<   2007年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

トネーゼの旗の下

遠野の街を流していたら見慣れない旗を目にした。



c0337257_12091989.jpg

遠野人?・・・・・よく見えないな・・・・お、ガラスに映っているぞ。 あ、トネーゼ!
ふ~ん、ついに具現化したんだ。



c0337257_12091921.jpg

準備段階のHPでは今ひとつ理解出来なかったが、こうして街中で目に触れると「お、なんだなんだ?」と興味を引かれる。
第一「トネーゼ」って言葉がキレイだぁね。

トネーゼについての詳しい情報は下記へ。
http://www.shokokai.com/tohno/tohnese/top.html



独特のブランドとして益々のご発展を!





by Wild_Cat_Seeker | 2007-05-31 06:36 | 遠野の街中で | Comments(10)
2007年 05月 30日

旗屋の縫

遠野物語の随所に名を残す当代きっての名猟師。
「旗屋の縫」



代表的な話はやはり32話ですね。この話では「何の隼人」と名前を暈されていますが・・・・



c0337257_12091867.jpg

千晩が嶽(せんばがたけ)は山中に沼あり。この谷は物すごく腥き臭のする所にて、この山に入り帰りたる者はまことに少なし。



c0337257_12091894.jpg

昔何の隼人といふ猟師あり。その子孫今もあり。白き鹿を見てこれを追ひこの谷に千晩こもりたれば山の名とす。



c0337257_12091836.jpg

その白鹿撃たれて逃げ、次の山まで行きて片肢折れたり。その山を片羽山といふ。



c0337257_12091865.jpg

さて前なる山へ来てつひに死したり。その地を死助といふ。死助権現とて祀れるはこの白鹿なりといふ。



c0337257_12091873.jpg

旗屋の縫なる名猟師は実在しました。
今もこの地に末裔の方が住んで居られます。



c0337257_12091902.jpg

本名「高橋縫乃助」を祀る畑屋観音堂



c0337257_12091963.jpg

ご本尊の写真が飾られていました。

32話の内容はこの地方に伝わる普遍的な昔話を焼きなおした内容なので、あやふや~としていますが、旗屋の縫が此の山々を駆け巡り、猟をしていたのは事実だと思います。













by Wild_Cat_Seeker | 2007-05-30 07:19 | 遠野物語の地 | Comments(20)
2007年 05月 29日

猫の事情Part3

訳あって此処に棲み付いたわけだが、それがゆえに「五百羅漢さわやかトイレ猫」と呼ばれ、ちょいと有名になった。

相棒はどうした?

c0337257_12091817.jpg

「やぁ、やっと会えたね。」
「おれは別にアンタに会いたくなんかなかったよ。」



c0337257_12091875.jpg

「つれないなぁ・・・・・・。 あ、目線こっちにチョウダイ。」
「うっとおしいなぁ、もう。」



c0337257_12091824.jpg

で、去っていく。
ほんと、素気ないけど、まぁ一番ネコらしい行動だったね。
やっぱり猫には猫の事情があるのさ。





以上で猫の事情は終了です。
遠野ネコに乾杯!



by Wild_Cat_Seeker | 2007-05-29 05:45 | 遠野の動物たち | Comments(12)
2007年 05月 28日

猫の事情Part2

ネコにはネコの事情があるんよ。
怠け者の象徴のように言われるけど、やるときはやるんよ。



c0337257_12091738.jpg

だれさぁ? 「コタツ猫」なんて言うヤツは?
番犬ならぬ番猫を務めているんよ。オマケにお客さんがいっぱい来るように招き猫まで務めているんだから。



c0337257_12091763.jpg

なめんじゃないわよ! (なめ猫役も追加。) 笑
一匹三役の大活躍だ!(笑)

一方、向かいの家では・・・・・・
c0337257_12091790.jpg

「あ、何か居る!」
「・・・・・・・・」 (無関心)



c0337257_12091756.jpg

「ひゃ~、逃げちゃう! わ、わっ! 待て~!」
「・・・・・う~ん、うるさいなぁ。昼寝出来んやん。」



c0337257_12091799.jpg

「あれ? 動かなくなっちゃった。」
「それ、食えるン?」(ちょっち興味でてきた。) 笑

猫の事情?? うーむ、やっぱり何も考えていないように見えるけど、気のせい?



by Wild_Cat_Seeker | 2007-05-28 06:35 | 遠野の動物たち | Comments(8)
2007年 05月 27日

猫の事情Part1

勝手気ままの代名詞みたいに言われるが・・・・・
猫にだって務めがあるし、そうせざるを得ない事情もあるさ。
ただ、それが人間様には判らないだけ。
巷のねごっこを観察して、ちょっとだけ猫の事情を推し量ってみた。



c0337257_12091618.jpg

「え、何?」
なにやら、後ろで呼ばれているようだ。



c0337257_12091695.jpg

耳は向けているが、もう外で遊びたくて仕方ないって感じ。
困ったような表情は猫の思案顔?



