<   2009年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

だいばーたうん



c0337257_12185853.jpg

今日は会社の飲み会。
普段は向こうの光り輝くビル群の挟間の路地裏で
遠い空に憧れながら(w 暗い酒を飲むのが通例だが・・・・



c0337257_12185820.jpg

今宵は海を渡ってみた。



夜景が素晴らしいが、ヤクザなケータイシャシンでアル中では
テブレーマンの来襲を防げず_|‾|○



夏休みの週末ともあって、だいばーたうんは人が多くて疲れる。



今日で7月も終わり。
気象庁は梅雨は明けているというが、冴えない天気のまま8月突入だ。



by Wild_Cat_Seeker | 2009-07-31 22:45 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(3)
2009年 07月 29日

カマーに乗って

何時の頃からか、誰が始めたか、釜石線を「カマー」と呼んでいる。



c0337257_12185788.jpg

新花巻−遠野間は幾度と無く乗り倒しました。
今年、新花巻−花巻間を乗り(勢い余って不来方の都までw)、残すは遠野より東側となった。
でも、釜石って、用事がなければ、なかなか行かないのですよね~。

を! 用事!  ありました。 というか無理矢理押しかけました(w

かくしてワタクシ「カマー最終章の旅」に出たのっす。(ちょっち大袈裟)



c0337257_12185747.jpg

乗ったのは10:12遠野発の「はまゆり」
あいにくの雨で視界が悪い。



c0337257_12185785.jpg

しかも長いトンネルを抜けた後は温度差で窓が煙る!



c0337257_12185736.jpg

かろうじてタコトンネルの手前から大橋の駅が見下ろせた。
列車は高度を落としながら180度方向転換し、眼下の駅に左手から滑り込む。



c0337257_12185766.jpg

一時間足らずのうちに釜石駅に居る。
特急、急行が来ないこの地では快速列車は花形役者なのか?
ホームには「鉄」予備軍がいっぱいいました。



c0337257_12185783.jpg

関東まで其の名を轟かせた橋上市場は今は昔・・・むがすあったずもな・・・・・
いやいや、今日の目的は・・・・・



c0337257_12185734.jpg

こちらで感嘆することです。



c0337257_12185753.jpg

こちらで驚愕することです。

や~、なんかワタクシの絵は、いったいなんなんでしょう?
やはり写真ではなくブログのツマ、もしくはデジリモノですね。



c0337257_12185791.jpg

いや~、写真ってほん・・・・・・・・・・とうに良い物ですね。



それではまた来週・・・さよなら、さよなら、さよなら!

と逃げるのは簡単ですが、



さ~て、どうしたものかのう・・・・・と財布の中身を見る。



c0337257_12185721.jpg

道具より腕前上げるのが先(ry



c0337257_12185700.jpg

腕前より感性を研ぎ澄ますのが先でしょ?


先は長いぞ~~_|‾|○

と帰りのカマーで高揚したり落ち込んだり。。。。

多分、この日が「山猫シャシン補完計画」発動の日として記録されるであろう!(ホントカァ?)























by Wild_Cat_Seeker | 2009-07-29 22:18 | 鉄の目 | Comments(15)
2009年 07月 26日

梅雨明け

関東地方は14日に梅雨明けしたと思われる   気象庁

しかし・・・・・この10日あまりの間にワタクシのスーツパンツはすべて折り目が無くなってしまった。 なぜだ?



c0337257_12185622.jpg

気象庁~~~、まさかアイスクリーム業界とビール業界を慮って(おもんばかって)の勇み足だったのではないかね?
それとも、ハイテク機器を使いまくり限界まで白黒つけようとしたための有り得ない答えだったのかね?

ワタクシのカラダは昨日(25日)ようやくと夏の到来を感じました。



c0337257_12185660.jpg

朝のうちは雲が厚く、雨もぱらついていたのですが、午後には南風が強まり、気団の移動が始まった模様。



c0337257_12185612.jpg

気温は30℃をちょっと越えたところで平衡状態。



c0337257_12185638.jpg

あ、暑い・・・  み、水を・・・水をください。(と言っているわけではないw)



c0337257_12185689.jpg

長逗留のカモたちも木陰で「あぢあぢ・・・・」

ん?

