山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 29日

Who's zoomin' who?

c0337257_12192514.jpg

誰が誰の瞳にズームインするの?



c0337257_12192528.jpg

誰が誰の耳に息を(ry        こりゃR16指定か?



c0337257_12192505.jpg

誰が誰にハイタッチするの?



c0337257_12192538.jpg

誰が誰のくちびるに。。。。(おえ~)



c0337257_12192575.jpg

誰が誰のうなじに息を(ry     やはりR18指定に・・・・(w



c0337257_12192593.jpg

おいっす!



c0337257_12192541.jpg

もういっちょう



c0337257_12192567.jpg

お い っ す!

うしろのポスターのひとに教えられたんだ。
1000回辻に立って、十万回あいさつしろって。



c0337257_12192517.jpg

だから、こうして、来る日も来る日も  おいっす!

遠野の選挙における無効票の一番は「かっぱ」と書かれているに違いない。



















by Wild_Cat_Seeker | 2009-09-29 23:04 | 像族たち | Comments(0)
2009年 09月 26日

初秋の「ふぁいぶおーすりー」

c0337257_12192469.jpg

ここは県道503号線。クルマに気を使うことなく、ゆったり走れる「ママチャラー(ママチャリ愛好家の意w)」には天国のような道であ~る。

そんな道をほろ酔い ・・・・・・ いい気分で街場へ向けて走っていると・・・・・



c0337257_12192401.jpg

げっ! やば! 見つからないうちに・・・・・・・そ~っと



c0337257_12192482.jpg

「ちょいと、待ちな~!」

ヴ~ぅ、見つかってもーた! 「ども! あたいの姐さん。御無沙汰でした。」



c0337257_12192459.jpg

「あんたさぁ、やっぱ、あたいのこと避けてないかい?」

「あ、い、や、、決してそんなこと・・・・」しどろもどろ・・・・「ところで」と話題を変えるに限る「姐さん、昼間から優雅ですね~!」

「なんのことさ?」



c0337257_12192402.jpg

「その、お腰につけたビールでがんすよ。飲みながら仕事なんて羨ましい!」



c0337257_12192471.jpg

「お だ ま り !」 (あたいの名前が小田真理というわけではない!)



あたいの姐さんの逆鱗に触れたワタクシは3m後ろへ飛び退って平伏した。

「へへぇ~~~! どうかお怒りをお納めくださいませ~!」



c0337257_12192412.jpg

「よく見なよ。こうして不埒なヤツらを戒めているんだよ。」

「へぇ~、姐さんエライですねぇ~。でも姐さんがキティラーとは知りませんでした(笑)」

「まさか、あんた飲んでないだろうね? チャリでも飲酒運転は御法度だよ。」

「あ、いえ、そそそんなことは決して・・・ぶつぶつ」

何を隠そう『居酒屋バス亭』で1杯ひっかけてほろ酔いだったのだ。これも話題を変えるに限る。



c0337257_12192410.jpg

「おや? 姐さん、ウエストに素敵なブローチを着けてらっしゃいますね。」

「はぁ~? なんだって? ブローチ? もっと近くに来て見なよ。」



c0337257_12192476.jpg

「もっと側に寄って見てみな。」



c0337257_12192408.jpg

!!「蛾~???」

「そうさぁ、これがブローチに見えるなんざ、あんた、やっぱり酔ってるね! あ、こら!逃げるな!」



c0337257_12192551.jpg

ワタクシは全力でペダルを踏み込んだ。
後ろから「待てちゃあア」と呼ばれたが、止まるわけにいかなかった。



たぶん、捕まったら、あたいの姐さんの隣でトンデモないコスプレで交通安全を呼び掛ける社会奉仕をさせられるのだろう。

やはり「飲んだら飲むな! 飲むなら飲むな!」←<(とっす!)
「飲んだら乗るな! 乗るなら飲むな!」ですな。







 

















by Wild_Cat_Seeker | 2009-09-26 09:21 | 遠野の水辺 | Comments(14)
2009年 09月 24日

パヤーを待ちながら(回想の潜入捜査官)

あたしの名前は「山猫」でっす。
ああ、もちろんコードネームに決まってまっす♪(笑)

敵の懐深く入り込み、敵の一番大切な情報をまんまと盗み出す。
危険で地味で、しかし敵に最も嫌われる存在・・・・・・



それが潜入捜査官だ。

今日の指令は「丘の上でパヤチネバスを待て!」だ。

ちなみにパヤー=パヤチネバス=早池峰バスだ!!

