山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

此処は何処? 2009年初夏

さて、此処は何処でしょう???



c0337257_12183946.jpg

撮った本人も、記憶を無くしたら、見当がつかないでしょう。



c0337257_12183962.jpg

此処はつい3年前まで山裾に広がる段々田圃だった。



c0337257_12183939.jpg

田圃の区画もコンクリ仕様・・・・・・・・それとも更なる開発に向けた布石か?



c0337257_12183907.jpg

なにやら意味深なワインディングロード。



c0337257_12183909.jpg

道路沿いの荒廃した地面もついこの間まで畑だったはず。



c0337257_12183972.jpg

一部の田圃には水が張られ、田植えを待つばかりだったが、来年はどうなるかわからない。



c0337257_12183913.jpg

変化に動揺しながらも



人は変化に3日で慣れ、3日で過去を忘れる。



c0337257_12183952.jpg

それでも時々我に返り、失ったものの大きさに慄く。



c0337257_12183920.jpg

それでも、人は振り返るより、前に進むことを選んだ。



c0337257_12183923.jpg

振り返ってみれば昔日の路が断ち砕かれて其処にある。

感傷なのか・・・・・消え行く風景への挽歌なのか



c0337257_12183915.jpg

いや、変わり行く時代に付いて来られない者への挽歌なのだろう。





   海、清冽失えど
     我、女王を愛す
       其は夢物語也し哉
         其は戯れ言也し哉
                      ・・・・・・・・Syd Barrett





















      君らにはまだ早かった。でも君らの子供は分かる



                      ・・・・・・・・・Martin Seamus McFly



by Wild_Cat_Seeker | 2009-06-30 23:07 | 新しきモノ | Comments(4)
2009年 06月 28日

蓮池川の秘密(回想の潜入捜査)

わたしはコードネーム「山猫」
元潜入捜査官である。

公式記録では冬の仙人峠における「スタンディング・オベンション事件」で殉職したことになっておるが、どっこいわたしは生きている(w
生きていて、こうして回顧録を書きながら隠遁生活を続けているのだ。

殉職を装わなければならなかった理由を述べるには、ずっと過去に遡らなければならない。
それは遠野における初期の任務であった・・・・・・・(遠い目)



























More

by Wild_Cat_Seeker | 2009-06-28 10:18 | 遠野の川 | Comments(9)
2009年 06月 27日

ジャイケルマクソン追悼集会?

c0337257_12183779.jpg

いいえ、関東どんれぶ迎撃集会でした(笑)

by Wild_Cat_Seeker | 2009-06-27 00:47 | 遠野ぶれんど | Comments(10)
2009年 06月 26日

木陰の季節

6月の本州は湿度100%のじとじと天気、或いはゲリラ豪雨に翻弄される季節・・・・

しかし・・・・意外と晴れの日も多いのですよ。
なにせ1年で一番昼が長い時季ですから、ひとたび晴れたら。。。それはもう。。。

明るく眩しく焼けてしまう日になります。

でも植物たちにとっては、待ちに待った季節です。



c0337257_12183745.jpg

光あるところに影アリ!(www

くっきりと残る林影は夏の先触れ。
ちょっと、このテーマでデジってみました。



c0337257_12183768.jpg

ご存知、麦汁原料蔓植物も・・・(すなおにホップと呼べ!w)
くっきりと影を残すほどに成長した。



c0337257_12183774.jpg

道違えの石碑も陰影の奥で静寂に包まれていた。



c0337257_12183711.jpg

木陰は涼しく、日射の下では真夏並みの暑さ。。。



これが遠野の6月の天気でした。









by Wild_Cat_Seeker | 2009-06-26 00:19 | 遠野の里 | Comments(0)
2009年 06月 25日

県道503号線終点へ

さて、いよいよRoute503のちゃり旅も終盤戦に突入です。



c0337257_12183631.jpg

ここで猿ケ石川とはお別れです。



c0337257_12183685.jpg

真立(まったち)橋を渡ると県道は小烏瀬(こがらせ)川に沿って延びています。

しかし、猿の次は烏だ(w 
どうも、どーぶつに縁があるようですな。



c0337257_12183692.jpg

田圃の中ではアイガモがすでに任務遂行中。



c0337257_12183788.jpg

田ノ中でいそしむ者たちです。



c0337257_12183724.jpg

やや、こちらにも「いそしむ者たち」が・・・・

獲物はなんでしょうね?



