山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

太陽祭の季節①

遠野ネタはしばらくお休みです。



昼が最も長いこの時季・・・・・・ワタクシは太陽祭の季節と呼ぶ。



6月6日から7月4日まで
ワタクシは膝が嗤い、顎が出るまで歩き通す。



理由はよく判らない。誰よりも太陽を独占したいが為か?



歩きまわり、汗をぬぐい、思いつくままにシャッターを押す。



c0337257_12210844.jpg



c0337257_12210877.jpg



秋だと主張しているのはキミだけだ。



by Wild_Cat_Seeker | 2010-06-30 22:13 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)
2010年 06月 27日

宴は続くよどこまでも

c0337257_12210730.jpg



乾杯~~~!



遠野ぶれんどの夜の宴で、この光景は何度も繰り返される。
三三五五集まるメンバー。一人加わるたびにこの儀式は繰り返される。



c0337257_12210781.jpg



旨い肴と



c0337257_12210758.jpg



旨い酒



言うことなしの「しわやせ」です。



c0337257_12210777.jpg



一次会会場から二次会会場への移動途中、以前から気になっていたお店の前で
足が止まった。



c0337257_12210737.jpg



「ピン(一人)じゃ、入り辛かったのですよね。」と素直に白状すると、
「よし、それじゃ、10分だけね。ついでにお土産も作ってもらおう。」
と意外な展開に!!!
なにせ、先発隊は、すでに2次会会場へ向かっているのだ。



なおかつ・・・・



c0337257_12210783.jpg



サーヴィス精神旺盛なこの方が、我々をびっくりさせよう。。ワラ化してあげようと、
駅前の「かたるくん」顔だし看板で、顔を出してスタンバイしていた。。。。と後からお聞きした。
ターゲットがこちらに来ず、焼き鳥屋に消えるという予想外の展開に、「かたるくん」から顔を出して待ち続けたという状況・・・・・・
ワタクシは、己の罪深さに怖れ慄くのでした。すんませんすんませんすんません・・・・・・・

c0337257_12210729.jpg

無事、二次会会場に全員合流し、今度は飲めや唄えやのショータイムと化す。
時間が過ぎるにつれてテンションが上がっていくのはどうしたことか?(w



c0337257_12210722.jpg



これはワタクシの撮った写真ではない! と断言できる。
なぜなら、写っているのはワタクシだからだ(爆)
しかし、撮られた記憶がないのはどうしたことだ?(www



c0337257_12210755.jpg



さて2次会も潮時を迎え、帰りましょうかね・・・・



いや、甘い!



c0337257_12210716.jpg



3次会会場に移動だぁ!
「特上松阪牛カルビ10人前! 冷麺、ラーメン、ビールビール!」
と注文している横で、なぜか両手じゃんけんをするお二人(w
1勝1敗でドローです(爆)



c0337257_12210842.jpg



ほれ、深夜0時38分の乾杯じゃ~~~~!



c0337257_12210854.jpg



ほれ、深夜0時44分のラーメンじゃ~~~!



c0337257_12210803.jpg



ほれ、深夜0時54分の殲滅じゃ~~~~!



c0337257_12210838.jpg



午前1時19分・・・・ようやくと「遠野ぶれんど」に解散命令が出されて、楽しい宴は終わった。



毎回毎回、おもさげながんす。
たぶん、ワタクシ、ほぼ無銭飲食してる!_|‾|○



by Wild_Cat_Seeker | 2010-06-27 22:39 | 遠野ぶれんど | Comments(6)
2010年 06月 26日

もあ深な山口へ

遠野物語発祥の地と言っても過言ではない土淵町山口地区



観光客が必ず訪れる場所BEST3
といえば・・・・・・



山口の水車小屋
ダンノハナ
佐々木喜善の生家



というところでしょうか。



では代表して「ダンノハナ」くん!



c0337257_12210697.jpg



はい、ありがとうございました。



ダンノハナは左上の墓地があるところです。
佐々木喜善の墓がありますが、なんといっても墓地ですからねぇ、観光気分でずかずか入り込んで良いものかどうか・・・・・



以上、山口地区観光スポットBEST3でした。



あ、あぶないぢゃないですか!
何度も言いますけど人を呼びとめるときに着物の裾を踏んづけるのはやめておくんなまし!
え? あんですって?
全然、内容が山猫っぽくないですか?