ワタクシは指定された場所にスタンバった。



c0337257_12192359.jpg

「さて、待つとするか・・・・なんといっても今回の指令は待つことだからな。」



c0337257_12192375.jpg

「や、来たか??  違ったか・・・・」



c0337257_12192400.jpg

「これも違う・・・・・・ああ、待つって退屈なもんだな。まぁ、今すぐ来るとも思えないから、周りの景色でも眺めているか。」



c0337257_12192451.jpg

「をっ! あんなところに小さな社があるぞ。まぁ、なんとも素朴な鳥居だこと。しかも小さい。ワタシは頭すら入らないな。」



c0337257_12192431.jpg

「こうやって見ると段々田圃なんだな。おや、向こうの森に柵があるが、はて何のためだろう?」



c0337257_12192448.jpg

「あの真新しい寺は、もしかしたら最近外人さんも訪れるようになったインターナショナルなお寺さんかな?」



c0337257_12192428.jpg

「土淵11キロ、綾織9キロか・・・・ここから遠野市街へ帰るには、もしかしたら綾織経由のほうが近いってことかな?」



c0337257_12192407.jpg

「ぎゃはは、みろよ。変な生え方をした笹だなぁ。」



c0337257_12192462.jpg

「しかし、来ないなぁ・・・・・・いったいいつまで待っていればいいのやら・・・・・」





こうした失敗を積み重ね、潜入捜査官は育っていくのであった。(ほんとかぁ?)爆





















by Wild_Cat_Seeker | 2009-09-24 00:29 | 潜入捜査官シリーズ | Comments(4)
2009年 09月 23日

居酒屋?

c0337257_12192367.jpg

「おぅ、おやじさん。もういいかい?」
「へぃらっしゃい! 日はまだ高えけど、祭りの日だ。堅いこたぁ言わねえよ。」
「ありがてぇ! バスの時間までだ。長居はしねぇからさ。とりあえずビールね。きんと冷えたヤツを頼むよ。」



c0337257_12192365.jpg

「へい、おまち!  つまみはどうする?」
「そうさな・・・・・焼き鳥でもみつくろってもらおうか。」
「あいよ。よろこんで!」



c0337257_12192368.jpg

「へい、焼き鳥! ごゆっくりどうぞ!」
「お、待ってました!」 ぷちん、ぐびっ、ぷはぁ~~~! 「むひょ~!く~!うみゃ~!」

稲の実り香が3遍ほど風に乗ってきたくらいの時間がすぎて・・・・・



c0337257_12192339.jpg

「おやじさん。そろそろバスが来る。お勘定ね。」
「へい、〆て410円で。」
「おやじさん。。。安すぎないかい? 都会じゃ中生だけで500円取るよ。」
「いいってことよ。祭りだから特別だ。」



c0337257_12192303.jpg

なんていう居酒屋があったら、バスを待つ時間も苦にならないなぁ。



c0337257_12192370.jpg

店の名前は「居酒屋バス亭」で決まりだな(笑)

あ、決してキツネに化かされたわけではないですからね(爆)













by Wild_Cat_Seeker | 2009-09-23 11:24 | ネタっこを起こす | Comments(4)
2009年 09月 22日

脱走ぬこ

c0337257_12192329.jpg

c0337257_12192330.jpg

実家に寄ると座敷ぬこ「おんねん」の姿が見えない。家人曰わく「脱走した」
写真は空腹に耐えかね戻ったところを拘束した瞬間だ!(笑)

by Wild_Cat_Seeker | 2009-09-22 08:53 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(2)
2009年 09月 21日