暑かったら得意の水浴びをしてくればいいのではないかね?



c0337257_12185672.jpg

木陰で立ち止まれば、風が汗を拭い去ってくれる。。。。のだがヤブ蚊も召集してしまい、残念ながらじっとはしていられない。



c0337257_12185652.jpg

川の向こうはメガロポリス。



おそらく此処とは気温が2~3℃違うはず。



c0337257_12185699.jpg

山猫的には昨日25日が関東地方の梅雨明けと宣言致します。

















by Wild_Cat_Seeker | 2009-07-26 18:17 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(6)
2009年 07月 25日

茂市ど和井内

c0337257_12185520.jpg

茂市~~~~~!!!



c0337257_12185580.jpg

和井内~~~~~~!!!

以上、あいだに怪しい名前の踏切は見当たりませんでした。



いや、本当に、走りやすい道をすぅ~~っと走ってしまうと、こういう結果になります。
実は、この先、「押角」の手前くらいまで走って、

「む、これは違う!」と漸く気付いた次第で・・・・・・折りしも雨脚が暴力的になりつつあり、しかも18時半までには遠野に戻らなければいけない、という縛りが多い旅でした。

あきらめるか・・・・・・

雨脚に気圧され、そんなことも考えました。

岩手和井内駅で溜まったメールを処理していると・・・・・

なんだよ! 電波届くじゃん!
ほれ、建作だよ。いや、それは千葉県知事だw  検索だよ。 ほら、さっさと「やっほう」を開いてキーワードは「山猫踏切」だ!

ちゃんと出ましたよ。 takeさんのページ! numakoさんのページも!

さて、記事と画像をチェック・・・・・・・ふむふむ・・・・・なるへそね~!(死語)

戻りは、新国道から旧国道に。。。さらにさらに旧道に入ると・・・・・・



c0337257_12185563.jpg

踏切№8・・・・・・・



c0337257_12185501.jpg

山・・・・海???   

くっそう、微妙に木が邪魔してよく見えない。



c0337257_12185536.jpg

まあ、よい。。。
あと10m、、、約5秒の未来に真実が在る。



c0337257_12185548.jpg

猫踏・・・・・・・・あと1秒・・・・・・・



c0337257_12185526.jpg


出たな! 妖怪白昼夢め!!



な、なんだよ!?  邪魔すんなよ!



c0337257_12185532.jpg


会ったら、なんだえ???



c0337257_12185586.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



c0337257_12185521.jpg



c0337257_12185582.jpg



c0337257_12185542.jpg



c0337257_12185516.jpg

山猫的サードインパクトは起きなかったが・・・・・・



c0337257_12185631.jpg

いかにして、このやうな命名とあいなったのか・・・・・・



c0337257_12185625.jpg

一日4往復の超ローカル線・・・・・土砂降りとなった山奥に、確かに「山猫踏切」は存在した。
静かな興奮に感動していると、



c0337257_12185695.jpg

近所の方であろう。
一瞬、「怪しいヤツ光線」を浴びせかけ、またもくもくと草を刈り始めた。

さて、いよいよ時間が厳しくなってきた。

帰途、踏切警報機の鳴るを聴く。

イワーの登場だ。一日4往復のうちの一本だ。







language="javascript" type="text/javascript" src="http://dl.video.nifty.com/js/player.js?user_id=0000004637&catalog_id=090724222452&category_id=7&lg=0&width=480&height=392">

























by Wild_Cat_Seeker | 2009-07-25 07:57 | 鉄の目 | Comments(10)
2009年 07月 24日

山猫を探す人

c0337257_12185421.jpg



探したいからさ。。。。



c0337257_12185485.jpg



いや・・・・意味はあるよ。



c0337257_12185488.jpg



未知なるものへの憧れ・・・・・・

c0337257_12185460.jpg



えっ?



c0337257_12185433.jpg


なんだよ~!
よく知りもしないで勝手に決めつけるなよ~!



