリーは続くのであ~る。



by Wild_Cat_Seeker | 2010-11-27 10:56 | 空 雲 星空 | Comments(2)
2010年 11月 26日

朝靄を観る人

c0337257_12222923.jpg



朝靄の布団を剥いでみれば、ZZZ・・・といびきをかく猿ケ石川



ううう、時間がとれなくて、本日はこれだけです。 すんませんすんません



by Wild_Cat_Seeker | 2010-11-26 06:32 | 遠野の山奥に | Comments(0)
2010年 11月 25日

第2回遠野ブログ画像展開催

c0337257_12222926.jpg



遠野関連ブロガー主催画像展の告知記事です。
詳細はこちらをご覧ください。



しばらくは当ブログのトップに固定します。
日々の更新はこの下↓



by Wild_Cat_Seeker | 2010-11-25 01:00 | 遠野ぶれんど | Comments(2)
2010年 11月 24日

雲海を待つ人

ハイシーズンには天気に恵まれなかったり、忙しかったり



今年はあきらめかけていた。



遠野郷の雲海を。。。



あきらめきれず・・・・ダメ元で11月の下旬に寒さに震える人と化した。



ちょっと寄り道をしたため、高清水に着いた時には、すでに東の空が白んでいた。



c0337257_12222809.jpg



標高800mの目線だからこそ、山の端は信じられない鋭角でマーマレードの空を切り裂く。
街はまだ目覚め前の一番深い眠りのとき・・・・



c0337257_12222816.jpg



ただ暗き展望台を囲む三つの色彩



青と呼ぶには深き青
赤と呼ぶには暗き赤
黄と呼ぶには揺らぐ黄



c0337257_12222927.jpg



雲海はこれから厚くなるようだが、日の出までには整わないようだ。



c0337257_12222971.jpg



五葉山と氷上山の間が壮絶な朝焼けに染まる。



結局のところ11月21日の太陽は空をいっぱいの赤で染め、自ら点した赤信号を無視して
突発するのだ。



c0337257_12222993.jpg



ここを訪れる人が必ず前景に取り込むススキの穂
ちょっとばかりチヤホヤされて、すれっからしになり、山猫如きのリクエストには応えられないらしく、微妙にブレてしまう。
上手く撮れない未熟な山猫を明けの明星が嗤う。



さぁ、いよいよ日の出が始まる・・・って時にカメラに異常発生。
ズームレンズに変えたら、これがピントは合わないわ、絞りは開放で固着してしまうわ、
ここぞというところで失敗の山を築くことに・・・・





c0337257_12222965.jpg




日の出から1分くらいで、カメラが正気に戻った。



そんなこんなで太陽は



c0337257_12222963.jpg



朝日新聞の旗と化す。



さて、次回は高清水から見た下界の様子をお送りいたしましょう。



って、、続くのかえ?www





by Wild_Cat_Seeker | 2010-11-24 23:56 | 空 雲 星空 | Comments(2)
2010年 11月 23日

雲海を撮る人

c0337257_12222888.jpg



取り急ぎ一枚・・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2010-11-23 21:48 | 空 雲 星空 | Comments(6)
2010年 11月 22日

小雪の頃

c0337257_12222808.jpg

今日は二十四節季の「小雪」にあたる。

しかし、なんと暖かい朝だこと。
セーターだけで逍遥しても全く問題ない。

さて、雨が来ないうちに山関連の宿題を済ませるか。

by Wild_Cat_Seeker | 2010-11-22 09:44 | 遠野の里山 | Comments(2)
2010年 11月 21日

ラスト雲海?

c0337257_12222863.jpg

暖かいです。
ドピーカンの空に感謝です。

by Wild_Cat_Seeker | 2010-11-21 07:31 | 空 雲 星空 | Comments(6)