After Festival Syndrome

後の祭り症候群とでも訳しましょうか(w



「後の祭り」と耳にすると、若干否定的な響きを感じますが、「祭りの後の宴席」が第一義とのこと。
しかしながら、ワタクシ的には「後の祭り」に熱きものが過ぎ去った後の一種形容しがたい空虚感、脱力感を感じ取ります。



c0337257_12192275.jpg

そんな脱力感に拍車をかけるような脱力ネタをお贈りしましょう。



c0337257_12192209.jpg

神主様の御履物・・・・・・履いてみたいという衝動を抑えたのは理性でした(笑)
たぶんブロガーの餌食と化したことは間違いないでしょう。



c0337257_12192255.jpg

遠野中の宮司様が八幡宮に集結しているので、遠野郷では此の日を神(主)無日と呼びます。(呼ばねーヨ!



c0337257_12192281.jpg

ポールがちょっと出遅れたのは画竜点睛を欠きますが、今後、此処を遠野の流鏑馬ロード略してヤビイロードと名付けましょう。
(こここ、断る!by宮司様、観光協会、市長、市民・・・etc)



c0337257_12192272.jpg

はたけしめじ・・・・・・・
畑や庭、空き地などに発生する。とても美味。栽培種も出回っているが味がぜんぜん弱い。



c0337257_12192294.jpg

やきするめ・・・・・・
なぜかアイスクリームの露店でのみ販売される。結構堅い。昔に比べて味が落ち着いてしまったらしい。アブナイ合成甘味料、ヤバイ合成着色料を使わなくなったかららしい(w



c0337257_12192277.jpg

レンズ沼のレンズ仙人様
誤って超高級望遠レンズを沼に落とすと、ぶくぶくと現れ出でて
「あなたの落としたレンズはこちらかな?」
と標準レンズを差しだしたりします。(うそです。そんなことしま・・せん by 仙人)



c0337257_12192218.jpg

・・・・・・・名前はなんというのでしょうか?
さるぼぼ、くくり猿、猿おもし、釣り猿、猿の丸焼き・・・・・・???

確かなのは・・・・・・この物体を見るとブロガーが寄ってくることだ!



c0337257_12192289.jpg

おじさん「だいじょうぶ、逃げねから、ゆっくり撮れ~。」

って、普段は逃げるのか!?(爆)



どうです?
祭り疲れと相まって、これで1週間は脱力感とともに過ごせるでしょう?

それでは、ばいなら~
おほほほほほほほほほほほほほ・・・・・・・・・(附馬牛方面に遠ざかるドップラー効果)

















by Wild_Cat_Seeker | 2009-09-21 11:25 | 遠野の祭り | Comments(6)
2009年 09月 20日

遠野~10 to 19 舞

流鏑馬神事のあとは、芸能奉納である。
或る意味、これが祀りのクライマックスである。



手元のパンフレットには五団体の名が記されていた。



板澤しし踊り

c0337257_12192097.jpg



c0337257_12192022.jpg


本日11時より鳥居を褒め、門を褒め、階段を褒め、拝殿を褒め・・・・はぁはぁ



ワタクシは初めて拝見致しましたが、なかなかどうして、残ったデジカメデータ数ではだんとつの多さでした。



c0337257_12192007.jpg

踊りは躍動感に溢れていて



c0337257_12192172.jpg

次々と踊りの調子が変化していきました。



c0337257_12192154.jpg

柱に「わっ」と殺到する姿は圧巻でした。



c0337257_12192163.jpg

すっくと立つ「しし」
凛々しいですな。

続いては
張山しし踊り



c0337257_12192190.jpg

先月、菅原神社の例祭でも芸能奉納していましたので
お馴染みとなっていました。



c0337257_12192130.jpg

演目は十八番「めずすぐり」
見ていて判り易い踊りです。



c0337257_12192114.jpg

時間がたっぷり取れているので、ひとつの演目をじっくり見られます。
パレードだとそうはいきません。





次は八幡神楽



c0337257_12192129.jpg

演目は「山の神」



c0337257_12192178.jpg

比較的ゆったりしている大出早池峰神楽に慣れたせいか、八幡神楽の速さや激しさは
新鮮に映った。





次が長野獅子踊り

c0337257_12192158.jpg



c0337257_12192152.jpg

一昨年の遠野まつりでは拝殿前で熱く熱く踊っていました。



c0337257_12192187.jpg

遠野郷八幡宮の役獅子です。



c0337257_12192192.jpg

今年も大見得をきっていただきました!