はいはい、ちゃ~んと判ってますよ。
山猫的「もあでぃ~ぷ」な山口をご紹介しましょ。



どろろろっろろろろろろっろろろろどろ・・・
(ドラムロールのつもり。決しておたふくソースをかける音ぢゃないですよw)



c0337257_12210652.jpg



第3位 薬師社  



道沿いに鳥居がありますが、社はちょっと離れた山の中にあるのでなかなか足が伸びないところですが、下がり松にリンボーダンス鳥居、そして背後の山は舘跡と、見どころ感じ処考え所満載のアカデミックなスポットです。



そしたら第2位は・・・・・



どろろろっろろろろろろっろろろろどろ・・・
(ドラムロールのつもり。決してどろろん閻魔君を呼んでいる訳じゃないw)



c0337257_12210672.jpg



はい、小さな社です。
決してガイドブックや地図には載らないけれど、こういうところに遠野を色濃く感じます。
どれだけ小さいかは、みなさんの目で確かめてください。



それでは第1位の発表・・・・とその前に番外編を(w



c0337257_12210750.jpg



この眺めもお気に入りです。
叢がる灌木が躑躅だと「図説裏とんのみ文書w」の写真を見て知りました。



それでは、いよいよ第一位の発表です!



どろろろっろろろろろろっろろろろどろ・・・

(ドラムロールのつもり。決してメタボなおとーさんの体内を流れる血液じゃないw)



c0337257_12210710.jpg



ここです!(どこです?)
場所は詳しく申しません。



山口村草分けの長者どんが住んでいた場所と云えば判る方には判りますかね。





以上、もあ深な山口BEST3でした。



あ、言うときますけど、ある場所は至近距離で見ようとしたら他人様の土地に足を踏み入れることになりますから、くれぐれも不興を買うような行為は慎んでくださいね。



立入禁止の立て札なんぞ立てられた日にゃ、あ~た興醒めで・・・・洒落になりませんからね。





More

by Wild_Cat_Seeker | 2010-06-26 13:44 | 遠野物語の地 | Comments(8)
2010年 06月 25日

ひと勝負終えて

c0337257_12210650.jpg



先代に比べて、どうも腰が据わっていないというか。。
ダートに翻弄されているというか・・・



先代の領域に達するにはなお精進が必要かと(w
クルマもヒトも(w



by Wild_Cat_Seeker | 2010-06-25 20:56 | ダーティファイト | Comments(4)
2010年 06月 20日

旅の途中2

前回の難破船からほど近い場所を走っていると、白い山並みが視界に飛び込んできた。



'width=800,height=533,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0');
return false">

c0337257_12210556.jpg


蔵王連峰です。
見えることは知っていましたが、くっきりと見えたのは初めてです。



なんか、花巻辺りから見る早池峯、薬師に似ているじゃないですか。



んで、このあとはまたしばらく「つまらない」高速道路の移動があり・・・・・
高速道路が尽きたあと、初めて本格的な峠越えに挑むこととなる・・・・・が!



またもや視界に飛び込んでくるみょ~な光景が、、、クルマを止めて振り返ってみた。



c0337257_12210693.jpg



はぁ~、睡眠不足で長距離運転してきたからなぁ・・・・・無いものが見えることもあるよね。



c0337257_12210698.jpg



ま、ここはひとつ、遠き青空を眺めて目を休めて、そうすりゃマボロシは消えるさ。



c0337257_12210675.jpg



やっぱりいる!



c0337257_12210643.jpg



しかも睨まれている!



c0337257_12210682.jpg



「どうして、そんなところに居るのですか?」
「ヌコに面倒なことを聞くなよ。居たいから居るだけだ。」



そうだろうね。カーブ注意の標識代わりになって交通安全運動をするワケないもんね。
逆に気を取られてコースアウトしそうだものw



c0337257_12210626.jpg



岩手県突入前のサプライズな光景でした。
このやうなことがあるから下道寄り道は面白い。



 



by Wild_Cat_Seeker | 2010-06-20 21:08 | ひたかみ縦貫道 | Comments(2)
2010年 06月 19日

旅の途中1

旅は目的地をひたすら目指すものにあらず。



これがワタクシの第一基本姿勢です。
なので、夜中の高速道路まっしぐら、とか大宮-仙台-盛岡、他は220キロで通過な「はやて」の移動も、出来るモノならやりたくない。



寄り道は旅の醍醐味でしょ。でしょ?



んで、寄ってきました!



c0337257_12210506.jpg



波が~~~~



c0337257_12210596.jpg



どん、とくりゃぁよ~~~~~~~w



'width=800,height=533,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0');
return false" href="http://wildcatseeker.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2010/06/19/img_6285.jpg">

c0337257_12210524.jpg



昇る日輪背に受けて、波に打ち勝つ奴が居る~~~!