c0337257_12185477.jpg

少々白昼夢に陥っていたようだ。

夜は妖怪睡魔君に憑依され、昼間は妖怪白昼夢に操られていてはどうしようもないね。



c0337257_12185499.jpg



夢か現か、どうであれ、探し続けることに意義がある。












by Wild_Cat_Seeker | 2009-07-24 08:13 | 鉄の目 | Comments(6)
2009年 07月 21日

3年越しのコンプリート

思えば遠野通い復活の年のこと。



あれは3年前♪・・・・とっす!←<



大出早池峯神社例祭は神輿洗いのところでタイムアップ。後ろ髪引かれながらの撤収となったのでした。来年こそは・・・と2度ほどつぶやき、ついに念願叶ったわけです。



c0337257_12185302.jpg

神輿洗いの場からエントリー開始しましょう。
民宿わらべ横の小道を通り、神主様、猿田彦、そして早池峯神楽の一行が・・・
あ、決してパヤチネバスから降りてきたわけではないですからね!(爆)



c0337257_12185372.jpg

現場には「笛吹のダンナ様」がすでにいらっしゃいました。



c0337257_12185325.jpg

皆さんで、河原のよもぎを摘み、猿ケ石川の水に浸し、神輿を洗います。
これは長い祭礼の中の復活の儀式なのだそうな。
実は滅びを表す儀式もあるのですが、現在では省略されています。



c0337257_12185395.jpg

神輿洗いの場から再び神社へ戻る一行。



c0337257_12185376.jpg

その後、一行は本殿を3回右回りに巡る。そして本殿前で奉納を行う。



c0337257_12185427.jpg

そして、神輿は本殿の中へ。



c0337257_12185449.jpg

それを見届けるように早池峯神楽による権現舞が舞われる。



c0337257_12185425.jpg

昨晩の宵宮から2日間お疲れ様でした。



c0337257_12185406.jpg

獅子踊り保存会も本殿前で奉納を済ませると・・・・・・



c0337257_12185416.jpg

本殿前には人だかりが・・・・お、これはもしや



c0337257_12185413.jpg


豆まき!!

ちがーう!(とっス←<)



c0337257_12185465.jpg

餅 ま き だぁ!



老若男女入り乱れての狂喜乱舞のひととき。

うーん、ボルテージ上がりますね(笑)

んでは、ワタクシもカメラ仕舞って、乱入しましょうかね(笑)



以降、取材不能!(爆)