さて、今年の例大祭芸能奉納のトリを務めるは

駒木鹿子踊りです。



c0337257_12192168.jpg


元祖角助の名を冠する、遠野で一番古い獅子踊りと云われています。



c0337257_12192118.jpg

大物見と駒木鹿子
動きが比較的ゆったりしていて素人カメラマンにはうれしい限り・・・・



c0337257_12192162.jpg

で、調子に乗って流し撮り。。単なる手ぶれでしょう、これは!(w



c0337257_12192197.jpg

獅子の目線の先に何が見えるか・・・・・

今年の遠野郷八幡宮例大祭エントリーはこれにて大団円です。



今頃は遠野まつりの真っ最中ですね。
日本の正しい祭りが盛大に滞りなく行われるよう希望します。



































by Wild_Cat_Seeker | 2009-09-20 09:20 | 遠野の祭り | Comments(2)
2009年 09月 19日

遠野~10 to 19 駆

c0337257_12192070.jpg

流鏑馬神事の撮影場所を求めて馬場をさまようワタクシ。



c0337257_12192092.jpg

此処はベストポジションなのだが、大砲級のレンズが必要ですなぁ。
周りはそんなもの凄いカメラを構えた玄人衆ばかり・・・・
コンデジいっちょうで踏み込むワタクシは肩身が狭い・・・・・



c0337257_12192084.jpg

この日はベトナム国御一行様がお見えでした。
カラフルなアオザイ姿につい見とれてしまいました。
あ、左端の人はベトナム国の方ではございません。
新張国の宝飯大公殿下にあらせられます(爆)

あ、いかんいかん。ロケハンだ。急がないとそろそろ流鏑馬神事が始まる。



c0337257_12192031.jpg

ええっと、こちらパドックです。慣らし馬を終えて本番前、、、たぎるやる気を抑えつつ静かなひと時です。



c0337257_12192019.jpg

視線が合ってしまった!(ぽっ)オイオイ



c0337257_12192094.jpg

きみらとはウマが合いそうだね!(ぶひひんw)

よし! 本番だ!
チャンスは射手奉行9回、介添奉行9回、計18回です!

ひあういごー !



c0337257_12192035.jpg

正面から



c0337257_12192040.jpg

側面から


・・・・・・えっ? なんですって?   なぜ画像が小さいのかって?

おほほほ、野暮なことは聞かないでおくんなまし。

全部、失敗したのっす!!
これ以上大きくすると粗が見えてしまうのっす!!



c0337257_12192055.jpg

美しい写真は、この方々、遠野ぶれんど写真部の皆様に任せました!

いやいや、そうはいってもワタクシもコンデジラー(そんな言葉あるのか?w)の意地に賭けて1枚くらい唸るような絵をモノにしたい!

よっし! 気合を入れてがんばるぞ!



c0337257_12192036.jpg

ピント・・・・なぜか馬に合う。



c0337257_12192071.jpg

やはり、ピント・・・・・馬に合う・・・・・・


先ほどパドックで感じたとおりの結果だった。

でも、合ったのはではなくピントだったぁ!!!

