<   2007年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 30日

スクープ!妖怪睡魔くん

絵露胃夢絵ツ債務~♪ 絵露胃夢絵ツ債務~♪
まわれ地獄の魔方陣♪


ってこれは「悪魔くん」だった_|‾|○
しかも実写版のエンディングだ! 誰も知らないよー_|‾|○

などとおちゃらけている場合じゃない。
ついに! ついにワタクシの長年の敵である
「妖怪睡魔君」の姿をカメラに収めることに成功しました。

これからご紹介しますが、日時、場所、登場人物に関しては
特定出来ないように加工しています。
予めご了承ください。



c0337257_12104492.jpg

隣の酔客をふと見ると・・・・・
右端の男性(趣味:神社巡り)の様子がおかしい。
急に眠気に襲われたようだ。



c0337257_12104442.jpg

やや、男性(十八番:伊勢佐木町ブルース)の左肩あたりに妖しく赤いヒカリモノが!
単なるハレーション現象か?
いやいや、これこそ妖怪睡魔君が憑りつく現場であろう。
それが証拠に妖怪睡魔君が放つ強烈な霊波(ATフィールド)のため画像がブレている。(w

だ、だんな! 御気を確かに・・・・・負けちゃいけませんぜ!



c0337257_12104468.jpg

ああ、遅かった。
妖怪睡魔君に憑依された男性(特技:笛吹き)は完全にオチてしまいました。

オソルベシ! 妖怪睡魔君!!



c0337257_12104417.jpg

妖怪変化の類は捜査対象にならない。
とこちらの方々はおっしゃるでしょう。
ってかその前に、頭上にいるヤツ・・・・・そりゃ妖怪だよ(笑)

以上が妖怪睡魔君の決定的スクープでした。
繰り返しますが、日時、場所、登場人物に関しては特定出来ないよう
砕身の努力をしております。(爆)





by Wild_Cat_Seeker | 2007-09-30 06:55 | 遠野ぶれんど | Comments(16)
2007年 09月 29日

小さい秋

9月中旬という時季を考える。
ワタクシの住める地方ではまだ残暑の季節でして、昨今の温暖化傾向によって、もはや盛夏と言ってもいいくらいの暑気です。



しかし、遠野では小さいながらも秋の姿が見受けられました。



c0337257_12104328.jpg

毬栗(いがぐり)の追いかけっこ
距離が縮まることは永遠にないと思う



c0337257_12104449.jpg

山で避暑を楽しんだ赤とんぼたち
三々五々里へ降りてきて今度は秋を楽しみます。



c0337257_12104440.jpg

早いところは稲刈りが始まっていた。
いくらなんでも早すぎないかい? と思ったが結果的には正解だったのかも知れない。
翌日からの集中豪雨は少なからぬ被害をもたらしたはずだ。



c0337257_12104476.jpg

田の色が微妙に違うのは、かの名文にあるところの「名処」の違ひなのか?
c0337257_12104428.jpg

山間ほど金色の輝けることはなはだし。

今週末の遠野は稲刈り最盛期でしょうね。
金色の野を楽しめるのも今週限りか・・・・・・











by Wild_Cat_Seeker | 2007-09-29 07:27 | 花、植物 | Comments(10)
2007年 09月 28日

墨絵の街

朝起きたら街は濃い霧に包まれていた。



c0337257_12104378.jpg

気温は低め・・・・半袖の季節が終わろうとしているようだ。



c0337257_12104300.jpg

遠くに東大寺大仏殿が見えます・・・・・・・奈良の朝は(とすっ!)←<鹿の角が頭に!

もとい、遠野の朝では珍しいことではない。
高清水からは多分雲海だろうな。でも頼みの綱の「青い彗星号」は600キロの彼方だ。
街中を徘徊するしかあるまい。



c0337257_12104368.jpg

遠野随一の高層ビル(笑)もミルク色にカムフラージュ。



c0337257_12104324.jpg

駅前からは鍋倉山すら見えない。



c0337257_12104383.jpg

ただいま、「遠野ブログ画像展」延長開催中。(~10/3)



c0337257_12104314.jpg

お祭り明けで呆けたような街に、桜木橋を渡る足音が響く。



c0337257_12104304.jpg

前照灯が点き、エンジンのアイドリングも順調。
下り一番列車が間もなく発車します。
また日常の暮らしが始まりました。















by Wild_Cat_Seeker | 2007-09-28 00:26 | 遠野の街中で | Comments(14)
2007年 09月 27日

マヨヒガ気分

白望山ではなく、ここでマヨヒガを見つけました。



c0337257_12104227.jpg

さてふと見れば立派なる黒き門の家あり。



c0337257_12104256.jpg

馬舎ありて馬多くをれども、いつかうに人はをらず。



c0337257_12104280.jpg

その次の間には朱と黒との膳椀をあまた取り出したり。



c0337257_12104232.jpg

奥の座敷には火鉢ありて鉄瓶の湯のたぎれるを見たり。
されどもつひに人影はなければ・・・・・・・
人影はなければ・・・・・



c0337257_12104215.jpg

あ、居た。



c0337257_12104292.jpg

あ、いっぱい居た!(爆)