どじょう? おたまじゃくし? へび? ざりがに?

残飯ばかり漁っている印象が強いですが、野からも栄養を頂いているのすね。



c0337257_12183719.jpg

こんなところにログハウス・・・・・中身は揚水場でした。
無機質なコンクリート壁より、こちらの方が温かみを感じるね。



c0337257_12183749.jpg

そして、県道503号線の終点間際で迎えてくれるのはカッパツインズ(w



だいじょうぶ! 旅人に謎掛けをして答えられなかったら、食べちゃう・・・・なんてことはしませんから・・・・・たぶん・・・・・きっと・・・・おそらく・・・・・でもなぁ・・・・・(www



c0337257_12183700.jpg

まぁ、せいぜい、嫌がらせに雨を降らすくらいかな?

うっと。。。ワタクシの冥界カメラに異常発生です。
なんですか? この縦シマは???



なんだかな~~

縦に構えてズームを使うと発生するようだ。

酷使したからなぁ~


おっと、話が逸れたようです。



県道503号線は、この先、伝承園の駐車場まで続くのですが、この時は水路工事をしていて仮通路となっていました。

さぁ、県道503号線の旅はこれで終わった。



お疲れ様!  撤収!


いえいえ、来た道のりを今度は帰らなきゃならんわけでして・・・・・・



c0337257_12183735.jpg

でも、こんな清々しくシットリとした風景を眺めながらなら苦にならないね。

帰りのカマーの時間まで、寄り道しつつ6月の遠野を満喫しようじゃないか!





満喫した結果はこのあとすぐ↓

















More

by Wild_Cat_Seeker | 2009-06-25 00:50 | 遠野の川 | Comments(6)
2009年 06月 23日

川からの眺め④(あたい)

c0337257_12183629.jpg

なかなか晴れない「お六」を横目で眺めながら、
♪ばぁ~ぃしこぉ ばぁ~ぃしこぉ ばぁ~ぃしこぉ  と気分良く走って、とある橋の下を潜り終えたその時であった!!

「ちょいと、お待ちよ!」



「げっ! そ、その声は・・・・・」



c0337257_12183642.jpg

「なにさ? あたいを無視して通り過ぎるつもりかい?」

「ええ~~、いや~~~その・・・汗汗汗・・・・・」



c0337257_12183619.jpg

「気のせいかな? あたいのこと、避けてないかい?」

「あ~、いいえ。。その、そんなことな、ないですよ。」・・・・・しどろもどろ (爆)



c0337257_12183624.jpg

「縛られてんだ・・・あたい・・・・・」

ワタクシ返答に困ります。だって縛られてないとコケるでしょうに・・・・・w

「不自由なんだよ。実際。。。たまには蓮池の丘のイケテる奴等に逢いに逝きたいのに!」

ワタクシは、ここぞとばかりにペダルを踏み込んだ。

とんでもない! この女と蓮池の丘の面々が会した日にゃ・・・



遠野にサードインパクトが起こりますわい(爆)




うしろから



「待てちゃァ~!」



と呼ばわれましたが、何人たりとも



止められるか? このオレを!(爆)









by Wild_Cat_Seeker | 2009-06-23 00:03 | 像族たち | Comments(6)
2009年 06月 21日

川からの眺め③(の大なり)

Route503を北に向うと息が荒くなるのはなぜ?

あ~、さるげえし川を上流に向っているからだ~ね。

Route503は河川敷の中を走っているので、近くの風景は意外と見えないもの。
ここはどこだべな? と堤防の外に上がってみると・・・・



c0337257_12183551.jpg

一応みらーねーずな天狗森が見えました。



んん?  手前に見える一叢の森は、まさか・・・・・



c0337257_12183575.jpg

をを、あれは「の大なり」・・・・・・・やはり毛唐(けとうの造ったFEPは使い物にならんのう。
今度、ビルに言っておかなくちゃね。(ビルって誰やねん?w しかもとっくに引退してるしwww)



c0337257_12183560.jpg

目を転ずれば、高清水展望台。
ついひと月前は枯れ色だったのにねぇ。。



c0337257_12183641.jpg

6月初旬のホップはこのとおりです。
蔓系植物の成長は早いですから、今頃は見違えるほどに成長していることでしょう。



c0337257_12183615.jpg

はよ~大きくなれや~。



大きくなって麦汁となってワタクシの腹を満たせや~(爆)

そして再び「Back in the saddle」にてママチャリ爆走せり!