あああああああぁぁぁぁぁぁ(遠ざかるドップラー効果)





















by Wild_Cat_Seeker | 2009-09-19 09:34 | 遠野の祭り | Comments(4)
2009年 09月 18日

遠野~10 to 19 褒


11時に一の鳥居へ行ってみて損はない。
宮司様からありがたい情報をいただき、向かってみる。



c0337257_12191924.jpg



c0337257_12191978.jpg

板沢しし踊りが門褒めの真っ最中。



聞けば、このあと社務所前、拝殿前で褒めまくるとのこと。

これは密着しなければいけません。



c0337257_12191926.jpg

躍動感あふれる踊りは見事です。



c0337257_12191949.jpg

社務所前でも褒めまくり!



c0337257_12191910.jpg

まゐり来て此社務所見申せや。



c0337257_12191945.jpg

そして参道を踊りながら進み、、
c0337257_12191906.jpg

拝殿前で奉納の踊りを披露します。



c0337257_12191948.jpg

板沢しし踊り保存会の皆様。



お疲れ様でした。
皆様輝いていらっしゃいました。



さて、流鏑馬神事まであと30分・・・・昼を食べる時間の余裕はないですな。
では馬場でロケハンでも致しますか。



というわけで(だーらどーゆーわけで?)つ づ くのです! (w















by Wild_Cat_Seeker | 2009-09-18 06:39 | 遠野の祭り | Comments(2)
2009年 09月 17日

遠野~10 to 19 序

c0337257_12191857.jpg

うぉおおお!!!
齢ウン十うん歳にて初めて味わう「天然まいたけ&国産マツタケ」それに肉厚なシイタケどん。

これは風味を生かせる、網焼きにするべし!
c0337257_12191801.jpg

ビールを片手に塩でいただく。
天然まいたけの香り、味が良好なこと!
国産まつたけって、こんなに濃い味だったんだ!
しいたけだって肉厚で口の中に放り込むとすごい存在感だ!



こりゃ、ビールだ、日本酒だ!  さのよいよい!



などと酔い痴れているものだから、祀りのアップが滞っておりました。

では、つらつらと旅の記憶を引き出しましょうかね。







福島以北は雨模様の東北路でしたが、あ~ら不思議! 鱒沢あたりから薄日が差すようになってきましたよ。



便利になったものだ。早朝一番の新幹線に飛び乗れば、10時過ぎには遠野駅に降り立てる。
改札を抜けた途端、見知りの方2名による「うぇるかむ山猫!」の洗礼を受けました!

一如様と笛吹様でした。
今日のブログを見て、この列車だな! と目星をつけていたのさ。」



続石(さすが)のご明察でした。



笛吹様は仕事を抜けてきたとのこと。ワタクシ如きのために・・・・と目頭が熱くなる。
(あ、最近、ワタクシ・・ほら吹きですwww)



一如様には八幡様までクルマで送っていただきました。

今朝がたは大雨(雷のおまけつき)で神事、芸能奉納の開催が危ぶまれるほどだったとか・・・・



c0337257_12191867.jpg

こちらが、赤い金星号無きあと、一如様の強権発動により接収された「ドロン如号」のコックピットだ!

八幡宮まで歩くつもりだったので、これは助かりました!



八幡様に着いたら、何はなくとも最初はお参りです。



c0337257_12191969.jpg

こちらの乙女(・・・プッ)はワタクシと同時にお参りし始めたのですが、ワタクシの10倍の長きに渡り、頭を垂れていらっしゃいました。
教訓 決してブロガーに背中を見せてはいけない!(笑)



c0337257_12191994.jpg

去年の遠野まつり併催に比べたら段違いの静けさですが、それでもおらが郷社の御祭に参拝する姿がちらほら。。。。



c0337257_12191911.jpg

ちらほら・・・・・

こちらのばっちゃは若い衆が0.5秒であっけなく通り過ぎる道を、その3倍以上楽しみながら歩いているようでした。

さて、われわれも社務所前に降りましょうかね。



c0337257_12191931.jpg

ん?  今何か通り過ぎましたか?



c0337257_12191997.jpg

通り過ぎましたか?



c0337257_12191938.jpg

通り過ぎましたね!

ということは、どうやら流鏑馬神事は無事執り行われるらしい。



つーことで、もうおわかりですね。



つ づ くってことですよ!(爆)















by Wild_Cat_Seeker | 2009-09-17 06:40 | 遠野の祭り | Comments(6)