あなたもマヨヒガ気分を味わうために「遠野ふるさと村」へ行ってみませんか?











by Wild_Cat_Seeker | 2007-09-27 06:03 | 遠野の里 | Comments(8)
2007年 09月 26日

大トリ

2007年遠野まつりの最後を飾ったのは「青笹鹿踊り」でした。



c0337257_12104126.jpg

昨年は前方の渡り廊下から俯瞰で眺めていました。
大トリの演者たちの後ろを囲むように見ていた観客の様を見て、来年は自分もそうしたいと思ったものでした。それが今年叶ったわけです。
馬場の直線上にピタリと高清水山が見えます。



c0337257_12104184.jpg

数で圧倒されます。そして・・・・・



c0337257_12104179.jpg

躍動感に感動します。



c0337257_12104174.jpg

踊り手も楽しそうならば、観ているこちらも楽しい。そしてなによりも神様が楽しんでいるはず。
祀りの成立です。



c0337257_12104176.jpg

大トリの特権で、他団体より演技時間が多少長めでした。
それは遠野まつり、遠野郷八幡宮例大祭を名残惜しむ儀式のようでした。

以上で2007年遠野まつり特集は終了です。

また来年、馬場でお会いしましょう。









by Wild_Cat_Seeker | 2007-09-26 00:05 | 遠野の祭り | Comments(16)
2007年 09月 25日

残照獅子

遠野まつりには必ず雨が降る。
それが遠野の定説だ。
実際、去年も馬場巡りの最後の頃に空の雨袋が破れた。
日差しがある馬場巡りも珍しい。

c0337257_12104140.jpg

午後から陽が覗き、暑い暑い!



c0337257_12104129.jpg

暑さのせいで、麦ジュースの消費量が上がった。



c0337257_12104173.jpg

日差しはどんどん強くなる。



c0337257_12104122.jpg

飲んだビールは1時間で全部汗になる。
これは真夏だ! 
この時期の遠野ではあり得ない気候だ。
まるで夏祭りである。
c0337257_12104107.jpg

この暑さは獅子を舞う人々を直撃したはず・・・・
c0337257_12104154.jpg

でも彼らは演じきった。
傾いた日差しに映える獅子に乾杯!
と言ってまたビールを買いに走った。(爆)













by Wild_Cat_Seeker | 2007-09-25 06:35 | 遠野の祭り | Comments(0)
2007年 09月 24日

THE EMPIRE STRIKES BACK

THE EMPIRE STRIKES BACK

やくざなワタクシの翻訳機にかけると
「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」となります。 とすっ←<(吹き矢が頭に!)

もとい・・・・・・・
本日をもって「遠野ブログ画像展in遠野ふるさと村」は終了します。
今日のこの日に遠野にいらっしゃる方は、土蔵で見る最後のちちちゃ~んす!ざんすよ。
お名残惜しいかな。
またの機会にお会いしましょう・・・・・・・・と思ったら・・・・・・・・

「多惣どんと愉快な仲間たち」がまたまたやってくれました。
題して
「お客さんを呼ぶカツレツ!オトナ定食」 どすっ←<(はせ掛けの棒が頭に!)
もとい
「お客さんを呼ぶモーレツ!遠野ブログ画像展」inとぴあ
(副題:逆襲の多惣どん)

そうです!
ご好評にお応えして会期延長、場所も市内の「とぴあ」に遷して開催です。

開催期間:9/25-10/3
開催場所:遠野ショッピングセンター とぴあ(地図)  1F催事場(店内案内)
営業時間:9:30-20:00

「とぴあ」は入場無料(当たり前やがな)、従って何時まで居てもよろし。
しかも、小腹が空いたら、「産直がんせ」や「助太郎」や「シンフォニー」で手作りの惣菜や混ぜご飯やパンを買ってセントラルコートで摘まむよろし。

今日の夕方には、遠野ふるさと村に多惣どんと愉快な仲間たちが集結して、また「魔界への誘い」を飲み干すのだろうね。 がんっ!←<(新張のNHKアンテナが・・・)



by Wild_Cat_Seeker | 2007-09-24 10:24 | 遠野ぶれんど | Comments(14)
2007年 09月 24日

長野鹿踊り

遠野まつりの隠れたホットスポット・・・・・本殿前。拝殿前(汗)
此処はある意味、馬場以上に熱の入った演技が見られる場所だ。
ということは今年初めて知った。(汗)