さて、お約束の・・・・・



止められるか? このオレを!(爆)















by Wild_Cat_Seeker | 2009-06-21 10:23 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(6)
2009年 06月 19日

川からの眺め②(鬼太郎の家)



これがオリジナル「ゲゲゲの鬼太郎」OPです。



遠野に鬼太郎の家があったのですね~。



c0337257_12183582.jpg

ちと、寄り過ぎですか?  シツレイしました。



c0337257_12183521.jpg

あ、これじゃ、離れすぎ? 
シツレイしました。



c0337257_12183569.jpg

あ、これは右に寄りすぎですか??



シツレイしました。  あ、いいえ、別にあなたの忍耐度を測っているわけではないですよ(爆)



ようつべで紹介した幾多郎・・・(これじゃ哲学者だw)。。。鬼太郎くんの家に似てませんか?
あ、言っておきますけど。。。。リフォーム済です。(爆!)



c0337257_12183525.jpg

近寄ってみますと、意外とごっつい構造物なのですよ。



c0337257_12183563.jpg

その正体は堰でした。



c0337257_12183552.jpg

可動堰は左の部分だけで、他は固定堰です。
ま、これくらいの段差なら、鮎、鮭、鰻、くぎ、サクラマスは乗り越えられますが、田瀬湖がある今は、全滅です。



c0337257_12183572.jpg

このアングルも川辺に降りて初めて見られるもの。



c0337257_12183596.jpg

夏への扉・・・・



から~んころ~ん、からんからんころん・・・・・

あ、オープニングがあって、エンディングがないのは、画竜点睛を欠くので・・(爆!)













by Wild_Cat_Seeker | 2009-06-19 22:29 | 遠野の川 | Comments(4)
2009年 06月 18日

川からの眺め①

街場から松崎方面に向おうとして川沿いにチャリを走らせれば・・・・・・



c0337257_12183479.jpg

あれれ、いつのまにか、カマーの鉄橋を越えてしまったよ。



c0337257_12183498.jpg

お約束どおりに下りカマー「はまゆり」が遠野へと向う姿が・・・





c0337257_12183442.jpg

田ノ中電柱、無精ひげの水面に姿を落とす。

でも。。ここはどこだ?
普段接している風景を逆から見ていることになるので、
ちょっとしたパニックに襲われる。



c0337257_12183466.jpg

やや、前方に見えるは、パヤチネバスの溜まり場・・・いえ、バスセンター(w

ははぁ、大体、把握できました。
ワタクシ、松崎に行くつもりが、愛宕橋に向っていますね!(気付けよ、オイ!)



c0337257_12183568.jpg

さて、どうリカバリするかのう・・・・

のっけから計画が狂い、うろたえながらも爆走する3速マニュアルミッションのママチャリ!



止められるか? このオレを!(爆)







by Wild_Cat_Seeker | 2009-06-18 22:06 | 遠野の水辺 | Comments(8)
2009年 06月 17日

Route503

観光客もすなるレンタサイクルといふものを遠野通い人もしてみむとてするなり。



c0337257_12183321.jpg

それの年の卯月の七日あまりの一日、巳の時に漕ぎ出す。



c0337257_12183383.jpg

な~んちってね。
いやいや、前の日の大雨とはうってかわって、朝8時くらいから太陽が顔を出してね、遠野の里は、まるで宮沢賢治のお話の舞台のように、「たったいまできたばかりのようにうるうるもりあがって」いたのですよ。

これは盗んだバイクで走り出す(w・・・・借りたチャリンコで走り出すには絶好のコンディションでしょう?



c0337257_12183389.jpg

なんかですね、クルマの目線ではない、かといって徒歩の目線でもない、新しい目線を体感しましたよ。



c0337257_12183496.jpg

そして、ワタクシは今まで走ったことのない未知の路を走ることとなる。



c0337257_12183437.jpg

また違った遠野の風景に溢れていましたよ。



c0337257_12183434.jpg

その路の名は「県道503号線」
今までワタクシが走ったこともないのは当然でして、此処は自転車専用道路なのです。



c0337257_12183472.jpg

ワタクシはこの路をTOYOTAではなくMIYATAの「3速マニュアルのママチャリ」で走り抜けた。

次回からは、「爆走!ROUTE503。止められるかこのオレを!」をお送りします。(笑)

















by Wild_Cat_Seeker | 2009-06-17 23:51 | 遠野の水辺 | Comments(12)