by Wild_Cat_Seeker | 2009-07-21 00:43 | 遠野の祭り | Comments(6)
2009年 07月 20日

宵宮奉納神楽

まるで梅雨の戻りのような関東を脱出した。



c0337257_12185247.jpg

福島県に至ると、すっきりとした夏空が広がっていた。



c0337257_12185261.jpg

海も青いし・・・・・・・

この青空とともに遠野入りしました。



c0337257_12185271.jpg

時刻は18:30過ぎ
実は宵宮が正確に何時から始まるのか、誰も確定情報は持っていない。

「送迎バスが18:00発車だから、19:00ぐらいかなぁ?」

これが「とおのじかん」というもので、これはこれで良いのであります。



c0337257_12185202.jpg

三々五々、本殿にお参りに訪れる方。
本殿の中では神事がようやくと始まった模様。



c0337257_12185205.jpg

篝火点火



c0337257_12185214.jpg

この時、すでに時刻は19:05



c0337257_12185239.jpg

程なくして大出早池峯神楽の重鎮たちが座に着きました。
ということは、タイムスケジュール的に19:00始まりなのでしょう。

なまじパンフレットやチラシに19:00開始と書かれると、この10分の遅れに都会人はイラつくでしょうね。だから、これはこれで良いのであります。(w



c0337257_12185264.jpg

さて、奉納神楽が始まりました。
同時にワタクシの悩みも始まるのです。

式一番「鶏舞」



c0337257_12185221.jpg

いかに綺麗に撮ろうか・・・・



c0337257_12185245.jpg

式外二十一番 「鞍馬天狗」



フラッシュを焚けば、綺麗に写ります。記念写真でしたらそれで良いでしょう。
でも動きのない静止画像になってしまいます。



c0337257_12185289.jpg

式二番「翁舞」

そこで、フラッシュ焚かずにいかに撮るか・・・乏しい知識を総動員してマニュアルモードをいじくる訳です。



c0337257_12185210.jpg

ISOは高いほうがいいよね。絞りは開放にしたほうがいいか。。。シャッタースピードは手振れ限界まで下げて・・・・



c0337257_12185215.jpg

動きが止まった翁も、これでは粒子が散乱し、やはり手振れを起こしてしまう。



c0337257_12185272.jpg

式三番 「三番叟」

動きの激しいこの神楽を撮るにはAUTOでフラッシュ焚くしか方法がない。



c0337257_12185250.jpg

「と、飛 ん だ!」w



c0337257_12185248.jpg

式五番「山の神」
こちらも動きが激しいが、敢えて手ブレの恐怖に挑戦・・・・・



c0337257_12185266.jpg

つい、フラッシュを焚いてしまう弱い自分(w



c0337257_12185389.jpg

ISO High    1/8   F3.5  息を止めて撮影(w



c0337257_12185361.jpg

息が苦しい(www



c0337257_12185386.jpg

あっというまに「権現舞」
ということは、これで最期?



下舞を踊る方、今宵殆んどの舞を演じておりました。
なんとも強靭な体力です。



「早池峯の管理人さんだよ。」とゴンゲン様が耳打ちしてくれました。
あ、こちらのゴンゲン様は権現様ではなくて、ええ~っと、、え~い!ややこしい!(爆)

いつぞやは雨の中、ご案内いただきありがとうございました。



c0337257_12185334.jpg

神の化身、権現頭が登場しました。



c0337257_12185338.jpg

もう、カメラは置いて、じっくりと観させてもらいましょう。

ええ、そうです。SDカードが満杯になってしまひました_|‾|○

権現舞を最期に奉納神楽は終了です。
時刻は22:15過ぎ・・・・・
3年前、日が変わるまで奉納されたときに比べたら、なんとも早い終了ですが、一説によると送迎バスの時刻に合わせたとか・・・・・いやいや参加団体の都合がつかなかったとか・・・・・



c0337257_12185364.jpg

それでも、祭りの余韻に浸りながら大出早池峯神社をあとにしました。



集落の鎮守様のお祭り・・・・・・・

それがすべてであり、それでよいとおもう。













































by Wild_Cat_Seeker | 2009-07-20 11:32 | 遠野の祭り | Comments(6)
2009年 07月 18日

彷徨える探す人

c0337257_12185123.jpg

いったいワタクシ何をやっているのでしょうorz

by Wild_Cat_Seeker | 2009-07-18 18:17 | 鉄の目 | Comments(14)
2009年 07月 18日

とおのじかん

c0337257_12185168.jpg

c0337257_12185104.jpg

昨晩からゆったりと時間が流れています。
高清水は気温18℃
鳥もトンボも「晴れるかも」と言っていますが……
「なんちゃって雲海」状態です。

by Wild_Cat_Seeker | 2009-07-18 07:08 | 遠野の祭り | Comments(6)
2009年 07月 16日

夏始動~幻想山猫軌道

c0337257_12185122.jpg

最終列車が「がたたごととっ」と闇に消えた頃



c0337257_12185126.jpg

梢に架かる朧な月



c0337257_12185143.jpg

駅の片隅から不思議な列車が出る。

もし、キミがその列車に乗りたければ、寂しくなった駅前で途方に暮れたまえ。



c0337257_12185142.jpg

きっと、山猫がキミに声をかけてくるはず。

「あ~、大出まで特別に乗せてやるよ。」ってね。



c0337257_12185182.jpg

なんたって、来年は遠野物語刊行100周年だ。
奇跡は起きるべくして起きるだろう。

さぁ、明日。。。山猫森林軌道に乗って、浮世離れした一夜を過ごそうかの。











by Wild_Cat_Seeker | 2009-07-16 23:16 | 遠野の祭り | Comments(0)