c0337257_12091619.jpg

あたしがここに居る理由?
見て判らない? 
タイヤの替わりだよ!(爆)
これが本当のねこぐるま(ナンチッテ)



c0337257_12091671.jpg

あ~いあいあいあい、あ~いあいあいあい(大泣き)
悲しいのかい?
c0337257_12091623.jpg

猫の悲しみは解らないでしょ。
そんなことない、おいらも山猫、猫の端くれ。事情を話してごらん。



c0337257_12091713.jpg

くぉら! 寝るな!(爆)

猫の事情が解るようになるにはまだ修行が足りないのう。(笑)





by Wild_Cat_Seeker | 2007-05-27 07:31 | 遠野の動物たち | Comments(8)
2007年 05月 26日

ぶれいく症候群

普段は質素な山猫です。
無駄使いは決してしません。
そのかわり・・・・必要に駆られる買物は集中するわけで・・・・・

c0337257_12091655.jpg

え~、本日ご購入の品々!
敷布団、掛け布団、Yシャツx3、ジーンズx2、布団パック
〆て¥35,664也
ををっふ! 
纏めて買うと、何年後かにまた一気に限界を迎える。
この連鎖をどこかで断ち切らなければ・・・・!!

でも、ぱっと金を使うとストレス解消にはなるなぁ~(アブネ)
これをワタクシは「ぶれいく症候群」と名付け最も警戒するのであ~る。



by Wild_Cat_Seeker | 2007-05-26 18:33 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(9)
2007年 05月 26日

2007年のナンデスカ?

人類進歩調和!(ぷぷぷ)



ナンデスカァ? ナンデスカァ? 遠野の街から↓

c0337257_12091536.jpg

「・・・・・・・・・????」



ナンデスカァ? ナンデスカァ? 遠野の山から↓

c0337257_12091533.jpg

「・・・・・・・・・????」



ナンデスカァ? ナンデスカァ? 遠野の道から↓

c0337257_12091595.jpg

「・・・・・・・・・????」

ナンデスカァ? ナンデスカァ? 遠野の牧野で
c0337257_12091535.jpg

後ろのみょ~な機械ですヨ。

にせんななね~んのナンデスカァ?↓
c0337257_12091512.jpg

「・・・・・・・・・????」

なんですかぁ? なんですかぁ? 握手をしよう!↓
c0337257_12091598.jpg

で、出来ん!!(爆)









by Wild_Cat_Seeker | 2007-05-26 07:26 | 遠野の街中で | Comments(16)
2007年 05月 25日

何にズームアップ?

さてさて、何気ない写真ですが、何にスームアップしますか?



c0337257_12091511.jpg

狛犬? 社?  松ノ木?



c0337257_12091505.jpg

答えは臨時の社・・・・・・・南部神社まで登れない人のために設えたようです・・・・・・・・・じゃなく、本当のズームアップ対象は



c0337257_12091540.jpg

これこれ、これでんがな!
「さるぼぼ」
値札が付いていませんが、おいくらですか?(笑)
は、そういえば1枚目の写真に再び注目・・・・・左の旗の下の「さるぼぼ」はすでに売れてしまったようです。(爆)





by Wild_Cat_Seeker | 2007-05-25 06:38 | 遠野の街中で | Comments(4)
2007年 05月 24日

農夫を追うもの

春先の時期のことです。



c0337257_12091453.jpg

春霞、咲きかけの桜、トラクタの音遠く、妙にのどかさを誘う。



c0337257_12091437.jpg

田を起こす作業を畦の影からじっと窺う黒い影が・・・・・



c0337257_12091490.jpg

その正体は烏。
農夫が起こした土の中から美味しい虫(カラスにとっては)がいっぱい出てくる。
烏にとっては労せずして食事にありつけるので、トラクタの音が聞こえると何処からともなく飛んでくるのだ。

これも春の風物詩だなぁ。







by Wild_Cat_Seeker | 2007-05-24 06:41 | 遠野の動物たち | Comments(10)
2007年 05月 23日

来内川のほとり

遠野に来たら朝逍遥しなくちゃね。
今回は来内川沿いを彷徨ってみた。
川を眺めているといろいろな物が流れている。
例えばこれ↓



c0337257_12091488.jpg

座敷親父さんの作ったペーパークラフト !!

本物の山女魚やて!

こほん・・・・失礼しました。

で、次に流れてきたのがコレ↓



c0337257_12091415.jpg

見事なデコイである。



c0337257_12091403.jpg

げっ! デコイが水草食ってる!!

なぜ本物の鴨だと素直に認めん? 



c0337257_12091410.jpg

おや、唐突に始まる土嚢のカウントダウン!
20,19,18,17,16,15,14,13,12,11,10,9,8,7・・・・・・・
なにかとてつもないものが流れてくるのか?(わくわく)



c0337257_12091444.jpg

5、4、さん、にぃ~、いち・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・???

何も流れて来ませんね・・・・?

いいや、流れていました。実に予想外なものが・・・・・・

まさにこの時刻この場所で、出勤前のchonchonさんがジョギングしていたそうな。

流れていたのはchonchonさんの汗だった!!(爆)

てか

yamanekoもchonchonさんに気付け!(汗)





by Wild_Cat_Seeker | 2007-05-23 06:23 | 遠野の川 | Comments(8)