 



c0337257_12210549.jpg



波の間に間に浮き沈み~~~



c0337257_12210570.jpg



やべ! この波はでかい・・・・



で、波相手に背面走競争((笑))



c0337257_12210578.jpg



辛うじて残ってましたね。



旅の途中の寄り道でした。





え? 遠野ネタが枯渇した胡麻化しですって? そんなことはないですよ(ごにょごにょ・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2010-06-19 10:58 | ひたかみ縦貫道 | Comments(2)
2010年 06月 17日

愉快が溢れた


c0337257_12210561.jpg



愉快が生まれてより千年
いくたびも人は愉快を楽しもうと試みて来た
が そのたびに王蟲の群れが怒りに狂い
地を埋めつくす大波となって押し寄せて来た




c0337257_12210548.jpg



やがて王蟲のむくろを苗床にして胞子が大地に根を張り
広大な土地が愉快に没したのじゃ



愉快に手を出してはならん!



いや、、この光景は「愉快」そのものでしょう。www



この王蟲地形を発見して早4年・・・・
いまだ現地踏査は果たせていない・・・・
もろ私有地ですからねw





「また村がひとつ、愉快にのまれた」 www



by Wild_Cat_Seeker | 2010-06-17 23:52 | 珍遠野遺産 | Comments(8)
2010年 06月 16日

オッケル帝国の逆襲

c0337257_12210492.jpg



光のどけき春の午後・・・・・
あまりの平穏さに、ともすると居眠り舟のひとつも漕ぎたくなる気温20度の北国・・・・



そんな太平の平穏を破るモノがこの長閑な田園風景の中に潜んで居ようとは誰も想像デキマイ!



c0337257_12210415.jpg



大音響の帝国マ~チ!
帝国はつ~よい強い~鳥居も強いつ~よい!♪



「直立世界の住人たちに告ぐ! この世界のパラダイムは我々が書き換えた!」



c0337257_12210438.jpg



「きみたちが当然と考えていた直立の概念が変わるのだ! 長きに渡り耐えがたきを耐えてきた我々の辛苦を味わいたまえ!」



c0337257_12210431.jpg



「どうだぁ!」
この瞬間、杉木立が「よっとっとっとっと・・・」とたたらを踏み、
スイセンが「はらほろひれはら」となだれをうち、
あろうことか田圃の土までも「ありゃりゃんこりゃりゃん」と寄り弁状態になってしまった。



「あっはっは! どうだ! 苦しいだろう? もっと転がり倒れるがよい!」



c0337257_12210463.jpg



あわや、お六までもが、事象の地平線の向こう側にまろび出そうになった瞬間、
オッケル帝国のパワーが尽きた。



「くっそう・・・・作戦は失敗だったか・・・」



c0337257_12210411.jpg



なにごとも無かったように、雲雀がちーちくぱーちく鳴く、光のどけき春の午後・・・・



c0337257_12210469.jpg



でも、オッケル帝国が、また覇権を握るべく虎視眈々と機会を狙っていることをお忘れなく。



あ、このくだらないエントリーは忘れていいです(w



by Wild_Cat_Seeker | 2010-06-16 21:58 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(12)
2010年 06月 14日

変化の兆し

c0337257_12210328.jpg



空き地に立っている青杭、黄杭・・・・・



c0337257_12210313.jpg



赤杭・・・・・



c0337257_12210430.jpg



どうやら黄杭がおおいなる意味を持つようだ。
田圃を切り裂く重機の轍・・・・・



c0337257_12210487.jpg



こちらのお店も変化を余儀なくされるとの事・・・・



c0337257_12210413.jpg



農小屋銀座の真正面は欠ノ上稲荷の伐採地。
なにか暗示的な運命を感じる。



c0337257_12210496.jpg



この風景を五感に刻み込んでおきたい。



c0337257_12210437.jpg



「むかしあったずもな」  になるのは確実なこの風景



せめてこの先、季節毎に追いかけていきたいと思う。



思う・・・思う・・・・・・・



かぁ~~だめだ!  W杯が気になって気もそぞろだ(www



いったい、この状況で、誰がこんなエントリーを見るってんだ?www



by Wild_Cat_Seeker | 2010-06-14 23:15 | 新しきモノ | Comments(0)
2010年 06月 13日

更地

更地が更地のままでいる姿を見るのはつらい。



'width=800,height=533,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0');
return false">

c0337257_12210351.jpg


主が去った後も花は毎年咲く。
そして、それは愛でる者が居なくなったとて、美しさはなんら変わりやしない。



c0337257_12210311.jpg



何が建っていたのか・・・・・人々の記憶は日を追うことに薄れてゆく。



c0337257_12210383.jpg



つい最近誕生した更地・・・・
昔の記憶と現実の狭間で眩暈がしそうだ。



c0337257_12210309.jpg



また一か所、更地になった。



c0337257_12210394.jpg



こちらは4年前から、ずっと更地です。



うつむくのではなく、新生の期待を・・・・



 



by Wild_Cat_Seeker | 2010-06-13 19:02 | 遠野の街中で | Comments(6)