山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 30日

暖冬の恩恵

c0337257_12085772.jpg

荒川高原は雪残れど全線通行可!

by Wild_Cat_Seeker | 2007-04-30 20:17 | 遠野の山奥に | Comments(6)
2007年 04月 30日

勝利宣言

c0337257_12085666.jpg

我、睡魔君に勝てり!

by Wild_Cat_Seeker | 2007-04-30 00:38 | 遠野ぶれんど | Comments(10)
2007年 04月 29日

旅の途中

c0337257_12085637.jpg

c0337257_12085691.jpg

旅は途中も楽しまなくてはならねえ(笑)

by Wild_Cat_Seeker | 2007-04-29 07:02 | 旅行・地域 | Comments(4)
2007年 04月 28日

ボス!事件です。

c0337257_12085674.jpg

あ、いえ事件ちゅーこともないですが(汗)
yamanekoは休日出動という無能ぶりをさらけ出しています。
おおーい明日の昼に遠野に着けるのか?

by Wild_Cat_Seeker | 2007-04-28 11:57 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(4)
2007年 04月 27日

Fly me to the moon



私を月に連れて行って
星屑の中で戯れたいの

c0337257_12085563.jpg

木星や火星の春がどんな様子だか見せて欲しいの
言い換えれば「手を握って」ということ
言い換えれば「キスして」ということ



c0337257_12085678.jpg

私の人生を唄で満たして
そしていつまでも唄わせて
あなたは私の希望のすべて
私が崇拝し熱愛するすべてです。
言い換えれば「誠実でいて」ということ
言い換えれば「愛してます」ということ



c0337257_12085688.jpg

Fly me to the moon

言わずと知れたジャズのスタンダードナンバー、にして某アニメのエンディングテーマ。



このmoonを月と訳してはイケない、という意見がある。
この唄が作られた1950年代前半、月は行きたいけれど行けない憧れの地だった。
だから、moonをtohnoに替えても別段違和感ないわけです。

もうひとつのジャズスタンダードナンバーに[On a slow boat to china]という曲がある。
直訳すれば「中国行きのおっそい船の上で」だが、これもchinaを中国と訳してはイケないという意見がある。
china=まだ行ったことも見たこともない未知の場所=理想郷
というニュアンスが含まれているという。

In other words 「ワタクシにとっての遠野」ってことですよ。(w
そして、日本全国にいる、隠れ遠野フリークにとっても・・・

Fly me to the moon・・・・・・私を月に連れてって

をを! ホイチョイ映画の「私をスキーに連れてって」はここから頂きしているのですね。

原文載せときますね。



Fly me to the moon
Let me play among the stars
Let me see what spring is like
On a Jupiter and Mars
In other words hold my hand
In other words darling kiss me



Fill my heart with song
And let me sing for ever more
You are all I long for
All I worship and adore
In other words please be true
In other words I love you

















3日酔いなので多少誇大妄想入ってます。
かくして、ワタクシはまた遠野を訪問するわけですよ。
桜は咲いてないだろうけど
遠野は優しくワタクシを迎えてくれるだろう。





by Wild_Cat_Seeker | 2007-04-27 22:48 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(12)
2007年 04月 26日

海抜2メートル

c0337257_12085501.jpg

仕事で最近よく通る道。
海抜表示があるのはさすが東海地震警戒地帯だ。津波が来たら一溜まりもないだろう。

by Wild_Cat_Seeker | 2007-04-26 12:29 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(6)
2007年 04月 25日

♂の戰い

春は♂にとって放浪と戦いの季節



c0337257_12085416.jpg

ほら、ここにも一匹



c0337257_12085469.jpg

何を求めて荒野を往く?



c0337257_12085550.jpg

どこそこの「しろちゃん」に逢いに行く。



c0337257_12085519.jpg

時には横恋慕して地域のボスと大喧嘩もする。
満身創痍で襤褸雑巾のようになるまで放浪する。そして或る者は命を代償に取られる。

それにひきかえキミは・・・・・・・



c0337257_12085522.jpg

ヒトを食ってる。
(さっぽろ一番塩ラーメンは食わない。)(爆)











by Wild_Cat_Seeker | 2007-04-25 07:10 | 絵婆ネタ | Comments(16)
2007年 04月 24日

命の選択を

c0337257_12085402.jpg

じゃぶじゃぶ・・・・・・・



c0337257_12085409.jpg

じゃぶじゃぶ・・・・・・・



c0337257_12085433.jpg

じゃぶじゃぶ・・・・・・

も、もしや、命の洗濯????

それも「あり」だなぁ。
溜りに溜まった心の澱を遠野の山河で洗い流そうっと。







by Wild_Cat_Seeker | 2007-04-24 06:38 | 絵婆ネタ | Comments(18)
2007年 04月 23日

四回目の熟睡者

c0337257_12085382.jpg

「今回の訪遠の当事者の一人である『青い彗星号』ドライバーの直接尋問を拒否したそうだな。丸渕三佐。」
「はい。彼の情緒は不安定で、此処に立つことが得策とは思えません。」
「では聞こう。代理人丸渕三佐。」
「先の親不孝時、妖怪睡魔君が我々遠野ブロガーにコンタクトを図ろうとしたのではないのかね?」
「被験者の報告からそれは感じ取れません。イレギュラーな熟睡だと推定されます。」
「彼の記憶が正しいとすればな。」
「記憶の外的操作は認められませんが・・・・」
「青い彗星号のACレコーダーは作動していなかった。確認は取れまい。」
「妖怪睡魔君は我々遠野ブロガーの精神、心に興味を持ったのかね?」
「その返答は出来かねます。果たして睡魔君に心の概念があるのか、遠野ブロガーの思考が理解出来るのか、全く不明ですから。」
「先回の親不孝では睡魔君が山猫を取り込もうとした新たな要素がある。これが、予測される第13回親不孝以降にリンクする可能性は?」
「これまでのパターンから睡魔君同士の組織的繋がりは否定されます。」
「左様、単独行動であることは明らかだ。これまではな。」
「そ、それはどういうことなのでしょうか?」
「きみの質問は許されない。」
「はい。」
「以上だ。下がりたまえ。」
「はい。」





「どう思うかね、宇瑠寅河童君?」



c0337257_12085417.jpg


「妖怪睡魔君は知恵を身に付け始めています。残された時間は・・・・」
「あとわずか・・・・・・
c0337257_12085442.jpg

・・・・・・ということか・・・・・・・」


ま、結論から言うと、山猫はまた妖怪睡魔君に撃沈される可能性が高いっちゅーことだ。
彼に過度の飲酒は勧めないほうが良いだろう。(爆)







by Wild_Cat_Seeker | 2007-04-23 06:43 | 絵婆ネタ | Comments(10)
2007年 04月 22日

遠野市に至る病、そして

またぞろ遠野へ行こうとしている。
ある人に言わせると「殆んどビョーキ!」らしい。
まぁ、言わせておこう。



yamanekoがそこまで遠野にこだわる理由って何?

遠野ってなんなの?



c0337257_12085371.jpg



c0337257_12085366.jpg



c0337257_12085348.jpg



c0337257_12085398.jpg

ホウリョウ・・・・・・マヨヒガ・・・・・・・笛吹古道・・・・・・・・
まだyamanekoの知らない秘密がある。









by Wild_Cat_Seeker | 2007-04-22 19:31 | 絵婆ネタ | Comments(8)