中でも熱の入った演目を披露していたのが、長野鹿踊りの皆さん。

c0337257_12104089.jpg

引き寄せられるように、こんな至近距離に(汗)



c0337257_12104052.jpg

ワタクシの横には賽銭箱がある状態。
この最中にもお参りに来る方がいて、なんかワタクシも拝まれているような・・・(笑)



c0337257_12104074.jpg

冗談はさておき、気合が入ってきました。



c0337257_12104018.jpg

種ふくべ登場です。



c0337257_12104037.jpg

柱掛かりなのかな?



c0337257_12104029.jpg

途中で種ふくべの演者が代っていました。
しんどい役回りですからね。
こちらもしんどいので地べたに座り込んでしまいました。



c0337257_12104005.jpg

かぶりつきで見させて戴きました。
見た目お若いのになかなかシャープな踊り具合でした。
演目が終わったとき、なぜかワタクシも滝のような汗でして・・・・・
冷静に判断すればビール飲みすぎやろ! なんですが、
ここはどうかひとつ、演者と一体化していた、ということにして下さい(爆)

長野鹿踊りの皆さんに盛大な拍手を!















More

by Wild_Cat_Seeker | 2007-09-24 08:27 | 遠野の祭り | Comments(2)
2007年 09月 23日

本殿前にて

遠野まつり・・・・・というより遠野郷八幡宮の例大祭の範疇に入るのか・・・・・
本殿前が馬場以上にホットなスポットになる、という情報は仲町のあの方からお聞きしました。



c0337257_12103976.jpg

本殿に上がってみると・・・・・・・おおお、熱い熱い!!



c0337257_12103959.jpg

次から次から団体さんが上がってきて、もうごった返し状態。
それぞれ奉納の儀を行います。



c0337257_12103900.jpg

もしかしたら、馬場巡りよりも長い時間演じてくれるかもしれません。



c0337257_12103988.jpg

傍らの神楽殿では平倉神楽の真っ最中。
これは「山の神」だね。



c0337257_12103916.jpg

一番気合入っていたのは、どこの団体だったでしょう。
うん、ワタクシのデジカメに一番多く画像が残っていたのはあの団体でした。
その団体については、後日じっくりと・・・・・







by Wild_Cat_Seeker | 2007-09-23 08:52 | 遠野の祭り | Comments(6)
2007年 09月 22日

ぶローガの休日

遠野ブログ画像展
遠野ふるさと村にて9月24日(月)まで開催中です。

「我々に残された時間は・・・・・」
「あと僅か・・・・・・ということか。」



のっけから最大太文字攻撃で恐縮です。
遠野ブログ画像展・・・3週間の会期もあと僅かでグランドフィナーレです。



この3連休が最後の、ちちちちっちゃちゃちゃぁあああ~~~んす!!!
遠野方面に旅をなさる方は、ちょろっと寄っておくんなまし。



てなわけで(だーらどーゆーわけで?)
出展者たる遠野ブロガー諸氏も祭り明けを待って遠野ふるさと村に集合したわけです。



c0337257_12103701.jpg

一同「たのもう~~~~! 入るよ!」



c0337257_12103856.jpg

「どうぞ!」



c0337257_12103840.jpg

「いらっしゃい」



c0337257_12103871.jpg

おお、ここが展示場所ですね。
三々五々お客さんが入ってらっしゃいました。(嬉)



c0337257_12103847.jpg

ひととおりの見学の後・・・・・



c0337257_12103866.jpg

下の家でブロガー諸氏は「こびる」タイムに突入。
この日は真夏のような日差しが時折訪れて、とても蒸し暑かったので・・・・・



c0337257_12103892.jpg

この白地に赤文字の旗に目線は釘付け(笑)



c0337257_12103855.jpg

「ほぉ~~っ 氷だ氷だ。ぶるーはわぁぁい。甘いシロップしみ込んだ、宝飯爺どんとまた氷食う~ 。」(サブちゃんのまつりの節でどうぞ)笑



c0337257_12103817.jpg



c0337257_12103826.jpg

心地よい刻(とき)が流れていました。

遠野ぶローガの休日でした。

画像展の会期終了が迫っていたので、遠野まつりエントリーを一時中断して、
あの心地よい秋の日をエントリーした次第です。









by Wild_Cat_Seeker | 2007-09-22 09:38 | 遠野ぶれんど | Comments(10)